2013年11月02日

子宮頸がんワクチン:女子生徒ら 厚労相に接種中止要望

子宮頸がんワクチン:女子生徒ら 厚労相に接種中止要望− 毎日jp(毎日新聞)
より引用
http://mainichi.jp/select/news/20130824k0000m040055000c.html

↓   ↓   ↓

 接種後に体の痛みを訴える人が相次ぎ、接種勧奨を控えることになった子宮頸(けい)がんワクチンで、被害を訴える10代の女子生徒らが23日、田村憲久厚生労働相に接種の中止と痛みの原因究明などを求める要望書を手渡した。女子生徒らは記者会見し「早く治療法を見つけてほしい」と訴えた。

 要望書を提出したのは、副作用を訴える女性や家族らでつくる「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」。14?18歳の女子生徒ら8人を含む27人が厚労相と面会し、定期接種から外すことや治療費の助成も求めた。

 その後、女子生徒らは記者会見に出席。東京都に住む中学3年生は「激しい頭痛と足のけいれんがあり、自分の体なのにコントロールできないのがくやしい」。神奈川県在住の高校3年生は「24時間痛くないことはない。接種勧奨を再開しないでほしい」と話した。

 子宮頸がんワクチンを巡っては、厚労省の検討会が6月、接種の積極勧奨の一時中止を決定。半年ほどかけ副作用の状況などを調査し、安全性を改めて評価する。

↑   ↑   ↑
引用終わり


子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省
より一部引用
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html

↓   ↓   ↓

Q19.子宮頸がん予防ワクチンの安全性に関する報道をよくみかけますが、何が問題になっているのですか?

A19.子宮頸がん予防ワクチン接種後に、複合性局所疼痛症候群(CRPS)※などの慢性の痛みを伴う事例や、関節痛が現れた事例などの報告があり、緊急に専門家による検討を行いました。子宮頸がん予防ワクチンの副反応の発生状況については、ワクチン接種の有効性との比較考量の中で、定期接種の実施を中止するほどリスクが高いとは評価されませんでした。
 
しかし、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。今回の措置は、あくまで一時的な措置であり、より安心して接種を受けて頂くためのものです。厚生労働省では、早急に調査すべきとされた副反応等について可能な限り調査を実施し、速やかに専門家による評価を実施する予定としております。(2013年6月現在)。

※複合性局所疼痛症候群は、骨折・捻挫などの外傷をきっかけとして生じる、原因不明の慢性の疼痛症候群です。

↑   ↑   ↑
引用終わり


なんか薬害エイズ事件を思い出す。

こういう副作用を前もって調べてから認可するのが普通ではないのか?

厚生労働省と推奨した政治家の責任は重いと思う。








posted by 日本に住んでる日本人 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

首相、死亡女性に感謝状授与へ 横浜の踏切事故で

首相、死亡女性に感謝状授与へ 横浜の踏切事故で - 47NEWS(よんななニュース)
より引用
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013100301002130.html

↓   ↓   ↓

 安倍首相は3日、横浜市緑区の踏切で70代の男性を助けようとして電車にはねられ、死亡した会社員村田奈津恵さん(40)に首相名で感謝状を贈ることを決めた。これとは別に警察庁は警察協力章を授与する方針だ。政府関係者が明らかにした。

 村田さんの行動が国民の共感を呼んだことから政府として表彰すべきだと判断した。菅義偉官房長官が遺族の元に出向いて感謝状を手渡すことを検討している。

 事故は1日午前、JR横浜線の踏切で発生。父親の車に同乗していた村田さんは、踏切前で止まった際に男性に気付き、線路に入って助けようとして電車にはねられた。男性は鎖骨骨折などで重傷を負った。

↑   ↑   ↑
引用終わり

線路に人、助けなきゃ…間に合わず女性ひかれる : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
より引用
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131001-OYT1T01077.htm

↓   ↓   ↓

 1日午前11時30分頃、横浜市緑区中山町のJR横浜線鴨居―中山駅間の川和踏切で、線路上に倒れていた同区の男性(74)を助けようと踏切内に入った同区台村町、会社員村田奈津恵さん(40)が、下り普通電車にひかれ、死亡した。男性は鎖骨骨折などの重傷だが命に別条はないという。

 男性が線路上に倒れていた経緯を含め、神奈川県警緑署が事故の状況を調べている。

 発表によると、現場は警報機と遮断機のある幅約10・8メートルの踏切。奈津恵さんは父親の恵弘しげひろさん(67)が運転する乗用車の助手席に乗り、踏切前で電車の通過を待っていたが、線路に倒れていた男性に気付いて車を降り、遮断機の下りた踏切内に入ったという。男性はレールの内側に倒れており、その上を電車が通過したとみられる。

 恵弘さんによると、奈津恵さんは事故の直前、男性に気付くと「助けなきゃ」と叫び、恵弘さんが「間に合わないから駄目だ」と制止したのを振り切り、助手席から飛び出した。男性を運びだそうとしたが間に合わず、電車にひかれたという。

(2013年10月1日23時53分 読売新聞)

↑   ↑   ↑
引用終わり


お亡くなりになられた村田奈津恵さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

おそらく亡くなられた村田さんに自分が亡くなる覚悟はなかったと想像する。

頭の中には、「助けなくてはいけない」ということだけだったのではないでしょうか?

