2013年11月09日

朴槿恵大統領こける・・・

朴大統領 "劇的な立場ですね":ネイバーのニュース
より引用(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=001&aid=0006584982

↓   ↓   ↓

朴槿恵(パク・グンヘ)大統領が6日の夕方(現地時間)、ロンドン市内の『ギルドホール』に到着、車から降りる際に韓服に足を取られて転倒している。

朴大統領は英語で、「Dramatic Entry(劇的な入場ですね)」と言って周囲を安心させて行事会場に入って行った後、晩餐を終えて出る際にギフォードロンドン市長らに、「Quiet Exit(退場は静かに)」と言って周囲の笑いを誘った。

↑   ↑   ↑
引用終わり


右向き三角1 South Korean President Park Geun hye having a hard time - YouTube

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=lXH6qiz1Z5I





・・・これからの韓国の状況を体を張って見せたということか???



PR----------

大人の男の革財布・革小物ならグレンチェック







ラベル:朴槿恵
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

韓国朴槿恵大統領 欧州統合見習えとフランス紙にてまた日本批判

時事ドットコム:欧州統合見習え=韓国大統領、フランス紙にまた日本批判
より引用
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013110200260

↓   ↓   ↓

 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は2日、フランス訪問を前にソウルで仏紙フィガロのインタビューに応じ、冷え込む日韓関係に関し「日本が欧州連合(EU)統合を見習い、態度を変えてほしい」と語った。聯合ニュースが報じた。

 朴大統領は「われわれは両国関係を未来志向の関係に発展させたいが、一部の日本の政治家らが歴史に関し、しきりに退行的な発言をするので遺憾だ」と主張。「欧州統合はドイツが過去の過ちに対し建設的態度を見せたため可能だった」と述べ、関係改善に向け日本がまず積極的な姿勢を示すよう求めた。 

 朴大統領はメルケル独首相やヘーゲル米国防長官との会談でも同様の日本批判を展開。日本側は反発を強めそうだ。(2013/11/02-20:37)

↑   ↑   ↑
引用終わり


ドイツに関しては、戦争責任は全てナチスにあるとしたのであるが、これが建設的な意見の正体なのだが?

そもそも国交を正常化するための条約をもって、過去を問わないことは、国際法上の常識だと思う。

日韓基本条約を無視して、過去の歴史を捏造してまで日本が悪いという韓国が異常なのだ。

日本は(必要もないのに)謝罪をしているのに、それを反古にして、関係を悪化させているのは韓国だ。

韓国こそ欧州連合を見習ってほしい思う。


そもそも、欧州連合を見なられという前に、朝鮮半島をまとめてほしいものだ。

韓国は分裂国家という意識が薄すぎると思う。


日本は、日韓基本条約のことをもっと世界に拡散させるべきだと思う。

韓国のしていることが、国際法を無視した行為だと、世界中に喧伝してほしいものだ。






posted by 日本に住んでる日本人 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

日本無視の「朴槿恵外交」に韓国でもいらだち 国際的な孤立自覚か

日本無視の「朴槿恵外交」に韓国でもいらだち 国際的な孤立自覚か+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131031/kor13103109090002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131031/kor13103109090002-n2.htm

↓   ↓   ↓

 【ソウル=黒田勝弘】韓国では朴槿恵(パク・クネ)政権が2月にスタートして以来、いまだ日韓首脳会談が開かれないことに、いらだちが出始めている。朴大統領は今週末から英仏などヨーロッパ訪問に出かけるが、これまで国際会議への出席も含め、米中露や東南アジアはすでに訪問しており、日本だけを避けている感じだ。

 日本を“無視”するような朴槿恵外交に主要メディアや知日派の間では不安と不満が出ている。朴大統領に対し「被害者意識からの脱皮」(朝鮮日報)や「嫌いな人とも対話」「冷静で理性的な国益計算」(中央日報)を求め、「首脳会談で両国間の葛藤を克服すべきだ」(同)として「朴大統領の決断がカギ」(東亜日報)としている。

 また安倍晋三首相をはじめ日本側がしきりに会談を呼びかけているのに対し、朴大統領がこれを拒否しているという図式に「外交当局者も負担を感じている」(外交筋)といい、「米国をはじめ国際的にもクビをかしげる向きが多い」(同)という。

 朴大統領が安倍首相との首脳会談になかなか腰を上げない背景には、安倍首相に対し「右傾化」とか「軍国主義復活」などと非難を続ける韓国内の世論がある。就任以来、日本に対し「正しい歴史認識」を要求してきた手前、雰囲気がよくないというわけだ。

 しかし、ここにきて韓国で批判の声が強かった日本の集団的自衛権に対し米国の支持が明確にされ、安保を中心に日米緊密化が印象付けられた。韓国の日本に対する一方的で極端な非難が国際的には必ずしも同意されていないという現実が明らかになった。そこで、これまで“安倍たたき”に熱中し右傾化非難キャンペーンを展開してきたメディアにも、日本との対話必要論が出てきたというわけだ。

 しかし韓国の大統領官邸や外務省当局者は最近、日本記者団との相次ぐ懇談で問題打開のため日本側の努力を要求している。尹炳世(ユン・ビョンセ)外相も29日、ソウルでの日韓言論セミナーのあいさつで「問題の本質は日本の間違った歴史認識だ」と強硬論を繰り返している。

 首脳会談へのきっかけはまだ見えないが、非正常的で異様な現状に各界で“疲労感”が出ているのは確かだ。朴大統領がこだわる「正しい歴史認識」は原則論だけに日本としては必ずしも拒否の対象ではない。朴大統領の意中は依然、明らかでないが、「首脳会談は首脳の決断一つだ。名分や理屈はいくらでもつく。遅れれば遅れるほど負担は大きくなる」(外交筋)との声も出ている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


歴史認識の溝が埋まるわけがないから、当分日韓首脳会談はないね。

ただ、在日の強制送還の話は、首脳会談が必要だと思うので、そこは、韓国は積極的になるのではと思う。






posted by 日本に住んでる日本人 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

韓国大統領選挙、韓国国家機関によるツイッター工作疑惑が発覚

韓国大統領選挙、韓国国家機関によるツイッター工作疑惑が発覚 2013/10/24(木) 14:28:57 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1024&f=politics_1024_004.shtml

