2013年08月31日

シリア情勢 反政府軍が化学兵器使用を認める。

≫反逆者は、化学兵器禁止アタックアレックスジョーンズInfowarsの責任を認める:あなたの心のために戦争があります!
より一部抜粋して引用(英語)
http://www.infowars.com/rebels-admit-responsibility-for-chemical-weapons-attack/

↓   ↓   ↓

AP通信正式情報

シリア化学兵器使用は反政府軍が行った誤射。サウジから兵器を供与。シリア政権使用せず。

シリアの反政府軍がAP通信の記者に自分たちが毒ガスを撒いたことを認めた。

サウジから供給された化学兵器の取り扱いをまちがってしまい犠牲者が出たと語った。

化学兵器を供給したのはサウジ情報当局のトップ、

バンダル・ビン・スルタン王子と判明した。


↑   ↑   ↑
引用終わり


私は、反政府軍は化学兵器を製造または調達できないと思っており、そのような記載を続けてまいりました。

誠に申し訳ありません。可能だったようです。

反政府軍をサウジアラビアが支援していたのは知っておりましたが、まさかサウジアラビアが化学兵器を所有していたとは・・・

驚きと反省で心がいっぱいな状態です。

これで、米軍は参戦の根拠を失った。

私自身の判断にミスがあったので、反省し、へたな憶測をせずに情勢を見守ろうと思います。




ラベル:シリア
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリア情勢 潘基文国連事務総長(韓国)中国に同調し「政治解決を堅持すべきだ」

時事ドットコム:シリア情勢で国連総長と協議=中国外相
より引用
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013083000209

↓   ↓   ↓

【北京時事】中国の王毅外相は29日、シリア情勢について国連の潘基文事務総長と電話協議し、「軍事手段では解決できない。政治解決が唯一の現実的な出口だ」と述べ、改めて軍事介入に反対する方針を示した。潘氏も「政治解決を堅持すべきだ」と応じた。(2013/08/30-09:28)

↑   ↑   ↑
引用終わり


まずは、潘基文国連事務総長(韓国)は、中立と言う立場が分かっているのだろうか?

イスラエル、日本に対して、あれだけ中立を無視した発言を繰り返して、今回もである。

常任理事国である米国が軍事介入を主張しているというのに、中国にべったりの発言である。

私には、失礼ながら潘基文国連事務総長(韓国)が馬鹿にしか見えない。

今回のシリア情勢を考えると、どうしてもイラク戦争の失敗?が行動の遅れにつながっている。

イラク戦争では、「大量破壊兵器の脅威の排除」といって、戦争したのに、結果「大量破壊兵器は見つからなかった」という大義名分が崩れる結果となった。

よって、化学兵器使用の有無の確認が必須なのは理解できる。

しかし、それ以前に、化学兵器を使用される前に国連が介入していれば・・・国連の失態はぬぐえない事実だとは思う。

さて、今回は、軍事介入か政治介入かということだが、政治介入を主張している中露が実際に動く感じが全くしない。

なんか中露は言うだけで、あとは他国任せという感じがしてならない。

かといって、米国のミサイル在庫一掃セールが正しいかと言うと、難しいところだ。

米国は、化学兵器使用をアサド政権側と決めつけているが、残念ながら証拠がない。

反体制側が、化学兵器を製造または手配できたかと言うと、常識的には無理な気はするのだが・・・
【誤りでした】シリア情勢 反政府軍が化学兵器使用を認める。(2013/8/31判明)
http://kdgkkxmjfd4.seesaa.net/article/373516393.html

ただ、シリア内戦を早く終わらせることだけを考えれば、軍事介入が確実な気はしないでもない。

しかし、米国の軍事介入は、アサド政権側を不利にする行為だ。

また、誤爆による民間人の被害と政治介入している間の民間人の被害を比較したデータはない。

正直なところ、いらん情報は多く、必要な情報は乏しく、判断が難しい情勢・・・

こういうときに、敏腕の国連事務総長がいればと、ヒーローを望みたいが・・・

結局、今の国連は、無能なトップと、拒否権で動けなくする常任理事国・・・機能しないのであればいらないのではないかと思えてしまう。


posted by 日本に住んでる日本人 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

シリア情勢 国連安保理、武力行使容認決議案採択に至らず 中露が反対

【シリア情勢】安保理、武力行使容認決議案採択に至らず 中露が反対 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130829/mds13082909130002-n1.htm

↓   ↓   ↓

 【ニューヨーク=黒沢潤】国連安全保障理事会は28日、化学兵器使用疑惑をめぐりシリアへの武力行使を容認する英国提出の決議案について協議した。しかし、中露が相次ぎ反対意見を表明し、この日は合意に達しないまま終了した。安保理関係筋は、決議案の採択は30日以降に持ち越された。