自己犠牲というつもりではなかったと思う。

ネットでいろいろ見てみると、この村田さんの行動に反対する意見も多いが、在日や韓国人にその意見は多い。

このことに対するネットでの分析が興味深い。

自己犠牲を厭わない日本人とは戦争しても勝てないから、反対して馬鹿な行為とさせようとしているということだ。

今の日本人には戦争をする気がないと私は思う。

ただし、日本が侵略されるとなると話は違ってくると思う。

人間は極限状態になると、本性が出ると言われるが、日本人は、自分たちの国を守るためならば戦うと私は思っている。

よって、中韓は、日本に対して、攻撃をしてこないでほしいと願っている。


ラベル:日本人 踏切事故
posted by 日本に住んでる日本人 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

福知山花火大会事故 逮捕の露店店主容疑否認…「キャップが飛んでいった」 被害者には謝罪

【福知山花火大会事故】逮捕の露店店主容疑否認…「キャップが飛んでいった」 被害者には謝罪 - MSN産経west
より引用
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131002/waf13100216570019-n1.htm

↓   ↓   ↓

 京都府福知山市の花火大会での露店爆発事故で、京都府警に業務上過失致死傷の疑いで逮捕されたベビーカステラの露店の店主でとび職、渡辺良平容疑者(38)=大阪市生野区巽北=が、「ガソリン携行缶を移動させようとしたところ、給油口のキャップが飛んでいきガソリンが噴き出した」と述べ、容疑を否認していることが2日、府警への取材でわかった。

 被害者に対しては「私が使っていた携行缶からガソリンが噴き出し、爆発し3人の方がなくなり、多くの方がけがをされ申し訳なく思っております」と謝罪しているという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


まず、「渡辺」という姓は、在日の通名に多いということを述べておく。

さて、「給油口のキャップが飛んでいきガソリンが噴き出したと述べ、容疑を否認」とのことだが・・・

証言を信じるならば、コンロの近くに置かれたガソリン缶が加熱されて、内圧が高まってガソリン噴き出した可能性が考えられるね。

そして、それが問題視されているから、業務上過失致死傷の疑いで逮捕となったんでしょ。

わざとなら殺人罪だけど、そうでないと警察は見ているから業務上過失致死傷の疑いで逮捕というわけだ。

よって、この渡辺容疑者の証言は、ほとんど業務上過失致死傷を認めているようなものなのだが、馬鹿なのか?


ラベル:福知山 爆発
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

貨物船転覆事故 相手は避けていないかも?

中日新聞:貨物船転覆、5人の死亡確認 三重の1人なお不明:社会(CHUNICHI Web)
より引用
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013092890003055.html

↓   ↓   ↓

 東京・伊豆大島沖で27日午前1時25分ごろ、名古屋市港区の丸仲海運(杉下吉利社長)が所有する貨物船「第18栄福丸」(498トン)と、西アフリカのシエラレオネ船籍の貨物船「JIA HUI(ジィア・フイ)」(2、962トン)が衝突した事故で、海上保安庁の特殊救難隊は同日夕、転覆した第18栄福丸の船内を捜索した。行方不明になっていた日本人乗組員6人のうち5人を発見、救助したが、船長を含む全員の死亡を確認した。救難隊は行方不明になっている残り1人の捜索を続けている。

 第三管区海上保安本部(横浜)によると、死亡した5人は、船長の大川信悟さん(62)、機関長の本山規(もとむ)さん(57)、次席機関長の西岡康典さん(57)=いずれも三重県尾鷲市、一等航海士の山本慶正(けいしょう)さん(29)=同県南伊勢町=と、次席船長の高井智昭さん(40)=静岡県焼津市。行方不明になっているのは、一等機関士の三鬼多満男(みきたまお)さん(61)=三重県熊野市。

 大川さんら5人のうち1人は甲板上にある3階建ての建物の最上部にある操舵(そうだ)室で、4人は2階部分の個室で見つかった。運輸安全委員会は27日、船舶事故調査官3人を下田海上保安部(静岡県下田市)などに派遣して事故原因の調査を開始。夜には乗組員の家族が三重県から到着し、遺体の身元を確認した。

 救難隊は同日午前、船底を上に向けて海面に浮かぶ第18栄福丸の船体をたたき、乗組員6人の安否を調べたが、船内からは反応がなかった。強風で波が高く捜索作業は難航。事故から約14時間半後の午後4時すぎ、天候が安定したため潜水して船内を捜索し、約15分の間に5人を相次いで発見した。

 ジィア・フイは自力で航行でき、午後3時すぎに静岡県の下田港沖に到着。乗っていた中国人12人とミャンマー人1人にけがはなく、下田海保の職員が船長や乗組員から事故当時の状況を聴いた。同船を管理する香港の海運会社「駿豪海運有限会社」の担当者は、本紙の電話取材に「船と一度連絡が取れたが、衝突時の詳しい状況は分からない。日本の海上保安本部の指示に従いたい」と話した。

