2013年09月12日

慰安婦問題解を 韓国団体が国連人権理でイベント開催へ

Chosun Online | 朝鮮日報 慰安婦問題解を 韓国団体が国連人権理でイベント開催へ
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/09/2013090901200.html

↓   ↓   ↓

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題の解決を目指す市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」は11日、スイス・ジュネーブで国連人権理事会のサイドイベントを開き、同問題の早期解決を訴える計画を明らかにした。イベントは挺対協と国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」の共催。

 イベントには韓国人元慰安婦の金福童(キム・ボクドン)さんをはじめ、台湾、日本、カナダなどから関係者が参加し、慰安婦問題解決に向けた各国の活動や日本政府の歴史歪曲(わいきょく)、責任回避などについて報告する。国連の特別報告官も出席し、日本政府の賠償義務について発表する予定だ。

 14〜24日にはフランス・パリで慰安婦問題解決を訴える集会、署名運動などの活動を続ける。

↑   ↑   ↑
引用終わり


もう何回も記事に書いているが、従軍慰安婦問題は捏造である。

慰安婦はいたが、朝鮮人が営む慰安所で売春をしていた女性である。

慰安婦の集め方には、慰安所を経営する朝鮮人による強制的なものがあったかもしれないが、日本軍はそれを注意してきた。

そして、保証や賠償は、日韓基本条約の締結により全て解決済みとなっている。

日韓基本条約によって、日本は韓国に無償3億ドル、有償2億ドル、民間借款3億ドルの供与及び融資を行った。

韓国にあった日本人の個人資産や固有資産も放棄した。

韓国政府は個人への補償は韓国政府が行うということで、韓国政府への一括支払いとなった。

韓国側は、今になって、慰安婦賠償は別と言い出しているが、日本側は認めていない。

もう、これは国際司法裁判所に仲裁を頼むしかないと思っている。

韓国側は拒否するだろうが、世界中に韓国の非常識を伝えることができる。

また、韓国軍慰安婦、ライダイハン、コビノはなぜ問題にならないのか疑問である。

日本は、守勢に回るだけでなく、人権問題として、これらを提起してもいいのではと思う。




posted by 日本に住んでる日本人 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

「慰安婦碑」設置プロジェクトが米国で頓挫、在米韓国人団体の思惑外れ

「慰安婦碑」設置プロジェクトが米国で頓挫、在米韓国人団体の思惑外れ(韓フルタイム) - 海外 - livedoor ニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/8029130/

↓   ↓   ↓

在米韓国系団体が全米各地での設置を目指している「慰安婦の碑」設置計画が、最近、相次いで頓挫しているという。

7月に慰安婦の像を設置したカリフォルニア州グレンデール市などは慰安婦問題に積極的だが、このような地域はあくまで一部で、ほかの地域では思ったように計画が進んでいない。団体は碑設置により米国内の厳しい対日勢力を高める狙いがあったが、その思惑は外れている。

韓国メディアNEWSisは2日付の記事、「米慰安婦碑プロジェクト相次ぐ悪材に揺れる」で、米国で展開されている慰安婦碑設置計画の現状について伝えた。

記事によると、最近、カリフォルニア州のブエナ・ビスタ市議会が慰安婦碑の建立案を撤回したほか、ニューヨーク市が慰安婦建立案と慰安婦追悼ロードの命名プロジェクトを中断、ニュージャージー州フォートリーでは自治体と推進団体の間で対立が起きるなど相次いで問題が発生した。

記事は、思わぬ事態に直面している原因について、「日本の積極的なロビー活動」があると指摘している。ニュージャージー州のパリセイズパークには、2010年に米国で初となる慰安婦の碑が建立されたのを皮切りに、これまで計5個の碑が乱立しているが、これを問題視した日本領事館と自民党議員は12年5月、同地を訪れ、自治体側に碑の撤去を求めた。

ブエナ・ビスタ市議会では当初、慰安婦の碑建立に肯定的な雰囲気があったが、日本領事館が市議会議員に手紙を送ると反対派が増え、結局、計画は立ち消えとなったという。

また、韓国系団体が内部で対立したり、準備が整わないまま計画を見切り発車していることも、計画が行き詰まる原因となっている。

記事は、米国内での慰安婦碑建立計画について「歴史に対する反省と賠償の努力をないがしろにしている日本に、国際的な影響力を与えることができる点で、もっとも効果的な歴史キャンペーンだと評価されている」と、その意義について説明する。問題に直面している慰安婦碑設置計画だが、碑設置の意義を感じる意見がある限り、再び設置計画が動き出すのも時間の問題のようだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