↓   ↓   ↓

 韓国の情報機関、国家情報院(国情院)が、2012年の大統領選挙で、与党・セヌリ党から立候補していた朴槿恵大統領を支持する内容の書き込みを、ツイッターで活発に行っていたことが分かった。ソウル中央地検特別捜査チームの調べによると、国情院はツイッターアカウント402個を使い、5万5689件に上るツイートとリツイートを組織的に行っていたという。

 報道によると、国情院の心理戦団は2012年9月から12月18日にかけ、与党の朴候補を支持し、野党の文在寅(ムン・ジェイン)候補や安哲秀(アン・チョルス)候補を反対したり誹謗するコメントをツイッター上に大量に掲載する工作を行っていた。特別捜査チーム尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事が、ウォン・セフン前国家情報院長などに対する「起訴状変更許可申請書」の中で明らかにした。

 検察は6月にウォン前院長を公職選挙法違反などの容疑で起訴し、国情院によるSNSを使った政治介入について捜査を続けてきた。これまで国情院がネット上に投稿した書き込みは320件だとしていたが、国情院が使用していたとみられる400あまりのアカウントを分析した結果、5万件に上るツイッターの活動が新たに判明した。

 検察当局の高位関係者も23日、「大統領選で国情院がツイートを作成したり、リツイートしたコメントが5万5689件であることは明白な事実」と韓国メディアに話した。国情院のツイッター工作を明らかにし、捜査を拡大しようとした捜査チームの尹検事は、18日に電撃的に解任されたが、国情院の選挙介入は検察トップも把握していたことが分かった。

 一方、5万件に上るツイッター工作を指摘された国情院は、「国情院がツイート・リツイートしたコメントは2万8317件で、残りの2万7372件の作成者は不明」だとして反発している。また、「国情院の職員が投稿したとされる2233件のうち、作成したのは122件だけで残りの2111件は他人が書いたツイートをリツイートしたもの」だと弁明した。

 しかし韓国メディアによると、国情院が主張する2111件のリツイートも、野党候補を誹謗したり朴候補を支持するものばかりだという。国情院が選挙期間中にツイッターによる影響力を高めるための方法を議論するなど、組織的に活動していたことも判明しており、波紋はさらに広がるとみられる。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「国情院はツイッターアカウント402個を使い5万5689件に上るツイートとリツイートを組織的に行っていた」

あきれてものも言えません。


「国情院「ツイート・リツイートしたコメントは2万8317件で、残りの2万7372件の作成者は不明」

半分は認めてしまったのね。残り半分も怪しいけれど?


「国情院のツイッター工作を明らかにし、捜査を拡大しようとした捜査チームの尹検事は18日に電撃的に解任」

人事権の乱用によるあからさまな捜査妨害のような気がするのだがいいのか?

こういう行動が、疑惑は本当だという信憑性を増すことになると思う。



韓国では、このような醜聞は政権末期に起こるものだと思っていたが、今回は早いね。

朴槿恵大統領の権力が大したことないということなのか?

政権末期にやるべき反日を、のっけから全開でやりまくったから、醜聞の報道も早まったのだろうか?


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

韓国、朴大統領「セマウル運動を発展させて第二の漢江の奇跡を」・・・それで具体策は?

donga.com[Japanese donga] 朴大統領「セマウル運動を発展させて第二の漢江の奇跡を」
より引用
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013102149328

↓   ↓   ↓

朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は20日、「セマウル運動を未来志向的な市民意識改革運動に発展させ、第二の漢江(ハンガン)の奇跡を起こそう」と述べ、父親の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領時代の国家改造運動だったセマウル運動が進むべき方向を提示した。

朴大統領は同日、全羅南道順天(チョルラナムド・スンチョン)で開催された全国セマウル指導者大会に参加し、「セマウル運動は、わが現代史を変えた精神革命だった」とし、「国民に『なせばなる』という自身感を植え付け、世界が注目する漢江の奇跡を成し遂げる動力になった」と評価した。

朴大統領は、また端境期を凌ぐ貧困の克服が最大の課題だった1970年代の「勤勉・自助・協同」中心の運動から、「共同体・文化創造・奉仕・グローバル」中心のセマウル運動への躍進を提案した。

第二のセマウル運動の第一の課題として提示したのは、共同体精神の復元だった。朴大統領は、「セマウル運動精神は、個人ではなくみんあが豊かな暮らしをすることだった」とし、「第二のセマウル運動は分け合い、奉仕、配慮の実践徳目を加え、国民統合をけん引する共同体運動になるべきだ」と話した。また「都会と農村、首都圏と地方間の格差を解消し、世代間、地域間、階層間の葛藤の溝を埋めていくことが、第二のセマウル運動の重要課題になるべきだ」と強調した。

もう一つの課題はセマウル運動の輸出だった。最近、ベトナムやインドネシアなど主要途上国の首脳らは、セマウル運動に大きな関心を示してきた。朴大統領は、「大韓民国に希望を与えたセマウル運動が世界の多くの国に希望の灯りになっている」と言い、「韓半島を超え、地球村の幸福に貢献するグローバル運動に発展させていくべきだ」と提言した。とくに「地球村セマウル運動を国際協力プログラムの重要事業として推進していく」と述べた。

朴大統領は同日、就任後初めて全羅南道を訪問し、順天湾の国際庭園博覧会会場を視察したが、順天市長から「1962年の大洪水のとき、朴正煕元大統領夫妻が訪問し、迅速な復旧を指示し、今日の東川(トンチョン)が作られるようになった」と説明とともに、朴元大統領夫妻の訪問時の様子を収録した写真集を贈られた。朴大統領は、「50年前のことですね」と言って回想にふける場面もあった。

↑   ↑   ↑
引用終わり


朴槿恵大統領のお父さんの朴正煕元大統領は、立派な指導者であったと思う。

「漢江の奇跡」は、日本からの莫大な独立祝賀金(韓国側としては賠償金)があったからこそできたことは事実だが、政府主導で経済発展を成し遂げた事実は間違いない。

ただ、独立祝賀金(韓国側としては賠償金)は個人への補償や北朝鮮への補償金も含んでおり、それを使い込んでの成功だったことは忘れてはいけないと思う。

当時は、「セマウル運動」も政府主導で実施し徹底したことに意味があると思う。


対して、朴槿恵大統領の置かれている立場はどうか?

