2013年11月02日

「通称」悪用して端末不正売買 容疑の韓国人を逮捕

「通称」悪用して端末不正売買 容疑の韓国人を逮捕 埼玉 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131101/stm13110121480007-n1.htm

↓   ↓   ↓

 外国人が日本で名乗る通称を悪用して携帯電話を不正売買したとして、埼玉県警組織犯罪対策課と大宮西署は1日、組織犯罪処罰法違反(隠匿)と詐欺容疑で、韓国籍の無職、文炳洙(ぶんへいしゅ)容疑者(通称・青山星心(しょうご))=別の同容疑で処分保留、さいたま市西区清河寺=を再逮捕した。通称を悪用した犯行を組織犯罪処罰法で立件するのは全国初という。

 同課の調べでは、文容疑者は区役所で短期間に通称登録を何度も変更。新旧の通称を使い分け、平成22年10月以降、約160台のスマートフォンやタブレットなどの端末を購入、古物商へ転売したとみられる。

 再逮捕容疑は8月7日、「青山星心」の通称で、さいたま市の家電量販店でスマートフォン2台を詐取。過去の通称だった「清永泰斗」を名乗り東京都内の古物商で転売し、約7万2千円を得たなどとしている。

 同課によると、文容疑者は端末代を分割して月々の料金に上乗せする制度で端末を購入したが、支払いは一切せずそのまま転売。同課の調べに「料金を踏み倒す気はなかった」と犯意を否認する一方、売却で得た金は競馬などのギャンブルに使ったという。

 頻繁に通称変更することを不審に思った区役所の届け出を受けて捜査したところ、犯行が発覚した。文容疑者は通称の違う複数の身分証を使い分け、売買を重ねていた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「頻繁に通称変更することを不審に思った区役所の届け出を受けて捜査・・・」

やはり、この通名制度はおかしいと思う。

私は、通名自体を廃止してほしいが、少なくとも変更ができないようにはするべきだと思う。


同じような犯罪が起こってもおかしくはないね。








posted by 日本に住んでる日本人 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

革マル系女子学生を逮捕 偽名で航空機に搭乗

革マル系女子学生を逮捕 偽名で航空機に搭乗:社会:スポーツ報知
より引用
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20131030-OHT1T00159.htm

↓   ↓   ↓

 偽名で沖縄への旅行を申し込み、航空機に搭乗したとして、大阪、奈良、沖縄3府県警は30日、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、革マル派系全学連活動家の奈良女子大2年成田睦月容疑者(20)=奈良市=を逮捕した。

 府警は30日、同容疑で奈良市にある大学のサークルの部屋や、大阪市東淀川区の「解放社関西支社」など十数か所を家宅捜索。活動拠点とみている。

 逮捕容疑は5月上旬、大阪市の旅行代理店で、沖縄へのパック旅行を申し込んだ際に伝えた偽名を航空会社のシステムに登録させた上、同月中旬に偽名の航空券で関西発那覇行きの航空機に搭乗した疑い。黙秘しているという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


20歳で革マルというのに素直に驚いた。

しかし、「解放社関西支社」など十数か所を家宅捜索というから、明らかに別件逮捕という気がする

東京オリンピック前の掃除の一環というところだろうか?

行先は沖縄ということだが、思い浮かぶのが米軍基地やオスプレイの反対デモだな。

沖縄のデモは、沖縄人は少数で、送り込まれた人員の方が多いと聞いたことがあるが、その口ではないかと疑ってしまう。

※2013/10/31追記
成田睦月容疑者(20)は在日ということが分かりました。
本名:郭美香 です。





ラベル:革マル 偽名
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

「しまむら」で女性店員に土下座命じた女に罰金30万円=名誉毀損で!強要は不起訴−札幌簡裁

時事ドットコム:土下座命じた女に罰金30万円=名誉毀損、強要は不起訴−札幌
より引用
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201310/2013102500967&g=soc

↓   ↓   ↓


 札幌区検は25日、札幌市の衣料品店「しまむら」で店員に土下座を命じたとして強要容疑で逮捕された介護職員の女(43)について、画像を中傷のコメントとともにツイッターに投稿したとして名誉毀損(きそん)罪で略式起訴した。札幌簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

 札幌地検は、強要罪について「前科がなく反省している」として不起訴処分とし、追送検容疑の名誉毀損を適用した。「一度インターネット上で画像が広まれば回収不可能で、被害が永遠に続く。模倣性も高い」と説明している。

↑   ↑   ↑
引用終わり


この容疑者は在日朝鮮人であることが、ネットで拡散して知れ渡っている。

本当に反省しているのだろうかと疑問に思ってしまうのは差別意識なのだろうか?


罰金30万円は、犯罪行為からして高いとは思えない。ただ「しまむら」側に落ち度があっての暴走と考えれば妥当なのか?