 ジィア・フイの船首にはこすれたような跡があり、左舷の錨(いかり)がちぎれていた。第三管区海上保安本部が衝突との関連を調べている。現場海域には事故時、台風20号の余波による海上暴風警報が出ており、波の高さは2・5メートルだったという。

 丸仲海運によると、第18栄福丸は26日正午ごろ愛知県東海市の名古屋港を出港し、千葉港に向かっていた。一方、ジィア・フイは川崎港から韓国・釜山港に向かっていた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


事故相手は韓国船を第一候補と思っていたが、香港の海運会社の貨物船のようだ。

そして、船の接触跡からは、事件の真相を見つけるのは難しいと思っていたが・・・

TKY201309270447.jpg

http://www.asahi.com/national/update/0927/images/TKY201309270447.jpg

どう見ても、事故を起こした船の正面に接触した形跡がある。

ということは、この貨物船は正面からぶつかったということになる。

転覆した貨物船の接触跡を見ないとはっきりしたことは分からないが、普通、お互いに回避行動をとったなら、側部に接触跡が残るのではないか?

可能性としては、同じ方向に避けて正面衝突ということもありえるのだが・・・

1948年の海上人命安全国際会議で議定された国際海上衝突予防規則に即して制定された海上衝突予防法では下記のように定められている。

(1)正面から来る船同士は右に回避

(2)前方を船が横切る針路の場合は、相手を右舷側に見る船(相手の左舷側を見る船)が回避しなければならない

よって、法律に即して回避行動をとっていれば、正面衝突はありえない。

お互いの船の航路は分かっていて、正面からすれ違う形であったようだ。

この接触跡を、船長はどう説明するのか?

転覆した「第18栄福丸」は2年前に完成し、これまでトラブルがなかったこと。

「第18栄福丸」の乗組員はベテラン揃いだったことが報道で分かっている。

ラベル:日本 転覆事故
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

日本の貨物船が衝突、転覆事故 5人の死亡確認 まだ1名行方不明

貨物船転覆 5人の死亡確認 NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130928/k10014876221000.html

↓   ↓   ↓

27日、伊豆大島の沖合で名古屋市の海運会社が所有する6人の乗った貨物船が外国船籍の貨物船と衝突して転覆した事故で、これまでに5人の死亡が確認されました。

海上保安本部は、行方が分からない残る1人についての捜索をいったん打ち切り、28日朝から再開することにしています。

27日午前1時半ごろ、伊豆大島の西およそ11キロの海上で、名古屋市の海運会社が所有する貨物船「第十八栄福丸」およそ500トンと、シエラレオネ船籍の貨物船「JIAHUI」およそ3000トンが衝突し、「第十八栄福丸」が転覆しました。

第三管区海上保安本部などによりますと、「第十八栄福丸」の乗組員は6人で、特殊救難隊が転覆した貨物船の船内を捜索したところ、乗組員5人が心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。

これまでに1人は、機関長で、三重県尾鷲市の本山規さん(57)と確認され、海上保安本部は、残る4人の身元の確認を進めています。

本山さんのほかに貨物船に乗っていたのは、▽船長で、三重県尾鷲市の大川信悟さん(62)、▽次席船長で静岡県焼津市の高井智昭さん(40)、▽一等航海士で三重県南伊勢町の山本慶正さん(29)と、▽次席機関長で三重県尾鷲市の西岡康典さん(57)、それに▽一等機関士で、三重県熊野市の三鬼多満男さん(61)の5人です。

海上保安本部は、残る1人についての捜索をいったん打ち切り、28日朝から再開するとともにシエラレオネ船籍の貨物船の船長などから話を聞き、詳しい状況を調べることにしています。

↑   ↑   ↑
引用終わり



亡くなられた5名のかたのご冥福をお祈りいたします。

そして、行方不明の1名の方、どうか生きていてください。

ぶつかった相手は、シエラレオネ船籍の貨物船「JIAHUI」とのことだが、便宜置籍船に決まってますね。

(便宜置籍船とは、その船の事実上の船主の所在国とは異なる国に籍を置く船をいう。)

シエラレオネ船籍の貨物船の乗務員は、中国人など合わせて13人。

シエラレオネ船籍の貨物船は鉄くずを積んで川崎から韓国のプサンへ向かう途中。


どこの報道局も、このシエラレオネ船籍の貨物船の事実上の船主を明らかにしていない。

しかし、日本の腐ったマスコミが相手国に都合の悪い事実を隠す国は、韓国か中国だから・・・

目的地からして、第一候補は韓国だとは思っている。

しかし、もしも、貨物船「第十八栄福丸」の最後の1名も無事ではなかったら、困ったことになると思う。

死人に口なしと言うことで、生存側の言い分が正しいということになる可能性が高いと思う。

これは、交通事故でも言えることだが、この場合は、事故現場やタイヤの跡から真実が分かりやすい。

だが、海ではタイヤ跡など残るわけがない。

船の接触跡が残ってはいるが、どちらの原因で衝突になったのか、現場や現物からは、真実を見つけることは難しいと思う。


ラベル:日本 転覆事故
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

18歳運転の車、児童の列に突っ込む 5人重軽傷 京都

朝日新聞デジタル:18歳運転の車、児童の列に突っ込む 5人重軽傷 京都 - 社会
より引用
http://www.asahi.com/national/update/0924/OSK201309240004.html?ref=com_top6_1st

