2013年09月30日

「スポーツ祭東京2013」警視庁6500人大動員 厳重警備で「安全な五輪」前哨戦

【東京国体】警視庁6500人大動員 厳重警備で「安全な五輪」前哨戦 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130928/trd13092821130015-n1.htm

↓   ↓   ↓

 「スポーツ祭東京2013」は、要人の警護や爆弾テロの警戒など東京五輪と警備上の共通点も多いだけに、警視庁では7年後の前哨戦と位置づけ、万全の態勢で取り組む。

 味の素スタジアムでは、天皇、皇后両陛下のご到着直前の28日午後4時半ごろ、約80人のデモ隊が周辺道路を「国体反対」を唱えて行進。「東京五輪反対。税金を福祉に回せ」との声も上がる中、機動隊員らが両脇を固めて不測の事態に目を光らせた。

 警視庁は10月14日までの期間中、国際会議並みの最大6500人を動員。この日もスタジアムに爆発物処理班や警備犬を待機させたほか、周辺道路は関係者以外の車両の通行を禁止し、検問なども実施した。

 東京五輪開催決定前後には五輪反対のデモ活動も相次いでおり、警視庁幹部は「国際テロだけでなく、ヘイトスピーチや反原発デモのように、従来の左翼過激派、右翼団体ではくくれないグループも出てきている」と警戒を強める。

 主催者側の東京都もスタジアム出入り口で金属探知機や荷物検査を実施。開会式のチケットは名前入りで発行し、身分証明書で本人確認するなど、爆発物の持ち込みや不審者の侵入防止に力を注いでいる。

 警視庁幹部は「4月のボストン・マラソンの爆弾テロでスポーツイベントがテロの対象になることが、改めて認識された。国体での警備の成否が『安全、安心を』うたった東京五輪の試金石になる」と強調した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「ボストン・マラソンの爆弾テロ」は記憶に新しい。

警視庁は万全の態勢で、東京五輪の前哨戦を警備してほしいと思う。

しかし、今回のデモの主張はよく分からん。

「国体反対」というが、こういうスポーツイベントがないと、日本のスポーツは衰退すると思う。

「東京五輪反対。税金を福祉に回せ」というが、福祉に向ける税率の低さでも計算しているのだろうか?

税収が伸びなければ、福祉へのまわすお金も増やすことができない。

オリンピックは、経済効果からみても、期待できるイベントだと私は思っている。

オリンピックの経済効果と福祉の関係を、明確にしてほしいと思う。

アメリカなどと比べれば、日本の福祉は進んでいると思うが、スエーデンなどには及ばない。

スエーデンは消費税25%だが、教育、医療費を無料にし、福祉国家を自認している。

しかし、自殺率が高いなどの問題もある。




posted by 日本に住んでる日本人 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

「韓国排除」が米女子ゴルフ界のホンネ 猛烈育成システムに“危機感”

「韓国排除」が米女子ゴルフ界のホンネ 猛烈育成システムに“危機感”(産経新聞) - スポーツ - livedoor ニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/7970362/

↓   ↓   ↓

 今季、米女子ゴルフツアー(LPGA)で韓国人選手の活躍が目立つ。全英オープンを含め、18戦中、8試合で韓国選手が優勝。朴仁妃がクラフトナビスコ、全米女子プロとメジャー2勝した。朴仁妃は2008年に全米オープンを制しているため、全英オープンで優勝すれば「グランドスラム」を達成するところだった。

 朴仁妃は全英オープンは14位に終わり、グランドスラムは達成できなかったが、優勝した米国人のステーシー・ルイスの「今週は、米国人がスコアボードで注目されたことがとてもうれしい」とのコメントは、意味深長だった。

 韓国女子選手が台頭しはじめていた2008年8月、LPGAは「過去2年間ツアーに参加している外国選手に対して、英会話の口頭試験を実施し、能力が十分でないと場合はツアー資格を剥奪する」という方針を決めた。

 これが人種差別ととらえられた。カリフォルニア州議会がLPGAを人権侵害で告発する動きが起き、LPGAはわずか2週間後に、この方針を撤回した。

 あからさまな韓国女子選手の排除策だ。LPGAがなぜ無謀なことをしようとしたのか。理由は3点ほどある。

 (1)リーマンショックで景気が悪く、スポンサー集めに苦労していた

 (2)スポンサーは韓国女子選手の活躍が、PRにならないと考えた

 (3)韓国女子選手の親族のマナーが悪く、競技の妨げになることもあった

 韓国女子ゴルファーはLPGAの“本音”に危機感を感じた。その後、英語習得に取り組み、朴仁妃ら、米ツアーで活躍する選手はほぼ英語で取材対応できる。マナーもよくなった。

 LPGAも方針転換した。韓国企業にスポンサーを頼み、アジアでの試合をツアーに取り入れるなど、アジアを「市場」と位置づけた。しかし、韓国女子選手への視線は変わっていないように思う。

 昨年ぐらいから、韓国女子ゴルファーの成長過程を浮き彫りにし、「韓国異質論」が言われるようになった。

 英雑誌エコノミスト(電子版)は、2012年1月に「自動車の運転免許もとれない14歳の少女が大人も打てないようなショットを打つ」という視点から韓国ゴルフ界を紹介し、「LPGA TODAY」というサイトでは、今年5月に4回にわたり韓国女子ゴルフ界を分析している。

 概説すれば、韓国はゴルフに限らず、ジュニア世代から激しい競争社会で、儒教的なバックグラウンドから禁欲的に練習する。米国では奨学金をもらい大学でゴルフを磨く女子ゴルファーが多いが、韓国は国家プロジェクトのような体制を組む。ジュニアからゴルファーのエリート教育を始めている。家族はゴルファー教育を後押しし、子供の収入で生計をたてるという考えを持っている。

 つまり、ゴルフで「成り上がる」ということだ。

 米国のバスケットボール、野球は人種の坩堝(るつぼ)だが、米女子ゴルフは「成り上がり」とは無縁なイメージで成長してきた。1人や2人の韓国女子選手の奮闘には拍手するだろうが、屋台骨を揺るがす勢いになると牙をむく。

 日本の立場からすれば「嫌われ者の韓国女子選手」と嘲笑するわけにはいかない。同様な状況なら、米国は日本選手にも同様の態度を示すだろう。欧米社会は危険を感じるような勢力に対しては、「自由と平等」の仮面を脱ぎ捨てて排除するのだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国人が嫌われるのにはちゃんと理由があるということかな。

しかし、英語は基本であって、差別でなく区別という気はするね。

韓国のスポンサーなんて集まるの???

韓国人は、賞金をかすめ取っていくだけで、ゴルフ業界に何の貢献もしていないということかな。

しかし、記事では、日本選手にも警告してるけど、普通アウェーってそういうものではないの?

ただ、日本人選手にはスポンサーもつくし、観客も動員するから、商業的には問題ないと思うよ。

あとは、米国のメンツの問題かな。

ただ、相変わらず韓国人の評判は悪いようだね。

マナーとか違反行為とか、たまに報道される。

以前だと、身内が韓国語でアドバイスしてばれたりね。

あと、潜在的に問題になっているのがドーピングの問題で、韓国人選手は怪しまれているようだね。


posted by 日本に住んでる日本人 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。