2013年10月13日

韓国 ソウルのロッテホテルのお弁当を食べて20人食中毒症状 和食の刺身が原因か

ソウル特級ホテルのお弁当食べて20人食中毒症状:ネイバーのニュース
より引用(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=023&aid=0002592682

↓   ↓   ↓

ソウル・中区(チュング)小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで食事を取った人たちが集団食中毒症状を見せたという申告があり、中区庁が調査に乗り出したと11日に明らかにした。

中区庁によれば、去る8日にロッテホテルで行われたあるイベントに参加した90人余りのうち、20人以上がホテルが提供した弁当を食べて腹痛や嘔吐、下痢などの食中毒症状で苦しんだ。

これらはイベントが終わった後、食中毒症状が現われると区役所に届けた事が分かった。

当時、イベント参加者に提供された弁当はこのホテル和食堂で調理した物で、刺身などの魚料理も含まれていた事が判明した。

中区庁は申告を受けて弁当を回収して疫学調査を行おうとしたが、時間が経って弁当が廃棄された状態のため料理を回収出来なかったと発表した。

中区庁の関係者は、「ホテルの食堂などを調査して実態の解明に乗り出す」と話した。

これに対してロッテホテルは、「現在、正確な真相を調べている」とメディアに語った。

↑   ↑   ↑
引用終わり


続報では、お弁当に含まれる刺身のヒラメから黄色ブドウ球菌が検出されたとのこと。

黄色ブドウ球菌は食中毒を起こす主な病原体であり、免疫力が弱い人には、敗血症のような致命的な感染症を引き起こすとのこと。


突っ込みどころが多い記事だ。

反日なのに和食なんて食べていいの?(韓国人がつくるなんちゃって和食?)

和食の刺身には、鮮度と共に衛生管理が大事なのだが、理解していたのか?

食中毒って韓国では日常茶飯事なのでは?

韓国人は、衛星が悪い食事に慣れているから90人中20人以上の被害で済んだのでは?(日本人なら全滅か?)

弁当の破棄が手際よすぎないか?証拠隠滅??

韓国では、一流ホテルでも食中毒騒ぎを起こす。日本人は、韓国に行かなければならない時は、刺身は食べるのをやめたほうがいい気がする。

そして、帰国するなら、必ず虫下しを入手して飲んでおかないと、寄生虫が怖いということも知っていないといけないと思う。

なお、韓国人は定期的に虫下しを飲んでいる。韓国は、少なくとも食に関しては後進国だと思っておいた方が安全かもしれないね。




posted by 日本に住んでる日本人 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

韓国産“毒食”リスト「中国産より危険度高い」の指摘も 深刻な食品汚染の実態

韓国産“毒食”リスト「中国産より危険度高い」の指摘も 深刻な食品汚染の実態 - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131003/frn1310031810003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131003/frn1310031810003-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131003/frn1310031810003-n3.htm

↓   ↓   ↓

 東京電力福島第1原発の汚染水問題で福島など日本の水産物を輸入禁止にする韓国だが、自国の足元もしっかり見つめたほうがいいようだ。軽油に金属片にカエルの死骸。食品への異物混入騒動が次々と起き、食中毒も続発している。深刻化する食品汚染は、実は日本にも影響を及ぼしているというから穏やかではない。知られざる韓国毒食品の実態とは−。

 福島第1原発の汚染水問題を受けて、日本の水産物をヒステリックに拒絶する韓国だが、それどころではない事態が昨年から今年にかけて国内で相次いだ。

 昨年末、ソウル市内などの4つの高校で集団食中毒が発生。食品医薬品安全庁による調査で、安東農協・豊山キムチ工場で生産されたキムチなどがノロウイルスに汚染されていた疑いが判明し、出荷された751トンに回収命令が出た。

 今年3月には、飲食店で提供された焼酎「チャミスル」から軽油成分が検出され、6〜7月に実施された飲食店や大型スーパーの食品検査では、冷麺などの食品が大腸菌に汚染されていたことが発覚。在韓日本大使館が、ホームページ(HP)で「食中毒に注意」と異例の注意喚起を行う事態となった。