↓   ↓   ↓

 24日午前7時55分ごろ、京都府八幡市八幡双栗(そぐり)の府道で、集団登校中の市立八幡小学校の児童13人の列に乗用車が突っ込み、6〜11歳の男女計5人が負傷した。このうち1年生の男児(6)が意識不明の重体。いずれも5年生で10歳と11歳の男児2人と、1年生の女児(6)と3年生の女児(9)が軽傷とみられるという。

 朝の通学路、猛スピードで車突入

 八幡署は、車を運転していた派遣会社員の少年(18)=八幡市=を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した。

 府警によると、少年が運転していたのはスポーツタイプのマニュアル車で、一方通行の道を南進して左折した直後、左側のガードレールに接触。その弾みで右側の柵を突き破り、歩道を歩いていた児童の列の先頭付近に横から突っ込んだという。車は児童らをはねた後、民家に衝突して止まった。

 少年は出勤途中で、調べに対し「左折する前に一時停止をした後、アクセルを踏み過ぎてスリップした」と話している。府警は少年が急発進させた際に車を制御できなくなったとみている。車は少年の家族名義で、少年は昨年11月に免許を取得したばかりだった。飲酒運転ではないという。

 現場は八幡市役所がある市の中心部に近い、住宅と畑が混在する地域。京阪八幡市駅から南東1・2キロで、八幡小学校から約500メートルの場所だった。

 八幡小学校の信次(のぶつぐ)剛司校長は「車は段差を乗り越え、歩道の鉄柵が折れ曲がるほどのスピードだった。安全指導はしているが子どもたちには防ぎようのない事故だ。登校時の通行規制が必要だ」と話した。

 この日は、21日から始まった秋の全国交通安全運動(30日まで)の期間中。事故現場の約200メートル東では、警察が交通違反取り締まりを行っていた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


また京都?

昨年4月に京都府亀岡市で小学生3人死亡、7人が重軽傷の事故が起こったのを思い出す。

上記は、量刑が軽いとして上告中である。

ただ、亀岡市の場合は居眠り運転だったが、今回は違うようだ。

ネットでは、ただ暴走したにしては、事故車の状態がおかしいと話題になり、かっこつけのドリフト失敗だったのではという意見が出ている。

なんにせよ、警察にはしっかり調べてほしいものだ。

亀岡市の事故では、被害者のプライバシーが守られなかった事例が多数あり、中傷する二次被害まで起こった。

捜査結果を待たなくてはいけないが、もしドリフト失敗のような悪質な場合は、厳罰で臨んでほしいと願う。


亀岡市登校中児童ら交通事故死事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E5%B2%A1%E5%B8%82%E7%99%BB%E6%A0%A1%E4%B8%AD%E5%85%90%E7%AB%A5%E3%82%89%E4%BA%A4%E9%80%9A%E4%BA%8B%E6%95%85%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6


ラベル:交通事故 自動車
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

発電機のガソリンに引火、作動させたまま注入か=屋台店主聴取へ−京都花火大会爆発

時事ドットコム:発電機のガソリンに引火、作動させたまま注入か=屋台店主聴取へ−京都花火大会爆発
より引用
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013081600047

↓   ↓   ↓

 京都府福知山市の花火大会会場の屋台が爆発し多数の見物客らが重軽傷を負った事故で、火元とみられる屋台の店主が発電機を作動させたままガソリンを投入し、引火した疑いのあることが16日、京都府警捜査1課への取材で分かった。同課と福知山署は同日午前、詳しい事故原因を調べるため、同市消防本部と合同で現場を実況見分した。店主も負傷し治療を受けており、回復を待って、業務上過失致傷容疑を視野に事情を聴く方針。

 府警は同日午前9時半ごろから約35人態勢で実況見分を始めた。屋台3店舗のうち、ベビーカステラの屋台が最も激しく燃え、骨組みもほとんど焼け落ちていた。

 当初ガスボンベに引火して爆発したとみられていたが、目撃情報から、発電機を作動させたまま携行缶からガソリンを投入しようとしたため引火、爆発したとみられることが判明した。

 実家に帰省していた東京都羽村市の女性(37)は家族と訪れ、数メートル離れた場所で事故の瞬間を目撃。「シューという音がしたので振り返ると、屋台の近くで男性が赤い缶を必死に手で押さえていた。液体か何かが吹き出していて、すぐに爆発が起きた」と証言した。

 炎は屋台を一気に包み、また爆発が起きた。周囲はパニック状態になり、女性は「目の前で火だるまになった人が倒れ、周囲で『消せ、消せ』という叫びが聞こえた。男の子もズボンに火が付き、坂を駆け上がっていた」と振り返った。