もう沈没寸前、経済崩壊寸前の泥船状態の韓国を立て直すのにはスローガンは必要だが、それに基づく行動が求められる。

「漢江の奇跡」は莫大な資金があったからこそ達成できたが、今の韓国はお金がない。


「第二のセマウル運動は分け合い、奉仕、配慮の実践徳目を加え、国民統合をけん引する共同体運動になるべきだ」

言っていることは立派だが、国民が飢えていては理想は実現できない。

だいたい、言ってること全てが、韓国人の現状と正反対なのだから無理がある。

現在の韓国人は、奪い合い、自分勝手であるがプライドだけは高く、人種差別者である。


「韓半島を超え、地球村の幸福に貢献するグローバル運動に発展させていくべきだ」

韓国人が全世界から嫌われている現実を直視しなくてはいけないと思う。

現状では、韓国人が朝鮮半島を超えることを、全世界が求めていない。

かなり酷い言い方をすれば、絶滅してくれと思っている人も多いと思う。

この状態から立て直すことは容易なことではないので(というか無理?)政府主導で具体策を実施徹底させることこそ大切だと思う。


だいたいにして、「地球村」という発想はサヨクが好んで使う言葉だ。

国家を破壊し、ひとつになろう・・・日本ではサヨクが君が代や国旗を嫌う理由の一つだと思っている。

一国の大統領が言う言葉ではないと思う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 05:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

朴大統領の「誤認」とオバマ大統領の「欠礼」・・・欠礼?なんで?

Chosun Online | 朝鮮日報 【コラム】朴大統領の「誤認」とオバマ大統領の「欠礼」
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/14/2013101401623.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/14/2013101401623_2.html

↓   ↓   ↓

 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は外交・安全保障分野における独自の構想を就任前から機会があるたびに語り、注目を集めてきた。その具体的な事例として朴大統領は2011年「信頼外交」をキーワードとする対北朝鮮政策を米国の外交専門誌『フォーリンアフェアーズ』を通じて発表した。また昨年は韓中日3カ国の緊張問題と関連し、日本の責任を主に強調する「アジア・パラドックス」という考えを公表した。

 朴大統領は北東アジアの外交問題を解決するために提示したこの二つの構想について、同盟国である米国が支持するものと信じていたようだ。朴大統領は大統領就任以降、オバマ大統領をはじめとする米国の政府高官と会うたびに同じような内容を強く、また何度も主張してきた。実際に朴大統領が掲げる「信頼プロセス」構想については、米国も大きな意見の違いはないように感じられた。北朝鮮は金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が「6カ国協議は永遠に終わった(2009年)」と発言したにもかかわらず、最近はこれとは反対に6カ国協議の再開を主張するなど態度を180度変えているが、米国は「信頼の置ける行動を先に取るべき」と要求している。

 しかし日本の責任を強調するアジア・パラドックスに関して言えば、韓米両国の見方は大きく異なる。朴大統領は日本が誤った歴史認識を改めないのであれば、オバマ大統領が米日の協力関係を見直すことを望んできた。ところが米国はこれに対して否定的なだけでなく、最近はヘーゲル国防長官がソウルと東京を相次いで訪問した際、韓国側の思惑とは完全に異なるシグナルを発した。米日両国は3日に外交・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を開催し、米国は安倍内閣が進める「集団的自衛権」の行使を明確に支持した。朴大統領はこれに大きく当惑した。

 「韓国と日本の間でオバマ大統領は韓国側につく」という見方について、専門家の多くは「誤った認識」と指摘する。米日関係に詳しいある専門家は「米国は歴史問題と北東アジアの安全保障問題は完全に別と考えている」「朴大統領は『アジア・パラドックスに基づいて米国を説得すれば、米国は日本に圧力を加える』という考えは捨てるべきだ」と主張した。

 第2期オバマ政権の構想が以前とは変わったことも、韓国に新たな対応を要求している。米国の公文書に旧日本軍の従軍慰安婦を「性奴隷」と表記するよう指示したクリントン国務長官はすでに辞任した。後任のケリー国務長官は今年5月、朴大統領のワシントン滞在中にロシアを訪問するなど、大国中心の外交を重視する人物だ。

 いずれにしてもオバマ大統領は、この問題(日本の集団的自衛権行使の支持)で同盟国である韓国の大統領を困惑させたことに関して厳しい批判を受けるべきだろう。

 日本による集団的自衛権行使は米国が以前から希望してきたことだが、たとえそうだとしても朴大統領がヘーゲル長官に日本の責任を訴えてからわずか3日後に、集団的自衛権行使支持の発表をすべきなのかは甚だ疑問だ。政治を「タイミングと言葉の芸術」と定義した場合、朴大統領としてはこの問題で「メンツをつぶされた」と感じても無理はないだろう。

 もしこのことが、中国をこれまで以上に重視する朴槿恵政権への警告メッセージだとすれば、これは完全な誤った判断といわざるを得ない。共産党一党独裁体制の中国を国際社会の規範が通じる国へと導くには、米国の力だけでは足りない。韓国が中国との密接な関係を維持しながら、米国の利益を広げていくことがより理に適っていると指摘する声も多い。

 朴大統領とオバマ大統領は今年5月にホワイトハウスで行った首脳会談の際、非常に親しげな写真を公開した。日本による集団的自衛権行使の問題が、この良好な韓米関係を根本から揺るがすことのないよう、2人の大統領はこれまで以上に固い信頼関係を示さなければならない。これが両大統領に現在課せられた課題だ。

↑   ↑   ↑
引用終わり

韓国は米国の同盟国であるが、日本も米国の同盟国である。

朴槿恵大統領の「誤認」というが、過去の歴史ばかり主張する朴大統領の国際間感が欠如しているだけだと思う。

米国は、これからのことを問題にしているのに、それに応えられない韓国が変だいうことになる。

日本の集団的自衛権行使の支持で朴槿恵大統領の当てが外れただけで、なんで「欠礼」になるのかよく分からない。

米国が、韓国の主張を支持するとでも発言していたとしたら、それを覆す行為は欠礼になるだろう。

しかし、今回はそのような事実はない。

米国は、日韓の未来志向の協力を望んでいるが、安倍首相がオープンなのに対して、韓国は過去の歴史をだして拒否している。

この行為は、米国のメンツを潰していると思うのだが?


