2013年09月21日

誰が戸籍変えた…7人と縁組され、名字変更5回

誰が戸籍変えた…7人と縁組され、名字変更5回 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
より引用
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130919-OYT1T01000.htm

↓   ↓   ↓

 知らない間に、面識がない7人と養子・養親の縁組を繰り返したように戸籍が変更されていたとして、東京都内の建設業の男性(57)が、縁組の無効確認を求めて東京家裁に提訴し、19日に第1回口頭弁論が開かれる。

 相手方7人のうち1人は死亡、4人の連絡先は不明で経緯も分からない。男性は戸籍謄本を他人に渡した覚えがなく、「気味が悪い。早く本当の戸籍を取り戻したい」と話している。

 訴状などによると、男性は戸籍上、2001年7月に北区の男性(69)と初めて養子縁組したことになっていた。その後、05年までの4年間に、都内と千葉県の男女4人の養子となる一方、都内と栃木県の2人の男性の養父にもなる縁組がなされていた。これに伴い、名字も5回変更されていた。

 男性が各自治体に提出された縁組の届け出を確認したところ、書類の筆跡は7枚とも異なり、どれも明らかに男性と食い違っていた。第三者が男性と偽って勝手に届け出たと見られる。

(2013年9月19日19時20分 読売新聞)

↑   ↑   ↑
引用終わり

20130919-847960-1-N.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130919-847960-1-N.jpg

非常に怖い事件である。命の危険も感じるね。

システム的な問題もあるだろうが、自治体職員のモラルも低すぎるのでは?

背乗り(工作員が他国人の身分・戸籍を乗っ取る行為)寸前だったのではという気もする。

または、保険金詐欺とか、いろいろ考えられて怖いね。

複数人と養子・養親の縁組が多い人に対して、確認する法制度が必要な気がします。

また、日本人は、定期的に戸籍を確認しておく習慣が必要になるかもしれませんね。




ラベル:戸籍 日本
posted by 日本に住んでる日本人 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人戸籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。