 事故は15日午後7時半ごろに発生。府警によると、男女計60人が病院に搬送され、うち18人が重傷で、全身やけどを負った男児(10)が集中治療室で治療を受けるなど、3人の症状が極めて重いという。(2013/08/16-13:18)

↑   ↑   ↑
引用終わり

発電機を止めれば電気が消えるのは当然で、それが嫌だから、発電機を作動させたまま給油したんでしょうが・・・危機意識皆無で呆れます。

普通、最初に発電機に満タンに給油しておいて、終了までもたせるものだと思ってたよ。


屋台業者に防火指導せず…爆発事故で実行委会長 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
より引用
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130816-OYT1T01012.htm

↓   ↓   ↓

 京都府福知山市の花火大会会場で15日夜、屋台が爆発した事故で、主催した実行委員会の谷村紘一会長(福知山商工会議所会頭)が16日、記者会見し、「火災の責任は一義的には業者側にあるが、実行委にも道義的、包括的な責任がある。大変申し訳なく思っている」と述べた。

 出店する業者に対しては、火気の取り扱いに関する指導を行っておらず、警備・救護体制を定めた実施計画書でも屋台の火災は想定していなかったという。

 谷村会長らの説明によると、大会当日、河川敷の170店を含め計355店の屋台が出店。実行委は昨年から、警察を通じて暴力団関係者でないことを確認したうえで出店を認めている。

 防火対策の指導・点検をしていなかった理由について、谷村会長は「花火の準備や警察との雑踏警備などが大変で、とても1店ずつできない」と釈明。「結果的に業者任せだったと言われても仕方ない」とした。

 その一方、「業者の組織は、我々が深く入っていけず、先方もあまり関与されたくない雰囲気がある。そうした慣習のもとで出店を許可していた。今後、見直していく必要があると思っている」と述べた。

(2013年8月16日22時30分 読売新聞)

↑   ↑   ↑
引用終わり


主催者が会見を開くのは当然として、花火大会で屋台の管理まで求めるのは厳しいと思う。

ここは、業者の組織の長が、会見を開いて謝罪するべきでは?

だって、今回のことが主催者の責任なら、今後の対策として、管理に手が回らないから業者は入れないとかになるかもよ?


ラベル:発電機 屋台 花火
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛行機に預けたチワワが熱中症で死ぬ 全日空「過失ない」に賛否両論

飛行機に預けたチワワが熱中症で死ぬ 全日空「過失ない」に賛否両論 : J-CASTニュース
より引用
http://www.j-cast.com/2013/08/13181450.html
http://www.j-cast.com/2013/08/13181450.html?p=2

↓   ↓   ↓

全日空の飛行機に預けたチワワが熱中症で死んでしまったと、東京在住という飼い主の少女(15)がツイッターで怒りをぶつけて話題になっている。全日空では、過失はなかったとしているが、賛否両論が出ている。

 「誰かたすけて」「もう…わけわかんない…」「飛行機おりたら…ポポが動かなくなってた」

飼い主の少女は、2013年8月12日の15時過ぎからこうつぶやき始めた。


 「ミスがなければ死ぬはずがなかった」

 ツイートによると、少女は両親らとこの日、国内のある離島に旅行に行き、東京・羽田空港で出発前に、チワワのポポを全日空のペットサービスに預けた。このサービスは、一部を除き5000円かかる。しかし、1時間ほどして島の空港に到着し、ペットケージのカゴを受け取ると、ポポはひっくり返った状態だった。

 意識は少しあったものの、瞳孔が開いており、舌も変色していた。少女らはポポに水を急いで飲ませたが、ポポはけいれんを繰り返すだけだった。父親からは、ポポの心臓はすでに動いていなかったと言われた。


 両親が空港からすぐにタクシーで獣医に連れて行ったが、獣医からは、ポポを収容していた部屋の温度があまりにも高かったのだろうと説明された。体温は、平熱よりかなり高く47度以上にもなっていたという。

 ポポは飛行機に乗る前までは元気で、預ける直前まで水分を摂らせていたそうだ。少女はツイッターで、全日空から「過失はない」と言われたとしながらも、「ミスがなければ死ぬはずがなかった」と言って嘆いている。

 全日空のホームページを見ると、ペットサービスでは、空調が客室とほぼ同じ貨物室で預かるとしている。しかし、注意事項として、飛行機に乗せ降ろしするときの外気について、「夏場においては駐機場の反射熱などにより外気温に比べて高温になる場合もございます」と書いてあった。


 「今後は、できる限りの対応を考えて実施したい」

 飼い主の少女はツイッターで、チワワのポポを飛行機に乗せる前の地上の温度が高すぎたと聞いたと明かした。とすると、この日は東京でも猛暑だったことから、ポポは飛行機に乗せるときに駐機場の反射熱に晒されて熱中症になってしまったということなのか。