日本のロビー活動が認められた意味は大きいと思う。

ただ、韓国人はしつこいので、今後とも注意が必要だとは思う。

この流れには、韓国人の話の胡散臭さを米国が嫌ってきたという面もあると思う。

従軍慰安婦問題に関しては、存在しなかったという証拠は多数見つかっているが、存在したという証拠は全くない。

あるのは、ころころ変わり、年代もあやふやな慰安婦の証言しかない。

また、何で米国に銅像を置かなくてはならないかは、米国を反日にしたいというだけでしかない。

誰かが、慰安婦像は市民の憩いの場に相応しくないと言っていたが、その通りだと思う。


どうも反日勢力が多い地方議会で、慰安婦意見書に賛同しているところがけっこうあるらしい。

日本政府の慰安婦の処理を批判する日本の地方議会の決議がグレンデールの慰安婦像設置に賛成する理由になっているらしいのだ。

国内地方自治体議会意見書
http://www.ianfu-kansai-net.org/ikensho.html

■京都府城陽市議会    2013年6月27日
■島根県議会       2013年6月26日
■京都府議会       2013年3月26日
■奈良県 広陵町議会   2012年9月26日
■京都府 宇治市議会   2012年6月27日
■埼玉県 宮代町議会   2011年9月28日
■大阪府 大阪市会    2010年10月13日
■京都府 木津川市議会 2010年10月1日
■北海道 函館市議会   2010年9月30日
■京都府 八幡市議会   2010年9月29日
■鳥取県東伯郡北栄町議会 2010年9月24日
■北海道 士別市議会   2010年9月16日
■大阪府 高槻市議会   2010年6月28日
■岩手県 一関市議会   2010年6月25日
■沖縄県 多良間村議会  2010年6月24日
■沖縄県 豊見城市議会  2010年6月22日
■沖縄県 読谷村議会   2010年6月22日
■沖縄県 南城市議会   2010年6月21日
■東京都 西東京市議会  2010年6月21日
■北海道 小樽市議会   2010年6月21日
■大阪府 堺市議会    2010年3月29日
■大阪府 吹田市議会   2010年3月26日
■沖縄県 今帰仁村議会  2010年3月25日
■京都府 向日市議会   2010年3月24日
■千葉県 我孫子市議会  2010年3月23日
■岡山県 岡山市議会   2010年3月19日
■埼玉県 ふじみ野市議会 2010年3月16日
■福岡県 田川市議会   2009年12月22日
■東京都 国立市議会   2009年12月18日
■千葉県 船橋市議会   2009年12月14日
■京都府 長岡京市議会  2009年12月14日
■東京都 国分寺市議会  2009年10月1日
■大阪府 泉南市議会   2009年9月25日
■奈良県 生駒市議会   2009年9月11日
■京都府 京田辺市議会  2009年6月29日
■東京都 小金井市議会  2009年6月24日
■東京都 三鷹市議会   2009年6月23日
■大阪府 箕面市議会   2009年6月22日
■福岡県 福岡市議会   2009年3月25日
■北海道 札幌市議会   2008年11月7日
■東京都 清瀬市議会   2008年6月25日
■兵庫県 宝塚市議会   2008年3月28日


共産党主導の議会が多いと聞くが、歴史的な事実を勉強して、正しい判断をしてほしいものだ。

これらの地方議会は、税金をもらって、反日活動をしているようなものだ。

従軍慰安婦問題は捏造である。

慰安婦はいたが、朝鮮人が経営する慰安所の売春婦である。

仮に慰安婦が、賠償を求めるならば、日韓基本条約に基づき、韓国政府に求めなくてはならない。

日本は、戦争をしていない韓国相手に、当時の国家予算の2倍以上の賠償をし、他にも韓国にある資産を引き揚げもしなかった。

個人補償を断ったのは、韓国であり、韓国政府が責任をもって個人賠償をすることになった。(その個人保証分の賠償金も韓国政府が受け取った。)

韓国への賠償金には、北朝鮮の分も含んでおり、朝鮮統一となっても、日本は北朝鮮に賠償をする必要はない。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

戦時中の朝日新聞 慰安婦強制連行したのは朝鮮人業者と報道

NEWSポストセブン|戦時中の朝日新聞 慰安婦強制連行したのは朝鮮人業者と報道
より引用
http://www.news-postseven.com/archives/20130901_208638.html

↓   ↓   ↓

asahi.jpg

http://www.news-postseven.com/picture/2013/08/asahi.jpg

 「慰安婦強制連行」説を主導してきた朝日新聞だが、近現代史家・ジャーナリストの水間政憲氏は、戦時中の朝日新聞朝鮮版が「慰安婦」についてどのように報道していたかを精査した。新刊『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』(小学館)の中で、水間氏は以下のように解説している。

 * * *

 朝鮮半島で一般女性を拉致監禁して遊廓などに売り飛ばしていたのは悪徳朝鮮人業者だった。では朝日新聞・朝鮮版では当時のこのような状況をどう伝えていたのだろうか。
 
 〈婦女誘拐の一味 遂に送局さる 元釜山府臨時雇らの首魁

 官印偽造、公文書を偽造行使し多数の婦女子を誘拐した元釜山府庁臨時雇釜山府大倉町四丁目五十九番地金東潤(二十七年)ほか七十七名に係る公印偽造、公文書偽造行使詐欺誘拐事件は釜山署で取調中のところ今回取調終了、二十日一件記録とともに身柄を送局したが拘束者は金東潤ほか九名、起訴意見十一名、起訴猶予五名、起訴中止六名、不起訴五十五名である。

 被害婦人は二十八名に上り、このほか南洋方面に誘拐されたものも多数ある〉(『大阪朝日・南鮮版』1939年11月21日付)
 
 他にも悪徳朝鮮人業者が摘発された記事がある。

 〈田舎娘など十四名も誘拐 一味送局さる

 京城府蓬莱町四丁目無職裴長彦(五十七年)ほか十一名は共謀して田舎の生活苦に喘ぐ家庭の娘、あるひは出戻り女など十四名を誘拐して酌婦あるひは娼妓などに売飛ばして約一万余円をせしめてゐた事件は西大門署で取調べてゐたが、二十五日一件書類とともに送局した〉(『大阪朝日・西鮮版』1940年6月28日付。写真)

 朝日新聞も「強制連行」の真犯人が朝鮮人だと報じていたのだ。「慰安婦」は当時合法であったにもかかわらず社会問題となったのは、一部で悪徳朝鮮人業者が婦女子を拉致、誘拐していたことによる。そこで、これらの悪質な朝鮮人業者に対し、陸軍省は1938年3月4日に『軍慰安所従業婦等募集ニ関スル件』と題する命令書を発令している。

 「(婦女子を)不統制に募集し社会問題を惹起する虞あるもの(略)募集の方法誘拐に類し警察当局に検挙取調を受くるものある等注意を要す(略)周到適切にし其実施に当たりては(略)警察当局との連携を密にし(略)社会問題上遺漏なき様配慮」せよというものである。

 悪徳業者に十分注意し、問題の起こらないように配慮を怠るなという厳命である。

 だが、朝日新聞は1992年1月11日の朝刊トップで、この『軍慰安所従業婦等募集ニ関スル件』を「(慰安婦)募集含め統制」と書き、軍が慰安婦募集に直接関与していた証拠として取り上げたのである。悪徳業者を取り締まるための軍の「良識的な関与」を、あたかも軍が「強制」に関与したかのように報じるのは意図的な事実の歪曲だろう。