 ほかにも、大手食品の粉ミルクからカエルの死骸が見つかったり、鍋料理などで使われる乾燥麺から金属片(0・4ミリ)が発見されたり。食の不安が収まらない。

 実は、この食汚染、他人事では済まされそうにない。

 厚生労働省が公表する「輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例」をもとに、韓国輸入食品のうち、禁止されている農薬や食品添加物、病原体に汚染されていたケースをまとめたのが表だ。

frn1310031810003-p1.jpg

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20131003/frn1310031810003-p1.jpg

 大腸菌や麻痺性貝毒は読んで字のごとくだが、「乾燥ワカメ」に多量残存していた二酸化硫黄も毒性が高い。

 食糧問題研究家の小倉正行氏は「食料品の見た目をきれいにするために使われる漂白剤に含まれる物質。基準値を超えて摂取すると、気管支の障害やアレルギー性の異常過敏反応などを引き起こす危険性がある」と説明する。

 「生鮮きゅうり」から検出されたジクロルボスは有機リン系の殺虫剤で、2008年1月に発覚した「中国製冷凍毒ギョーザ事件」で取り沙汰されたのが記憶に新しい。「摂取すれば、頭痛や下痢、吐き気をもよおし、最悪死に至ることもある」と小倉氏。実際、この事件では、10人が中毒症状を訴え、1人が一時重体となった。

 「生鮮マッシュルーム」に入っていたシペルメトリン、「生鮮青とうがらし」のエトプロホスも人体に有害な殺虫剤の一種。「焼き肉のタレ」に大量に残存していたポリソルベートは、過剰摂取すると免疫系などの異常を引き起こす研究報告があり、「冷凍豚肉」から出たスルファジミジンは国内で使用禁止の合成抗菌剤…。調べるほどに恐ろしくなる。

 『大ウソだらけの食品表示』(講談社)などの著書がある食品表示アドバイザーの垣田達哉氏は、「輸入量をみると、韓国産食品は中国産に比べて少なく、目立っていないだけで、危険度は中国産より高いかもしれない」とし、こう続ける。

 「毒ギョーザ事件以降、中国では輸出基準が厳しくなった。日本向けは、政府公認の工場で作ったものしか出荷できず、状況はいくらか改善されている。だが、韓国は、中国ほど輸出基準が厳格ではなく、業者の質も玉石混交。生産者の中には、少ないコストで利潤を上げるために衛生管理をずさんにし、不正を働く者もいる。不良品をチェックする態勢も満足に整っていない

 日本は外国産食品を輸入する際、事前に検疫検査が課され、クロと判断されれば廃棄か送り返す措置を取っている。

 水際で防御する態勢は整っているが、「検査が行われるのは全輸入量の10%で、残りの90%は検疫をスルーする。チェックから漏れた中に問題のある食品が混ざっている可能性は多分にある」(厚労省関係者)というから不気味だ。

 危険な「メード・イン・コリア」にさらされる日本の食卓。健康を損なってからでは遅いだけに、注意してもしすぎることはない。

↑   ↑   ↑
引用終わり


ここまで酷いと、韓国産は食べないと決めたほうが良いと思う。

何かあってから公開しても遅いからね。

厚労省関係者が、チェック漏れがありうるとしてきしているのだから最悪だと思う。

このような韓国食品に対して検疫免除などの処置をとったのが民主党政権である。

国民の食の安全を全く考えてない、売国奴政権と言われても仕方がないことをやっていると思う。

自民党政権は、韓国産への厳しい措置を期待したい。

ラベル:食品汚染 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

韓国でインスタントラーメン誕生から50年 虫などの異物混入は大丈夫なの?

韓国でインスタントラーメン誕生から50年、「食の程度が低い」と皮肉の声も―中国メディア (Record China) - Yahoo!ニュース
より引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00000028-rcdc-cn

↓   ↓   ↓

2013年9月25日、韓国で最初の国産インスタントラーメンが誕生して今年で50年。韓国紙・中央日報は「韓国製の即席麺は現在、世界の大ヒット商品となった」と伝えている。

韓国製即席麺のおいしさについては、世界的に有名なラーメン通で、インスタント麺の評論ブログ「The Ramen Rater」を運営する米国人ハンス・リーネッシュ氏も認めるところだ。過去11年で世界の1100製品をレビューしてきた同氏は、今年7月に発表した「2013年世界のカップ麺ベスト10」で韓国製品4品目を選出しており、「欧米人の味覚には韓国の即席麺がいちばん合っている」と評価している。

