2013年10月18日

米国デフォルト回避「勝者はいない」結末

「勝者はいない」結末 米デフォルト回避の舞台裏 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131018/amr13101800020001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131018/amr13101800020001-n2.htm

↓   ↓   ↓

 【ワシントン=青木伸行】米国のデフォルト(債務不履行)の危機は、調整機能を失った下院に代わり、かろうじて“良識”を発揮した上院の主導により土壇場で回避された。抵抗を続けた下院共和党も最後は折れた。デフォルト突入への秒読みが進む中、「危機バネ」が働いた格好だ。

 16日午後10時(日本時間17日午前11時)過ぎ、連邦議会議事堂の下院本会議場。賛成285、反対144で債務引き上げ法が可決されると一瞬、ざわめきが起こった。デフォルトに陥る“日付変更線”まで2時間足らず。きわどいタイミングでデフォルトの回避が確定した瞬間だった。

 これに先立つ午後8時(同午前9時)過ぎ、上院は賛成81、反対18で可決していた。

 この日は前日に引き続き、民主党のリード、共和党のマコネル両上院院内総務による午前の最終調整で幕を開ける。世界の憂慮の視線が注がれる中、リード氏は正午(同午前1時)過ぎ、上院本会議場で「合意に達した」と明らかにした。オバマ大統領と下院共和党の協議が行き詰まり、与野党の上院指導部が乗り出してから5日目。だがリード、マコネル両氏に満面の笑みは見られない。

 合意の内容では、オバマ氏がメンツに懸け死守しようとする医療保険改革(オバマケア)は“無傷”。これでは、調整能力を失っているベイナー下院議長をトップとし、保守強硬派を抱える下院共和党が受け入れない恐れがあったのだ。

 合意内容は直ちに下院に伝えられる。午後3時(同午前4時)過ぎ、議事堂内の「HC5」室。共和党下院議員総会に向かうベイナー氏の表情は、厳しかった。しかし総会後、ベイナー氏が放った言葉が空気を一変させる。

 「われわれはよく闘った。勝たなかっただけだ」 “敗北宣言”である。理由は「デフォルトのリスク」。共和党の一連の対応への不支持率は74%にまで上昇し、デフォルトに突入すれば国内外からの批判を一身に浴びてしまう。

 だが、保守強硬派の怒りは収まらない。ゴマート下院議員は「法案に反対票を投じる」と息巻いた。

 米メディアの一部は今回の結末を、「オバマ氏の勝利」とみる。しかし世界の米国への信頼は大きく傷ついた。米紙ワシントン・ポストは米国の「政治システム」を「敗者」に挙げた。

 夜、ホワイトハウスで記者会見したオバマ氏は「(政治に)不一致があるとき、国民に損害を与えないようにするという教訓を学んだ」と語った。政治に翻弄されたのは、ほかならぬ国民である。これらの意味で、「勝者はいない」(カーニー大統領報道官)結末だったといえよう。

↑   ↑   ↑
引用終わり


まずは、ある意味世界恐慌がぎりぎりで回避されたようなものなので、感謝したいと思う。

最初は楽観してみていたが、混迷するにつれてまさか?と思えてきた。

最終的には、オバマケアを死守した「オバマ大統領の勝利」とも言える。

しかし、記事にあるように、「アメリカの政治システム」は敗者であり、信用を著しく落としたと思う。

上記は、オバマ大統領の権威の失墜にもつながり、「勝者はいない」というのも納得できる。

誰も悪者にはなりたくないわけで、共和党の一連の対応への不支持率が74%に上昇したことが、合意に至ったともいえる。

というならば、米国民の勝利という解釈もできると思う。

今後のアメリカの信用回復の行動に期待したいと思う。




posted by 日本に住んでる日本人 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

米予算成立せず 政府機関一部閉鎖

米予算成立せず 政府機関一部閉鎖 NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131001/k10014941201000.html

↓   ↓   ↓

アメリカで、与野党の対立から10月以降の予算が成立していない問題で、議会では30日、与野党が大幅な歩み寄りを拒否して、暫定予算案を成立させることができませんでした。

その結果、1日から、およそ18年ぶりに政府機関の一部が閉鎖され、数十万人規模の職員の自宅待機や博物館の閉鎖などが行われることになりました。

アメリカの予算は、議会の上院と下院の双方で可決されることが成立の条件ですが、10月から始まる新たな年度の予算を巡って上院で多数を占める与党・民主党と、下院で多数を占める野党・共和党は激しく対立しました。