 ※『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』(小学館)より

↑   ↑   ↑
引用終わり


当時の朝日新聞が嘘を記載する理由がないので、実際にあったことだと思う。

朝日新聞は、過去に慰安婦の捏造記事をでっち上げ、吉田清治の大嘘本とともに、今の誤った従軍慰安婦問題をでっちあげた。

従軍慰安婦問題の記事を書いた植村隆記者は、韓国人と結婚しており、義理の母の名前は、梁順任という。

梁順任は、韓国で「太平洋戦争犠牲者遺族会」「民間請求権訴訟団」など対日要求や反日集会・デモを展開してきた団体の会長である。

そして、2011年、梁順任は詐欺事件で摘発されている。

「日本統治時代の戦時動員被害者に対し、日本政府などから補償金を受け取ってやるといって弁護士費用などの名目で会費15億ウォン(約1億2千万円)をだまし取っていた団体幹部など39人を、詐欺の疑いで摘発したと発表した。 被害者は3万人に上る。」

酷い話である。

今回は、従軍慰安婦問題のそもそものきっかけを述べたが、従軍慰安婦問題など存在しないことは明らかだと思う。

慰安婦はいたが、朝鮮人業者が集めており、日本軍が業者を管理していた。

日本軍の管理の目を盗んで、酷い方法で慰安婦を集めた朝鮮人業者もいたのだろうが、日本軍は注意勧告はしていた。

そして、慰安婦には、十分な給金が支払われており、貯金もできた。

現在の国際法では、軍に慰安婦をつけることは違法であり、許されないことであろう。

しかし、当時は、合法な措置であったことは間違いない。

なお、女性の権利を守りたいという方は、当時の合法な問題より、今現在の問題に取り組んでほしいと思う。

または、完全に違法であった、韓国軍慰安婦とか、ベトナムでの韓国軍のライダイハン、現在フィリピンで問題の韓国人によるコピノなどとかね。

ただ、韓国は、売春婦が、売春の権利を主張してデモ行進する国であり、男尊女卑が酷く、家庭内暴力は日常的である。

韓国の女性の権利問題は、すごく大変でやりがいのあることだと思うけどね。

慰安婦問題、驚くべき韓国の実情 Comfort women issue - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=GjrKat-AW3w



posted by 日本に住んでる日本人 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

慰安婦問題に日本女性が決起 韓国の歴史捏造を暴く!

【暗躍列島を追う】慰安婦問題に日本女性が決起 韓国の歴史捏造を暴く! - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130819/frn1308190724000-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130819/frn1308190724000-n2.htm

↓   ↓   ↓

 韓国は8月15日を日本から独立を勝ち取った「光復節」として祝日としているが、嘘である。日本の終戦から米占領軍が上陸する9月11日まで25日間、現地の治安を担ったのは日本の軍と警察機構であり、米占領軍統治から真の独立を果たすのは3年後の9月11日だ。正確には、韓国は日本からでなく、米国から独立したのである。

 また、8月14日は「日本軍『慰安婦』メモリアルデー」とかで、東京・新宿の柏木公園周辺では、韓国人と日本人の支持団体による、集会・デモ行進が行われた。1991年に、初めて元慰安婦と名乗り出た女性が記者会見を開いたのが、この日だそうで、ゆくゆくは国連の記念日にするのが狙いだそうだ。

 とはいえ、この女性が15歳で40円で妓生(キーセン)に売られ、その後、義父(=妓生店主)に中国の慰安所業者に売られたのは周知の事実なのだが…。

 デモ隊は100人ほどで、慰安婦の名前を記した白い提灯を押し立てているが、先導車からは「憲法改正反対!」「安倍政権は戦争のできる国にしようとしている!」という金切り声が流れてくる。それを韓国系メディアが撮影している。

 このデモ行進に対し、若い女性らが沿道から「歴史捏造で日本を貶めるな!」「おじいちゃんの名誉を汚すな!」と批判の声を上げていた。正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」と、日本女性の会「そよ風」の人々だった。

 なでしこのリーダー、山本優美子氏は「みんな普通の主婦で、最初はネットで『何か変だよね』と意見交換していたのが始まり。そのうち、『日本もきちんと反論しなければ』『子供たちの代まで(韓国による)嘘の宣伝で罪を背負わされるのが許せない』とHPを立ち上げたところ、予想以上に多くの仲間が集まってくれました」と語る。

 なでしこアクションは昨年、米下院の「慰安婦決議」撤回の請願署名の呼びかけを行った。すぐに3万人以上の署名が集まったという。

 山本氏は「米国では1カ月以内に2万5000筆以上の署名を集めた請願は自動的に審議されます。いずれ決議の見直しが行われるでしょう。男性が慰安婦問題を口にすると、向こうは『女性の人権問題だ』と論点をすり替えてきます。これは国の名誉だけでなく、私たちの子孫の名誉の問題でもあります。女性として黙っていられません」と言い切る。

 現在、在米韓国系団体の後押しで、全米20カ所以上で慰安婦の像や碑の設置計画が進んでいる。山本氏は在米日本人女性たちとも連携し、設置計画を少しでも阻止しようと努力している。

 慰安婦問題について、普通の女性たちが異議申し立ての声を上げ始めたのは大きな変化だ。ここまで問題をこじらせたメディアと、放置した政治家の責任は極めて重い。 =おわり

 ■大高未貴(おおたか・みき) 1969年、東京都生まれ。フェリス女学院大学卒業。ダライ・ラマ14世や、PLOのアラファト議長などにインタビューし、95年にジャーナリストとしてデビュー。世界100カ国以上を訪問し、潜入ルポなどを発表。著書に「神々の戦争」(小学館)、「冒険女王 女一人シルクロード一万キロ」(幻冬舎)「日本被害史」(共著、オークラNEXT新書)など。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「なでしこアクションは昨年、米下院の「慰安婦決議」撤回の請願署名の呼びかけを行った。すぐに3万人以上の署名が集まったという。」