これで、こういう事件が減ってくれればうれしく思う。


ただ、納得いかないことは、在日は永住者となっているから、強制送還されないこと。

在日以外の外国人が犯罪をおかしたら、問答無用で強制送還になるはずだ。

やはり在日には特権があるとしか言いようがないと思う。



posted by 日本に住んでる日本人 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

竹田恒泰の「たかじんのそこまで言って委員会」での在日特権についての発言に市民団体が抗議した結果

竹田恒泰 - Wikipedia
より一部引用(略歴の最期の箇所)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E7%94%B0%E6%81%92%E6%B3%B0

↓   ↓   ↓

2013年10月20日に「在特会が活動したおかげで在日の特権の問題が明らかになった」「例えば、通名というのがあって、日本人の名前に変えることによって、犯罪歴や金融関係の経歴を全部消すことができ、また新たな犯罪ができる」と発言。大阪のNPO「コリアNGOセンター」から放送局である読売テレビへ「通称名の使用や変更で犯罪歴や経歴の抹消はできず、事実に反する」「 在日コリアンが犯罪集団で危険な存在であるというゆがんだ偏見を助長する」との抗議申し入れがなされ、放送倫理・番組向上機構への審理申し立てがされる事態になった。

↑   ↑   ↑
引用終わり


読売テレビ:在日コリアン発言で抗議 NPO法人− 毎日jp(毎日新聞)
より引用
http://mainichi.jp/select/news/20131022k0000e040213000c.html

↓   ↓   ↓

 読売テレビ(大阪市)が今月20日に放送した番組「たかじんのそこまで言って委員会」で、出演者が在日コリアンに対する差別を助長する発言をしたとして、在日外国人の人権保障に取り組む大阪市のNPO法人「コリアNGOセンター」が22日、同社に対し、抗議した。放送倫理・番組向上機構(BPO)にも、審理を申し立てた。

 番組では、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」によるヘイトスピーチ(憎悪表現)の問題が取り上げられた。パネリストで出演した作家の竹田恒泰氏が「在特会が活動したおかげで在日の特権の問題が明らかになった」とし、「例えば、通名というのがあって、日本人の名前に変えることによって、犯罪歴や金融関係の経歴を全部消すことができ、また新たな犯罪ができる」と話した。

 「コリアNGOセンター」は抗議文で「発言は明らかに事実に反し、偏見を助長する」と指摘。読売テレビに対し、「放送は事前収録だったのに、虚偽の内容に基づく番組を放映した責任は重い」とし、放送内容の訂正を求めた。

 読売テレビは「抗議を受けたことに対して、現在詳細に検討しています」とコメントしている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


10月20日たかじんのそこまで言って委員会B - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=YUvNN2WczC4


(問題の発言は8分後くらいからです。)


竹田恒泰氏は、この件についてツイッターでコメントしている。


竹田恒泰 (@takenoma) on Twitter
より引用(10月23日)
https://twitter.com/takenoma

↓   ↓   ↓

『そこまで言って委員会』の私の発言について読売テレビに抗議があったようだが、私は在日特権について事実を述べただけのこと。まして在日を差別する発言はしていない。私はこれまで「在日は日本の宝」といい続けてきた。詳細は『日本人はいつ日本が好きになったのか』(PHP新書)を参照されたい。

↑   ↑   ↑
引用終わり


さて、「通称名の使用や変更で犯罪歴や経歴の抹消はできず、事実に反する」というがどうなのだろう?

私が調べた限りでは、厳密に警察が調べれば、本名での犯罪歴は残っているから抹消は去れないようだ。

しかし一般人にとってはどうだろう?

例えば、犯罪を犯し、テレビで本名または通名で報道されたとしても、通名は変更が可能で、変えてしまえば一般人には犯罪を犯した人物と判別は困難となる。

事実上の犯罪歴と経歴の抹消ではないか?



「 在日コリアンが犯罪集団で危険な存在であるというゆがんだ偏見を助長する」というが、事実として在日の犯罪率は高い。

偏見でなく危険な存在として認知しておかないといけないと私は思う。


なお、韓国人においては2005年以降、本名の改名が原則として許可されており改名しやすいため、改名申請者が年々増えており、犯罪者の改名も相次いでいるとされている。

こちらの方が悪質な感じがする。


最期に、私は竹田恒泰氏を良く知らないので、著書でも読んでみようと思っている。

私にとって「在日は日本の宝」という言葉は許容できるものではないが、著書を読んでみれば真意が分かるかもしれない。

脱原発論者ということで、これも私の立場とは異なる。

原発が破壊されれば核攻撃を受けたのと同じことという論理には賛同するが、私は、脱原発でなく、テロやミサイルを防衛できるように体制をつくる必要性を訴えたいというスタンスだ。

日本が脱原発をしたら、技術者が中国や韓国に行って、技術が流出してしまう。

また、原発稼働こそが、安定電力を生み出し、工場の活動を活性化すると思っている。


posted by 日本に住んでる日本人 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

日朝友好6団体共催で講演会、朝鮮問題での日本の責任

日朝友好6団体共催で講演会、朝鮮問題での日本の責任 | 朝鮮新報
より引用
http://chosonsinbo.com/jp/2013/10/20131019mh-01/

↓   ↓   ↓

朝鮮戦争停戦60周年(7月27日)を迎えたのを受け、「朝米関係の現状と日本の役割」と題した講演会が18日、文京シビックセンター(東京都文京区)で行われた。元外務省地域政策課長を務めた浅井基文氏と朝鮮大学校経済学部の朴在勲准教授がそれぞれ報告を行った。

主催したのは、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会、東京―平壌虹の架け橋、日朝友好促進東京議員連絡会、日朝国交正常化をすすめる神奈川県民の会、日朝友好連帯埼玉県民会議、日朝友好連帯群馬県民会議の6団体。米国と日本政府の対朝鮮政策の転換を促す取り組みを力強く推し進めるための集いとして企画された。来賓として総聯中央の徐忠彦国際統一局長が招かれるなど、約100人が参加した。

