2013年10月08日

F1日本GP、すでにドライバーの入国ラッシュ

F1日本GP、すでにドライバーの入国ラッシュ | トップニュース|F1 車 映画|2013Live速報
より引用
http://www.topnews.jp/2013/10/07/news/f1/teams/ferrari/97355.html

↓   ↓   ↓

今年はF1韓国GP、そして日本GPという順番で2週連続開催になったが、多くのドライバーや関係者が韓国GP決勝の当日に韓国を旅立ち、日本に入国した。

6日(日)の夕方に決勝が終わったばかりだが、アロンソは7日(月)に日付が変わったころツイッターを更新し、すでに日本へ到着していることを報告。「シーズンの中でも最高なグランプリだ!」とつぶやいていた。

また、F1ジャーナリストのアダム・クーパーによると、ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、キミ・ライコネン(ロータス)、マーク・ウェバー(レッドブル)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)らが、夜のうちに日本へ向かい、このうち1人がプライベートジェットを使っているという。

インターネット上では、航空機の便名や出発地、到着地、機種、現在位置などを調べられるサイトを駆使しながら誰が最も早く日本へ到着するのか話題になっており、プライベートジェットを使ったとみられるハミルトンがトップだったのではないかとみられている。

また、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーが、チームウエアのまま空港にいる写真がインターネット上に投稿されており、この写真にはベッテルとライコネンとみられる人物も写っている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


よっぽど韓国の設備が悪かったんでしょう。

レース後は、ドライバーもスタッフもすごく疲れていたと思うのだが、それでも韓国脱出を優先するのだからね。

しかも、F1ドライバーらしく競争のするような韓国からの脱出劇である。

昨年は、日本GP⇒韓国GPの順だったが、テスト走行直前まで日本に滞在するドライバーが多かった。

今年は、韓国GP⇒日本GPのように逆の順番になったら、ドライバーを含めスタッフも速攻で韓国から脱出してしまった。

不祥事も起こしたし、まず来年の韓国GPは取り消しだと思われる。

しかし、今回の状況を見ると、2018年の平昌冬季オリンピックまで、同じことが起こりそうで怖いね。


【韓国No1】記録だらけのF1韓国グランプリ! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=xyG63XBWy_8





ラベル:日本 F1 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

F1韓国GP、くそみそに貶される 観客席ガラガラ、スタッフはボロボロ、宿泊先は「ラブホ」・・・

観客席ガラガラ、スタッフはボロボロ、宿泊先は「ラブホ」… F1韓国GP、くそみそに貶される : J-CASTニュース
より引用
http://www.j-cast.com/2013/10/06185541.html?p=all

↓   ↓   ↓

 「韓国GPが空の観客席で打撃、レースの将来が議論されている」――2013年10月4日に霊岩(ヨンアム)の韓国インターナショナル・サーキットで幕を開けたF1第14戦・韓国GPについて、英紙ザ・ガーディアン(電子版、4日付)がこんな見出しで報じた。

 これだけでなく、韓国GPの散々な評価が記者だけでなくドライバーらから噴出、来年14年の開催が危ぶまれる事態となっている。

 メカニックや報道関係者はラブホテルへの投宿を強いられる

 「メインスタンド以外は客席ガラガラ」「韓国GPガラガラやんwwwwwwwww」――日本で実況を見ている人からもこんなツッコミが入る通り、観客不足は深刻らしい。一部には大会開催の1か月前までチケットが100枚しか売れなかったという話もある。

 こうした状況を前に、マクラーレン所属のジェンソン・バトンはガーディアン紙に対しこう嘆いてみせる。

 「観客がいなくても走らないといけないのはいつも悲しいことだ。ファンが会場の雰囲気を作りだすものだから」

 「ファンがいなければスポーツは成り立たない」

 同紙の記事では韓国GPの不興を韓国でF1文化が広まっていないためと分析していたが、問題はそれだけではなさそうだ。

 一つは立地とそれにともなう宿泊環境の悪さだ。開催地ヨンアムはソウルから400km離れた場所にある、人口6万人ほどの小さな町で鉄道も通っていない。宿泊施設は駅のある近郊の木浦を利用することになるが、そこにも西洋式のホテルはない。あるのはほとんどがモーテル、いわゆる「ラブホテル」で、メカニックや報道関係者はラブホテルへの投宿を強いられるのだという。