一応、私もホームページ上から署名させていただきました。

「男性が慰安婦問題を口にすると、向こうは『女性の人権問題だ』と論点をすり替えてきます。」

これがあるから、なかなか議論もできないのだが、女性が頑張ってくれるのは頼もしく、応援したいと思います。

日本の政治家の怠慢はあるとしか言えないが、まだこれから活動して巻き返してほしい。

特に女性政治家に期待をします。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慰安婦像問題、反論なしでは理解されない

【緯度経度】慰安婦像問題、反論なしでは理解されない ワシントン・古森義久 - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130803/frn1308031107002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130803/frn1308031107002-n2.htm

↓   ↓   ↓

 米国グレンデール市での慰安婦像の設置は日本の将来に禍根を残す出来事である。だがその過程では、米国を舞台とする慰安婦問題論議で地元の日本人社会の反対が初めて全米に知られることとなった。草の根で初めて表明された強い反対は、近くの市での同種の動きにすでに影響を及ぼし始めたようだ。

 グレンデールでは7月9日の市議会の公聴会で、証人27人のうち20人までが像の設置に明確な反対を述べた。大多数は同市内外に住む日本人男女だった。傍聴まで含むと同公聴会への参加は総数100人ほどだったが、うち7割が日本側で、反対の意を議事の合間にも明示したという。

 韓国や中国の意を体する勢力が超大国を利用して日本を攻めるという構図の米国での慰安婦問題は、河野談話の出た翌年の1994年ごろから始まった。米国の司法、行政、立法からメディア、学界までに働きかけた韓中ロビーは2007年、下院での日本非難決議を採択させた。最近は州や市のレベルでの決議や像設置を狙っている。

 20年もの対日糾弾工作に対し、米国の公式の場で日本側が反論や反撃したことはまず皆無だった。グレンデール市での証言がその記録を破ったことになる。

 この公聴会のすべてを傍聴した現地在住の今森貞夫氏が報告する。

 「日本人証人たちは韓国側の慰安婦を性的奴隷と決め、日本の謝罪も賠償もすんでいないとする主張に対し、商業的な売春であり、国家間の清算がすんでいることを中心に反論しました。外国政府間の案件に米国の地方都市が関与することの不当性も強調しました」

 在米26年、経営コンサルタントの今森氏によると、証言した日本人はみな地元の米国社会のメンバーであり、大多数が永住権を持つ。ただし米国生まれの日系米人はいない。日本の政府はもちろん大企業の駐在員も留学生もおらず、文字どおり米国社会に根を下ろした日本人たちなのだという。

 公聴会後の市議の表決では慰安婦像設置が決まったが、日本人の証言は米メディアで幅広く報じられた。

 「反対派の証人は、慰安婦たちが志願した売春婦であり、性的奴隷ではなかったと述べた」(NBCテレビ)

 「証人の一人は日本軍が女性を強制連行したことはなく、米国の市が日韓問題にかかわるべきでないと主張した」(ロサンゼルス・タイムズ)

 「日本人の女性証人からは碑の設置は戦時の憎しみをあおりたて、子供たちに悪影響を残すだけだとの意見が出た」(NPRラジオ)


 とくに地元の日系社会で読まれている「羅府新報」英語版は日本側の証人たちの名前をあげて、主張を詳しく紹介した。だが各メディアがみな報じたのは証人たちのリーダー格の目良浩一氏(元ハーバード大学助教授)の発言だった。「韓国側の慰安婦についての主張は捏(ねつ)造(ぞう)だ」とする同氏の証言はニュースの一部として幅広く報道された。

 グレンデールでの動きは近くのブエナパーク市で2週間後に開かれた同種の公聴会にも余波を広げた。同市でも韓国系勢力が慰安婦碑の設置を目指しているが、こちらの公聴会ではグレンデールでの激しい反対意見が提起され、審議にあたる市会議員5人のうち3人が設置反対に傾いてしまったというのだ。

 やはり米国での発言は欠かせない。黙っていれば、後退があるだけなのだ。(ワシントン駐在客員特派員)

↑   ↑   ↑
引用終わり


米国在住の日本人も実名を出して頑張っている。

私たちも、祖先の名誉と日本を貶める捏造を許さず、頑張らなくてはいけないね。

安倍政権の韓国に対抗する米国でのロビー活動にも期待したい。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

韓国 朴大統領と元慰安婦女性の嘘には、もううんざりだ。

donga.com[Japanese donga] オピニオン 女性大統領と元慰安婦女性
より引用
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013081721098

↓   ↓   ↓

8・15光復節の記念式に出席した朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は白いジャケット姿だった。前日、ソウルの駐韓日本大使館の前で開かれた「日本軍慰安婦問題解決に向けた水曜集会」に参加した元慰安婦女性キム・ボクトンさんも白いカラムシの服を着ていた。

同じ色の服を着た2人は以心伝心で通じたのだろうか。キムさんは集会で、慰安婦に対する謝罪と賠償を拒否する日本を非難し、「朴正熙(パク・チョンヒ)大統領は解決できなかったが、娘の朴大統領は同じ女性として慰安婦問題を解決してほしい」と訴えた。朴大統領は光復節の式辞で日本政府に対して、「歴史による苦痛と傷を今でも抱いて暮らしている方々に対して、痛みを癒す責任と誠意ある措置を期待する」と述べた。光復節記念式と水曜集会を現場で見た筆者に、朴大統領の日本に対する発言は、キムさんの呼び掛けに対する肯定的な回答に聞こえた。

キムさんは、日本の慰安婦蛮行を告発して糾弾する国内外の行事に必ず参加する。先月30日、米カリフォルニア州グレンデール市で開かれた「平和の少女像」除幕式にも参加した。キムさんは2000人以上の水曜集会参加者の前で、「日本が降参しなければ東京に少女像を建てる」と述べた。

