2013年09月28日

みずほ銀行に業務改善命令、提携ローンに反社会的勢力との取引

みずほ銀行に業務改善命令、提携ローンに反社会的勢力との取引 | Reuters
より引用
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE98Q06I20130927

↓   ↓   ↓

[東京 27日 ロイター] - 金融庁は27日、みずほフィナンシャルグループ(8411.T: 株価, ニュース, レポート)傘下のみずほ銀行が、提携ローンに反社会的勢力との取引が存在することを把握してから2年以上、防止・解消のための抜本策をとっていなかったなどとして、銀行法に基づく業務改善命令を出したと発表した。

主要3行に対する行政処分としては、東日本大震災直後にみずほ銀行が起こした大規模システム障害を踏まえた同行と持ち株会社のみずほフィナンシャルグループに対する業務改善命令以来となる。

同行は2010年以降、信販会社を通じた自動車などの提携ローンで、暴力団構成員などとの取引があると把握していながら、抜本的な対応策をとっていなかった。反社会的勢力との取引があるとの情報も、担当役員止まりになっていた。取引は少なくとも約230件、約2億円超に上る。2012年12月からの金融庁検査で発覚した。「信販会社が締結した契約には対策しようがないとの誤った固定観念にとらわれていたようだ」と、金融庁幹部は話している。

金融庁は、反社会的勢力と決別し、健全・適切な業務運営を確保するためだとして、法令順守体制、経営管理体制の見直しを命じた。具体的には、問題発生時から現在までの経営責任の所在や法令順守の取り組みに向けた経営姿勢の明確化、再発防止のため実行性ある方策の策定や、全行的な法令順守体制の確立、内部監査機能の強化など。業務改善計画を10月28日までに提出させる。

同行は、今年6月の金融庁からの結果通知を踏まえ、信販会社に代位弁済を求めた。「厳粛に受け止め、深く反省する」とのコメントを発表し、「改善対応を着実に実施するとともに、内部管理体制の一層の強化・充実に取組む」とした。金融庁は、割賦販売の信販会社を所管する経済産業省にも情報を提供した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


テレビドラマ「半沢直樹」のヒットにより、金融庁が悪者扱いされてたから 名誉挽回か?

しかし、みずほ銀行がメガバンクなのは理解しているが、あまりにも預金者の方を見ていない気がする。

韓国への500億円の援助(黒い噂あり)にしろ今回のことにしろ、利益を追うあまり、道徳観念が喪失しているように見える。

この記事のコメントが、どのように出されたかが分からない。

しかし、もし実行してないなら、預金者をはじめとする国民にお詫びをするべきではないかと思う。




ラベル:みずほ銀行
posted by 日本に住んでる日本人 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

日本の朝鮮半島統一支持 修正の可能性も=西原正氏

Chosun Online | 朝鮮日報 日本の朝鮮半島統一支持 修正の可能性も=西原正氏
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/02/2013090202126.html

↓   ↓   ↓

 【ソウル聯合ニュース】日本の財団法人、平和・安全保障研究所(RIPS)の西原正理事長は2日、ソウルで開かれた国防大学安保問題研究所主催の「韓米同盟60周年国際学術会議」で、韓日関係の悪化に伴い、日本が朝鮮半島統一を支持する政策を修正する可能性もあると主張した。

 当面は韓日が遠い隣国にとどまるとの見方を示した西原理事長は、韓米連合司令官(在韓米軍司令官兼務)から韓国軍への有事作戦統制権移管についても否定的な見解を示した。韓国軍の大半は戦闘経験がなく、韓国軍の一部の兵器や装備は米軍と相互運用できないと指摘した上で、経験ある米軍を韓国軍が指揮するには困難があると予想され、米軍の統制権保持は必須だとの見方を示した。 

 同会議は、「韓米同盟と南北」「韓米同盟と中国」「韓米同盟と日本」をテーマに開かれた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