主催者を代表してあいさつした統一支持日本委員会の日森文尋議長は、停戦60周年に際して23人で構成された代表団が朝鮮を訪問し、平壌などで盛大に行われた一連の行事に参加したことに触れ、「停戦協定を平和協定に変え、朝鮮半島に平和を実現したいという朝鮮人民の思いが伝わった。朝鮮半島分断、朝鮮戦争の原因は日本の植民地支配にある。平和を願う朝鮮人民の思いを受け止めて、その実現に向け日本で幅広い運動を展開していかなければならない」と話した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


呆れたものだ。


停戦協定を平和協定に変え、朝鮮半島に平和を実現したいという朝鮮人民の思いが伝わった。」

韓国と北朝鮮は停戦協定をしていません。

停戦協定をしたのは、国連軍と北朝鮮、中国であって、韓国と北朝鮮は事実上戦争状態継続中である。

平和協定にしたいなら、さっさと韓国に申し出ればいいのにそれをしない。

北朝鮮が韓国を武力で侵略する意思があるからである。


よって、こんな講演会で思いが伝わるはずもなく、馬鹿だとしか言いようがないと思う。


朝鮮戦争の原因は日本の植民地支配にある。」

大嘘である。

日韓併合がなければ、朝鮮人はソ連の侵攻を受けて、全員シベリア送りという可能性が高い。

そうでなくても、当時の朝鮮の国力では、どこかの植民地になるしか無かったであろう。

また、日本の敗戦後に、共産圏と自由主義圏の勢力争いの場になったから分断されたのである。

敗戦した日本の責任ではなく、地理上の問題である。

文句を言うなら、侵攻してきたソ連軍や中国軍に言って欲しいものだ。


「その実現に向け日本で幅広い運動を展開していかなければならない」

迷惑だからやめてほしいと思う。

朝鮮に対する自虐史観で、日本人を洗脳するのが目的としか思えない。

その実現のためなら、韓国や北朝鮮に行って活動してほしいものだ。


自分たちを美化するのも結構だが、さっさと拉致被害者を返してほしいものだ。

また、平和協定とやらをさっさと締結して、在日を引き取ってほしいと思う。



ラベル:北朝鮮
posted by 日本に住んでる日本人 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

ヘイトスピーチと闘う「のりこえねっと」発足

統一日報 : ヘイトスピーチと闘う「のりこえねっと」発足
より引用
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=73859&thread=01r04

↓   ↓   ↓

 「共に生きる歴史への挑戦は許さない」 辛淑玉さんら共同代表20人 賛同者200人以上

 東京・新大久保や大阪・鶴橋で繰り返されているヘイトデモや差別問題などに対抗するために、ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク「のりこえねっと」が今月立ち上げられた。呼びかけ責任者となったのは、人事育成コンサルタントとして活躍する辛淑玉さん。21日現在、共同代表者は20人、賛同者は200人を超える。同会は25日に都内で記者会見を行った。

 「のりこえねっと」を立ち上げた呼びかけ責任者の辛淑玉さんは「誰かがやってくれるのを、みんなが待っていたという感じだ」と感想を述べた。

 同会の設立趣旨については「日本で起きていることは、日本人対韓国人の対決ではない。『殺さない』で『共に生きる』ために人類が努力してきた歴史に対する挑戦だ。許されない」と強調した。

 共同代表者には在日韓国・朝鮮人問題だけではなく、アイヌやフェミニズム、慰安婦問題など様々な差別問題にこれまで取り組んできた日本の専門家や市民運動家らが名を連ねた。

 辛さんによると、最初に名を連ねた共同代表者らは「声をかけたら、何も言わずにOKを出してくれた人たち」という。

 また、同会の立ち上げで日本の友人たちだけではなく、在日の先輩たちも「一緒にやっていこう」と背中を押してくれたことが「私にとって大きかった」と話した。

 辛さん自身もこれまでヘイトスピーチ問題だけではなく、難民や東日本大震災被災地の外国籍住民などの様々な差別問題にも取り組んできた。

 しかし、被災地の外国籍住民問題だけでも2年半かけてできたことは、復興庁の予算の中で電話回線を1本つけることだけだった。個人には限界があると感じた。

 今回の同会設立に関して「立ち上げるなら、国際的ネットワークを作ってみんなで一緒にやっていきたかった」と述べた。

 今後は「日本の公民権運動」共生社会を目指して活動が行われるが、「公民権運動」とは「基本的人権」を守ることでもあるという。

 具体的にはヘイトデモ対策として、日本全国で行われているデモの実態を把握し、対策を立てる。次にヘイトスピーチ対策では、差別禁止法の立法化や損害賠償なども含めた司法による対応を行っていくという。

 さらにヘイトスピーチや在日問題などについて知らない人も多いということもあり、全国500カ所での勉強会も予定している。そしてインターネットのTV番組制作や放送を通じてレイシズムに対抗していく計画だ。

 事務局の運営はボランティアが100%でカンパなどに頼らざるを得ない状況でもあるというが、「闘う体制ができた意義は大きい」と話した。

 ※共同代表(2013年9月21日現在)あいうえお順
石井ポンペ(原住アイヌ民族の権利を取り戻すウコチャランケの会代表)
上野千鶴子(東京大学名誉教授)
宇都宮健児(前日弁連会長)
雁屋哲(漫画原作者・エッセイスト)
北原みのり(コラムニスト・ラブピースクラブ代表)
河野義行(松本サリン事件被害者)
佐高信(評論家)
辛淑玉(人材育成コンサルタント)
鈴木邦男(一水会顧問)
高里鈴代(平和市民連絡会共同世話人)
田中宏(一橋大学名誉教授)
田中優子(法政大学教授)
知花昌一(真宗大谷派僧侶)
中沢けい(作家)
西田一美(労働組合役員)
前田朗(東京造形大学教授)
松岡徹(部落解放同盟中央本部書記長)
リリアン・テルミ・ハタノ(近畿大学准教授)
若森資朗(パルシステム生活協同組合連合会21世紀型生協研究機構主幹)
和田春樹(歴史家・東京大学名誉教授)