そもそも韓国の意思通りに米国が動かないからといって、文句を言うのは内政干渉でしょう。

中国との関係についても、米国は韓国に対して不信感を持っていると思う。

韓国が米国のために中国と付き合っているなんて話は、はじめて聞いた。

韓国は、自らの主要貿易相手の中国と友好関係を持ちたいだけというのが正しい見方ではないのか?

韓国から中国へ、軍事情報まで流れていきそうなので、米国は警戒していると思う。

最期に非礼というのは、2012年06月29日の日韓軍事情報協定を署名10分前に延期するような行為だと思う。(今回触れた3日後どころではない。)

同協定は、韓国軍と自衛隊での軍事交換とその保全に関するルールを定めたものであり、一方的で突然の延期発表は日本だけでなくアメリカのメンツを潰した行為である。

韓国にはメンツを潰されたと米国に言う資格はないと考える。


posted by 日本に住んでる日本人 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

朴大統領の「日本責任論」 韓米の対立材料に

Chosun Online | 朝鮮日報 朴大統領の「日本責任論」 韓米の対立材料に
より引用

↓   ↓   ↓

 オバマ大統領が日本の軍事的役割の強化を支持したことにより、東アジア地域の政治的緊張について、「日本責任論」を主張してきた韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と衝突するのではないかとの懸念が高まっている。

 朴大統領は就任前から日本の歴史認識と行動が北東アジアで重要だとし、歴史問題などでの対立が続いているため、政治や安全保障面での協力が進まない現状を「アジアのパラドックス」と呼んできた。朴大統領はアジアのパラドックスを解消する上で、日本に最大の責任があるとの立場を示してきた。先月30日、ヘーゲル米国防長官の表敬を受けた席上、朴大統領は「しばしば後戻りするような発言を行う(日本の)指導部のせいで信頼が形成できずにいる」と語ったのも、朴大統領の持論が背景にある。

 しかし、ヘーゲル国防長官が朴大統領と会った直後の3日、東京で行われた米日安全保障協議委員会(2プラス2)では、米国が日本の軍事的役割の拡大を積極的に支援する点で一致した。これまで日本の憲法による制約があった日本の集団的自衛権行使にも公に支持を表明した。朴大統領の立場としては、右傾化した日本が米国の承認を受け、「戦争できる国」への第一歩を踏み出すさまを目にした格好だ。

 韓国大統領府(青瓦台)と韓国政府の関係者は「安倍内閣の歴史認識問題が争点となっている微妙な状況で、米国が日本に事実上の免罪符を与えたのではないか」と話した。

 一部からは韓米の立場の「衝突」は予想されたものだとの声も聞かれる。オバマ大統領は深刻な財政難と予想よりも早い中国の台頭という内憂外患に直面している。

 こうした状況で、米国は東アジアで米国の核心的利益を守ってくれる国として日本を選んだといえる。オバマ大統領2期目の「新北東アジア構想」の最重要パートナーとして日本を選んだ格好だ。朴大統領が就任初期から一貫して親中反日傾向の政策を取っていることも考慮されたもようだ。

 最近訪韓した米国の韓半島(朝鮮半島)専門家は「オバマ政権は安倍政権の問題点を一部認めながらも、韓国が歴史問題に執着し過ぎているとみている。オバマ政権は北朝鮮問題の解決と中国けん制に向け、韓国が大局的な観点から韓米日による三角協力により積極的に乗り出すことを望んでいる」と指摘した。

 朴大統領の就任後、韓米の同盟関係は李明博(イ・ミョンバク)政権に続き、友好的なムードが維持されてきた。しかし、対日関係をめぐる見解差で、朴大統領とオバマ大統領の立場が激しく衝突した場合、韓米関係全体に悪影響を与える可能性もある。

 これまで悪化の一途をたどってきた韓日関係に米国という不確定要素が加わり、新たな状況が生まれている。「アジアのパラドックス」を強調してきた朴大統領がどう対応するか注目される。

 ■アジアのパラドックスとは

 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が昨年10月、北東アジア3カ国協力事務局と朝鮮日報社の共催した国際フォーラムに出席した際に提唱した理論。全世界の国内総生産(GDP)の20%を占める北東アジアでは、韓中日3カ国の経済面での相互依存度が高いが、歴史問題、領土問題での対立、軍備競争、核の脅威、信頼不足で対立しているという矛盾を指す。

↑   ↑   ↑
引用終わり


ある意味当然の結果と言えるのではないか。

アメリカは、血を流す戦争から回避する行動をとっており、韓国からの米軍の撤退もその一環と言えると思う。

そして、日本が軍事的に頼れる国になることは、米国にとってもパートナーとして有効だと見ていると思われる。

アメリカをはじめほとんどの国が未来を見据えて行動している中で、過去ばかり言う韓国は異質だと感じていると思う。

ましてや韓国は中国に接近し過ぎで、機密情報さえも流しそうな感じがする。

経済的にも韓国は、崩壊寸前で危険と見ているだろう。


posted by 日本に住んでる日本人 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

韓国 朴大統領、あきれた自爆発言 日韓亀裂「日本の指導部のせいで…」と責任転嫁

朴大統領、あきれた自爆発言 日韓亀裂「日本の指導部のせいで…」と責任転嫁 - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131001/frn1310011534004-n1.htm

↓   ↓   ↓

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、あきれた自爆発言を炸裂させた。日韓関係を壊したのは、李明博(イ・ミョンバク)前大統領による、昨年の竹島強行上陸と天皇陛下への謝罪要求がきっかけなのに、「日本の指導部のせいで信頼関係ができない」などと責任転嫁したのだ。安倍晋三首相は「対話のドアは開いている」と呼びかけているが、隣国のトップは冷静で賢明な判断ができないようだ。

 あぜんとする発言は、ヘーゲル米国防長官が9月30日に朴氏を表敬訪問し、日韓関係改善への期待を表明したのに対し、語られた。

 朴氏は「日本は北東アジアの平和と安定のために協力すべき重要な国だ」としつつも、「歴史、領土問題などで時代に逆行する発言をする日本の指導部のせいで信頼関係ができていない」と一方的に批判。さらに、「慰安婦の女性は今も深い傷を負っているのに、日本は謝罪どころか侮辱を続けている」といい、「誠意ある態度」を示さなければ、首脳会談は難しいとの考えを示した。