平和・安全保障研究所(RIPS)というものは、今回のニュースで初めて知り、勉強不足を思い知った。

私は朝鮮半島統一支持についての見直しについては賛成だ。

肝心の韓国に統一する意思を感じないのだから、日本がとやかく言うことでもないと思う。

開城工業団地の再開は、韓国の融和政策であり、北朝鮮に外貨を与え延命させるものだ。

記事とは異なるが、私は米韓連合司令部を2015年に解散することには賛成だ。

おそらく米軍は、順次韓国から撤退していくと思われる。

韓国の対北朝鮮防衛が弱体化するという不安から、否定的な見解を出したという意図は分かる。

ただ、おそらく米国は、韓国を信用しなくなったと私は見る。

野党議員が、平気で米国との戦争を口にする国である。

北朝鮮に対しても、統一に向けてのアクションを起こす気もない。

反日教育をやめようとせず、日本批判を繰り返す。

挙句の果てには中国にすり寄る。

米国は、日本や東南アジアと連携して、中国、朝鮮に対応するつもりだと考える。

もし、朝鮮半島で有事があったら、海からのミサイル攻撃、そして沖縄から海兵隊を派遣するつもりではないか?

日本にとっても、米韓連合司令部を2015年に解散することは悪い話ばかりではない。

確かに北朝鮮に韓国が負けたら、次は日本だろうが、日米での防衛は可能と考える。

しかし、韓国の一部の議員は、米韓同盟は、日本と戦う戦力を持つまで必要だというアホな発言をし、ネット新聞に載っている。

韓国の民意は、反日教育の結果、敵は北朝鮮より日本なのだ。

よって、韓国を敵国として、シュミレーションしておくことは、防衛のために必要だと思う。

私が一番怖いのは、中国や北朝鮮によるミサイル攻撃である。

日本国内の原子力発電所や重要なインフラ、意思決定機関をミサイルで攻撃されては、終わりである。

ミサイル攻撃の後で自衛隊が国土を守っても、日本国は壊滅的な被害を被り、復興は難しいであろう。

現状では、ミサイル攻撃される前に米軍によるミサイル施設の破壊に希望するしかないように思える。

posted by 日本に住んでる日本人 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

韓国 宮崎駿監が引退を決意したのは「安倍政権の右傾化に失望したせい」

宮崎駿監督が引退を決意したのは「安倍政権の右傾化に失望したせい」―韓国メディア|新華社日本語経済ニュース-XINHUA.JP - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。
より引用
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/358495/

↓   ↓   ↓

韓国メディアは2日、スタジオジブリの宮崎駿監督が引退を決意したのは、安倍政権の右傾化に失望したせいだと報じた。環球網が伝えた。

スタジオジブリは1日、宮崎監督が現在上映中の「風立ちぬ」を最後に引退すると表明した。日本ではこれに対し、「原発や憲法改正に対する反対発言に関連している」との見方が広がっている。

一方、韓国でもジブリ人気は高く、韓国SBSは「日本アニメの巨匠」の引退を惜しんだ。このほか、引退の原因について、「安倍政権の右傾化に失望したせいだ」と報じた韓国メディアもあった。

宮崎監督はジブリの小冊子「熱風」7月号で、憲法改正に反対する意見を発表していた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


日本の報道では、9/6の記者会見で引退の理由を表明するとのことなのだが・・・?

そして、宮崎監督にとっては、3年ぶり5度目の引退表明になる。

いったい何を語ってくれるのかと思っていたが、韓国メディアの報道に水を差された感じである。

大人しく引退会見を待てないのか?

誤報じゃないとしたら、すごい情報網ですね。

ただ、もし宮崎監督の引退理由が、韓国報道の通り、「安倍政権の右傾化に失望したせい」だとしたら、私は宮崎監督に失望するけどね。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

イタリアのオペラ「アイーダ」東京ドーム公演中止 実行委員会に韓国企業

「アイーダ」東京ドーム公演中止 チケット売れ行き低迷 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130827/trd13082723440008-n1.htm

↓   ↓   ↓

 9月17〜19日に東京ドームで予定されていたオペラ「アイーダ」(読売新聞社、オペラアイーダ実行委員会主催)が中止になったことが27日、分かった。関係者によると、チケットの売れ行きが低迷し、採算が取れなくなったという。

 アイーダはイタリア・ベローナ劇場で100年続く野外オペラ。フルオーケストラを使い、本場の舞台装置を丸ごと持ってくる計画で、3日間で約10万人の集客を見込んでいた。