 英国が提出した決議案は、化学兵器からシリア市民を守るため、「必要とされるすべての力」の行使を認める内容。英政府スポークスマンは会合に先立ち、同決議案は軍事行動などの根拠となる国連憲章7章に基づく内容になると述べていた。

 各国代表は会合後、記者会見も開かずに議場を後にした。決議案が30日以降の安保理で採決に持ち込まれた場合でも、露中両国が拒否権を発動することが確実視される。このため、採決すらせずに決議案が取り下げられるとの見方も出ている。

↑   ↑   ↑
引用終わり

【シリア情勢】国連調査団は31日に撤収へ - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130829/mds13082921260008-n1.htm

↓   ↓   ↓

 【カイロ=田中靖人】国連の潘基文事務総長は29日、シリアの首都ダマスカス郊外で化学兵器使用疑惑の現場を査察している国連の調査団が、31日朝までにシリアから撤収する予定だと明らかにした。AP通信などが伝えた。

 潘氏は訪問先のウィーンで記者団に対し、「調査団は30日まで活動を続け、31日朝までにシリアを去る。(調査結果の)報告は出国後、速やかに行われるだろう」と述べた。

 調査団は26日に活動を開始。潘氏は28日、調査団の活動期間について「4日間必要だ」と発言していた。

 一方、ロイター通信は28日、周辺住民や反体制派の話として、アサド政権が首都中心部の軍司令部など複数の軍施設から要員を退避させていると伝えた。英米などからの攻撃に備えた措置とみられる。

↑   ↑   ↑
引用終わり

イスラエル、予備役兵士招集…シリア反撃に備え : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
より引用
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130829-OYT1T01106.htm?from=ylist

↓   ↓   ↓

 【エルサレム=井上亜希子】シリアの化学兵器使用疑惑で、米欧による軍事介入の観測の高まりを受け、イスラエル政府は28日、敵対関係にあるシリアから反撃された場合に対応するため、予備役の兵士を招集するなど防衛体制を強化した。

 イスラエルは米国の同盟国で、シリアとは戦争状態にある。イスラエル軍筋によると、数千人の招集を承認し、実際に数百人規模が招集された。対空防衛や情報収集の分野に配置されるという。また、ミサイル攻撃を想定した対空防衛として、迎撃システムなどの北部地域への追加配備も行う。

 市民には不安が広がっており、今週初めからガスマスクの需要が急増。エルサレムの無料配布所では、人々が行列を作っている。

↑   ↑   ↑
引用終わり

朝日新聞デジタル:ロシアが艦船2隻を地中海に派遣、シリア情勢とは無関係と海軍 - ロイターニュース - 国際
より引用
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201308290117.html

↓   ↓   ↓

 [モスクワ 29日 ロイター] - ロシアは数日内に地中海東部に対潜艦とミサイル巡洋艦の2隻を派遣する。インタファクス通信が29日、報じた。

 ただロシア政府は、欧米諸国によるシリアに対する軍事介入に備えて海軍力を増強しているのではないとしている。

 インタファクスは軍幹部の話として、ロシアが黒海艦隊からミサイル巡洋艦を1隻、北方艦隊から大型の対潜艦を1隻、「数日内に」派遣すると報じた。 同幹部は「地中海東方での周知の事態により、海軍力を調整する必要が出てきた」としている。

 これらの艦船が地中海に配備される具体的な日時は不明だが、インタファクスは、ミサイル巡洋艦「モスクワ」は現在、北大西洋上にあり、数日以内に航行を開始するとしている。

 国営ロシア通信(RIA)によると、ロシア海軍はその後、艦船の派遣は以前から計画されていた艦船の入れ替えの一環となるとのコメントを発表。地中海における戦力増強にはあたらないことを示唆した。

 ロシア国防省はこの件に関するコメントを控えている。

 シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとの疑惑が出ていることに対し、米国は軍事介入に備え地中海の海軍力の再配置を行うと表明。ロシアが同海域の軍備を増強した場合、緊張が高まる可能性がある。

 ロシアはシリアの主要な支援国。シリアに対する軍事介入に反対しており、国連安全保障理事会によるシリアに対する決議採択にこれまでも反対票を投じてきた。

↑   ↑   ↑
引用終わり

シリア軍が反体制派の攻撃で毒ガス被害、国連に調査要請=国連大使 | Reuters
より引用
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE97R03S20130828

