2013年08月12日

佐藤正久参議院議員「民主党政権時に決めた自衛隊官舎賃値上げ問題、即応性維持できず任務に支障」

Satomasahisa.jpg

佐藤正久氏のツイッターから引用
https://twitter.com/SatoMasahisa
↓   ↓   ↓

佐藤正久 ‏@SatoMasahisa 8月8日
民主党政権時に決めた自衛隊官舎賃値上げ問題、佐藤も野党時代から反対している一人だ。即応性が維持できず任務に大きな支障が出る。例えば練馬自衛隊前の官舎賃が、月5万が10万円ほどになれば、川越市以遠に家具付アパートに越す隊員も増加するだろう。首都直下地震発生時には練馬部隊に到達も困難

佐藤正久 ‏@SatoMasahisa 8月8日
自衛隊官舎賃値上げ問題(続き)、防衛省も自民党国防部会も大反対だ。財務省に申し入れている。自衛隊基地近くの官舎から遠くの民間アパートに住む隊員が増加した場合、即応性の低下だけでなく、住居手当や通勤手当が増え、隊員を追い出し官舎を売り払う以上に、かえって財政的負担増になる。

佐藤正久 ‏@SatoMasahisa 8月8日
自衛隊官舎賃値上げ問題(続き)、自衛隊の場合、弾道ミサイル対処や国際貢献等長期間、家を開ける機会が多い。その際、留守家族間の連帯という意味でも官舎は重要だ。米軍は国家の為に危険な任務につく方の誇りに加え、この留守家族業務も重視している。米軍の場合、官舎は無料が原則という。

佐藤正久 ‏@SatoMasahisa 8月8日
国家公務員の約4割が自衛隊員、他省庁と違いそのほとんどが地方だ。その宿舎事情も様々だ。佐藤が野党時代に防衛省と財務省の担当課長と調整し、全基地の事情、家賃上げの影響を調査することを約束させ、連名の文書も出してもらい調査を実施した。その結果は任務遂行や財政上も問題があるという結果だ

↑   ↑   ↑
引用終わり


佐藤正久参議院議員、別名ヒゲの体長による苦言である。

個人的には、民主党政権が自衛隊が嫌いで、いかに危機管理意識がなく、想像力も欠けるのかがよく分かる事例だと思う。

練馬自衛隊前の官舎賃の値上げにより、川越市以遠に家具付アパートに越す隊員が増えれば、首都直下地震発生時には練馬部隊に到達も困難になる。

これでは、災害救助活動が隊員が集まらなくてできなくなるという、最悪の事態が考えられる。

国の財政が厳しいのは分からないでもないが、ケチってはいけないところに手を付けているような気がする。

私としては、もし公務員関係の支出を削減するならば、自衛隊の住居費は無料にし、給料を申し訳ないが削減し、成果に応じて賞与で補う形をとるのはどうか?

その代り、賞与の査定は、基準を明確にし、ズルがないようにしなければとは思う。

とにかく、自衛隊の存在は、有事の備えだと思う。

その有事に、電車が動かないから集合できないというようなシャレにならない事態は絶対避けなくてはいけないと思う。







ラベル:自衛隊 佐藤正久
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

「空母型」護衛艦が進水=海自最大、ヘリ5機同時発着

【速報】22DDH 新型ヘリ空母 護衛艦「いずも」 姿を現す!!【進水式】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=SalkBgKlq1s




時事ドットコム:「空母型」護衛艦が進水=海自最大、ヘリ5機同時発着−横浜
より引用
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013080600647

↓   ↓   ↓

 海上自衛隊に配備されるヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(基準排水量1万9500トン)の命名、進水式が6日、横浜市の「ジャパンマリンユナイテッド」横浜事業所磯子工場で行われた。

 艦首から艦尾まで甲板がつながった空母に似た船体で、全長は「ひゅうが」型護衛艦(同1万3500トン)を51メートル上回り、海自護衛艦で最大の248メートル。来年度末に運用開始の予定

 建造費は約1200億円で、「ひゅうが」型より航空機運用能力や輸送能力を大幅に向上させたのが特徴。5機のヘリが同時に発着艦でき、計9機を同時に運用する能力がある。

 乗組員470人の他に約450人が長期宿泊でき手術室や35の病床を持つ他の艦艇への燃料補給機能も備え、大規模災害や海外派遣時に海上司令部として機能するほか、被災者受け入れも想定している。(2013/08/06-16:14)

↑   ↑   ↑
引用終わり


さて、私は別に軍国主義者ではないと思うが、現実主義者かなとは思っている。

反対意見も多いと思うが、日本がこれまで安全だったのは、平和憲法のおかげではなく、日米安保条約で米国の核の下で守られていたからだと感じている。

だから、本当ならば日本は、日本人によって守られなければならないと思う。

よって、有効な軍備の増強は悪いことではないと思うし、別に軍国主義に走る行為でもないと思う。

まあ、日本が軍国主義になるというのは、中韓であろうが、中韓は自国の軍備を見てから発言してほしいものだ。

もっとも、中韓の軍備の内容が軍内部の腐敗により、不良品が多い事は、ある程度知っている。

使用できなかったり、すぐ壊れたり、作動不良をおこしたり・・・

そのあたりは、まだ日本の軍備は信用できると思う。

周辺国との有事や自然災害時など、発生しないにこしたことはないが、そういう時に日本人の命を守るために、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の活躍を願う。





posted by 日本に住んでる日本人 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。