 全日空の広報部では、ポポの死因が熱中症かについて、「司法解剖にならないと分からないので、特定致しかねます」とした。しかし、飛行機に乗せるのに10分弱かかったといい、「確かに、炎天下に飛行機が停まっていて、下からの熱に晒されたことは十分に考えられると思います」と話した。

 ペットが預かり中に死んだケースは、この1か月については今回だけだとした。担当者は、頻発するようなものでもないとしている。今後については、「同じことが起こらないように、できる限りの対応を考えて実施したい」と言っている。

 なお、ポポの飼い主少女は、ペットの死傷について損害賠償を求めないとする同意書を書いていることなどから訴訟は起こさないと父親から聞いたことを明かしている。

 ネット上では、「うーん、まともな神経してたら使わないだろこのサービスは」「高い勉強料だな」と飼い主がペットを連れて行ったことに首をひねる向きもある。一方で、全日空に対し、「生き物を運搬するなら細心の注意を払うべき」「有料ならもうちょっと何か対応あってもいい気がするわ」といった疑問の声が出ていた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


このニュースを見てから、全日空のホームページを見てみたら、下記の記載があった。

<受託中止期間>

毎年7月1日〜9月30日

※短頭犬種は、他の犬種と比較して高温に弱く、熱中症や呼吸困難を引き起こす恐れがあるため、夏季期間中はお預かりを中止しています。その他の期間においても、気温が高い日にお預けいただくときは、ご注意ください。


これが、全日空の「今後は、できる限りの対応を考えて実施したい」なのだろうか?


また、ペットを預けるときに記載する「同意書」には下記の記載があった。(事故前と同じかは不明)

私は下記貴社航空便による私の手荷物・ペットの運送に当り、当該運送中に発生した下記損害について貴社に一切ご迷惑をおかけいたしません。

2. 私のペットの死傷



ペットが手荷物と同じ扱いなのは少し驚いたが、確か法律ではペット殺害は、器物破損であることから変と言うわけではないのであろう。

全日空は「過失はない」としているが、同意書でペットの死傷に対する免責を条件にしていることから、文句の言いようがないと思われる。

ただ、ホームページからは、このペットを連れていくサービスが安全なような印象を受けることも確かだと思った。

今回の事件は、被害者と亡くなったチワワには気の毒だが、ペットを持つ人々には教訓になったと思う。


ラベル:全日空 ペット
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

辛坊氏 海難事故での「自己責任」批判に違和感…費用負担も「大変失礼な発想」と発言

辛坊氏 海難事故での「自己責任」批判に違和感…費用負担も「大変失礼な発想」と発言

辛坊氏 海難事故での「自己責任」批判に違和感…費用負担も「大変失礼な発想」(デイリースポーツ) - 国内 - livedoor ニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/7922151/

↓   ↓   ↓

 6月21日にヨットで太平洋横断中に遭難し、救助された辛坊治郎キャスター(57)が3日、読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」(土曜、前8・00)に生出演し、復帰を果たした。多額の救助費用が税金から支払われることについて、一部で批判の声もあがっているが、辛坊氏は「発生したことについて、救助にあたり、「海難事故で『自己責任』という言葉が出てくるのは、違和感を覚えました」と語った。

 海上で遭難した場合、公的機関が行う捜索や救助活動にかかる費用は、遭難者などに請求することはない。民間に依頼した場合は、費用を請求される場合がある。

 番組では、救助費用についても議論された。金額については「目の前で命がけで救ってくれた2人に接していますから、その皆さんにお金を払うとか、それを金額にする(といくらだとか)という発想自体、違うと思っています。制度的にも(自衛隊法83条『災害派遣』)、大変失礼な発想だと思います」と厳しい表情で話した。

 遭難したヨットは保険に加入しており、辛坊氏の生命保険、ヨットの損害保険など、民間による救助の場合には、請求されれば支払うことになっていた、と前置きした上で「国民としての義務を果たしてしっかり納税する、私にできることは少なくともそういうことではないかと思います」と付け加えた。

 また、放送後の会見で、辛坊氏は、海上保安庁や、救難飛行艇で救助に当たった「海上自衛隊岩国第71航空隊」に出向いて事故の説明と感謝を伝えたことも明かした。

 また海上で遭難した人の救助を行うボランティアを支えるための団体「日本水難救済会」に「募金しました」と明かした。関係者によると、金額は500万円という。

 救出後には、さまざまな批判にもさらされた。事故を振り返り、「いろいろ批判されたけど、(言えることは)『生きててよかった』というのが一番です」と神妙な顔で語った。

 辛坊氏は、10日から同番組にレギュラー復帰する。

↑   ↑   ↑
引用終わり

辛坊治郎キャスターは、韓国と親密な関係があります。

韓国大阪青年会議所の主催で講演をなさるくらいです。

民団大阪|お知らせ テレビで活躍 辛坊治郎氏 講演会開催のご案内
http://www.mindan-osaka.org/kccbbs/kannews_viewbody.php?number=289

1307517167_shinboshiro1.jpg

http://www.mindan-osaka.org/admin/kannews/mindan_files/1307517167_shinboshiro1.jpg