韓国で最初のインスタントラーメンが生産されたのはちょうど50年前、1963年のこと。国内メーカーの三養(サムヤン)が日本の技術を取り入れて独自生産に成功したのが最初だ。現在、三養や「辛ラーメン」で有名な農心(ノンシム)といった韓国の主要メーカーは、世界の100カ国超へその製品を輸出している。農心R&Dセンターの朴秀鉉(パク・スヒョン)専務をして、「自動車、スマートフォンと並んで最強の競争力をもつ韓国製品はインスタントラーメンだ」と言わしめるほどの勢いである。

中央日報がこのニュースを中国語版でも伝えると、「インスタントラーメンごときでニュースになるとは、韓国って本当に食べるものがないんだな。辛ラーメンブラックは確かにおいしいけどね」「韓国料理といえば、キムチかインスタントラーメンしか思いつかないもんな」「確かに辛ラーメンは家に常備しているけど」「添加物中毒になりそう」などの反響が“中国版ツイッター”に寄せられた。韓国製の即席麺を好きなのか嫌いなのかよくわからない反応だが、その心理はうらやましいのが半分、悔しさが半分といったところか。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国人は、日本の技術を取り入れた製品を自慢して空しくないのかと疑問に思う。

うまい、まずいは、個人の嗜好によるところが多いので、評価に関しては、私は別に気にしない。

しかし、それ以上に問題視したいのは、韓国製食品は衛生面に問題があり、それは、インスタントラーメンも例外ではないということだ。

韓国では、虫下しを飲むことが一般的になっている。

よって、韓国製の食品を食べる人にも、その必要があると考える。

実際に、辛ラーメンではないが、同じ製造元の農心のインスタントラーメンから虫が発見されている。

o0500044511510719974.jpg

動画もあるが、韓国語であることが、その深刻さを表していると思う。

辛ラーメンの農心 虫混入事件(ユッケジャン)【Nongshim(famous for Shin Ramen) Insect adulteration】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ktlO0xkM4U0


非常に気持ちが悪い映像なので、視聴される方は覚悟をしてからお願いします。

下記は震災直後の画像だが、見事に韓国製のインスタントラーメンだけ売れ残っている。(日本の消費者は賢いと思う。)

419fe295_convert_20110702160009.jpg

震災時にときの政権の民主党は、この不衛生な韓国産インスタントラーメンの輸入を増やし、被災地にも送っていたという事実がある。

辛ラーメンの製造元は農心という会社だが、イギリスとドイツでは輸入禁止措置をとっているようだ。

また、この韓国企業と業務提携しているのが、「亀田の柿の種」で有名な日本企業の亀田製菓である。

私は、この事実を知ってから、好きだった「亀田の柿の種」を食べるのをやめた。

当たり前の話だが、安全な食品を食べたいものだ。


posted by 日本に住んでる日本人 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

米国 韓式食堂“鉄板取り締まり”・・・「味よりも安全」=大打撃

美韓食レストラン '鉄板取り締まり' ... '味より安全 "ひどい目:ネイバーのニュース
より引用(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=055&aid=0000261729

↓   ↓   ↓

<アンカー>
韓流フードの中で一番人気が高いカルビ焼き、コリアンバーベキューがアメリカ市場で思いがけない伏兵に会いました。安全の問題です。

ワシントンからイ・ソンチョル特派員です。

<記者>

焼き網の上でチグルジグル(じゅーじゅー)と焼かれるカルビ焼きにヨダレが出そうです。

特に食卓の上に鉄板を置いて肉を焼いて食べる即席式料理法が魅力的です。

(Q.韓国式バーベキューのどんな所が好きですか?)