↑   ↑   ↑
引用終わり


共に生きる歴史へというなら、まず韓国の反日教育と対日本の戦争意識を一掃してほしいものだ。

憎み、敵国扱いする韓国人と仲良くできるわけがない。

朴槿恵大統領の1000年恨む発言も撤回させてほしいね。

日本人を恨む韓国人と共に生きることはできないからね。

在日特権も廃止にするように動くべきだね。

特権を持つ韓国人に対して差別がおこるのであって、特権がなければ、他の外国人と同じように接すると思うよ。

在特会(在日特権を許さない市民の会)も目標達成で解散だね。

そうなれば、ヘイトスピーチもなくなっていいと思う。


しかし、差別禁止法の立法化というが、在日特権の存在が差別であり、どうなるでしょうね?

ヘイトスピーチや在日問題の勉強会を開くようだが、左翼よりの捏造の歴史知識の植え付けになるような気がしてならないね。

在日は、強制連行されてきた可哀そうな人たちというような捏造のデマをね。

在日は、正式に日本へ渡航してきた者の他に、密航で来た者が多いのが真実だ。


posted by 日本に住んでる日本人 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

韓国紙「在日は日本に住みたいわけではない」 「では韓国に帰国すればいい」とネット反発

韓国紙「在日は日本に住みたいわけではない」 「では韓国に帰国すればいい」とネット反発 : J-CASTニュース
より引用
http://www.j-cast.com/2013/10/10185981.html?p=all

↓   ↓   ↓

 韓国の主要紙「朝鮮日報」が社説で、ヘイトスピーチをめぐる京都での裁判に触れつつ、一部過激団体により在日韓国・朝鮮人が苦しんでいると指摘した。

 なかでも朝鮮総連に所属している在日朝鮮人は「孤立無援となっている」として、韓国が手を差し伸べるべきだと主張した。

 「韓国以外に引き受けられる国は世界のどこにもない」

 京都地裁は2013年10月7日、京都市にある朝鮮学校周辺で「在日特権を許さない市民の会(在特会)」のメンバーが「朝鮮人を日本からたたき出せ」などと叫んだ街宣活動を「著しく侮蔑的な発言を伴い、人種差別に該当する」として、在特会とメンバーに約1200万円の損害賠償を支払うよう命じた。

 10月9日付の朝鮮日報電子版(日本語)は、判決を「過激な団体が作り出す嫌韓の雰囲気の中でも、日本の良識はまだ衰えていないことを示したという点で意味がある」と評価した。そして、こう続けた。

 「在日韓国人・朝鮮人の3世・4世の多くは、本人が日本で暮らしたいと思ってそこに住んでいるわけではない」

 「植民地時代の強制連行・徴兵政策」により日本に来た人たちの子孫という説明だ。「ありとあらゆる迫害の中で強制労働に従事し、敗戦後も日本で暮らすことになった…被害者の子孫」を、日本の過激団体が苦しめていると非難する。

 苦難に陥っているのは、北朝鮮系の朝鮮総連に所属する在日朝鮮人も同じだと目を向ける。北朝鮮政府からの支援は期待できず、さりとて韓国政府も表立って助けるのは難しい。だが社説では「これらの人々をこのまま見放すのかどうか、真剣に考えるべきだ」と促したうえで、

 「韓国以外に、彼らを引き受けられる国は世界のどこにもないのだ」と強く訴えた。

 インターネット掲示板では「暮らしたいと思って住んでいるわけではない」との表現に反発する意見が見られた。「外国」である日本でいやいや暮らすなら、「祖国」の韓国や北朝鮮に帰ればいい、というわけだ。そのうえ「韓国以外に引き受ける国はない」と書かれていたことから「韓国側が温かく迎えてくれるらしいから、ぜひ帰ってください」との皮肉交じりなコメントもあった。

 韓国・朝鮮籍の「特別永住者」は右肩下がり

 「在日韓国・朝鮮人はなぜ祖国に帰らないのか」という議論は、ネット上にしばしば登場する。2012年10月には、エジプト出身のタレント、フィフィさんがツイッターで、在日韓国・朝鮮人に限定した話でないとしつつも、在日外国人の立場から「自国から拒否されてるわけで無いならなぜ愛する母国に帰らないのか?」と問いかけていた。

 在日韓国・朝鮮人の多くは「特別永住者」に該当する。この資格は、戦前から日本に住む朝鮮半島や台湾出身者などのうち1952年のサンフランシスコ平和条約で日本国籍を離脱したものの引き続き日本に住み続ける人たちとその子孫に対して特例法に基づき付与された。法務省が2013年6月14日に発表した、2012年末現在の特別永住者数のうち「韓国・朝鮮」籍は37万7350人で、前年比7882人減となっている。減少傾向は長年続いており、20年ほど前の約70万人から半数ほどになった。在日社会でも高齢化や少子化が起こり、帰化が進んだ影響も考えられよう。