さて、辛坊治郎氏は、これまでの発言から、自己責任が好きな方と思ってました。

何かにつけて自己責任と言ってたような気がします。

海難事故で公的機関に救助されたときに、費用負担の義務はありません。

でも、そのことと責任問題は別でしょう。

個人的には募金をするよりも、救助費用を支払う方が、筋が通っているように思うのだが・・・

「違和感がある」発言には、自己責任じゃないのかと突っ込みを入れたくなりますね

また、救助費用に関しての「大変失礼な発想」についても、理解不能です。

もしかしたら、救助した方々は、お金のためにやったんじゃないということを言いたいのかもしれませんが、それは当事者が言うべき発言ではないと思います。

無謀な挑戦で海に出て、遭難して、救助された費用を知ることは、二度と無謀なことをしないという戒めになります。

辛坊治郎氏自身は、ボランティアに募金をしたから、けじめをつけたと思ってるんでしょうけどね。

私は、ボランティアが救助したケースも知っているけど、大きな海難事故では、自衛隊に頼るしかないと思うんだけどね。




ラベル:辛坊治郎
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カネボウ化粧品の美白化粧品問題「白斑」

時事ドットコム:顧客対応、カネボウと一体化へ=花王、売上高100億円減−化粧品回収問題
より引用
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013073000680

↓   ↓   ↓

 花王の沢田道隆社長は30日、東京都内で記者会見し、子会社のカネボウ化粧品(東京)の美白化粧品で肌がまだらに白くなる「白斑」の被害が出ている問題を受け、「再発防止にグループ一丸となって取り組む」と表明した。顧客からの問い合わせや相談を受けるコールセンターの機能を両社で集約し、化粧品の品質管理に関する組織も一体的に運営することを検討する。

 カネボウの化粧品の自主回収問題の影響で、花王は2013年12月期の連結売上高で100億円、営業利益で60億円の減少を見込む。自主回収の対象以外のカネボウの美白化粧品にも買い控えの動きが出ているという。

 カネボウ問題では、11年から寄せられていた被害の相談を軽視するなど、顧客対応の遅れが明らかになっている。沢田社長は、6800人超の顧客が症状や不安を訴えている現状を踏まえ、「早く認識すればよかった。十分でない対応があった」と陳謝し、対応の不備が被害を拡大させた点を認めた。(2013/07/30-20:44)

↑   ↑   ↑
引用終わり

時事ドットコム:4061人の被害確認=情報から調査まで2週間−美白化粧品「白斑」問題・カネボウ
より引用
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013073100931&g=soc

↓   ↓   ↓

 カネボウ化粧品(東京)が製造・販売した美白化粧品を使った顧客に肌がまだらになる「白斑」の被害が出ている問題で、同社は31日、これまでに4061人の被害を確認したと発表した。このうち1828人は、白斑が「3カ所以上にある」「大きさが5センチ以上」「顔に明らかにある」のいずれかに該当する重い症状だった。また776人は既に回復したか、回復の見込みだという。

 また皮膚科医の情報でカネボウが白斑の被害の発生を5月13日に認識してから、調査を始めるまでに約2週間かかっていたことも判明。消費者庁の阿南久長官は31日の記者会見で、「指摘があった時点でなぜすぐ調査に入れなかったのか」と対応の遅れを批判した。カネボウは親会社の花王とともに問題への対応の経緯を確認している。

 カネボウは25日時点で8600人超から被害や不安の申し出を受け、このうち4313人について訪問による確認作業を28日までに終えた。症状を訴える人は日々増えており、被害がさらに拡大する可能性がある。(2013/08/01-00:53)

↑   ↑   ↑
引用終わり

カネボウCM出演、知花くららと藤原紀香 問題製品は使ってなかった? : J-CASTニュース
より引用
http://www.j-cast.com/2013/08/01180656.html?p=all

↓   ↓   ↓

カネボウ化粧品の「白まだら」問題が拡大し続けている。同社は2013年7月31日に最新の状況を発表したが、白まだらの症状が確認されたのは4061人にのぼっている。

被害報告が増える一方、問題の製品のCMキャラクターに起用されていた女優は症状が出ていない。「やっぱりCMに出ていてもカネボウ製品を使ってなかったのか?」という声が上がっている。

 「カネボウのCMに出ていた女優は大丈夫なのか…?」

問題が公表されたのは13年7月4日。「カネボウブランシール スペリア」や「suisai」、「アクアリーフ」など、広く名の知られた主力製品での自主回収とあって、世間には動揺が広がった。

7月23日には顕著な症状があったとして問い合わせをしてきた人が2250人、247人の社員にも症状がみられたとの発表があった。その後さらに症状が確認された人数は増え、冒頭で書いた通り4000人を超えた。

そんな報道を見ている人々の間で、ある疑問が頭をもたげた。

 「カネボウのCMに出ていた女優は大丈夫なのか…?」

回収対象の製品のうち、「ブランシール スペリア」はモデルの知花くららさん、「suisai」は女優の藤原紀香さん、「トワニー」はモデルの春香さんがそれぞれイメージキャラクターを務めているが、彼女らの肌に被害が出たという話は上がっていない。