「全部好きです」

ところがワシントン近郊の韓人食堂に冷たい風が吹きつけました。

現地の消防当局が火事と爆発の危険が高いとし、不意打ちの取り締まりを行ったのです。

<イ・ジュンファン(ワシントンDC 韓人連合会)>

「韓人社会が最近浮上しています。近頃の韓国K-POPもしかり、アメリカの人々も韓国食堂にたくさん行って」

アメリカで安全認証を受けていない固定式鉄板テーブルには、使用を禁止する赤札が付きました。

ポータブルガスコンロは、消火用のフードを備えた小規模食堂のみで使えるという理由で倉庫に押し込まれました。

不號令(直訳=厳しい叱責)的な取り締まりにある食堂は数千万ウォンをかけて鉄板テーブルを入れ替え、20年続いた有名食堂は完全に閉店しました。

民願(住民の請願)が殺到すると消防当局は取り締まりを延期させ、説明会まで開きました。

<ホーリングワース(フェアファックス郡消防安全担当)>

「文化が違って起きるのとは違います。それに対応するのが我々の任務です。目標は全ての人々の安全を保障する事です」

韓食文化のグローバル化が安全認証という技術の障害に直面しました。

↑   ↑   ↑
引用終わり


ソースに動画があり、見れば危険度が分かると思う。

カセットコンロの上に、分厚くて大きな鉄板があって、肉を焼いている。

普通、カセットコンロの注意書きに記載されている禁止事項だと思うのだが・・・?

キャンプ場での火の事故でも、こういうのが多いよね。

安全の問題で消防当局が取り締まるのは当たり前だと思う。

韓国内では常識かもしれないが、世界の先進国では非常識と言うことでしょう。

韓国料理の世界進出は自由だが、その地の常識をわきまえることが必要だと思う。


ラベル:米国 韓国 安全
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

韓国 粉ミルクにカエル、麺に金属片…食品への異物混入相次ぐ

粉ミルクにカエル、麺に金属片…食品への異物混入相次ぐ=韓国 2013/08/25(日) 13:53:55 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0825&f=national_0825_021.shtml

↓   ↓   ↓

 韓国で、8月20日に粉ミルクから干からびたカエルの死骸が発見されたのをはじめ、大手食品メーカーが販売する製品から異物が見つかる騒動が相次いでいる。メーカーの生産や流通過程の管理体制に問題があるのではないかと指摘する声もあり、「食の安全」に対する国民の信頼が揺らいでいる。

 複数の韓国メディアによると、食品医薬品安全処は22日、韓国の食品会社センポ食品が販売する乾燥麺から金属片(0.4ミリ)が見つかり、製品の販売を中断・回収措置を取ったことを発表した。金属片は、麺を加工する過程で混入したことが確認されており、市場に流通している1万1520袋を回収する方針という。

 20日には、カエル粉ミルク騒動が起きた。韓国南部・全羅南道木浦市に住む女性が、生後6カ月の女児にミルクを与えたところ、粉ミルクの缶の中からカエルの死骸(約4.5センチ)を見つけた。問題があった製品を販売する南陽乳業側は、製品にカエルが混入する可能性はないと主張。「子どもが間違えて死んだカエルを入れた可能性がある」と消費者側に問題があったとの見方を示している。食品医薬品安全処は、問題が見つかった製品を回収し、カエルが混入した経緯について調査している。

 8月始めには、東遠F&Bが販売するミネラルウォーターから悪臭がすると、消費者からの抗議が相次いだ。ある消費者は「コーヒーを入れたり、沸かしても、我慢できないほどの臭いがする」と話した。

 食をめぐる騒動が相次いでいることを受け、韓国では製造や流通に対する管理体制の不備が指摘されている。最近問題が指摘された食品はすべて大手企業が販売する商品だが、OEM供給されたものだという。食品医薬品安全処の関係者は、OEM製品が増えるにつれて品質にまつわる問題も増加しているとし、メーカーは製造業者を徹底的に管理する必要があると指摘した。

 韓国メディアは、消費者は「食品から異物が見つかったとの報道を見るたび、子どもに何を食べさせたらいいのか分からなくなる」と話すなど、食の安全に不安を感じていると指摘。メーカーは、事故が起きた時にブランドイメージへの影響を懸念するよりも、根本的な対策を考える必要があると論じた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


またか・・・何度恥をさらせば気が済むのか???