↓   ↓   ↓

[国連 28日 ロイター] - シリアのジャファリ国連大使は28日、反体制派による3回の攻撃でシリア軍が毒ガスを浴びたとして、これらの攻撃について調査するよう潘基文・国連事務総長に書面で要請したことを明らかにした。

↑   ↑   ↑
引用終わり


国連では予想通り、シリアを支援している中露が反対。

イスラエルは、米国に対する報復としての攻撃に備えている。

ロシアは、シリアに関係ないと表明しつつも、事実上海軍を動かした。

そして、シリアからは、毒ガスを試用したのは反体制派という主張が飛び出した。

適当なことは言えないが、国連調査団の結果待ちという気はする。

しかし、国連調査団は、化学兵器使用の判断はしても、どちらの陣営が使用したのかを特定できるのかは疑問である。

ただ、反体制側に毒ガスの製造は無理な気がするし、入手経路もないような気はする。
【誤りでした】シリア情勢 反政府軍が化学兵器使用を認める。(2013/8/31判明)
http://kdgkkxmjfd4.seesaa.net/article/373516393.html

ラベル:シリア 国連
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潘基文国連事務総長(韓国)「イスラエルのユダヤ人入植は問題だ。心を痛めている」ユダヤ人激怒

国連チーフ '深く問題を抱えた "イスラエルの入植地で - Yahoo!ニュース
より引用(英語)
http://news.yahoo.com/un-chief-deeply-troubled-israeli-settlements-170034260.html

↓   ↓   ↓

ラマッラー、ヨルダン川西岸(AP) - 国連事務総長潘基文・ムーンは、彼がイスラエルの入植の建物で、それが最終的にはパレスチナ国家の設立を防ぐことができることを "深く問題を抱えた"であることを明らかにした。

前日、イスラエル人とパレスチナ人は、5年間の凍結を終了、パレスチナ国家の条件で正式な協議を開始した。会談は、3,000人以上の新たな決済のアパートのための計画を推進する上で、最近のイスラエルの発表の陰に隠れた。

パレスチナ人は1967年にイスラエルによって捕獲ヨルダン川西岸、ガザ地区と東エルサレムの状態を、したい。イスラエルは今より50万人以上のイスラエルと国際社会のほとんどが違法とみなされるに家??があるの入植地の数十を構築しています。

"私は深く東エルサレムを含む西岸地区におけるイスラエルの継続決済活動に悩まされています、"潘長官はパレスチナのアッバス議長との記者会見で語った。"入植活動は和平達成に向けイスラエルの側の深刻さにパレスチナの人々の不信を深めている。それは最終的に二国家解決策は不可能になります。"

イスラエル・パレスチナ交渉の5年間のブレークは集落をめぐる紛争が主な原因だった。アッバスは会談の条件として決済凍結を主張した。イスラエルのネタニヤフ首相は、すべての問題はパレスチナとの交渉で提起されるべきであると主張し、要求を拒否した。

米国の圧??力の下では、アッバスは、最終的にはアッバスの側近は、オバマ政権は、それはイスラエルの建設を抑制しようと、それらを保証言ったものの、和解凍結せずに協議への復帰に合意した。減速の期待の中で、新たな決済プランに関するイスラエルの最近の発表では、パレスチナの交渉担当者の間で特定の怒りを促した。イスラエル当局は、新規建設の多くはイスラエルが任意の和平協定を保つために期待しての地域で計画されていると主張した。

交渉の現在のラウンドは、イスラエルと並んでパレスチナ国家を設定するには、2000年以来3回目の試みである。交渉は、パレスチナ難民とその子孫の何百万人の運命の安全保障体制について合意エルサレムを介して実行して1を含む国境を描くと決めることです。

米国では、すべての面での期待が低いにもかかわらずイスラエルとパレスチナは、9ヶ月以内に取引を達することを期待している。

アッバスと付け加え、すべての主要な問題は水曜日のラウンドで対処されたと述べた "我々は初めにまだあるので、我々は進歩を達成したり、達成していないと言うことはできません。"

↑   ↑   ↑
引用終わり


翻訳がおかしいところは、ご容赦願いたい。

国際連合の常任理事国のアメリカは、常にイスラエル側の立場である。

そして、現在の中東問題の一番の火種でもある。

よって、イスラエルに対しての発言は、非常に慎重に行われなければ危険である。

個人的な感情は置いておいて、これが今の世界の情勢である。

潘基文国連事務総長(韓国)の発言は、イスラエルの反発を招き、中東情勢を悪化させてしまった。

ネットでは、この失言を隠すために日本たたきにでたという話があるくらい、軽率な発言であった。

己の組織の実情を理解していない潘基文国連事務総長(韓国)は辞任するしかないような気がしてならない。

なお、私は、イスラエル問題に関して、現状で良いとは思っていない。

しかし、イスラエルの建国の歴史から、現在までの争いを考えれば、軽率な発言はできないし、それこそ地道な努力が必要であろう。

イスラエル問題の解決は、ノーベル平和賞確実の偉業だと私は思う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