 紀香のオススメ商品にカネボウ製品は挙がらず

13年8月1日発売の週刊新潮に「CM出演『一流女優たち』は白斑化粧品を使っていたか?」という記事が掲載された。

広告のキャラクターに起用されるタレントはその商品を普段から利用しているように考えてしまうが、記事ではある化粧品会社の販売員が「CMで紹介している商品を使っていないなんて、と一般の方は驚かれるかもしれませんが、これは化粧品業界では常識なのです。律儀にCMの商品を使っている女優さんのほうが稀だと思います」とコメントしている。

知花さん、藤原さん、春香さんが問題の製品を使用していたかどうかはわからないが、彼女らのブログやフェイスブックを見る限り、肌に全く問題はなく、いたって健康そうだ。また、藤原さんは「紀香バディ!コム」というサイトで自分がオススメする化粧品などを紹介しているが、カネボウ製の化粧品は掲載されていない。

↑   ↑   ↑
引用おわり

カネボウの美白化粧品で白斑被害が深刻に・・・カネボウ最悪の対応 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=IVO1JA2EGE0




カネボウの初動が遅かったために被害が拡大したのは間違いないようだ。

もちろん認可をした厚生労働省の責任もあるだろう。

そして、CMで宣伝していた女優は、宣伝している商品を使用していないのが常識という事実。

すべてが驚きである。

さて、このカネボウ化粧品であるが、この被害と別に不買運動があったのをご存じだろうか?

カネボウ化粧品は、花王の100%子会社であるからだ。

その花王はフジテレビの大スポンサーである。

フジテレビは、韓国に偏向した放送をしている。


もちろんフジテレビには抗議していくが、番組の作成にはスポンサーにも責任があるので花王にも抗議する。

ざっくりと言えばこんなところですが、実はかなり根は深いようなんですね。

詳しくは下記をご覧ください。

↓   ↓   ↓

花王が不買運動をされる理由まとめ 【 PATRIK TIMES 】
http://patrikeiji.blog37.fc2.com/blog-entry-406.html





posted by 日本に住んでる日本人 at 01:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

日産ティーダ事故、最悪のケースはリコール隠し???

燃料切れが原因ではなく・・・伊勢湾岸道4人死傷事故(13/08/03) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=VRSi1WGZLC8




朝日新聞デジタル:燃料残存、ガス欠の可能性小 伊勢湾岸事故 - 愛知 - 地域
より引用
http://www.asahi.com/area/aichi/articles/MTW1308032400005.html

↓   ↓   ↓

 愛知県飛島村の伊勢湾岸道で26日、停車した乗用車にトラックが追突して父子3人が死亡した事故で、愛知県警と国土交通省などが2日、車を調査し、タンク内に燃料が残っていたことがわかった。ガス欠の可能性は小さくなり、引き続き車が停止した原因を調べる。

 この事故では、東京都調布市の会社員山口雄大(かずひろ)さん(31)、長男葵(あおい)ちゃん(2)、長女友結(ゆい)ちゃん(3カ月)が亡くなり、妻の喜和さん(30)がけがをした。県警によると、車は喜和さんが運転していたが、「アクセルを踏んでも車が進まなくなった」と話しているという。

 県警は4日、名港中央インターチェンジ(IC)―飛島IC間の下り線を午前4時から2時間通行止めにして、トラックを運転していた尾呂富士男容疑者(54)=自動車運転過失致死傷容疑で送検=を立ち合わせ、実況見分する予定。

↑   ↑   ↑
引用終わり


不具合情報検索 | 自動車のリコール・不具合情報
http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/defects.html

上記サイトで日産ティーダの不具合情報の確認をすると、2005年3月〜2013年5月で72件の報告があった。

走行不能になったなど怖い事例も見受けられた。

また、HR15DEという ティーダ、ノート、キューブ、ジューク等に搭載のエンジン型式で不具合が出ているようだ。

さて、関係なければいいのだが、日産には韓国人デザイナーが多い。

また、部品もコスト削減のため、韓国メーカーのものを多く使用している。


日産、韓国人デザイナー10%超…「創意性と国際感覚が優秀」 | Joongang Ilbo | 中央日報
http://japanese.joins.com/article/551/154551.html

日産、韓国製部品の九州への直送を開始 | レスポンス
http://response.jp/article/2012/10/15/183139.html


事故原因は、目下調査中であるが、日産ディーダの欠陥だとしたら大問題である。

それは、リコール隠しの疑いにもつながると思う。

でも、燃料が残っている車が突然動かなくなった原因として、他に何があげられるだろう???

そして、私は、ネット検索や読書の結果、韓国製の部品の品質が悪いということを知っている。

詳しくは書かないが、韓国の原発が止まる理由、鉄道がトラブる理由、すべて韓国製の部品によるものである。

とにかく、日産車に乗られている方は、気をつけて!!!

このことを念頭に運転してください。

(さすがに買い換えろとまでは言えないでしょう・・・)




posted by 日本に住んでる日本人 at 02:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。