 読売新聞グループ本社広報部は中止の理由として「韓国企業などで構成される実行委員会の事情によるもの」と説明している。

 チケット代金は購入先のプレイガイドで全額を払い戻す。問い合わせは実行委員会事務局((電)050・5824・5141)。

↑   ↑   ↑
引用終わり


私は、オペラには興味がないが、調べた限りでは、オペラファンなら普通に見たいレベルのもののようだ。

「チケットの売れ行きが低迷し、採算が取れなくなった」

オペラを東京ドームで、しかも平日3日間でやる企画自体に無理があったような気がするが・・・???

チケット代も高いね。VVIP:70,000円・・・

「韓国企業などで構成される実行委員会の事情によるもの」

なんで日本公演に韓国企業が出てくるのかよく分からない???

そして、諸事情・・・金銭的なトラブルでもあったのだろうか?

しかし、イタリアのオペラ関係者の日本に対する印象は悪くなる気がするなぁ・・・

韓国企業なんかいれずに、普通の会場で、土日を含んで開催すればよかったのにね。


posted by 日本に住んでる日本人 at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

東日本大震災 なぜ帰宅難民2000人を無料収容したのか −帝国ホテル

なぜ帰宅難民2000人を無料収容したのか −帝国ホテル(プレジデントオンライン) - エキサイトニュース
より引用
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20130819/President_10280.html?_p=1
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20130819/President_10280.html?_p=2
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20130819/President_10280.html?_p=3
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20130819/President_10280.html?_p=4

↓   ↓   ↓

■6年前からの備えが当日に生きた

東日本大震災が起きた11年3月11日、金曜日。震度5の揺れがあった東京では交通網が完全にマヒ状態となり、街は約10万人の「帰宅難民」で溢れ返った。タクシーはつかまらず、道路は大渋滞。営業中の店は少なく、あっても満席で入れない。大多数の人はトイレや空腹、寒さを我慢しながら歩き続けるしかなかった。

その夜、行き場をなくした2000人の人々のためにロビーや宴会場を開放したばかりか、毛布やペットボトルの水、保存食などを無料で提供したのが日比谷の帝国ホテル東京である。当日、陣頭指揮を執ったチーフデューティマネージャー(デューティマネージャーとは、ホテル全般の苦情対応責任者。総支配人の代行を務める役職)の山本一郎は、「たまたま運がよかっただけです」と温和な笑顔で語る。

「運がよかった」というのは、まず地震による被害がほとんどなかったこと。建物の損壊は客室の壁の一部に亀裂が入った程度で、電気やガス、水道などのインフラには支障なし。これがもし、火災が起きたり天井が落ちて怪我人が出たりしていたら、逆にホテルの外へ避難してもらわなければならなかっただろう。

さらにちょうど「帝国ホテル創立120周年感謝の集い」が開催されていたため、いつもは外回りをしている50〜60人の営業マンが接遇のためにホテル内にいて、人手があったことも幸運だった。

しかし毛布はまだしも、2000人分の水や保存食などは、日頃の備えがなければとっさに出てくるはずがない。帝国ホテルでは、2005年から事業継続計画(BCP)の一環として、大規模災害に見舞われた際の対策マニュアルづくりに取り組んでいた。現場の意見を取り入れるのはもちろん、阪神淡路大震災を経験したホテルオークラ神戸、神戸ポートピアホテル、ニューオータニ神戸などを訪問してヒアリングをしている。

当時は阪神淡路大震災からちょうど10年が経とうとしていた頃。大災害に遭遇した経験を持つホテルマンがいるうちに詳しい話を聞いておこうと考えた。さらに神戸にある「人と防災未来センター」という施設で学んだことも取り入れ、震災対策マニュアルを作成。そのプロジェクトに参加していたのが、広報課長の小松崎宇弘だ。マニュアルづくりにあたっては、社長の小林哲也をはじめとする経営陣に「もっと具体的に」と叱られながら表現を練っていったという。