 韓国は、日本固有の領土である島根県・竹島を不法占拠し続けているうえ、長崎県対馬市で盗まれて韓国に持ち込まれた仏像などの返還を差し止めるなど、日本国民の信頼を次々と壊している。

 慰安婦をめぐっても、韓国系団体の後押しで、全米各地で慰安婦の像などが設置されていることに、日本の主婦や在留邦人らが「先人の名誉を守るとともに、子供や孫たちの代まで(韓国側の)嘘の宣伝で罪を背負わされることは許せない」と立ち上がりはじめた。

 韓国ではウォン高で経済状態が悪化している。良好な日韓関係は韓国の利益と合致するはずだが、朴氏の発言はこれを自ら縛るようなものだ。

 夕刊フジで「新悪韓論」(毎週水曜)を連載するジャーナリストの室谷克実氏は「とにかく、韓国人は『悪いのは日本』『自分たちは常に正しい』という人々だ」とあきれ、こう続ける。

 「韓国の報道を見ると、ヘーゲル長官はほぼ黙っていて、朴氏が1人で話しているようだった。(反日で)止まらなくなっているのだろう。日本はうやむやにするのではなく、米国や世界に向けてきちんと説明する時期にきている」

↑   ↑   ↑
引用終わり


もう、朴槿恵大統領の妄言はたくさんだな。

結局、自分たちは悪くない、日本が悪いということしか言えない。

日本のせいだというように、他国のせいにする指導者は、結局、自分の無能さを喧伝しているようなものだと思う。

韓国に(捏造した)主張があるように、日本には、日本の正しい主張があり、それを解決するのが外交であり、政治のトップの役割ではないのか?

別に自国の利益にならない国と無理に外交を結ぶ必要はないが、朴槿恵大統領は日本の重要性だけは認めている。

日本は、韓国のデマ拡散に対して、正しい主張を国際社会に発信しなくてはいけない。


ラベル:韓国 朴槿恵 日本
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

韓国 朴政権の迷走で高まる韓国版「失われた20年」への不安 サムスン株再び急落

朴政権の迷走で高まる韓国版「失われた20年」への不安 サムスン株再び急落 - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130930/frn1309301810009-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130930/frn1309301810009-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130930/frn1309301810009-n3.htm

↓   ↓   ↓

 韓国経済は長期低迷に突入するのか。デフレ脱却が見えてきた日本と入れ替わるように、韓国内で「失われた20年」への不安が高まっている。企業業績は軒並み厳しく、稼ぎ頭のサムスン電子についても、市場関係者が収益予想を下方修正、株安に見舞われた。適切な政策対応が求められるタイミングだが、朴槿恵(パク・クネ)大統領の目玉公約だった年金改革が財源不足で後退、側近閣僚が辞任するなど頼りにならない状況だ。

 4〜6月期の実質国内総生産(GDP)は1・1%と9四半期ぶりに0%台を抜けだし、韓国総合株価指数も2000ポイントの大台に乗せるなど、一時の低迷から抜け出しているように見える韓国経済だが、経済界の危機感は極めて強い。

 聯合ニュースによると、韓国の経済団体全国経済人連合会が民間の経済専門家を対象に行ったアンケートで、「韓国経済の低成長が深刻な状況」という回答が95・2%にのぼった。さらに、「失われた20年」と呼ばれる日本の長期不況が韓国で再現する可能性についても、73・8%が「可能性が高い」と答えたというから、その深刻度がうかがえる。

 国内の需要や消費が低迷する一方、輸出産業も円安ウォン高で価格競争力を失った。最大の取引先である中国経済の減速も痛手となっている。

 「韓国の主要企業は国内を捨てて海外に重点的に投資をしている。その結果、国内の消費が低迷し、企業の業績を下支えできないという悪循環に見舞われている」(外資系証券エコノミスト)

 内憂外患の状況は企業業績に反映されている。韓国の10大財閥企業の1〜6月の業績はサムスン、LG電子、ロッテを除いて減益または赤字。中央日報は、現代自動車と子会社の起亜自動車の上半期の営業利益率が「トヨタ自動車に追い越された」と報じた。

 最大の勝ち組であるはずのサムスンにも暗雲が立ちこめている。6月に米JPモルガンがサムスンの目標株価を引き下げたことで株価は約2割下落。9月に入って値を戻しつつあったが、CLSAやBNPパリバ、マッコーリーなど外資大手がサムスンの業績見通しや目標株価を相次いで引き下げたのだ。これを受けて同社の株価は再び5%近く値下がりした。

 「テレビ事業の不振が見込まれるほか、スマートフォンについても伸び悩みが警戒されている」(家電担当アナリスト)という。

 民間が不振に陥った場合、政権が経済政策を打って景気にはずみをつけるのが定石だが、朴政権はとてもそれどころではない迷走状態だ。

 朴大統領が昨年12月の大統領選で目玉公約として掲げた年金改革案は、65歳以上の高齢者全員に新たに一律、月20万ウォン(約1万8300円)の金額を支給するというものだったが、財源不足のため所得者の上位3割は対象外とし、受給者の一部は満額の20万ウォンから最低10万ウォンまで減額するなど大幅に後退した。

 朴大統領は「過去に例のない税収不足のためやむを得なかった」と釈明したが、最大野党、民主党の金ハンギル代表は、朴氏が年金のほか大学授業料半額化や無償保育などの公約も守っていないと指摘。「選挙のため国民を甘い嘘でだました」と批判した。

 朴大統領の側近で福祉政策を仕切ってきた陳永(チン・ヨン)保健福祉相は年金改革案をめぐり大統領府と対立したことを理由に、辞意を表明した。陳氏は朴氏の最側近だが、朴氏側の度重なる慰留を拒否した。

 朴政権では8月にも秘書室長ら4人を交代させるなど側近の辞任が相次ぎ、韓国メディアは「大統領のリーダーシップに打撃」と報じる。韓国ギャラップ社が27日に実施した調査では支持率が2週間前の67%から60%に急落した。

 韓国では輸出企業が不振の一方、住宅市場のバブル崩壊で家計の債務も深刻で、税収を増やす要因に乏しい。民間を救う余裕がないのが実態のようだ。

 朴大統領が掲げた経済政策「クネノミクス」も空手形に終わってしまうのか。

↑   ↑   ↑
引用終わり


朴槿恵大統領が、経済分野では無能だということははっきりしたと思うが、韓国の現状では誰がトップでも破綻は免れないような気がする。

既に韓国経済を持ち上げる手段はないのでは?