「数日以内シリアにミサイル攻撃」米報道

「数日以内シリアにミサイル攻撃」米報道 NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130828/t10014090681000.html

↓   ↓   ↓

アメリカ政府は、内戦が続くシリアで化学兵器が使われたとして、軍事行動を含む選択肢を検討していることを改めて強調し、アメリカの一部のメディアは、早ければ数日以内に、シリア政府側に対してミサイル攻撃が行われる可能性があると伝えています。

アメリカのNBCテレビは、27日、複数のアメリカ政府高官が「早ければ29日に、シリアに対するミサイル攻撃が開始される可能性がある」と述べたと伝えました。

攻撃は3日間に限定したもので、軍事力をそぐよりも、アサド大統領に警告を発するためだとしています。

また、ABCテレビも、数日か数週間以内に軍事行動が取られる可能性があると伝えています。

27日、ホワイトハウスのカーニー報道官は記者会見で、今週中に、アメリカの情報機関による、シリアの化学兵器の問題に関する分析結果を公表する考えを明らかにしました。

そのうえで、カーニー報道官は、「オバマ大統領は、まだ決定を下していない」と述べる一方、軍事行動を含む選択肢について、検討を続けていることを改めて強調しました。

また、カーニー報道官は、「シリアに地上部隊を派遣することは考えていない。われわれが検討している選択肢は、アサド政権の交代を目的とするものではなく、化学兵器の使用を禁じる国際的な取り決めの明確な違反に対する対応だ」と述べ、軍事行動を取る場合でも、限定的なものになるという見通しを示しました。

アメリカのメディアは、アメリカ海軍がシリア沖の地中海に展開するミサイル駆逐艦を3隻から4隻に増強していて、巡航ミサイルによる軍事施設への攻撃が選択肢の1つとして検討されていると伝えています。

一方、シリアのムアレム外相は27日、首都ダマスカスで開いた記者会見で、「政権側が化学兵器を使用した根拠が全く示されていないのに欧米がシリアを攻撃するのは許されないことだ。攻撃があった場合はあらゆる手段を尽くして国を守る」と述べてけん制し、軍事行動に踏み切った場合、徹底して対抗する考えを示しました。


反政府勢力 英仏は“数日内軍事行動”

シリアの反政府勢力の統一組織、「シリア国民連合」の幹部は27日、NHKの取材に対し、アハマド・ジャルバ代表が26日にイギリスとフランスの当局者とトルコのイスタンブールで会合を開き、軍事行動について協議したことを明らかにしました。

この中でジャルバ代表は、改めて欧米諸国に対して軍事行動に踏み切るよう要請し、イギリスとフランスは、早ければ数日以内にアサド政権側に対して軍事行動を行う可能性を示したということです。


英首相「目的を限定すべき」

キャメロン首相は、27日、ロンドンの首相官邸でインタビューに答え、シリアで化学兵器が使用されたとされる問題について、まだ何も決定したことはないと前置きしたあと、「われわれがシリアで目撃している悲惨な死や苦しみは、シリアのアサド政権が化学兵器を使ったために起きたもので、そのまま放置していてはならない」と述べて批判しました。

また、キャメロン首相は、アサド政権が大量の化学兵器を備蓄している一方、反政府勢力側は化学兵器を持っておらず、使った可能性はほとんどないと指摘しました。

そのうえで、キャメロン首相は、「われわれやほかの国がどんな行動に出る場合でも、それは合法で適切なものでなくてはならない。これ以上、化学兵器を使うことを思いとどまらせ、使えないようにすることに狙いを絞る必要がある」と述べ、仮に軍事行動に踏み切る場合、目的を限定すべきだという考えを示しました。

イギリス政府は、28日に軍や情報部門のトップも出席する国家安全保障会議を開き、29日には議会を招集してシリアへの対応策を話し合うことにしています。

↑   ↑   ↑
引用終わり


まず、潘基文国連事務総長(韓国)が無能なのにも原因はあるとは思うが・・・

今回のシリアの化学兵器使用に関して国連調査団は派遣されている。

しかし、英米仏は、その結果を待たずに軍事攻撃計画を策定している。

記憶では、オバマ大統領は武力行使をしないと公約していた気がするのだが・・・?

シリア攻撃の根拠は、「化学兵器使用を不可能にする」とかだろうが・・・合法なの???