 あるF1ジャーナリストは滞在したときの部屋の様子について、「ベッドがピンク色のライトに彩られていた。ベッドサイドの引き出しにはセーフセックスのマニュアルが聖書のかわりに入っていて、食べ物や飲み物ではない類のものを販売する自動販売機がおいてあった」と書いている。

 韓国のラブホは外出自由など、日本のラブホよりもホテルに近い形態というが、それにしても、とくにチーム関係者にとって連戦に向けて英気を養える環境とは言いがたいだろう。おまけに、英語も通じないという。

 中継解説者「最低ですよここのスタッフ」

 さらに、大会の運営を疑問視する向きもある。2010年の開始当初から、サーキットが未完成で、宿泊施設が足りないなどの不手際が目立った。今大会でも炎上したマシンを放置したあげく、F1で主流の二酸化炭素消火器ではなく、エンジンギアボックスにダメージを与える粉末消火器で消火するなど、中継解説者の森脇基恭氏を「最低ですよここのスタッフ」と激怒させる始末だ。

 レッドブル所属のマーク・ウェバーは、スカイスポーツの取材に対して、韓国での開催に絡み、こうコメントしていた。

 「クオリティを保つことは重要だと思う。イベントのクオリティを保つことも。韓国には誰もいない。クオリティの高いイベント、ドライバー、そしてチームが必要で、それを守っていかなければいけないのに」

 こうしたこともあってか、韓国GPは存続も危ぶまれる自体となっている。大会誘致のために注いだ金額は3160億ウォンで、開催権は7年分を確保した。ところが、22レースが予定されている2014年シーズンについて現在のところ、登録は暫定扱いだ。また、F1最高責任者 バーニー・エクレストンと懇意な間柄にあるレッドブル所属のセバスチャン・ベッテルは6日、DPA通信の取材に対し「私たちがここに来るのは今回が最後だと聞いた」などと話したという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


台風で中止になった方が良かったのでは?

これだけ失態を犯したんだから、来年からは韓国での開催は取り消しとなっても文句の言いようはないと思う。

予算をつけて、交通の便を良くしたり、ホテルを充実させたり、何よりコースの整備と消化などの緊急時の対応を何とか改善しないといけないが、韓国にはそのお金がないでしょう?

来年の開催をごり押しして実現できても、韓国のイメージダウンにしかならないと思う。

今回のの韓国GPの一番の大失態
レッドブルの車から発火
→ いつまで立っても消火に来ない。
→ やっと来たかと思えば、家庭用と思わしき粉の消火器で消火。
→ レッドブルが公式HPで「何してくれるんじゃ!」と怒り爆発。
(粉末消火器ではエンジンギアボックスにダメージを与えてしまう。)

印象的だったこと
優勝したベッテルの表彰台でのコメント「鈴鹿はサイコー!」


ラベル:韓国 F1
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

F1韓国GP、台風23号が直撃の可能性

F1韓国GP、台風23号が直撃の可能性 【 F1-Gate.com 】
より引用
http://f1-gate.com/korea_gp/f1_21058.html

↓   ↓   ↓

F1韓国GPの決勝レースに台風23号が直撃する可能性がある。

現在、台風23号は、フィリピンの東を北上。 聯合ニュース によると、台風は決勝日の6日(日)に韓国南部を直撃する可能性があると報じている。

また 朝鮮日報 は、台風による激しい雨と強風への警戒を呼び掛けている。

F1韓国GPは、初開催となった2010年にも豪雨に見舞われており、レースのスタートが遅れている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


ドライバーにとっては、中止になるなら朗報だと思う。

あんな整備されていないコースで、レースをするのは危険だと思う。

観客も少ないしね。

詳しくは、動画をご覧ください。


右向き三角1 【F1悲報】来年のカレンダーに韓国GP? - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=B1V5mp-jjSA




ラベル:F1 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。