「失われた20年」というが、日本だから耐えられたのであって、家計が赤字の韓国は20年も耐えられないと思う。

IMFのおかわりになる流れだろうが、前回は、日本が韓国債務の取りまとめに尽力したけど、今回は無視だろう。

反日国家であり、仮想敵国扱いであり、捏造の従軍慰安婦問題を拡散するし、日韓基本条約は無視する判決を出すし、仏像は返さないし・・・

これまで日本は何度も韓国を援助してきたのに、感謝もされずに、逆に反日活動をエスカレートしてきた。

日本政府が韓国を援助することは、日本の世論が許さない流れになっている。



posted by 日本に住んでる日本人 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

日韓首脳会談「当面困難」と朴大統領 日本に“未来志向”求める

日韓首脳会談「当面困難」と朴大統領 日本に“未来志向”求める - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130711/kor13071111400005-n1.htm

↓   ↓   ↓

 韓国の朴槿恵大統領は韓国メディア幹部との10日の昼食会で、日韓首脳会談の実現をめぐり「日本は今も独島(竹島の韓国名)問題や従軍慰安婦問題で韓国国民の傷に触れることを続けている」と指摘、現状では難しいとの考えを示した。聯合ニュースが報じた。

 朴氏は「会談するとしても、そういう問題で(日本が)未来志向で進むという雰囲気の中で行われるべきだ」と述べた。

 日韓は1日、ブルネイで外相会談を開催し、日本政府は「首脳会談に向けた布石」(安倍晋三首相)と捉えているが、朴氏自ら日本の前向きな変化が必要と明言したことで、会談実現は当面遠のきそうだ。

 朴氏は「日本と会談はするべきで、それを排除するわけではない」としながらも、「会談をしたのに独島問題や慰安婦問題がそのままということになれば(日韓関係が)さらに悪化しかねない」と述べた。(共同)

↑   ↑   ↑
引用終わり


「日本は今も独島(竹島の韓国名)問題や従軍慰安婦問題で韓国国民の傷に触れることを続けている」

これは逆だと思う。

韓国は、竹島問題や従軍慰安婦問題で、日本国民を貶めようとし続けているが正しいと思う。

歴史的な資料を確認すれば、日本の主張の方が正しいのは明白である。

従軍慰安婦問題では、米国に慰安婦像を建てたり、フランスの漫画際に捏造慰安婦漫画を出したり、しつこすぎる。

日本人が、自国の正しい歴史を捻じ曲げられないために活動するのは当然である。

未来志向について辞書で引いてみると「未来に目標を定め向かうこと」だそうだ。

これは、日本でなく韓国に適用すべき言葉であろう。

竹島問題や従軍慰安婦問題を未来志向で考えて進むなんて意味不明である。

日本では、首脳会談が行われても、竹島問題や従軍慰安婦問題が解決するとは思っていない。

韓国の方は、そっち方面で成果がないと、支持率が落ちるんでしょうね。

だから韓国は支持率を高くしておきたいから日韓首脳会談をしたくてもできないのだと思う。

そうなると、日韓で話し合う重要な項目は、日本にはない。

新日鉄や三菱の強制連行に関する不当判決が思い浮かぶが、朴槿恵大統領に訴えても無駄であろう。

対馬の仏像の返却も同様で、国際法を無視する韓国には呆れるばかりだ。

対して韓国は、経済援助とか平昌冬季オリンピック援助とかいろいろあるはずだが、自ら道を閉ざしているね。

そして、国際法無視には、国際司法裁判所への訴えで対抗し、捏造の従軍慰安婦問題の世界への拡散には、正論で対抗していかないといけないと思う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

韓国 年金増額の公約見直し 朴大統領が国民に謝罪

聯合ニュース 年金増額の公約見直し 朴大統領が国民に謝罪
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2013/09/26/0900000000AJP20130926000600882.HTML

↓   ↓   ↓

 【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クンへ)大統領は26日午前、昨年の大統領選で目玉公約の一つとして掲げた老齢基礎年金増額の見直しについて、「(基礎年金を)高齢者の全員に支給できない結果となり申し訳ない」と事実上国民に謝罪した。

 来年の予算案を議決するために青瓦台(大統領府)で開かれた閣議で述べた。世界経済の低迷とあいまって税収不足と財政健全性を維持しなければならないため不可欠だったとした。ただ、朴大統領は「決して公約の放棄ではなく、国民との約束である公約を守るべきだとする信念に変わりはない。任期内に公約を守るため最善を尽くす」と強調した。

 政府の基礎年金最終案は、65歳以上の高齢者のうち所得上位30%を除く70%に月10万〜20万ウォン(約1万8000円)を来年7月から所得水準によって支給するもの。現行は65歳以上の高齢者全体のうち、所得と財産が少ない70%に最大で月9万6800ウォンを支給している。2012年には約390万人が基礎年金を受け取った。

 政府案は現行よりは改善したものの、65歳以上の高齢者全員に月20万ウォンを支給するとした朴大統領の公約からは後退したことになる。既に野党側は基礎年金の最終案について「公約の後退」と強く反発している。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「決して公約の放棄ではなく、国民との約束である公約を守るべきだとする信念に変わりはない。任期内に公約を守るため最善を尽くす」

政治家の最善を尽くすという言葉は信用できないと思う。

では、最善を尽くしたができませんでしたで済む問題なのか?

せめて、協議の上で、〇〇年には実現するということを言うべきではないのか?

そもそも朴槿恵大統領の公約で実現したものってあるの?

公約と言うと、日本の民主党のマニュフェストを連想させる。

埋蔵金がありませんでしたで、誰も責任をとらなかったような・・・?