 戦後の1950年代を中心に在日朝鮮人の帰還事業が実施され、北朝鮮に「帰った」人は少なくない。一方で日本定住を選んだ人は、世代が進むにつれて生活基盤は完全に日本となった。日本生まれで話す言葉も日本語、家族も日本で暮らす。そんな状況で「祖国に帰れ」と言われても、韓国や北朝鮮で暮らす基盤などないというわけだ。

 帰化に関しては人それぞれ事情がある。「在日」を名乗る人によるネットの書き込みをみると「親に反対されている」「自分は帰化したい」「帰化する理由が見当たらない」と、考え方はバラバラのようだ。

 朝鮮日報の社説は、必ずしも韓国社会が在日朝鮮人を引き受け、「帰国」するよう促すと主張しているわけではなく、韓国人として在日に心情的に寄り添うとの意味合いにも解釈できる。ただ「日本に住みたくて住んでいるわけではない」との表現には、「それなら日本を離れればいい」とカチンときた人はいただろう。

↑   ↑   ↑
引用終わり


いやいや、在日は、特権があるから住みやすい日本にいるのであって、日本語しかできないし、韓国に生活基盤もないから、韓国へ帰国することが論外なんじゃないの?よ。

韓国へ帰るのに何の制約もないのだから、日本にいるのは自由意志でしょ?

可哀そうと思うなら、さっさと在日を引き取ってほしいのだが、なぜやらない?

「植民地時代の強制連行・徴兵政策」というが、当時の在日朝鮮人総数61万人のうち徴用労務者は245人となっており、他は自由意思で残留した者たちだ。

裏付ける資料もないのに、勝手に強制連行・強制徴用を事実化しないでほしいと思う。

この残留を希望して残った朝鮮人についても、日本は帰還することを望んでいたのに、それを阻止したのは韓国(米国も?)である。

当時、韓国が在日を引き取ってくれていれば、何の問題も起こらなかったわけで、猛省してほしいものだ。

この報道は、在日擁護だけでなく、在日の帰国をすすめたい意図がみえる。

在日への兵役や、在日が持つ財産が目当てなのだろうと推測できる。

韓国マスコミは、是非、在日帰還の記事を書きまくり、韓国政府を動かして実現させてほしいものだ。

日本の犯罪で在日が占める割合はかなり大きいので、在日の帰還が実現すれば、犯罪率も減少して、日本も助かる。

在特会も、ヘイトスピーチをやめて、今後は「帰れ」コールでいけば問題ないんじゃない?

「帰れ」って差別発言じゃないよね?


ラベル:在日 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

韓国 世界韓人の日 「同胞庁」設立 「在外同胞は国力の外縁であり、大韓民国の大切な資産」

統一日報 : 世界韓人の日 「同胞庁」設立に期待
より引用
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=73959&thread=04

↓   ↓   ↓

 今年で「世界韓人の日」が国家記念日に制定されてから7回目を迎えた。

 今年のスローガンは「一つの世界韓人、希望の新時代へ」。政府は在外同胞を「国力の一員」と強調した。

 5日、ソウル・江南で開かれた記念式では、鄭洪源国務総理が720万人の在外同胞を激励し積極的な支援も約束した。

 ゙圭N在外同胞財団理事長は「在外同胞は国力の外縁であり、大韓民国の大切な資産」と述べた。

 しかし、野党民主党をはじめ、一部の世界韓人団体リーダーたちが、政府に「在外同胞庁」設立を促す記者会見を開いた。

 4日会見の参加者は民主党議員20人と在外同胞11人。日本からは一人が参加した。彼らは現在の外交部傘下団体としての「在外同胞財団」の役割には限界があるとし、「同胞庁」を設立して独立機構化することが同胞政策の進展であると主張している。今後の実行可能性が注目される。

 一方、政府は在外同胞社会の権益伸長に寄与した功労で97人(団体含む)の在外同胞に対して勲章を授与し、表彰した。

 勲章授与式では、メインの褒章者に鄭進民団中央常任顧問(前民団中央団長)が選ばれ、大韓民国国民として受けることができる最高の栄誉である国民勳章無窮花章を授与された。

 鄭進前団長は2011年3月東日本大震災時に被災地の在日同胞や日本人への救助活動、1998年長野オリンピック韓国選手団後援活動などの功労が認められた。
 在日同胞の受勲者としては、金龍濤民団東京本部常任顧問(牡丹章)、呉龍夫九州幸銀理事長(冬伯章)、呉龍浩民団大阪本部顧問(冬伯章)、成英泰山形県日韓親善協会最高顧問(木蓮章)、権五畢民団三重地方本部顧問(木蓮章)、黄栄圭民団鳥取地方本部常任顧問(石榴章)、権五源民団広島地方本部常任顧問(石榴章)などが受章した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「在外同胞は国力の外縁であり、大韓民国の大切な資産」という発言がネットで話題になっている。

資産という言葉から、在日の韓国での徴兵がありえるということ。

資産という言葉から、韓国には在日の財産が必要だということ。

在韓米軍の撤退が現実味を帯びる中で、韓国は軍隊を増員する必要があり、在日徴兵が現実味を増している。

韓国経済は崩壊寸前の危険な状態であり、在日の財産を狙っていても不思議はない。

在日韓国人は、日本に永住している韓国籍の人なのだから、韓国の法律次第でどうにでもできるのが現実。

韓国の法律に違反するなら、日本に依頼して強制送還ということになる。


今後に注目ですね。


ラベル:韓国 同胞庁
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

人種差別的な行為中止を ヘイトスピーチ判決で韓国報道官・・・韓国に言われたくない。

人種差別的な行為中止を ヘイトスピーチ判決で韓国報道官 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131008/kor13100817490005-n1.htm