「たとえば『迅速に行動する』という表現では抽象的すぎる。

誰がどうするかまで具体的に書かねば、非常時に使いものにならない。『A非常階段の扉を開ける』と書いたなら、それは誰が開けにいくのかというような細部まできちんと詰めておくことが求められました」

マニュアルが完成したのは約2年前。その前からも定期的に防災訓練を続けている。24時間・年中無休のホテル業では全館一斉に訓練を行うことは難しいが、年2回は大がかりな自衛消防訓練を行い、そのほかにも年5〜6回、職場単位の訓練がある。

ホテルを利用する立場からはなかなか見えにくいが、ホテル業は「顧客の命を預かる」という重大な責任を負う仕事である。お客の安全・安心はホテル側が最も経費をかけ、重視する点だ。何ごともなくて当たり前。何かあってはならない。

「たとえば帝国ホテルの客室の家具は、すべて角が丸くなっています。暗闇の中でお客様が歩き回っても、ぶつかって怪我をしないように」と小松崎はいう。これらすべての備えが、あの3月11日に生きた。

■「困っている人がいると、お助けしたくなる」

午後2時46分の地震発生からわずか4分後の2時50分には、総支配人を責任者とした現場指揮所を1階ロビーのフロント裏に設置。館内放送で従業員に対して状況確認を命じる。安全確認後は、お客に向けて「余震があるので、次の放送があるまでその場で待機してください」と英語と日本語の両方で指示した。地震発生から14分後の3時には社長を本部長とした災害対策本部を設置し、3時30分にはホームページで「ホテル内での怪我人なし」と発表している。

ロビーに続々と人が集まってきたのはその頃からだった。予約客がチェックインしようとしてもエレベーターが停止したままなので、ロビーで待っていてもらうしかない。その一方で、上階にいた人々は不安を感じて非常階段を使って下りてくる。予定されていた宴席の招待客も、単なる通りすがりの人々も入ってくる。そんな中、山本はロビーで立ちつくす人々のために椅子を200脚用意し、タオルと氷の入った水を提供した。

この日だけ、特別にそうしたというわけではないんです。たまに何らかの理由でエレベーターが止まることがあるのですが、そんなときはいつも復旧までそうしていたので、この日も同じようにしただけ」

帰宅難民に対してロビーを開放したのも、自然な流れだったと山本は振り返る。

「私がそうしようと決めて宣言したというより、スタッフが、『椅子をご用意しますか?』『お水をお配りしますか?』と聞いてくる。

その都度『はい、お願いします』と許可していきました」

その後は無我夢中だった。ホテルはほぼ通常どおり営業を続けるかたわら、情報を求める人々のためにテレビを見やすい場所に設置し、電車の運行状況など新しい情報が入るたびに拡声器で案内するなどの対応を続けた。

日が暮れて気温が下がってくると、ロビーはおろか、地下のショッピングアーケードから2階の宴会場まで、人で埋め尽くされた。JRが止まったままの中、私鉄や地下鉄は順次運行を再開していたが、「いつ止まるかわからない電車に乗るより、ここで一夜を明かしたほうが安全」と判断した人が多かったのだろう。絨毯敷きの床で毛布にくるまってごろ寝する人たちの数は、ピーク時には2000人を数えた。

道路の渋滞のため到着が遅れ、最後の宿泊客のチェックインが済んだのが明け方の4時。ハイになっていたせいで眠気を感じなかったという山本も、1時間ほど仮眠を取った。自宅に帰れなかったのは、ホテルのスタッフも同じだった。

翌朝6時30分には水とパンを再度配布したほか、宴会場で温かい野菜スープを振る舞った。7時すぎにJRが運行を一部再開。午前11時頃ロビーにいた帰宅困難者が全員いなくなったとき、ようやく山本は胸をなで下ろした。

だが話はそれだけでは終わらない。ロビーで一夜を明かした人々から、お礼の電話や手紙がひっきりなしに届き出したのである。

「われわれとしては当たり前のことをしただけ。お手紙をいただくなんて、恐縮してしまって」と山本は語る。どの手紙にも、感謝の言葉が切々と綴られていた。

いわく、“寒かったから室内にいられるだけでもありがたかったのに、お水や食料まで差し入れしてもらった”“近隣の外資系ホテルではドアを開けてもくれなかったのに、毛布を貸してくれたばかりか、毛布の数が足りなくなったら大判のバスタオルを出してきてくれた”“携帯電話の電池が切れて途方に暮れていたとき、フロントで充電してくれたおかげで家族と連絡が取れた”……。