野党が多数の下院は、オバマ政権が推進する医療保険制度改革の延期を条件にした暫定予算案を繰り返し可決して、与党が多数の上院に送り、上院は、そのたびに、政権に打撃を与えるとして否決してきました。

与野党は、30日も深夜まで、攻防を続けましたが、結局、暫定予算案を成立させることができませんでした。

その結果、アメリカ政府は、10月1日になっても行政運営に必要な予算が整わず、およそ18年ぶりに政府機関の一部を閉鎖することになり、ホワイトハウスの行政管理予算局が各省庁に対応を指示しました。

政府機関の一部が実際に閉鎖されても、国防や治安、医療など国の安全や国民の健康に直結する業務は継続されます。

しかし、数十万人規模の職員が自宅待機になるほか、全米各地の博物館や国立公園が閉鎖されることになり、金融市場などへの影響も懸念されます。

「ビザ発給は通常どおり」

アメリカの政府機関の一部が閉鎖された問題について、東京のアメリカ大使館は、「大使館業務への影響はほとんどなく、ビザの発給は、今後も、通常どおり行われる」と説明しています。

18年前にクリントン政権下で政府機関が閉鎖した際には、東京のアメリカ大使館では、ビザの発給が緊急の場合にのみ認められるなど大きな影響が出ました。

しかし、大使館によりますと、「アメリカ国務省は、今回、十分な予算を確保しており、ビザの発給を含め大使館業務が大きく滞る心配は現時点でない」としています。

その一方で、大使館職員の残業や新たな出張計画、それにスタッフの新規採用などは制限されるということです。

↑   ↑   ↑
引用終わり


アメリカのデフォルトの問題は、与野党間がある程度もめた後で収束すると思っていたが甘かったか?

政府機関の一部が閉鎖する事態はめずらしいことではない。

1977年から1996年までに大小合わせて17回の「政府閉鎖」が起きており、その「閉鎖期間」は合計で何と109日もあったのだそうだ。

怖いのは、真面目にアメリカがデフォルトを画策している可能性だ。

中国が持つ130兆円の米国債や、日本が持つ100兆円を超える米国債が紙屑になる可能性がある。

つまりアメリカによる借金の踏み倒しの可能性が高まっているということだ。

10月に新100ドル札が発行されることも、噂に拍車をかけている。


ラベル:アメリカ 予算
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

米国でデフォルト危機再燃 債務上限問題で与野党対立 シリア問題で進展望めず

米国でデフォルト危機再燃 債務上限問題で与野党対立 シリア問題で進展望めず - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130903/amr13090322320006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130903/amr13090322320006-n2.htm

↓   ↓   ↓

 【ワシントン=柿内公輔】米国でデフォルト(債務不履行)危機が再燃している。10月半ばにも連邦債務が法定上限に達するためで、オバマ政権は「交渉はしない」と議会に上限引き上げを強硬に要求するが、歳出削減を訴える野党共和党は反発。3日から与野党の攻防が本格化するが、シリア問題や中間選挙をめぐる駆け引きが絡み、事態の進展は難しい状況だ。

 「国の信頼を守る責任は議会にある。(債務上限を引き上げなければ)米経済は回復不能の傷を被る」

 ルー財務長官は議会指導部への書簡で債務が10月半ばに上限に達し、新たな借り入れができずデフォルトに直面すると警告。上限引き上げに無条件で一刻も早く同意するよう議会に求めている。現在の法定上限は約16兆7千億ドル(約1660兆円)。財務省は自治体への財政支援の縮小などでしのいできたが、それもまもなく限界だ。

 だが、共和党のベイナー下院議長は「政府が(社会保障の見直しなど)歳出削減を真剣に検討しない限り、引き上げには応じない」と反発。9月中に可決が必要な2014会計年度の予算案協議でも、増税を探る政府、与党民主党と共和党が対立している。

 野党の強気の背景には、来年秋に控える中間選挙への思惑がある。昨年の大統領選に敗北した共和党は、「財政の崖」をめぐる与野党協議で富裕層増税を容認した。債務上限引き上げ問題でも政権に寄り切られれば、支持者や支持団体の反発は必至。とくに徹底した歳出削減と増税反対を旗印に掲げる草の根保守運動「ティーパーティー(茶会)」の支持頼みの議員は「危機感が強い」(議会筋)とされる。

 もっとも民主党も一枚岩ではない。政治専門サイトのポリティコは、中間選挙で劣勢が予想される一部議員が財政問題の採決で共和党に同調する可能性を伝える。共和党にも、上限引き上げの条件としてオバマ大統領肝いりの医療保険改革の延期を求め政権を揺さぶろうとする動きがある。

