2013年10月31日

NHK受信料訴訟で高裁「承諾なしでも契約成立」・・・不当判決だと思う。

NHK受信料訴訟で高裁「承諾なしでも契約成立」 ― スポニチ Sponichi Annex 社会
より引用
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/10/30/kiji/K20131030006912720.html

↓   ↓   ↓

 NHKが個人を相手に受信契約締結と受信料支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の難波孝一裁判長は30日、「NHKが契約を申し込めば、受信者が承諾の意思表示をしない場合でも、2週間が経過すれば契約が成立する」との判断を示した。NHKによると、初めての司法判断だという。

 今年6月の一審横浜地裁相模原支部判決は「契約締結を命じる判決が確定した段階で契約が成立し、受信料の支払い義務が発生する」としたが、高裁はさらに踏み込み、契約は既に締結されていると認定した。

 難波裁判長は、放送法は受信者に契約締結と受信料支払いの義務を課しており、判決で強制的に承諾させる手続きは遠回りで不必要だと指摘。「判決確定まで契約が成立しないのは受信料を支払っている人との間で不公平だ」と述べた。

 その上で、NHKの主張通り、契約申し込みの2週間後に契約が成立することを認め、テレビを設置した日にさかのぼって受信料の支払いを請求できる、とした。

 一審判決は被告の相模原市の男性に対し、契約を承諾して判決確定後に受信料約10万9千円を支払うよう命じたが、高裁は取り消し、同額を即時に支払うよう命じた。

 NHKは「放送法の定めに沿った適切な判決だと受け止めている」とコメントした。

↑   ↑   ↑
引用終わり


放送法第64条(受信契約及び受信料)

「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。」

よって、受信設備を設置していなければ、受信料は発生しない。

(テレビを設置していてもゲーム用などの用途で使用し、テレビ放送を受信できないならば設置とはみなされない。)

「NHKが契約を申し込めば、受信者が承諾の意思表示をしない場合でも、2週間が経過すれば契約が成立する」

明らかに受信設備の有無に触れていないこの判決文は、私の基準では不当判決としか言いようがない。

そのそも契約とは、複数人で締結するものであり、契約書を取り交わす必要がある。

2週間が経過すれば契約が成立するとは何を根拠にしているか不明だが、これでは契約書がないことで無効ではないのか?


ただし、現在では受信設備を設置したらNHKと契約することは法律で決まっている。

契約したら受信料を請求されるが、それを払わなくても罰則がないのが現状で、NHKは裁判に訴えることになる。

正直なところ、私はHNKは偏向報道するので嫌いであるし、平均1000万円以上の所得を得ているのも気に食わない。


現在は、デジタル放送なので、NHKを映さない方法が現実的にあるので、選ぶ権利が欲しいし、法律を変えてほしいと思っている。

さらに踏み込めば、さっさと民営化してほしいと思っている。

ただ、今は、メールで政治家に訴えて、大人しく受信料を支払っている。

私は、受信料を払わない者よりも、NHKの偏向報道や高額所得に腹が立つ。








ラベル:NHK 受信料
posted by 日本に住んでる日本人 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

ツイッターおバカ画像でそば店が初の破産 損害賠償請求慰謝料込みで5000万円ぐらい?

ツイッターおバカ画像でそば店が初の破産 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
より引用
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/196150/

↓   ↓   ↓

 学生バイトのツイッターおバカ画像がきっかけで閉店した東京・多摩市のそば店「泰尚(たいしょう)」が、9日付で東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。民間信用調査会社「帝国データバンク」東京西支店が18日に発表した。破産管財人によると負債総額は約3300万円。従業員のおバカツイッターが原因で、外食チェーンの一部店舗が閉店した例はあるが、個人経営の店が破産に追い込まれたのは恐らく初めて。

 「そばのうまい店」で評判だった泰尚に“ツイッター爆弾”が投下されたのは、よりによって長崎原爆記念日の8月9日。学生バイトが厨房の大型食器洗浄機に体を入れた画像をツイッターでアップしたことが発覚、ネットで炎上したのだ。その画像は学生が7月にアップしたもので、店の茶碗をブラジャーのように裸の胸に押し当てた5月のツイッター画像も発掘され、拡散した。

 これにより泰尚は営業をやめる羽目に。閉めたシャッターには「この度、一部の従業員達(多摩大学学生)による不衛生な行為により、営業を停止させて頂く事になりました」と張り出した。

 泰尚は1984年創業。昨年9月に創業者のご主人が他界し、町田市内の2店舗を閉め、この多摩市に唯一残った店舗を奥さんが切り盛りしていた。近所住民によれば「(女性店主だけに)アルバイトにナメられていたところがあった」といい、ネットの口コミサイトでも「接客態度がひどい」と書かれるほど、バイトの評判が悪かった。近所の飲食店主も「泰尚さんは(バイトの)ハズレを引いた」と同情するほど(本紙既報)。

 破産管財人は店主と話し合い、おバカバイトへの損害賠償請求を検討するという。日大・板倉宏名誉教授(刑法)は「最低でも1000万円、理屈を言うと負債総額分は学生から取れると思いますが、慰謝料込みで5000万円ぐらいは取れる」と断言。悪ふざけの代償は相当高くつきそうだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


eba9158c-s.jpg

考えなしに馬鹿な行為をした結果だから、おバカバイトに同情の余地はないと思う。

まさかこういう結末になるとは想像もしなかっただろうが、身から出たサビである。

破産したそば屋の店主も、損害賠償でもしなければ気持ちの整理もできないだろう。

裁判であるから、結審しないと分からないが、損害賠償金額の減額はあるかもしれないが、原告の敗訴は考えにくい。

この訴訟によって、バカッターがいなくなることを願う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。