2000人の中には、ホテルとは無関係な、いわば通りすがりの人々も多かったはずである。にもかかわらず、分け隔てなく水や保存食を提供した。

実は帝国ホテルでは1923年の関東大震災のときも、避難してきた人々におにぎりなどの食料を提供している。山本にこのエピソードについて聞いてみると、「そういうDNAがあるわけではないんですが……」と謙遜しつつこう言った。

「困っているお客様がいれば、どうしてもお助けしたくなってしまう。なんとかしてお客様のお役に立ちたいというホテルマンの使命感は受け継がれているかもしれません」

(文中敬称略)

↑   ↑   ↑
引用終わり


読んでいただければ分かるが、とても良い話である。

ただ、これも日本人の民度の高さがあってのことだと思う。

外国であれば、略奪や暴行の対象になってもおかしくないと思うからだ。

ただ、日本にも在日という不穏分子?を抱えているので一概には言えないような気はすが、帰宅途中のビジネスマンが多い場所は、在日はいないような気はしますね。

シャッターを閉めた外資系ホテルの対応に怒る話は聞いたことがあるが、海外では、略奪や暴行から宿泊客を守るという観点から、間違っているとは言えないのが現状だと思う。

JRの対応に関しては、駅構内くらいは解放しても良かったのではと思うが、復旧に全力を上げるために人々のケアまで手が回らないというのも分からなくはない。

おそらくJRには、復旧マニュアルはあっても、駅構内の人々へのケアのマニュアルはなかったのだろう。

しかし、今後は、是非対応をしてほしいと思うところでだ。

ともあれ、日本人の民度の高さとそれを信じた帝国ホテルの対応は、日本は誇ってよいと思う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

『キラキラネーム狩り』開始か?テレビでも特集され酷い親と批判殺到!

『キラキラネーム狩り』開始か?テレビでも特集され酷い親と批判殺到!(秒刊サンデー) - IT - livedoor ニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/7935155/

↓   ↓   ↓

日本テレビ系列NEWS ZEROで先日救命医がツイートして一躍話題となった「キラキラネーム」についての特集が放送された。それを受けてTwitterなどでは「キラキラネームをつける親は酷い」「子供がかわいそうだ」「キラキラネーム」を考えた人が一番DQNだなどと早速批判が寄せられている。やはり子供に名前をつけるのは自由だがその後の人生を考えると突拍子もないものは避けたほうがよいという意見が多く、救命医の発言を発端に魔女狩りならぬ「キラキラネーム狩り」が始まりそうだ。

―キラキラネームはやめて!と言う救命医

からあげ @karaage0703
@Ikuya_Ueta キラキラネームの是非をシステムの不備を根拠に論じるのは間違いだと思っているだけです。そもそも同姓同名の人がいたらしょっちゅう取り違えるように思えるのですが…

植田育也 Ikuya Ueta @Ikuya_Ueta
@karaage0703 「呟き」ですので振りかぶって論じようと言うわけではありませんのでご勘弁を。同姓同名問題はID番号、生年月日、現住所等の照合で何とか判別する様に留意していますが、緊急度が高まれば高まるほどスルーされる可能性は上がり,そこでミスが起きてしまいます。

7月30日に投稿された静岡県の救命医によるキラキラネームは「取り違えの危険性が増加する」発言。このツイートが波紋を呼び多くの批判が寄せられた。批判と言うのはキラキラネームへの批判ではなく救命医が「キラキラネーム」だからと言って簡単に取り違えを起こして良いものか?と言うものだ。しかし救命医は「もちろん取り違えは厳禁だがリスクが高い」と言う事を伝えたかったとのことで悪魔でキラキラネーム批判をしているわけではないようだ。