↓   ↓   ↓

 韓国外務省の報道官は8日の記者会見で、在日韓国・朝鮮人の排斥を掲げる団体に朝鮮学校周辺での街宣禁止などを命じた京都地裁判決をめぐり「判決をきっかけに、日本の右翼団体による嫌韓デモなど人種差別的な行為がこれ以上起きないことを強く願う」と述べた。

 報道官は「韓国政府は、判決結果に注目している」と強調。東京・新大久保などで繰り返されてきた排斥デモやヘイトスピーチ(憎悪表現)を念頭に「今後、この問題の進展・動向を注視していきたい」と述べた。

 韓国では新大久保などでの排斥デモが度々報じられ、世論の反発が強い。尹炳世外相は7月と9月に岸田文雄外相と会談した際、日本政府として適切な措置を講じるよう要請していた。

↑   ↑   ↑
引用終わり

お前が言うなと韓国には言いたい。

自国のヘイトスピーチをやめてから発言してほしいものだ。


nippont.jpg

nippont (1).jpg

しかし、今回の報道では、ヘイトスピーチに違法判決というものが目立つが実情は違う。

京都地裁の判断は、示威行為とその様子の動画の公開が、朝鮮学校側への業務妨害と名誉毀損にあたるとしている。

さらに、特定の被害者のいない差別発言については、民法709条(不法行為による損害賠償)の責任を問えないとしている。

差止については、学校の半径200メートルの範囲で、業務妨害又は名誉毀損となり得る表現行為のみを制限するとしており、被告らによる表現行為そのものを差し止めるものではないとしている。

要するに、朝鮮人に向かってヘイトスピーチをすることは、民法709条により責任を問われるが、普通にデモ行進しながらヘイトスピーチをすることは問題ないと解釈できる。

また、今回が民事裁判ということもあるが、ヘイトスピーチは現在の刑法では裁かれない。(懲役とかはありえない。)

ただ、疑問に思うのは、「〇〇〇は日本から出ていけ!}と該当者に向かって発言した場合に、民法709条による責任を負わされるかと言うことだ。

沖縄では、主に左翼の方々が、アメリカ軍に向かって「出ていけ」とアメリカ軍基地に向かって集団デモで叫んでいるが、これはヘイトスピーチになるのだろうか?

法解釈は専門ではないので、今後調べてみようと思う。


しかし、今回の判決に関しては、ヘイトスピーチの問題ばかり取り上げて、在日特権に触れる報道が少ないね。

ヘイトスピーチが違法であると喧伝することで、在日特権の問題を隠そうとする意図が見え見えでマスコミはアザトイト感じてしまう。

記者を名乗るなら、このヘイトスピーチの問題の中にある、在日特権という問題まで掘り下げて報道する姿勢がなくてはいけないと思うのだが?

在特会については、今回の判決を踏まえて、効果的な方法で、在日特権の根絶のために活動してほしいと思う。

ヘイトスピーチが差別表現なら、在日特権は差別制度である。

【日本と韓国の違い】法治国家と放置国家 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=waDA_8uEjFg



posted by 日本に住んでる日本人 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

朝鮮学校への街宣は「人種差別」 在特会側に賠償命じる 京都地裁

朝鮮学校への街宣は「人種差別」 在特会側に賠償命じる 京都地裁 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131007/trl13100713160002-n1.htm

↓   ↓   ↓

 朝鮮学校周辺での差別的な街宣活動により、授業を妨害されたなどとして、学校法人京都朝鮮学園(京都市)が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などに、学校周辺での街宣活動の禁止と3千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が7日、京都地裁であった。橋詰均裁判長は在特会の街宣は人種差別撤廃条約が禁止する「人種差別に該当し違法」と認定し、在特会側に1226万円の支払いと、学校周辺での街宣活動の禁止を命じた。

 判決などによると、在特会のメンバーらは平成21年12月〜22年3月、3回にわたり京都朝鮮第一初級学校(京都市南区、昨年4月に休校し、京都朝鮮初級学校に統合)周辺で拡声器を使い「朝鮮人をたたき出せ」「北朝鮮のスパイ養成所」などと連呼し、授業を妨害した。

 原告側は、在特会らの行動はいわゆる「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)にあたり、民族教育のための平穏な環境を奪うもので違法性は明らかなどと主張。一方、在特会側は公園の無許可占用への反対活動で「表現の自由」と反論していた。

 この街宣活動をめぐっては、在特会のメンバーら4人が威力業務妨害罪などに問われ、有罪判決が確定。学校の元校長も京都市が管理する公園を無許可で占用したとして、都市公園法違反の罪で罰金10万円が確定している。

 在特会側は判決後、「われわれの行為が正当と認められず、残念。判決文を精査してどう対応するか検討する」と話した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「ヘイトスピーチ」に関しては、順当な判決と思う。
(※2013/10/9 報道ではヘイトスピーチに判決と出ているが、判決では触れられていない。判決文には、業務妨害又は名誉毀損となり得る表現行為のみを制限するが、「被告らによる表現行為そのものを差し止めるものではな」いとも、書いている。)