まあ、いかに韓国が最善を尽くそうと、経済崩壊する方が先な気がするけどね。


【韓国】 朴槿恵新大統領の政策公約
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_7544683_po_02540202.pdf?contentNo=1

朴槿恵 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B4%E6%A7%BF%E6%81%B5


ラベル:韓国 年金 朴槿恵
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

韓国 朴槿恵大統領の支持率、10日間で8ポイント下落

朴槿恵大統領の支持率、10日間で8ポイント下落 | Joongang Ilbo | 中央日報
より引用
http://japanese.joins.com/article/349/176349.html

↓   ↓   ↓

朴槿恵(パク・クネ)大統領の国政運営支持率が秋夕(チュソク)連休前より下落したことがわかった。世論調査会社のリアルメーターによると、朴大統領に対する国政遂行支持度は20日現在60.9%を記録し、就任後最も高かった今月11日の69.5%に比べ8.6ポイント下落した。

この調査によると、「国政遂行をよくやっている」という回答は11日に69.5%とピークとなり、12日が66.5%、16日が63.0%、18日が59.8%と下落している。だが、19日には60.1%、20日には60.9%と下落傾向に歯止めがかかった。与党セヌリ党の支持率も13日の50.1%から20日には47.8%と1週間で2.3ポイント下がった。民主党支持率は同じ期間に24.4%から28.4%に上がった。しかしMBCは21日に独自の世論調査の結果、朴大統領に対する国政運営支持度が66%を示し、就任6カ月の8月23日に記録した65.8%と同水準を記録したと報道した。

リアルメーターのイ・テクス代表は、「朴大統領は李石基(イ・ソクキ)議員をめぐる問題と主要20カ国(G20)首脳会議で上昇を続け、11日には支持率70%突破を目前にしていた。しかし蔡東旭(チェ・ドンウク)検事総長が13日に辞意を表明して下落傾向に転じ、16日の3者会談決裂後に下げ幅が大きくなった」と分析した。朴大統領が政界と距離をおいて外交・経済に集中する時は支持率が高まったが、与野党の政争の中心に飛び込み支持率下落を招いたという指摘だ。朴大統領は3者会談後、「野党の場外闘争が続けば国民的抵抗に遭うだろう」と直撃弾を飛ばした。

しかし世論調査会社リサーチ&リサーチのペ・ジョンチャン本部長は、「3月初めに調査した朴大統領の支持率が54%台だったことを考慮すると本質的に大きな変化はないとみるべき。最近の支持率下落はグローバル外交で得た4〜5ポイントのプラス要因が国内政治要因で消えたため」と分析した。

今後の見通しついてイ代表は、「場外闘争52日目を迎える金ハンギル民主党代表が朴大統領の野党代表時代の場外闘争記録(53日)を超えて闘争を継続する場合、朴大統領の支持率がさらに下落しかねない」と話した。逆に朴大統領が政界と再び距離を置き民生に集中する場合、支持率再反騰の可能性もあるという話だ。これに対しペ本部長は、「朴大統領は支持基盤が強固なだけに安保や経済に大きな異変がない限り今後も60%台の支持率を維持していくだろう」と主張した。

リアルメーターの世論調査は全国の成人男女1000人を対象に、任意でかけた電話への自動回答調査で行われた。標準誤差は95%、信頼水準±3.1ポイントだ。(中央SUNDAY第341号)

↑   ↑   ↑
引用終わり


「最近の支持率下落はグローバル外交で得た4〜5ポイントのプラス要因が国内政治要因で消えたため」と分析した。」

国内政治要因での支持率下落と言うのに驚く。

経済無策に関しては、韓国国民はどうでもいいのだろうか?

間違いなく、国民生活は厳しくなっているはずなのだが・・・?

要するに、韓国では、反日さえやってれば、支持率は落ちないのであろう。

支持率確保のためにも、朴槿恵大統領は、日本に援助を求めてはいけないね。


ラベル:韓国 朴槿恵
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

韓国 歴史認識でドイツに理解求める

韓国 歴史認識でドイツに理解求める NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130906/k10014356331000.html

↓   ↓   ↓

ロシアのサンクトペテルブルクで開かれたG20サミットに合わせて、韓国のパク・クネ大統領はドイツのメルケル首相と会談し、冷え込んでいる日韓関係について、日本の歴史認識に問題があるという考えを強調し、韓国政府の立場に理解を求めました。

G20サミットに出席した韓国のパク・クネ大統領は6日、ドイツのメルケル首相と会談しました。

韓国政府によりますと、会談の中で、パク大統領は、メルケル首相がナチス・ドイツの時代にユダヤ人など4万人以上が命を落としたドイツ南部の強制収容所を最近訪問して犠牲者を追悼したことに触れ、深い感銘を受けたと述べたということです

そして、日本を念頭に、「歴史の傷を癒やそうとせず、度々、傷に触れるようでは解決は難しいと思う」と指摘するとともに、「日本が歴史に正しく向き合い、未来志向の関係を築けることを願っている」と述べ、日本の歴史認識や対応に問題があるという考えを強調しました。

パク大統領は、ことし5月にアメリカを訪問した際にも、オバマ大統領との首脳会談の中で、日本の歴史認識を批判したほか、アメリカ議会での演説でも同様の批判を行っており、韓国政府は海外での日本への批判を強めています。

G20サミットでは、安倍総理大臣とパク大統領の間で初めての首脳会談が行われるのかどうか注目されましたが、結局、5日の夕食会の前に短くあいさつを交わすにとどまり、日韓関係は改善の糸口がつかめないままとなっています。

↑   ↑   ↑
引用終わり


NHKは、安倍政権批判をしたいのだろうが、この記事は逆効果ではないか?

少なくとも、私はこの記事を読んで反韓の気持ちが大きくなってしまったが?

朴槿恵大統領が、世界中で交渉の機会を逸してまで日本批判をしているということでしょう。

しかも、ドイツのメルケル首相については、あまり触れられたくないナチスドイツの傷に触れてまでの日本批判だね。

他国の悪口しか言わない大統領を信用する国なんてあるのかな?

