2013年09月02日

韓国版新幹線、衝突で脱線 1人搬送 大邱駅を通過中

朝日新聞デジタル:韓国版新幹線、衝突で脱線 1人搬送 大邱駅を通過中 - 国際
より引用
http://www.asahi.com/international/update/0831/TKY201308310049.html

↓   ↓   ↓

 【ソウル=中野晃】韓国鉄道公社によると、31日午前7時15分ごろ、同国南東部大邱(テグ)市の大邱駅構内を通過中の釜山発ソウル行き上り韓国高速鉄道(KTX、20両編成)に、別の上り列車「ムグンファ号」の機関車が衝突。KTXの9両が脱線し、下り線を走行中のソウル発釜山行きKTXと接触した。3本の列車に計約1370人の乗客がおり、50代の男性1人が病院に運ばれた。

 この事故でKTXは金泉亀尾(キムチョンクミ)―東大邱間が不通となり、バスでの代行運転となった。

 同公社によると、ムグンファ号は停車し、本線を通過するKTXを先行させるダイヤとなっていたが、KTXが通過中に本線に出てぶつかった模様だ。公社はムグンファ号の機関士が信号確認を誤った可能性もあるとみて原因を調べている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


・・・「韓国版新幹線」という言い方をやめてほしい。

韓国の高速鉄道は、フランスのTGVをモデルに改造したもので、新幹線と全く関係がない。

だから、素直に韓国高速鉄道と言ってほしい。

さて、KTXは、2011年の1年間で、人的被害はなくても脱線事故を含めて38回の運転ストップがあったそうだ。

ベースは、フランスのTGVで、輸入してライセンス生産していたが、保守契約を打ち切り、改造生産したものがKTXだ。

もう、フランスの支援は必要ないと(実際は資金不足もあったようだが)奢った結果、技術の継承がおろそかになったようだ。

また、韓国のいい加減な運用も問題視されている。

異常を示す信号がでても、故障と思って気にしないで走らすという話には、呆れてものが言えない状態になった。

要するに、KTXでの事故は珍しくないということだ。

命が惜しければ、乗車しないことをお勧めする。




ラベル:韓国 高速鉄道
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

中央アルプスで韓国人登山客4人死亡、自信があだに

Chosun Online | 朝鮮日報 中央アルプスで韓国人登山客4人死亡、自信があだに
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/31/2013073100929.html

↓   ↓   ↓
 長野県の中央アルプス(木曽山脈)檜尾岳(2728メートル)付近を登山していた韓国のツアー登山客20人のうち5人が行方不明になった遭難事故で、4人が死亡したことが30日に確認された。在新潟韓国総領事館は、日本の警察が同日未明にパク・ムンスさん(78)、イ・グンスさん(72)、パク・インシン(70)さんの遺体を檜尾岳と宝剣岳付近の登山道で発見し、行方不明になっていたイ・ジョンシクさん(63)の遺体も同日午後に発見されたと発表した。

 韓国のツアー登山客20人は日本に一緒に入国し、28日に長野県駒ケ根市の池山から入山して山小屋に宿泊。29日、幾つかのグループに分かれて宝剣岳(2931メートル)に向かっていた途中、5人が遭難した。このうちパク・ヘジェさん(63)だけが30日午前に救助され、4人が死亡した。同行者によると、遭難時は雨風が強く、気温は10度ほどだったという。

 総領事館側によると、ツアー客らはいずれも軽装に近い装備で、現地ガイドを付けずに山に入った。ツアーは釜山の旅行会社が企画したもので、27日に韓国を出国、8月1日に帰国する予定だった。それぞれ3−4人単位で旅行を申し込んだため、ほとんどが知らない者同士だったという。死亡者らは釜山の山岳会のメンバーだった。

 遭難時、宝剣岳の頂上付近では雨風が強く、視界が20−30メートル以下の濃い霧が出ていた。日本人の山小屋のオーナーは「天気が良くないから登山はやめた方がいい」と止めたが、ツアー客らはこれを無視して出発したとされる。

 死亡した4人はいずれも韓国で数十年の登山経験を持つベテランだった。4人が所属していた山岳会は毎週国内で登山を実施しており、これまで2000回近く山に登ったという。同山岳会の関係者は「国内では登ったことのない山はないほどだ」と話している。

 近ごろ韓国の登山愛好家の間では、日本など海外での登山が人気を博している。登山専門家は「山岳会などに参加して韓国の山に何度も登ったベテランの間で、ウォン高・円安で旅行しやすくなった日本など外国で登山に挑む人が増えている。慣れているはずの韓国での登山でも往々にして事故が発生するのに、慣れない外国の山で事故が起きれば対処能力は大幅に落ちる」と指摘した。また、韓国の登山人口は1800万人ほどで、山岳会の数は数え切れないほど多く、そのうち多くが外国での登山も行っていると説明した。