結局のところ、米軍によるミサイルの在庫一斉セールの気がしてならない。

ミサイルを消費しないと、軍需産業の仕事がないからね。

中東が安定しないと、原油価格も安定しないが、米英仏の軍事介入で、一時的に原油は高騰する気がする。

その後、原油価格が落ち着くかは、シリア内戦の終結にかかっていると思う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

エジプト さらなる衝突の懸念も

エジプト さらなる衝突の懸念も NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130818/k10013849321000.html

↓   ↓   ↓

エジプトで、軍による事実上のクーデターに抗議するデモ隊と治安部隊との衝突が各地で続き、これまでに800人以上が死亡するなか、国連は事態の鎮静化を呼びかけましたが、デモ隊側は18日も抗議行動を呼びかけており、治安部隊とのさらなる衝突も懸念されます。

エジプトでは、事実上のクーデターで大統領職を解任されたモルシ氏を支持するイスラム組織ムスリム同胞団を中心とするデモ隊と治安部隊との衝突が各地で続いています。

17日、首都カイロでは、数百人のデモ隊がモスクに立てこもっていたところ、治安部隊が突入し強制排除するなど、この4日間の死者は800人以上に上っています。

こうしたなか、国連のパン・ギムン事務総長は、17日、緊急の声明を発表し「これ以上の犠牲を防ぐことが最優先の課題だ。権力の座にある人も路上で抗議する人も最大限、自制し、事態を鎮静化させなければならない」と述べ、双方に暴力の即時停止を求めました。

しかし、軍を後ろ盾とする暫定政府は、ムスリム同胞団はイスラム過激派だとして非難を強め、組織の非合法化を検討するなど強硬な取り締まりを続ける構えです。

これに対し、ムスリム同胞団は声明を出し、「民主化を求める平和的な抗議デモが攻撃にさらされている。軍は政治に介入し、エジプトを30年、40年前に逆戻りさせようとしている」として、18日もカイロなどでデモ行進を呼びかけており、治安部隊とのさらなる衝突も懸念されます。

↑   ↑   ↑
引用終わり


私の認識では、モルシ大統領が、支持母体のイスラム組織ムスリム同胞団を優遇する政策をとった。

それに抗議する市民団体がデモをし、軍がそれを支援し、モルシ氏を大統領から引きづりおろし暫定政府を設立した。

その暫定政府に抗議するムスリム同胞団を中心とするデモ隊と治安部隊が衝突し、現在の死者が800人。


民主主義という観点から見れば、選挙で選ばれたモルシ氏に理はあるような気はする。

しかし、民主主義の基本は、政教分離だと考えるが、モルシ氏がそれを理解していたようには思えない。

また、軍にしてみれば、宗教上の理由で礼拝されたら、作戦行動が成り立たないのも分かる。


こうなると国連が仲裁に入るしかないと思うのだが、事務総長の潘基文(パン・ギムン)(韓国)は、緊急の声明を発表するだけで国連軍の派遣をする気配がない。

800人も死者が出ており、和解の兆しも見えない現状では、国連の介入しかないと思うのだが・・・

さすが、世界的に無能と評価されている、歴代最低の国連事務総長、潘基文(パン・ギムン)である。





ラベル:エジプト
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

シリアで武器庫で爆発!40人死亡!爆発映像がやばい!!

? 1 8 2013?? - YouTube
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4GQRf1auUMc




「シリア中部・ホムスの武器庫で爆発、40人死亡」 News i - TBSの動画ニュースサイト
より引用
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5398988.html

↓   ↓   ↓

 内戦が続くシリアでは「軍の日」に定められている1日、中部ホムスで爆発があり、40人が死亡しました。

 爆音とともに上空に打ち上がる巨大な火の玉。アサド政権側が先月、大部分を制圧したシリア中部・ホムスの武器庫で1日、相次いで爆発が起きました。イギリスに拠点を置くシリアの人権団体によりますと、少なくとも40人が死亡、120人が負傷しました。

 シリアでは、この日は「軍の日」と定められていて、アサド大統領はおよそ1年ぶりに首都ダマスカス近郊にある軍部隊を視察して兵士を激励し、内戦での勝利に自信を示しました。(02日09:53)

↑   ↑   ↑
引用終わり

・・・これかなり遠い映像だよね。なのにこの火の玉がデカすぎる・・・

・・・。きのこ雲が映っているし・・・

アサド大統領は軍部隊を視察して兵士を激励し、内戦での勝利に自信を示しましたということだが・・・

そんな余裕をかましていていいものか疑問である。





posted by 日本に住んでる日本人 at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。