朴大統領は、光復節を韓国と日本が真の協力パートナーに発展するための原則を提示する機会に活用した。一言一言力を込めて式辞を読み上げた。日本に対する内容では、戦争責任の否定と歴史の妄言を見過ごすことはできないという毅然さがにじみ出た。北朝鮮に明確な原則を提示して交渉合意を引き出した開城工団問題と比べることができる。

北朝鮮は、韓国に通用しない「最高尊厳」を持ち出して開城工団の稼動を停止した。韓国労働者の立ち入りを阻止し、北朝鮮労働者を撤収させたことは、いくら弁解をしても消すことのできない失策だ。北朝鮮は惰性に慣れ、脅迫と対話カードを交替に出して韓国を揺さぶろうとしたが、朴槿恵政府は動じなかった。朴大統領の光復節式辞の言葉どおり、「南北関係の誤った慣行を正すために『稼動停止再発防止と国際化を要求して貫徹した。北朝鮮のやり方を見抜いた韓国国民も政府の決然たる態度を支持した。

日本の行為も北朝鮮と大差ない。日本の戦争責任の否定は、文明社会では容認されない妄言だ。平和憲法改正の試みと集団的自衛権行使の発想の背後に隠れた「再び戦争ができる国になる」という思惑を見抜けない文明国家の市民はいない。ドイツのホルスト・ケーラー前大統領は、2010年、「貿易依存度が高いドイツの利益を保護するには、緊急時の自由貿易ルートを守るための軍事介入が必要だ」という発言が「砲艦外交」論議に拡散し、責任を負って辞任した。日本が戦争責任を否定して平和憲法から脱しようとすればするほど、国家的レベルの相違だけが露になる。

反人道行為を容認する時代は過ぎた。古屋圭司拉致問題相の靖国神社参拝で、日本の人道のダブルスタンダードが明らかになった。拉致問題相は北朝鮮に拉致された日本人被害者問題を担当する閣僚だ。日本は、北朝鮮の拉致行為を人道の次元で容認できないとして解決を求めている。北朝鮮の反倫理行為には執拗に食い下がり、韓国に対する反倫理犯罪には背を向ける日本に世界の中で居場所はない。

朴大統領は、北朝鮮に対したように日本にも粘り強く決然としなければならない。水曜集会が始まった14日正午、ソウルの気温は32℃まで上がった。今年88才のキムさんが来年の光復節の前日に溶鉱炉のようなアスファルトの上で再び大統領に訴える場面は見たくない。

↑   ↑   ↑
引用終わり


はっきりいって、もううんざりである。

日本も韓国に対抗して、ロビー活動(日本は正攻法で賄賂なし)を行うというので、期待したい。


なんか、日本の人道のダブルスタンダードなど批判しているが、単に北朝鮮の拉致行為が違法であり7、慰安婦問題は当時合法だっただけのことである。

的外れな馬鹿な批判としか言いようがない。


日本の政府見解は、慰安婦の強制連行の証拠はないであるが、民間レベルでは、強制連行がなかったことは、資料から明らかになっている。

それなのに韓国は、慰安婦の証言と言う(実は発言の度に内容が変わっていた)証拠にならないものを根拠にロビー活動をしており、エスカレートするばかりである。


「反人道行為を容認する時代は過ぎた。」というなら、韓国人慰安婦とライダイハンとコピノの話をしてほしいものだ。


最近、韓国への輸出をストップした方がいいと思うようになった。

以前、中国が日本に対してレアアースの輸出を制限したことは、WTO違反である。

しかし、今、日本はWTOの例外の安全保障を韓国に適用できる立場にある。

それは、竹島に李前大統領(韓国軍総司令官)が上陸したことである。

韓国が批判を試用とも、WTOでは問題にされない状態である。

韓国は、輸出入大国であり、特に日本からの輸入が止まると経済活動が麻痺する。

日本なしでは、やっていけないのに、反日なのだから始末に負えない。


正直、私はもう韓国には関わりたくない。


韓国経済をクラッシュさせる方法を解説 【渡邉哲也、三橋貴明】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=KWY5h-CEjRw






ラベル:従軍慰安婦 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

元慰安婦の訴訟費用 韓国政府が支援の見通し

元慰安婦の訴訟費用 韓国政府が支援の見通し | 聯合ニュース
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2013/08/14/0800000000AJP20130814002500882.HTML

↓   ↓   ↓

 【広州聯合ニュース】旧日本軍の元従軍慰安婦12人が日本政府に1人当たり1億ウォン(約880万円)の損害賠償を求める民事調停をソウル中央地裁に申し立てた問題で、調停やその後の民事訴訟にかかる費用を韓国政府が援助する見通しだ。

 国会女性家族委員会所属のイ・ジャスミン議員によると、現行の「日帝下日本軍慰安婦被害者に対する生活安定支援および記念事業などに関する法律」は、名誉毀損(きそん)や損害賠償などについて国が元慰安婦に法律相談や訴訟代理などを支援でき、法律相談などにかかる費用も負担できると定めている。同法は昨年12月に改正法が成立し、今年6月から施行されている。

 だが、政府はまだこれに関する予算を確保していない。イ議員は「(支援に対する)法的根拠が整って以降、初の訴訟となるだけに、女性家族部に要請して政府支援の約束を取り付けた」と伝えた。また「今や生存している元慰安婦は57人にすぎず、平均年齢は87歳に達している。名誉回復と真相究明に向けた国レベルの努力が一層切実に求められる」と指摘した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「調停やその後の民事訴訟にかかる費用を韓国政府が援助する見通しだ。」

そんな費用が出せるなら、日韓基本条約にのっとって賠償してあげたら?