 さらにシリアへの軍事介入をめぐる審議に時間が多く割かれるため、「財政問題の決着は先送りされる可能性が高まった」(ロイター通信)との見方もあり、視界は一段と不明瞭だ。

 米国は11年にも財政協議のもつれからデフォルト寸前に陥った。今回も土壇場で回避されるとの見方は根強い一方、「その保証はどこにもない」(米紙ワシントン・ポスト)状況だ。



 【米連邦債務の法定上限】際限なく国債を発行すれば財政が悪化するため、米国は法律で国債発行や借入金などの債務に上限を定めている。金融危機などで財政出動が増え、オバマ政権は議会の同意を得て上限を何度も引き上げてきた。上限を引き上げなければ国債利払いや償還資金が調達できずデフォルト(債務不履行)に陥る恐れがある。

↑   ↑   ↑
引用終わり


またか・・・というのが正直な感想だ。

景気回復の方向へ動きつつある世界経済の腰折る行為を米国はしないでしょう。

今回も引き上げ法案が可決すると思うよ。

問題はシリアへの軍事介入の方かな。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

「原爆投下も国際法違反か」シリア化学兵器使用で米国務省に質問飛ぶ

「原爆投下も国際法違反か」シリア化学兵器使用で米国務省に質問飛ぶ - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130829/amr13082912260006-n1.htm

↓   ↓   ↓

 原爆投下も化学兵器使用と同じ国際法違反か−。米国務省の定例記者会見で28日、ロイター通信の記者がシリアの化学兵器使用疑惑をめぐり、米国による広島、長崎への原爆投下の例を挙げて軍事介入の正当性について追及した。

 米政府はアサド政権による化学兵器使用を断定。この日の会見でハーフ副報道官は国連安全保障理事会による武力行使容認決議なしに軍事介入することを念頭に、多数の市民を無差別に殺害したことが一般的に国際法違反に当たると強調した。

 これに対してロイターの記者は「米国が核兵器を使用し、広島、長崎で大量の市民を無差別に殺害したことは、あなたの言う同じ国際法への違反だったのか」と質問。ハーフ氏はコメントを避けた。(共同)

↑   ↑   ↑
引用終わり


久しぶりにジャーナリズムの鋭い質問というのに触れた気がする。

原爆投下は、まぎれもなく国際法違反だと思う。

原爆投下も国際法違反かー字幕 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=PcXDF5_z3oA




posted by 日本に住んでる日本人 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

フォーブスが選ぶ「世界の革新的企業100」に日本が11社・中国5社・韓国0社が選ばれる

フォーブスが選ぶ「世界の革新的企業100」に日本が11社・中国5社・韓国0社が選ばれる – ガジェット通信
より引用
http://getnews.jp/archives/402302

↓   ↓   ↓

米誌のフォーブスが選んだ「世界で最も革新的な企業トップ100」に国別で日本が11社、中国が5社、韓国は3年連続で1社も入らない結果となった。日本企業では楽天が9位でトップ。

中国のバイドゥが6位になっている。皆が知っているGoogleは47位、アップルは79位となっている。

日本企業だけではユニチャーム(14位)、ファナック(26位)、キーエンス(36位)、ヤフージャパン(38位)ほか任天堂、セコム、クボタ、花王などがランクインし系11社となっている。

その他の世界の有名企業を見てみると「Procter & Gamble(P&G)」「Unilever NV」「Unicharm」「Adidas」などがランクイン。

世界的に見てもアメリカだけに集中せず、ドイツ、フランス、イギリス、台湾、中国、オランダ、デンマーク、アイルランド、インドにばらけている。

1位:セールスフォース(アメリカ)
2位:アレクシオン・ファーマ(アメリカ)
3位:ヴイエムウェア(アメリカ)
4位:リジェネロン(アメリカ)
5位:ARMホールディングス(イギリス)
6位:バイドゥ(中国)
7位:アマゾン(アメリカ)
8位:インテュイティヴ・サージカル(アメリカ)
9位:楽天(日本)
10位:ナチュラ・コスメティコス(ブラジル)

↑   ↑   ↑
引用終わり


ランキング上位を見ると、クラウドとかネット関連の企業が選ばれている感じである。

Googleは47位、アップルは79位というのは、低すぎる気がするので、評価基準とか獲得点数が知りたいところだ。

日本で意外だったのは、クボタと花王かな?

どんな米国展開をしているのか気になるところだ。

しかし、この記事のメインは、やはり韓国が3年連続0社ということだろう。

サムスンは、いったい何位になっているんだろう?

やはり米国でサムスンは、アップルのコピーキャットという評価なのだろうか?


ラベル:フォーブス
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。