 実際に、2010年8月、今回の事故で死亡したイ・グンスさんらと長野県北部の北アルプス(最高3190メートル)を登った登山同好会のメンバーは、当時インターネットに「今年8月までで400人余りの韓国人が北アルプスに登った」と書き込んだ。

 救助されたパク・ヘジェさんは日本の航空会社に長年勤めており日本語が流ちょうで、北アルプスに8回登った経験を持つ。また、死亡者の1人は高齢にもかかわらず、通常3−4時間ほどかかる智異山・中山里(登山口)から天王峰までを1時間半で登るほどの体力と登山経験を備えていたという。

 釜山のある登山愛好家は「標高2000メートルを超える外国の山では高山病や急変する天候など予想できない事態がしばしば発生するため、プロの登山家でさえ苦労するケースが多い。一般の登山者が高性能の装備などを身に着けているからと登山を軽く考えるのは非常に危険だ」と指摘した。一方、死亡者らが所属していた山岳会は8月1日に中国・泰山へ登山に出掛ける計画だったが、これを中止した。

↑   ↑   ↑
引用言わり

まずは、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

さて、この韓国人ツアー客はマナーについてだが・・・

7f31368e-s.jpg

f5b8d36e-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/sdtnk55-2ch/imgs/7/f/7f31368e-s.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/sdtnk55-2ch/imgs/f/5/f5b8d36e-s.jpg

中央アルプス 3人心肺停止 1人不明 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=VDBmzGDfkqk




あきれませんか???

また、韓国人は、以前に蔵王温泉スキー場で遭難した時に酷い対応を取っている。


以下は、山形新聞の記事から引用(削除済み)

↓   ↓   ↓

 山形市の蔵王温泉スキー場で韓国人客5人が遭難した事故をめぐり、一行が捜索費用の支払いを拒否していることが14日、分かった。一行は実名報道されたことを理由に、損害賠償を請求する姿勢もちらつかせている。文化の違いが根本にある問題とも言えそうだが、外国人誘致に力を入れている県や山形市を含め関係機関に波紋が広がっている。

 山岳遭難の捜索費は、救助のため出動した警察や消防署員ら以外の民間人に支払われる日当。今回のケースでは、同市山岳遭難対策委員会のメンバー6人が出動し、11万円かかった。

 関係者によると、一行が支払い拒否を告げたのは、5人全員が救助された12日当日。関係機関が宿泊先のホテルに集まり、ホテルからの通報や捜索の経過、費用などを説明した際、一行は「捜索依頼してない」「マスコミに名前を出された」と強く抗議した。

 県警は遭難時、家族らの強い要請を受け不明者の実名発表は避けたが、新聞やテレビで実際に報道されたことをめぐり、一行の警察に対する不信感は強く、本国に戻って損害賠償訴訟を起こす考えも示しているという。

 県によれば、韓国では事故・事件の際に当事者の実名は伏せるケースが多い上、スキー場側が捜索費を出す場合もあり「文化、国民性の違いが出た」(県観光振興課)と指摘。「韓国人客を積極誘致しながら、ハングルでの案内板や放送がないといった落ち度もあった」としている。関係機関はきょう15日、緊急対策会議を開き、安全対策を含めた協議を行う。

 一行はその後も、日韓両国の懸案でもある「竹島問題」を持ち出して、支払い拒否の姿勢を変えていない。

 山遭対事務局の市観光物産課は「捜索費は当事者から受け取るのが原則」として一行に請求し続ける方針だが、ホテル側は「温泉街の各施設が誘客に頑張っている矢先に、今回の問題で水をさしてはいけない」との判断から、肩代わりすることで問題収束を図ることを検討している。

↑   ↑   ↑
引用終わり


救助費用の支払い拒否をしただけでなく、怒りだす始末である。

「捜索依頼してない」などと寝言を言っているようだが、少なくとも遭難者の吐くセルフではないと思う。

また個人の事情で「マスコミに名前を出された」怒ることはあるかもしれない。

しかし、それは救助費用の支払いをしっかりしてから怒ってほしいと私は思う。

また、竹島を持ち出すなら日本に来ないで欲しいですし、救助がいらないなら念書でも書いて登山してほしいものだ。


さて、同じようなことが、今回怒らないことを願っている。

また同じことをしでかすようであるならば、観光業界は路線変更をして、韓国人を山に入れない、入れるとしても念書を取るべきだと私は思う。





posted by 日本に住んでる日本人 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。