新日鉄や三菱重工の裁判結果も踏まえ、韓国は日韓基本条約を完全に無視している。

日本は、この事実も、世界に向けて発信すべきだと思う。

韓国のロビー活動(賄賂)に屈してはいけない。

韓国に対しては、日本政府は、毅然とした態度で、日韓基本条約で解決済みの態度で臨めばいいと思う。





ラベル:従軍慰安婦 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

慰安婦の漫画、フランスの漫画祭に出品し国際社会へ広く展開=韓国

慰安婦の漫画、フランスの漫画祭に出品し国際社会へ広く展開=韓国 2013/08/14(水) 10:32:59 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0814&f=national_0814_015.shtml

↓   ↓   ↓

 韓国の政府機関・女性家族部は13日、国際社会に日本軍慰安婦被害者の実状を知らせるための漫画を製作し、来年1月にフランスのアングレーム市で開かれる世界最大級の国際マンガフェスティバルに出品・展示する計画であることを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 女性家族部のチョ・ユンソン長官は13日、富川で開催される第16回富川国際漫画祭りのために訪韓していたフランスのアングレーム市のフィリップ・ラボ市長とアングレーム国際漫画フェスティバル組織委員会ディレクターのニコラ・フィネット氏らに、国際マンガフェスティバルへの出品に協力を求めた。

 女性家族部は、慰安婦問題は過去の問題ではないとし、国際社会と連携して解決を促すために、フランスのアングレーム国際漫画フェスティバル参加を企画。韓国漫画家協会に依頼し、慰安婦被害者の生涯を描いた100ページ程度の漫画と短編漫画50作品を製作する。

 さらに、英語やフランス語など外国語に翻訳したこれらの漫画を、日本の政治家たちの慰安婦関連の妄言などに備えた国際的対応の資料として活用し、学校に配布して教材にする方針だという。

 チョ長官は「日本軍慰安婦問題は、女性への性犯罪であり、人権侵害行為に慰安婦問題を国際社会にきちんと教えて、これらの犯罪行為が発生しないようにすべき。今後も継続的に国際社会の積極的な理解を求めて参加を要求する」と明らかにした。

 一方、アングレーム漫画祭アジア担当ディレクターのフィネット氏は「日本軍慰安婦問題は、女性の性暴力の問題として、日本政府がその責任を認めない限り、過去ではなく、現在の問題である。欧州など国際社会にこの問題を知らせることに最善を尽くす」と述べたという。

 韓国メディアは、日本の従軍慰安婦問題は被害者の証言や従軍医師、日本参戦兵士、慰安所運営管の日記などを通じて既に明らかになっている事実であり、米国議会や欧州議会、国連人権報告書などでも、日本政府に問題解決の努力を継続的に提案してきた。しかし、日本政府は歴史的真実をわい曲・否定し、さらにその行為を正当化する趣旨の一連の発言を続けており、世界的な非難を買っていると伝えた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


日本は、正攻法で、粛々と、日本軍従軍慰安婦問題は捏造であることを世界に発信していきましょう。

韓国は、現在も売春婦が世界で活躍している国ですし、ヨーロッパは基本的に嫌韓です。

サブカルチャーの漫画は、脅威ではありますが、慰安婦の漫画なんてフェステバルで評価されるとは、私には思えません。

漫画はおもしろいかどうかが全てです。

韓国人が資料を見て書く慰安婦漫画がおもしろいとは到底思えませんね。

ましてや、学校の教材なんかにしたら、青少年の育成に良くないと思います。

幸い韓国人によって、従軍慰安婦問題は捏造だという証拠も発見されています。

それを無視する韓国人こそ、歴史を直視していませんね。

証言と言っても、韓国の法廷では、偽証だらけで酷い状態だそうですね。

裁判所も証言は当てにしてないようですが、よくもまぁ、慰安婦の嘘証言を、発言の度に内容が変化するあてにならないものを証拠にできるもんだと呆れてしまします。

日本も韓国軍慰安婦やライダイハンやコピノなどの韓国の実態も世界に発信した方がいいかもしれませんね。

慰安婦問題の真実を伝えるだけでなく、韓国の実態で攻めに出てもいいと思います。

世界の良識と日本の海外発信活動に期待します。

最期に「慰安婦問題は過去の問題ではない」と言ってますが、どう考えても過去の問題です。

韓国は、現在進行形で慰安婦問題が発生しているとでも言いたいのでしょうか?

韓国の売春婦の問題は、現在でも問題視されてますけど、一緒にしないでください。

こんな発言をする方は、大馬鹿ですね。





ラベル:韓国 従軍慰安婦
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

慰安所:朝鮮人男性従業員の日記発見 従軍慰安婦は捏造だという証拠が韓国で発見される!

【従軍慰安婦】朝鮮人慰安所従業員の日記に記された「真実」とは[桜H25/8/7] - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=NysR6geeh1U




慰安所:朝鮮人男性従業員の日記発見 ビルマなどでつづる− 毎日jp(毎日新聞)
より引用
http://mainichi.jp/select/news/20130807k0000m040125000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20130807k0000m040125000c2.html

↓   ↓   ↓

 【ソウル澤田克己、大貫智子】第二次世界大戦中にビルマ(現ミャンマー)とシンガポールの慰安所で働き、その様子をつづった朝鮮人男性の日記が、韓国で見つかった。男性は、1942年に釜山港を出発した「第4次慰安団」に参加し、44年末に朝鮮へ戻った。慰安所従業員の日記の発見は、日韓で初めて。旧日本軍による従軍慰安婦問題では、数十年たってからの証言が多いが、現場にいた第三者による記録は、冷静な議論をする上で貴重な資料と言える。

 朝鮮近代経済史が専門で、慰安婦問題にも詳しい安秉直(アンビョンジク)ソウル大名誉教授が見つけた。約10年前にソウル近郊の博物館が古書店で日記などの資料を入手。これを安名誉教授が最近精査し分かった。堀和生京大教授と木村幹神戸大教授が、日本語訳の作成を進めている。

 日記は、朝鮮半島南東部・慶尚南道(キョンサンナムド)出身の男性が、ビルマとシンガポールの慰安所で働いた43、44年に記した。漢字やカタカナ、ハングルで書かれている。