また、公園占拠を不法と認めさせたことは、小さいが成果であったと思う。

また、人種差別という表現から、日本人と朝鮮人は別人種と認めたことも大きいと思う。

在特会は、在日特権を許さない市民の会なのだから、「ヘイトスピーチ」に気を付けて理性的に活動してほしいと思う。

在特会が、朝鮮学校前でデモをするのは、民族教育と称して反日教育をしているのだから理解できる。

しかし、残念ながら朝鮮学校は法律で保護されてしまっているので、授業時間はさけるなど考えて行動しないといけないと思う。

在日特権をなくすためには、「ヘイトスピーチ」に頼らない方法が求められていると思う。

在日特権について、過去の事例などいろいろ知っているが故に、「ヘイトスピーチ」に走る気持ちは分からなくもない。

そして、矢面に立って、在日特権をなくすために活動している皆様には、ある意味尊敬の念もある。

だが、手法として「ヘイトスピーチ」では、在日特権は崩せず、単なる憂さ晴らし行為になってしまう。

私は、在日特権こそが、日本人や他の外国人に対しての人種差別だと思っている。

過去の歴史はともかく、現代社会において、外国人に特権を与えているのはおかしいと思う。

是非、路線を変更して、理性的なデモを行い、支持者を増やし、在日特権をなくしてほしいと思う。

他力本願で情けなく思うが、私の田舎では、在日トラブルが見当たらず、何ともしようがないのが現状だ。

posted by 日本に住んでる日本人 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しまむら店員に土下座させ携帯で撮影 強要容疑で43歳女逮捕

しまむら店員に土下座させ携帯で撮影 強要容疑で43歳女逮捕 ― スポニチ Sponichi Annex 社会
より引用
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/10/07/kiji/K20131007006765450.html

↓   ↓   ↓

 札幌・東署は7日、札幌市の衣料品店で購入した商品が不良品だと訴えて従業員に土下座をさせた上、自宅に来て謝罪するよう約束させたとして、強要の疑いで札幌市の介護職員の女(43)を逮捕した。土下座する様子を携帯電話のカメラで撮影していたという。

 東署によると、土下座の画像は短文投稿サイト「ツイッター」に投稿され、インターネット上で話題になっていた。

 逮捕容疑は9月3日午後6時ごろ、札幌市東区の衣料量販店「ファッションセンターしまむら苗穂店」で「購入したタオルケットに穴が開いていた。店に来るのに費やした交通費を返せ」などと訴え、パート従業員の女性(32)ら2人に土下座をさせ、自宅に来て謝罪をするとの念書を書かせた疑い。

 容疑者は調べに「強要はしていない」と容疑を否認しているという。

 苗穂店は不良品だったとして、容疑者にタオルケットの代金980円を返却したが、従業員は容疑者宅を訪れなかったという。土下座を強要された従業員が9月下旬、東署に被害届を出していた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


この事件は、以前に当ブログで紹介し、土下座の強要は強要罪になると指摘している。


しまむら店員を土下座させツイッターにアップした女性に批判
http://kdgkkxmjfd4.seesaa.net/article/375697059.html


インターネット上で話題になっていたというが、晒し者になっていたが正しい気がする。

最近では、盗撮写真(顔面はモザイク)アップされ、出身高校や車のナンバーも晒されてた。

容疑者は「強要はしていない」と容疑を否認しているそうだが、どうだろうか?

容疑者は、土下座写真をツイッターにアップし、店側を非難するコメントをしている。

強要していない土下座ならば、そこまでする必要はないと思って土下座をやめさせるのではないだろうか。

強要かどうかは捜査結果を待つとして、この容疑者が土下座を当然と受け入れたのは、写真を撮影した行為から明らかだと思う。

あとは、勝手にネットにアップした行為がプライバシーの侵害に当たるかどうかかな?

「半沢直樹」ブームで、土下座が流行しそうだったが、待ったをかけた形になったかな?

そういえば、ネットでは、朝鮮系の在日と暴露されていたけど、そういう報道はないね。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

反レイシズムの「しばき隊」が解散しC.R.A.Cが始動

反レイシズムの「しばき隊」が解散しC.R.A.Cが始動 - 夕刊アメーバニュース
より引用
http://yukan-news.ameba.jp/20131001-72/

↓   ↓   ↓

 東京・新大久保などで行われている嫌韓デモの「カウンター」として登場した「レイシストをしばき隊」が解散をし、 C.R.A.C(Counter-Racist Action Collective=対レイシスト行動集団)が立ち上がった。

「しばき隊」は今年2月に登場。デモ終了後に、在特会(在日特権を許さない市民の会)関係者等のデモ参加者が「お散歩」と称し、店に向かって「朝鮮人出てこい」「殺すぞ」などと罵る行動をすることが常態化していたが、これを阻止することが目的だった。

 有田芳生著『ヘイトスピーチとたたかう!』では、彼らの目的について“彼らはとても誤解されていて、「あちらが暴力なら、こちらも暴力」というイメージで見られがちです。しかし実は、矢面に立っている在日コリアンの人たちから在特会の敵意を自分たちに向けさせ、新大久保を守ろうという意図をもっています”と説明されている。

 今回新たに立ち上がったC.R.A.Cは「街頭行動、言論、写真、アート、音楽、署名、ロビイング、イベント、学習会その他、必要なあらゆる方法でレイシズムに対抗します」とのこと。これまでの「カウンター」との関係でいえば、以下のようなものだという。

C.R.A.C は、いわゆるしばき隊、プラカ隊、署名隊その他が渾然一体となったものと考えてください。これまでさまざまな形態のカウンター・アクションを呼びかけていた人たちが、そのまま引き続きC.R.A.C のプラットフォーム上で行動を呼びかけます”というわけで、嫌韓デモの「カウンター」として様々な一派がこれまで存在していたものが一体化したプラットフォームがC.R.A.Cということのようだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「有田芳生著『ヘイトスピーチとたたかう!』では、彼らの目的について“彼らはとても誤解されていて、「あちらが暴力なら、こちらも暴力」というイメージで見られがちです。」

・・・暴行容疑で逮捕者が出てるのですが、それでも誤解なんでしょうか?

