2013年10月22日

中国人観光客はホテルの備品を片っ端から持ち帰る、壁に飾られた絵画まで

中国人観光客はホテルの備品を片っ端から持ち帰る、壁に飾られた絵画まで―香港メディア|中国情報の日本語メディア―XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。
より引用
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/362998/
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/362998/2/

↓   ↓   ↓

ホテルに宿泊した際に備え付けのアメニティグッズを持ち帰った経験がある人は多いだろう。宿泊予約サイト「ホテルズドットコム」の調査によると、この“お持ち帰り”の基準は各国で異なる。中国人観光客は客室内のライトや時計、壁に飾られた絵画まで持ち帰ってしまうという。18日付で参考消息(電子版)が伝えた。

17日付香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は、中国本土客の恐るべき思考回路を紹介する。ホテルにチェックインしたが最後、客室内のものはすべて「自分のもの」。テレビのスクリーンなど何かが壊れれば、それはホテル側の負担で修理してもらえるものだと思っている。

動かせるものは何でも持ち帰ってしまう。中国本土客が帰った後は部屋中の何もかもがなくなっているというのは日常茶飯事だ。そのため、苦肉の策として部屋の中に各備品の料金を記した案内を張り出している。こうすれば、ドライヤーもバスローブも持ち帰るには料金が発生するということを理解してもらえる。

ホテルズドットコムの調査によると、アジアで最も誠実なのは香港の観光客で、「ホテルの備品を盗んだことがない」の少なさで世界第4位。78%が「盗んだことがない」と答えた台湾の観光客が8位だった。だが、中国本土客だけは例外で、34%が「ライトや時計、絵画など“大物”を持ち帰ったことがある」と答え、23位だった。

↑   ↑   ↑
引用終わり


今はどうだか知らないが、日本でも田舎からの観光客は、備品の持ち帰りがあったと思う。

しかし、飾られた絵画とか、ドライヤーとかは聞いたことがない。せいぜいホテルのバスロープぐらいなものか?

この論理で行くと、中国人は日本の田舎者以上ということになるね。

要するに恥の概念がないということだと思う。

民度が低いのは当然として、宿泊した部屋の備品は自分のものという間違った認識があることは間違いないでしょう。

よって、備品を全て回収しておくことが一番有効だと思う。

値札をつけてどれだけ効果があるのかが気になるところではある。




ラベル:中国 観光客
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

欧米の武器商人は中国人お断り、「パクリ兵器」作られないため

欧米の武器商人は中国人お断り、「パクリ兵器」作られないため―カナダ軍事誌|新華社日本語経済ニュース-XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。
より引用
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/356868/

↓   ↓   ↓

カナダの軍事誌・漢和ディフェンスレビュー(8月号)は、「欧米の武器商人たちは、パクられるのを防ぐため、中国人に近づかない」と報じた。14日付で環球網が伝えた。

1992年のモスクワ航空ショーを皮切りに、中国の軍需企業もこうしたショーへの出展に力を入れ始めた。ヨレヨレのスーツの中にセーターを着用、記者の質問は極力さける―。中国代表団は90年代、違う意味でかなり目立っていた。

2000年以降は仕立てのよいスーツを着て、記者も避けなくなるという劇的な変化がみられたが、今度は大量増員して先進国の装備を取り囲み、熱心に撮影・録画する姿が目立つように。2006年以降、パリ航空ショーやフランス陸軍ショーでは「中国人予防措置」がとられるようになった。重要な装備に中国人を近寄らせないようにしたのだ。

特に、撮影の重点対象となった米国の武器商人は「我々は中国人お断り!」と公言するように。2008年からは先進各国で展示物に関する詳細な資料を配り始めたが、翌年には軒並み取り止めとなった。表向きは「紙の無駄遣いになるから」としているが、実はこれも「中国人にパクリ兵器を作られないため」の苦肉の策だとみられている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


非常に賢明な処置だと思う。

多額の開発費をかけて、製作したものを、展示会で調べられてパクられたら甚大な被害だ。

国際間での技術競争を促す場なはずが、パクリの場にされてはたまらない。

しかし、中国人って、本当に恥ずかしい民族ですね。





ラベル:中国人 パクリ
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

中国系移民が右翼団体から「がん」呼ばわり、排除呼びかけるビラ撒き予告も―ニュージーランド

中国系移民が右翼団体から「がん」呼ばわり、排除呼びかけるビラ撒き予告も―ニュージーランド|新華社日本語経済ニュース-XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。
より引用
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/356240/

↓   ↓   ↓

ニュージーランドの華字メディアは、現地の中国系移民が右翼団体から「ニュージーランドのがん」だと言葉の暴力を受けていると報じた。7日付で海外網が伝えた。

オークランド市議会で民族問題を担当する中国系のBevan Chuang氏が、右翼団体から同市内で「中国系移民の排除を呼びかけるビラを撒く」との予告を受け取った。

また、同氏のフェイスブックにも、「中国系移民はニュージーランドのがん」「中国系移民はニュージーランドに大規模な汚染と過度の繁殖をもたらした」「とっとと国へ帰れ!」などネオナチからの書き込みが相次いでいるという。

ニュージーランド統計局によると、今年6月現在、同国の移民人口は2300人で過去4年の最多を記録した。ニュージーランドの中でもオークランドに住みたがる移民が多く、現地の不動産価格を高騰させ、地元民の反感を買っているという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


中国人は、ちゃんと自分たちの国があるのに、もう駄目だと見捨てて国外脱出しているわけだが・・・

これからも、中国人が移民する限り、こういうトラブルは増えていくんでしょうね。

移民で厄介なのは、その国の文化に溶け込もうとせず、今までの自分たちの文化を持ち込むケースだよね。

特に中国人は、その傾向が強い気がする。

そして、チャイナマネー(汚職?それとも借り逃げ??)は持っているから、高級な物件を漁っていくわけで・・・

これは地元住民も怒ると思うけど・・・

中国人の移民拒否もありえるね。

そういえば、日本も北海道とか、チャイナマネーに荒らされているようだけど、トラブルは起きてないのだろうか?



posted by 日本に住んでる日本人 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。