 男性は05年生まれで79年に死去。22年から57年までの日記が残る。ただ、朝鮮で慰安婦募集に携わった可能性のある42年を含む8年分は、見つからなかった。

 男性は、43年7月10日に「昨年の今日、釜山埠頭(ふとう)で乗船し、南方行きの第一歩を踏み出した」と記述。44年4月6日には「一昨年に慰安隊が釜山から出発した時、第4次慰安団の団長として来た津村氏が(市場で)働いていた」と書いた。

 ビルマで捕らえた慰安所経営者を米軍人が尋問し45年11月に作成した調査報告書には、42年7月10日に慰安婦703人と業者約90人が釜山港を出港したとの記録がある。釜山出港の日付が一致し、日記の正確性を裏付ける。

 安名誉教授は「米軍の記録が第4次慰安団を指すのは確実だ。慰安団の存在は、組織的な戦時動員の一環として慰安婦が集められたことを示している」と指摘する。ただ、安名誉教授は、韓国で一般的な「軍や警察による強制連行があった」という意見に対しては、「朝鮮では募集を業者が行い、軍が強制連行する必要は基本的になかったはずだ」との見方を示した。

 また、日記には「航空隊所属の慰安所2カ所が兵站(へいたん)管理に委譲された」(43年7月19日)、「夫婦生活をするために(慰安所を)出た春代、弘子は、兵站の命令で再び慰安婦として金泉館に戻ることになったという」(同29日)などと、慰安所や慰安婦と軍の関係が記されている。

 一方、「鉄道部隊で映画(上映)があるといって、慰安婦たちが見物に行ってきた」(43年8月13日)、「慰安婦に頼まれた送金600円を本人の貯金から引き出して、中央郵便局から送った」(44年10月27日)など、日常生活の一端がうかがえる内容もあった。

 ◇従軍慰安婦問題

 第二次大戦中に日本が支配した植民地や占領地などから女性が慰安所に集められ、日本の将兵から性的被害を受けたとされる問題。1990年に韓国の女性団体が日韓両国に真相解明や謝罪、補償を求めたのをきっかけに社会問題化した。日本政府は93年8月、慰安所設置や慰安婦移送に旧日本軍が直接、間接に関与したことを認め、「軍の関与の下に女性の名誉と尊厳を傷つけた」と謝罪する「河野談話」を発表した。ただ、女性の連行段階での軍の関わりについては、第1次安倍内閣当時の07年、「政府が発見した資料には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」という答弁書が閣議決定された。

↑   ↑   ↑
引用終わり


重要な部分を抜き出してみよう。

慰安婦問題にも詳しい安秉直ソウル大名誉教授が見つけた

漢字やカタカナ、ハングルで書かれている。

朝鮮では募集を業者が行い、軍が強制連行する必要は基本的になかったはずだ

鉄道部隊で映画があるといって、慰安婦たちが見物に行ってきた

慰安婦に頼まれた送金600円を本人の貯金から引き出して、中央郵便局から送った



従軍慰安婦問題が捏造である証拠が、韓国側から見つかったということだ。

ちなみに当時の600円は、現在で言うと135万円くらいらしい。

映画を見て、600円の貯金ができる人を、普通はセックススレイブ(性奴隷)とは言わないよね。

ちなみに、当時の朝鮮人がちゃんと字を書けたことも証拠が出たので主張したいね。

でも、中央大学の吉見教授は、これを見ても「広義の強制連行」はあったと言うんだろうなぁ・・・

ただ、吉見教授は、以前に「狭義の強制連行」を言っていて、証拠がないと分かると「広義の強制連行」に乗り換えたという卑怯なイメージがある。

韓国では、「狭義の強制連行」が問題になっているから、吉見教授には、「狭義の強制連行」がなかったと火消をする責任があるように思えるのだが・・・?

それよりも、「狭義の強制連行」があった韓国軍慰安婦を問題にしろといいたいところだ。

韓国軍慰安婦 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6

また、吉見教授が慰安婦問題の著書巡る発言で維新議員を提訴した問題の今後にも注目したいと思う。

でも、この裁判は、純粋に慰安婦問題で争われているのではないようだ。

ただ学者が、言論で勝負せず、裁判に持ち込むという手段には違和感というより幻滅してしまう。

朝日新聞デジタル:吉見教授、維新議員を提訴 慰安婦問題の著書巡る発言で - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0726/TKY201307260069.html

上記について、私は吉見教授の本を読んでいないので(読んで吉見教授に印税を渡したいとも思わないが)コメントはできない。

従軍慰安婦問題は、私の知る限り、明らかな捏造であるが、吉見教授の本の内容までは分からないからだ。

もしかしたら、性懲りもなく「広義の強制連行」について書いているのかもしれないしね。

おっと最後にとても大事なことを!

この発見をした安秉直(アンビョンジク)ソウル大名誉教授ですが、真面目に命の危険があると思う。

できれば逃げてほしいと切に思う。

今回のことは史実の追求であるから、別に親日罪は適用されないとは思うが、暴徒が襲ってくる可能性も否定できない。





ラベル:従軍慰安婦 捏造
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

従軍慰安婦像問題 「賛同」は虚偽 東大阪市が米グレンデール市に抗議 姉妹都市解消も

【米西部で慰安婦像設置】「賛同」は虚偽 東大阪市が米グレンデール市に抗議 姉妹都市解消も - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130802/amr13080207170002-n1.htm

↓   ↓   ↓

 米カリフォルニア州グレンデール市が慰安婦を象徴する少女像を設置した問題で、グ市のホームページ(HP)に姉妹都市の大阪府東大阪市が設置に賛同したかのような虚偽の記述があるとして、東大阪市がグ市に抗議文を送っていたことが1日、分かった。