韓国の食品への異物混入は、過去何回も、これよりもグロいものをニュースや動画で見てきた。

また、大腸菌などの見えないリスクもあり、他国では輸入禁止措置を取った韓国産の食品もある。

しかし、「子どもが間違えて死んだカエルを入れた可能性がある」・・・どんなシチュエーションだよ!もう少しましな言い訳をしろと思ってしまう。

私は、韓国産の食品は食べないようにしているが、怖いのは日本での二次加工品や外食産業が出している食べ物である。

加工業者が韓国産の原料で製造しても日本製品である。

外食産業が韓国産の材料を使用した料理も、食べている人は韓国産だとは気付けない。


さて、少し調べてみたが、問題の南陽乳業と北海道乳業は、日本国内におけるコ−ヒー飲料の独占販売契約を締結している。


北海道・函館から安心安全でおいしい牛乳、乳製品をお届けします | 北海道乳業株式会社 南陽乳業との販売契約締結に関するお知らせ

http://www.hokunyu.jp/news/%E5%8D%97%E9%99%BD%E4%B9%B3%E6%A5%AD%E3%81%A8%E3%81%AE%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E5%A5%91%E7%B4%84%E7%B7%A0%E7%B5%90%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/


私は、北海道乳業のコーヒー飲料は絶対飲まない。

後は、とにかく調べてみるしかない。

できれば、日本政府に、韓国産の食材を輸入して使用している日本食品企業を公開してほしいものだ。

ちなみに、海外で韓国産食品の輸入を規制する流れの中で、逆に韓国産食品の輸入を緩和したのが民主党政権である。


ラベル:韓国 食品
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

在大韓民国日本国大使館が韓国で10027ヶ所食品検査 592ヶ所で食品衛生法違反

韓国で10027ヶ所食品検査 592ヶ所で食品衛生法違反 - 夕刊アメーバニュース
より引用
http://yukan-news.ameba.jp/20130810-69/

↓   ↓   ↓

 在大韓民国日本国大使館は、韓国の食品医薬品安全処が国内避暑地など10027ヶ所の食品取扱事業者に対する点検を行った結果を公開した。その結果、592ヶ所が食品衛生法に違反しており、食品医薬品安全処が管轄地方自治体に行政処分を要請したという。

 違反内容は、「衛生的取り扱い基準違反」が142ヶ所、「健康診断未実施」が123ヶ所、「流通期限経過製品保管・使用」が80ヶ所、「施設基準違反」が64ヶ所、「無申告営業」が56ヶ所、「営業車遵守事項違反(原料受け払い関係書類の未作成など)」が45ヶ所、「表示基準違反」が28ヶ所、「保存及び保管基準違反」が5件、「その他(変更申告未実施、自主品質検査未実施など)」が49ヶ所だったという。

 また、夏期によく飲食される食品2615件に対する検査も行ったが、「適合」が2172件、「不適合」が14件、「検査中」が429件となった。

 非適合となった食品は細菌数が多かった「平壌冷麺」「マッククス」(そば粉を用いた冷麺)「チャカンシッケ」「イムスンヒ伝統おばあさん甘酒」と、大腸菌が検出された冷麺。大使館は「食品医薬品安全処ものりまきやお弁当など腐りやすい食べ物は、車内などに長時間放置せず、早めに摂取するよう呼びかけておりますので、ご留意ください」と呼びかけている。

↑   ↑   ↑
引用終わり

参考:避暑地周辺食品取り扱い業所など衛生点検および回収検査結果
(出典:食品医薬品安全処報道資料より抜粋)
http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/safety/safety_130808-01.pdf


これが日本なら、通報されマスコミで危険を呼びかけるような大騒ぎになると思うのだが・・・

韓国ではこれが平常運転なのか???

もしも、韓国に行くという人がいたら、思いとどまってほしいものだ。

仕事でどうしても行かなくてはいけないというような人は、宿泊日程分の食料を持参することが望ましいかもしれないね。

水も危険だと思うから、カップラーメンも危険だと思うなぁ・・・

ちなみに、私はキムチは嫌いではないですが、韓国の本場ものを食べる気は全くありません。

地域の業者が作成した、安全なものを食べています。

カレーとかラーメンと一緒で、外国文化を取り入れて、日本風にアレンジしたものの方が安全だと思います。

なお、韓国人の衛生感覚は、最悪だと個人的には思っています。

台所にトイレがある国ですからね。


img_19065_7425647_0.jpg





posted by 日本に住んでる日本人 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。