2013年10月28日

ハッピー残業日本地図 奈良県が日本一! 残業の時間が短く、時給が高いハッピーな県はどこ?

はたグラ PRODUCED BY リクナビNEXT: ハッピー残業日本地図 奈良県が日本一! 残業の時間が短く、時給が高いハッピーな県はどこ? ...
より引用
http://hatagra.tumblr.com/post/62717849794/happy-zangyo-map

↓   ↓   ↓

2deeb620130e5f9aa23fd4eb4718ff87.570x806.cut.jpg

http://24.media.tumblr.com/f117aa6773277763007208bd53d58289/tumblr_mty02x0LLL1si0zvho1_r1_1280.jpg

ハッピー残業日本地図

奈良県が日本一! 残業の時間が短く、時給が高いハッピーな県はどこ?

↑   ↑   ↑
引用終わり


こういう統計に何か意味があるのか疑問である。

残業や時給は業種によって異なると思うので、別に奈良県に引越ししたら幸せになれるわけでもないでしょう?

また、ハッピーの定義は人によって違うので、きつくて辛い仕事でもやりがいをもって仕事をしている人もいれば、楽で時給もいい仕事でも趣味はパチンコとかで幸せを感じられない人もいるだろう。

私の知り合いは、不況で残業が減ったので給料が少ないと嘆いていた時期があったなぁ・・・

まあ、話の種にはなるかもね。



ラベル:日本 残業 時給
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

日本 貿易赤字:円安でも輸出伸びず 生産拠点海外移転も背景

貿易赤字:円安でも輸出伸びず 生産拠点海外移転も背景− 毎日jp(毎日新聞)
より引用
http://mainichi.jp/select/news/20130922k0000e020124000c.html

↓   ↓   ↓

 貿易赤字が続いている。貿易収支は2011年には東京電力福島第1原発事故の影響で原発の稼働停止が相次ぎ、31年ぶりに貿易赤字に転じた。昨年は赤字幅がさらに拡大、今年も赤字続きで、8月には昨年から14カ月連続赤字となり、第2次石油危機の原油高が響いた1979年7月から80年8月までの過去最長に並んだ。

 財務省が19日発表した8月の貿易統計によると、輸出は前年同月比14.7%増の5兆7837億円、輸入は前年同月比16.0%増の6兆7440億円で、差し引き9603億円の赤字となった。

 貿易赤字継続の主因は、原発の稼働停止に伴う燃料輸入増加だが、加えて、円安で期待された輸出が輸入を上回る状況になっていないことも大きい。

 赤字が続く背景について、BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは「世界経済の回復が緩慢にとどまり、輸出数量が伸び悩む中で、原発稼働停止の長期化により、代替する火力発電向けの燃料輸入がかさんでいる」と解説する。

 一方で、かつて日本の強みは自動車など製造業の輸出にあったが、国際競争のなかで企業は生産拠点を海外に移転。国内で生産して輸出する形から、海外で生産して販売する形へと変化した。「国内生産・輸出拡大モデル」から「海外生産・収益還流モデル」への転換といえる。

 14カ月連続の貿易赤字を記録した79、80年当時は経常収支も赤字になったのに対し、今は所得収支が大幅に黒字であるため経常収支は黒字を維持している点で異なる。

 財務省は「原油や液化天然ガスの輸入が収支に大きな影響を与える流れはしばらく続く」と説明。貿易赤字の基調は今後も続きそうだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


アベノミクスを批判したいのだろうが、私には原発再稼働を求めているようにしか読めない。

「貿易赤字継続の主因は、原発の稼働停止に伴う燃料輸入増加だが、加えて、円安で期待された輸出が輸入を上回る状況になっていないことも大きい。」

貿易赤字の大半は、原発停止による燃料輸入増加のためとしっかり記載されている。

原発停止、燃料輸入増加による電気料金のアップも国内企業の生産を圧迫している。

残念ながら、私も東京電力をはじめとする電力会社の体制が信じられない。

だから、国の監視下にいれてもらわないと原発再稼働は、世論がついてこないと思う。

「輸出は前年同月比14.7%増の5兆7837億円、輸入は前年同月比16.0%増の6兆7440億円で、差し引き9603億円の赤字となった。」

輸出は着実に増加しているので、燃料輸入増加による輸入の伸びが大きすぎるのが現在の構造だと思う。

海外に移転した生産拠点に関しては、まず戻っては来ないと思う。

電気料金が高いこともあるが、人件費が圧倒的に移転先の方が安いからだ。

しかし、日本国内に残っている企業は、この円安を糧に動き始めているので、悲観しすぎることもないと思う。

ただ、残念ながら世界的にデフレ傾向にあり、スムーズにデフレ脱却とはいかないのが現状である。

しかし、G20で明らかだが、デフレ脱却を果たした強い日本経済を世界は望んでいる。(韓国以外)