ちなみに、あるアンケート結果で、一番韓国が嫌いな国はドイツという結果が出てるんだよね。


ラベル:韓国 ドイツ
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

韓国 朴大統領にはまともな側近もいない

【韓国の真実】朴大統領にはまともな側近もいない… 歴史認識が乏しいから出た「恨み1000年論」- 政治・社会 - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130625/frn1306250708000-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130625/frn1306250708000-n2.htm

↓   ↓   ↓

 日本人の韓国に対する認識や感情は、昨年8月の李明博大統領(当時)による島根県・竹島上陸以降、激変した。「韓流」で隠され、ゆがめられてきた隣国の本性について、「悪韓論」(新潮新書)がベストセラーになったジャーナリストの室谷克実氏が暴いた。

 ◇

 高麗とは統一新羅と李氏朝鮮の間にあった王朝だ。この王朝の皇太子が元の皇帝フビライに「日本は、いまだ陛下(フビライ)の聖なる感化を受けておらず…」と述べたことが、元寇への決定的な要因になった。

 元寇の主力先兵は高麗人であり、指揮官の中でも好戦的だったのが高麗人だったことは、中国の正史『元史』にも、朝鮮の正史『高麗史』にも記述がある。

 最初の元寇は1274年、次は1281年。それから800年とたっていない。

 韓国の朴槿恵大統領は今年の3・1節(抗日運動の記念日)の演説で「被害者と加害者の立場は1000年経っても変わらない」と述べた。

 演説の文脈から判断すれば、1000年の起点は日本による朝鮮併合が終わったときだ。少なくとも、あと九百何十年か、韓国は「被害者」として日本を恨み続け賠償を要求するというわけだ。

 しかし、この「恨み1000年論」で行けば、壱岐・対馬で婦女子が陵辱・虐殺されてから1000年経っていないのだから、日本にも高麗の後を継ぐ国である韓国に謝罪と賠償を要求する権利がある。

 こんなことを言い始めたらキリがないが、それでも上記の歴史事実と、朴演説を見れば断言できることがある。

 朴発言は大統領就任から初めて迎えた歴史的記念日の公式演説だ。当然、大統領府はもちろん、関係省庁が演説の細部まで点検したはずだ。

 ところが、大統領自身も、点検したスタッフたちも、誰一人として「高麗がたき付け、高麗人が先兵になった元寇で、日本人を虐殺し、日本の婦女子を陵辱した」という事実を知らなかったのだ。

 無理もない。韓国の歴史教科書を見れば、元寇については「高麗は元とともに、日本を懲罰した」ぐらいしか書いていないのだから。

 それにしても、「1000年経っても変わらない」などという恨み節を述べたら、日本の一般国民(『日本の市民』と称する人を除く)が、どんな感情を抱くのかを予測できるスタッフも大統領の周辺にはいないことも分かる。

 韓国は小中華思想の国だ。自国の文化様式・価値観が最高であり、世界どこでも通じると思い込んでいる。

 韓国人同士の口ゲンカの手法(格好よく強く罵って、見物人の喝采を受けた方が勝ち)が日本にも世界にも通じると思い込んでいるのだろう。

 朴大統領は27日から訪中する。「白髪三千丈」の大中華思想の国となら、タヌキとキツネがおんぶにだっこ。今度は、どんな「貶日発言」が飛び出すか。調子に乗りすぎて、旧宗主国の“毒”から逃げられなくなる危うさがあるが…。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。

↑   ↑   ↑
引用終わり


そもそも、韓国は被害者なの?

日本は韓国と戦争をしていないのに?


従軍慰安婦問題は捏造だし、強制連行は、日本人も同じく働いていたことだし・・・

韓国は、ベトナム戦争で、民間人の虐殺や強姦をした。それを被害者と言うんじゃないの?

だから大統領の言葉を借りれば、韓国はベトナムに1000年謝罪し続けるということだね。

元寇に関しては、元に支配された高句麗が、日本人を虐殺したことは、しっかりと歴史書に記載されている事実である。

でも、日本も倭寇が組織され、復讐戦をしたということも歴史書に記載された事実だ。

だから、私が思うのは、結局、韓国とは、親しく付き合おうとするだけ無駄だということ。

ロビー活動には対抗して、日本の正当性を発信しなくてはいけないが、隣国として、適度な距離で付き合っていけばいいと思う。


ラベル:韓国 朴槿恵
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

韓国 朴槿恵大統領、責任を負え 市民社会時局会議の第8回・汎国民ろうそく集会・・・凄い人数

news.naver.com(韓国語)より引用 エキサイト翻訳
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fmain%2Fread.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dpho%26sid1%3D102%26oid%3D079%26aid%3D0002502161&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_chr=

↓   ↓   ↓

[CBSノーカットニュース ユン・ソンホ記者] 17日午後ソウル広場で国家情報院政治工作大統領選挙介入真相および縮小隠蔽疑惑糾明のための市民社会時局会議の第8次汎国民ろうそく集会で'パク・クネ大統領責任を負え'で書かれた大型垂れ幕パフォーマンスを広げている。

↑   ↑   ↑
引用終わり

20130817212203361083_59_20130817212402.jpg

20130817212547853777_59_20130817212801.jpg

20130817204204526658_59_20130817204502.jpg

20130817204041357650_59_20130817204302.jpg

20130817204404159056_59_20130817204701.jpg

http://imgnews.naver.net/image/079/2013/08/17/20130817212739278325_59_20130817213002.jpg
http://imgnews.naver.net/image/079/2013/08/17/20130817212547853777_59_20130817212801.jpg
http://imgnews.naver.net/image/079/2013/08/17/20130817204041357650_59_20130817204302.jpg
http://imgnews.naver.net/image/079/2013/08/17/20130817204404159056_59_20130817204701.jpg
http://imgnews.naver.net/image/079/2013/08/17/20130817204204526658_59_20130817204502.jpg


主催者側の発表では、参加者は4万人ということ(警察発表9千人)

でかい横断幕やなぁ・・・

しかし、今頃、大統領選挙の政治工作が問題になるのは、野党議員がリークしたのだろうが・・・

朴槿恵大統領は、同じ与党の李明博前大統領の批判をする戦略で当選したと報道があったと思うが・・・政治工作だったの???

まあ、朴槿恵大統領が落選していたら、野党候補が当選していたはずで、現状に不満がある民衆が、野党候補の方が良かったと集会しているのだろうか?

不正選挙が問題にされてるなら、「不正はなかった」と発表しても収まらないだろうなぁ・・・

経済は崩壊寸前だし、暴動が起きる条件は揃いまくっている気がする。

在韓日本人や日本企業に被害が及ばないことを望む。

というか、早めに脱出して日本に戻ってきてほしい。





ラベル:韓国 朴槿恵
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。