―NEWS ZEROでキラキラネーム特集

上記騒動は7日のNEWS ZEROで取り上げられ「キラキラネームをやめてほしい」と報道。番組を見た視聴者からはキラキラネームを批判するのは子供がかわいそうと言う意見もあったが、「キラキラネームをつける親の思考は理解できない・頭湧いてる」という意見がTwitter上で寄せられている。

更に実際にキラキラネームとして使われている例が投稿され始めた。

―キラキラネームの実例
・「みにい」と「まりい」
・真理唯で、まりいって読む
・キラキラネームは苺輪舞(まろん)です。
・お兄ちゃんがケンシロウで妹がユリア
・月花美人(キューティーハニー)←実在らしい
・「吾郎」で読みは、「ごろう」性別が、女。理由は親が稲垣吾郎のファンだから
・凸で“てとりす”とか、もはやなめてるでしょ。
・「礼」をぺこ
・有田芳生って最初のキラキラネームだよな。
・玖麗亜
・樹理亜ちゃん
・キラキラネームの始まりは「悪魔」だっけ。
・今日バイトでお客さんが 「クールクール」って子供呼んでて初めてキラキラネームを目の当たりにしてもう怖かった
・大也くん門土くん
・心響音
・芽以ちゃん


何処までがキラキラネームと言うべきなのかは明確には線引きできないが、それよりもキラキラネームが次第に『悪』と言うイメージが植え付けられていく風潮にも疑問を感じざるを得ない。

↑   ↑   ↑
引用終わり


大事なことは、子供は親の所有物ではないということ。

そして、名前は、子供の成長を願って夢を託して名づけるもの。

どうも、こういうことを理解していない親が増えているようですね。

あくまで個人的な感想ですが、普通が一番だと思いますよ。

そして、あまりにひどい名付け親は、将来、その子に養われなくても文句は言えないと思います。


posted by 日本に住んでる日本人 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

気象庁「予想は過大、肝に銘じておわび」 震度7誤速報・・・高校野球は継続?

緊急地震速報、予測過大で"誤報" 気象庁が謝罪 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=StjfhqpCJCo




気象庁「予想は過大、肝に銘じておわび」 震度7誤速報(産経新聞) - 国内 - livedoor ニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/7938659/

↓   ↓   ↓

 気象庁は8日夕、奈良県と大阪府で震度6弱から7程度の揺れを予想し、関東甲信から九州までの広範囲に緊急地震速報を発表したが、震度1以上の体に感じる揺れを観測した場所はなかった。

 気象庁の橋田俊彦地震火山部長らは同日会見し、「予想は過大で、広範囲でご迷惑をかけた。誤報を深く肝に銘じておわびし、再発防止に務める」と謝罪した。

 気象庁によると、和歌山県北部で午後4時56分、地震の揺れを検知。マグニチュード(M)が最大7・8と予想して速報を発表したが、実際にはMは2・3だった。

 気象庁は誤報の原因について、地震発生と同じタイミングで、三重県沖約60キロに設置した海底地震計に電気信号が一時的に途切れる不具合が発生したためと説明。「揺れが震源から約170キロ離れた三重県沖まで到達した」との誤ったデータを震度予想の計算に含めたという。

 この結果、奈良県、大阪府南部・北部で震度6弱から7程度の揺れが発生すると速報したほか、東京都でも震度3から4程度が予想されると発表した。

 橋田部長は会見で「速報への信頼を損ね申し訳ない。ただ、身を守ってもらための情報なので、速報を発表した場合は引き続き身の安全を確保してもらいたい」と話した。

 緊急地震速報は、2地点以上の地震計で揺れを観測し、震度5弱以上の揺れが予測される地域と、震度4が予測される地域に発表される。平成19年の運用開始以降、今回を含めこれまでに137回発表しており、観測した震度が2以下だった地震は33回目だという。

↑   ↑   ↑
引用終わり

気象庁には、もっとしっかりしてほしいと思うが・・・

今回問題にしたいのは、報道ではなく甲子園で実施していた高校野球が試合を継続していたこと。

もしも今回が誤報でなかったらどうなっていたか・・・

危機管理体制の見直しが求められると思う。

また、地震とは違うが、熱中症も心配である。

併せて、しっかりとした対応をしてほしいと願う。





posted by 日本に住んでる日本人 at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。