マクロ経済学からみても、デフレ脱却を目指すアベノミクスは間違っていないと思うので、正念場だと思う。


ラベル:日本 円安
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

新型iPhone、ドコモへの供給表明 20日に発売

朝日新聞デジタル:新型iPhone、ドコモへの供給表明 20日に発売 - 経済・マネー
より引用
http://www.asahi.com/business/update/0911/TKY201309110001.html

↓   ↓   ↓

 【畑中徹】米アップルは10日(日本時間11日未明)、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種の発表会で、日本の携帯電話最大手NTTドコモに「iPhone」を供給することを明らかにした。ソフトバンク、KDDI(au)に続き、「新しい仲間に迎える」と説明した。

 大手3社がそろってiPhoneを導入することになり、顧客の奪い合いが、いっそう激しさを増しそうだ。日本の端末メーカーにも大きな影響を与えることになる。

 発表した新機種は、従来機よりも価格を抑えた「iPhone5c」と、現行の「iPhone5」の後継となる「5s」。いずれも20日から米国や日本で売り出す。

 「5c」は、記憶容量16ギガのモデルの99ドル(約9900円)から。本体はグリーン、ホワイト、ブルー、ピンク、イエローの5色で展開し、専用ケースは6色がそろう。

 「5s」はシルバー、グレー、ゴールドの3色。指紋認証の機能を搭載している。記憶容量16ギガのモデルの199ドル(約1万9900円)から。

↑   ↑   ↑
引用終わり


これによって、アンドロイドスマートフォンは大打撃を受ける。

また、au、ソフトバンクも、在庫の「iPhone5」をどうするかが問題となる。

今回、NTTドコモでは、ガラゲーからiPhoneへの大量移行が予想されるね。

日本でサムスンは凋落するけれど、他の日本メーカーも厳しいね。

右向き三角1 iPhone 5S Official Video - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=wGCetsl-srk



ラベル:NTTドコモ iPhone
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

デンソー、シャープに出資表明 20〜30億円

朝日新聞デジタル:デンソー、シャープに出資表明 20〜30億円 - 経済・マネー
より引用
http://www.asahi.com/business/update/0830/NGY201308300003.html

↓   ↓   ↓

 【南日慶子】自動車部品大手デンソーの加藤宣明社長(64)は、朝日新聞のインタビューに対し、経営再建中のシャープに出資する方針を明らかにした。現在、資本関係はないが、第三者割当増資に応じる形で、20億〜30億円を出資する見通し。自動車と家電の融合の加速をにらんで、技術面の連携も強化する。

 加藤氏は「車に採用する技術と家電が持つ技術が近寄っている。何もかも自動車部品メーカーでやろうという考えはなく、連係プレーが必要」と表明。「技術開発を一緒にやりたいと思っており、その中で資本関係が必要ならさせてもらうという考えだ」と述べた。

 技術面では、脱臭や除菌効果があるとされる車載用プラズマクラスターイオン発生器を共同開発している。加藤氏は今後について「技術的に連携できないか話し合い、良いテーマが見つかれば、資本を入れて連携する」と述べた。ディスプレーの表示技術の開発などが連携のテーマに挙がっているという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


・・・まずは素直に、シャープがサムスンの完全支配下にならずにすみそうな事を喜んでいいのかな?

デンソーは、自動車部品の大手だから、韓国にも当然進出しているところが少しだけ引っかかるけど・・・

しかし、デンソーは平均年収でトヨタを上回る優良企業だし、シャープにとっては良い話だろう。

あくまで個人的な意見であるが、シャープはいい加減にサムスンに幻想を持つのをやめて、手を切ってほしいものだ。

サムスンと提携しても、経営再建はできないと思っている。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

上場FX、初の休止へ=人民元など3通貨−東京金融取引所

時事ドットコム:上場FX、初の休止へ=人民元など3通貨−東京金融取引所
より引用
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013080500818

↓   ↓   ↓

 東京金融取引所は5日、中国人民元などアジアの三つの通貨と円を売買する外国為替証拠金取引(FX)の扱いを11月28日で休止すると発表した。取引が低迷していることが主因。同取引所がFXの上場を始めた2005年7月以降、取り扱い休止は初めて。

 休止するのは人民元と韓国ウォン、インド・ルピーの各通貨を円と交換する取引。いずれも11年8月に上場したが、低調が続いていた。投資家は今後、取引所を経由しない店頭売買を行う業者を通じ、3通貨のFXを続けることができる。(2013/08/05-20:49)

↑   ↑   ↑
引用終わり


気になるのは、取引が低迷しているとはいえ、休止する3通貨で取引をしている人への悪影響はないかということかな。

でも、11月28日まで期間があるから、素人考えだが大丈夫な気はする。

まあ中国の人民元と韓国のウォンは、世情不安、金融不安、反日など問題山済みだし、インドのルビーに関しても、世情不安が原因であり、仕方ないと思う。

なんとなく、取引を始めたこと自体が間違いだった気がするね。





posted by 日本に住んでる日本人 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。