 東大阪市の野田義和市長は「一方的な行為で、はなはだ遺憾」とし、グ市が適切な対応を取らない場合は姉妹都市提携の解消も視野に検討する考えを示した。

 像は現地の韓国系団体が主導し、7月30日に設置。費用約3万ドル(約295万円)は韓国系団体が負担した。しかしグ市のHPには像設置の背景として、姉妹都市が碑や記念物の設置に興味を寄せていると表明した▽維持費は姉妹都市により賄われることを保証する−などと記述されていた。

 東大阪市の職員が7月中旬にHPの記述を見つけ、野田市長名の抗議文を25日付でグ市長宛てに郵送した。

 抗議文には「このような意見表明をした事実はない」と修正を求めるとともに「像設置は市民の心証をいたく害しており、誠に遺憾」としている。

 像設置をめぐり、東大阪市には同月31日までの約1カ月間で124件の抗議が電話などで寄せられた。

 東大阪市は旧枚岡(ひらおか)市時代の昭和35年にグ市と姉妹都市提携を締結した。

↑   ↑   ↑
引用終わり

・・・グレンデール市の市長や職員は馬鹿なのか?

東大阪市の職員は、英語が読めないとでも思っていたのか??

捏造の従軍慰安婦の銅像に日本がお金を出すはずがないではないか???

市がお金を出すということは、税金を使うことであり、そのような取り決めがあったなら合意文書がなければおかしいのだが、まずそんなものは存在しないだろうな。

従軍慰安婦像の設置だけでも、姉妹都市解消には十分だと思うが、さらに追い打ちが来た格好である。

しかし、今回の卑怯な手口は、韓国李明博前大統領が、北朝鮮が核放棄したら日本が400億ドル出すと言ったのに似ている。(もちろん日本はそんな約束はしておらず、勝手に言っただけ)

グレンデール市は韓国人に占領されてしまったのか???

あきれてしまうが、今のところは、どのような謝罪文がくるのか待つとしよう。

【驚愕の事実】慰安婦像の費用を東大阪市が支払うことに! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=4geAJpm6v8k






posted by 日本に住んでる日本人 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

米ロス近郊への「従軍慰安婦」像設置について

米ロス近郊に「従軍慰安婦」像 NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130731/k10013425101000.html

↓   ↓   ↓

いわゆる従軍慰安婦の問題を巡って、日本政府に賠償などを求めているアメリカの韓国系市民団体が、ロサンゼルス近郊の都市にこの問題を象徴する銅像を設置し、現地の日本総領事館は「極めて残念だ」としています。

この銅像は、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡り、日本政府に賠償などを求めてアメリカ・カリフォルニア州で活動する韓国系の市民団体が、ロサンゼルス近郊の都市グレンデールの公園に設置しました。30日、この市民団体やグレンデール市の議員、それに元慰安婦だという韓国人女性など、およそ500人が出席して除幕式が行われ、いわゆる従軍慰安婦の問題を象徴する少女の銅像と、訪れた人が座れるいすが公開されました。

この銅像といすは、おととしソウルの日本大使館の前に設置されたものと同じだということです。

団体によりますと、アメリカでは、韓国系住民の働きかけで、慰安婦に関する記念碑が東部ではニューヨーク市の公園など少なくとも3か所に設置されていますが、西部で設置されたのは初めてだということです。

今回の銅像を巡っては、地元の日本人や日系人から反発が広がっており、ロサンゼルスの日本総領事館は「銅像が設置されたことは極めて残念だ」とするコメントを発表しました。

少女の銅像設置は残念

菅官房長官は午前の記者会見で「政府は、いわゆる従軍慰安婦の問題について政治問題や外交問題にすべきではないという考え方で、われわれの考え方とは相いれないものだ。市長や市議会議員をはじめとする市の関係者には、政府の考え方を説明し、適切な対応を求めてきた。結果として少女の銅像が設置されたことは極めて残念だ」と述べました。

また菅官房長官は「市長は除幕式に出席しなかったと聞いている。今後も、政府の考え方やこれまでの取り組みについてアメリカの政府関係者などに説明し、理解を求める努力をしていく」と述べました。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国の米国でのロビー活動が活発化している。

日本政府としては、真実の説明をもっと積極的に展開してほしいものだ。

しかし、今回、従軍慰安婦像が設置されたのは、東大阪市と友好都市関係のグレンデール市である。

日本維新の会は何をしているのかと言いたくなる。

また、最近では、韓国のロビー活動は、従軍慰安婦という言葉を使用せずに、セックススレイブと話していると聞いた。

冗談ではない。これは日本国民に対する明確な人権侵害だと私は思う。

最期に、今回、従軍慰安婦像が設置されたグランデール市の属するカリフォルニア州に文句を言う。

日本から2兆円をとっておいて、よく反日活動に組することができるものだと。

民主党政権時、前原元国土交通大臣は2兆円のカリフォルニア州債(償還80年)を購入しているのだ。

当時のカリフォルニア州知事であったアーノルド・シュワルツエネッガー氏から、「アメリカ横断高速鉄道」の話を持ちかけられ融資したわけだが、ここで話は終わらない。

ところが、「アメリカ横断高速鉄道」など絵空ごとであり、採算が合わないということで、あっさり計画は白紙撤回され、日本の特別会計から貢がれた2兆円は、カリフォルニア州の公務員給与となった。

ちょっと調べれば分かったと思うのだが、カリフォルニア州は財政破綻寸前で、お金が欲しい状態であった。

私は、この事実をニュースで見たことがない。

無駄を削減とか言っていた日本の民主党が、いかにいい加減な政党であったか、この事実からも伺える。

たけど、ここで問題にしたいのは、カリフォルニア州の姿勢である。

少なくとも、日本の話を良く聴いて適切な行動する義理はあると思うのだが・・・。


なお、米国ブエナパーク市では慰安婦像設置を否決してくれました。

今後の動向にも注目ですが、動画をつけておきます。

米国ブエナパーク市 慰安婦像設置を否決 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=qOQoV2HHp4s







posted by 日本に住んでる日本人 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。