今回の名称変更は、要するに逮捕者が出てイメージが悪くなったので名前を変えるということでしょ?

内情もばれてきて、やばい組織だという認識が広がりだしたので、名前を変えて出直すのでしょ?

在日特権で、通名を何度も変えることができるのと同様で、酷いものですね。

C.R.A.Cなんて英語略名だけを聞くと、権威があるように感じるのがいやらしいね。

在日にだけ特権を与えるのは、他の外国人に対して不平等なことですから、即刻辞めてほしいものです。

東京五輪までに、反社会分子として一掃するような話も聞きますが、どこまで本当なのでしょうね?


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

在特会デモ参加者に暴行容疑で反対グループ男ら逮捕

時事ドットコム:排外デモ参加者に暴行=容疑で反対グループ男ら逮捕−警視庁
より引用
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201309/2013092900061&g=soc

↓   ↓   ↓

 在日韓国・朝鮮人の排斥を主張するデモの参加者に暴行したとして、警視庁公安部は29日までに、暴行や脅迫の疑いでデモに反対するグループメンバーの住所不詳、自称自営業添田充啓(40)、自称介護士木本拓史(42)=川崎市多摩区南生田=の両容疑者を逮捕した。「首に腕を回したが絞めてはいない」などと話し、いずれも容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は、8日正午ごろ、東京都新宿区大久保の路上で、デモ参加者の右派系市民グループの男性(36)らに対し、首を絞めたり、殴るまねをして脅迫したりした疑い。

 新宿・新大久保のコリアンタウンでは「在日特権を許さない市民の会」などが排外的なデモを繰り返し、これに反対するグループとの衝突で双方に逮捕者が出ている。8日のデモには約200人が参加、反対派も約500人が集まっていた。

 公安部によると、添田容疑者は「男組」というグループの幹部で、反対派の「レイシストをしばき隊」などと活動。この日はデモ開始直後に、デモの常連だった男性らに因縁をつけたという。(2013/09/29-12:14)

↑   ↑   ↑
引用終わり


「首に腕を回したが絞めてはいない」

首に腕を回したという行為は、暴行に当たるのだが理解していないのだろうか?

締めたらもちろん殺人未遂だけどね。

在特会(在日特権を許さない市民の会)への暴行だから、犯人は在日が濃厚だが、それだったら通名でなく、本名を報道してほしいものだ。

全ての事件に関して言えることだが、マスコミは、通名報道で日本人の犯行と勘違いさせないでほしいと思う。

しかし、住所不詳の自称自営業というのは笑えばいいのか、呆れればいいのか・・・

自称介護士の暴行容疑というのも酷いね。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

しまむら店員を土下座させツイッターにアップした女性に批判

【炎上】しまむら店員を土下座させツイッターにアップした女性に批判(秒刊サンデー) - IT - livedoor ニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/8086878/

↓   ↓   ↓

消費者と直接触れ合う店舗と言うのは客からのイタズラ、そしてそれに対するクレーム、更に内部での不祥事。様々な問題の板挟みとなり日々理不尽な問題にただひたすら謝罪する毎日である。そんな店舗に更なる追い打ちをかけるようにとあるネットユーザが、しまむら店員を土下座させさらに写真を撮影しツイッターにアップするという行動が批判を呼び炎上している。

投稿者は複数の土下座写真をアップしており、店員の態度に相当ご立腹されている様子だ。具体的に何が問題で土下座をさせたのかは明らかにはなっていないが、投稿者のツイートによると「従業員の商品管理の悪さの為」と記載されている。しまむらは日本に多数の店舗を持つ衣料品チェーンである。従って商品管理の悪さと言う事は、購入した衣料品に何らかの問題があったのではないかと推測される。

―土下座写真をネットにアップすることに問題は無いのか

土下座云々の前に、相手の了承を得ぬまま店員の写真をアップした場合プライバシー侵害などの結果「迷惑防止条例」に触れる恐れもある。また根本的に店内の写真を了承を得ぬままアップした場合も、店側からの削除要請が出る可能性がある。素直に従わない場合は法的な措置が下る。

とはいえ「元は誰が悪いんだ」と客に逆ギレされる恐れもあり、事を荒立てたくは無いはずなので店舗側がそのような措置をとるという可能性は低い。

―ネットの反応

ネットでは「お客様は神様と勘違いしている」との声が多く、投稿者に対する批判が集中し炎上している。

・「お客様は神様です」って言葉を勘違いしちゃった系
・クレーマーてここまでするんだね笑 半沢直樹の見過ぎちゃう?
・人間のゴミ。俺の事不快にさせたから土下座写メちょーだい
・何がお客様だよ探して土下座させてやんよR
・この基地外には相応の罰が下されて欲しいなあ
・キチガイ
・頭逝かれてるわ
・これはキズキュンズキューンガイ
・こわいwww
・怖っ。世の中には色んな人がいるわ
・土下座ね...どれだけお偉いんだか.
・うぁ… 店長、従業員に土下座させて写真をTwitterにupした しまむらクレーマ
・しまむらの人に土下座させた写真Twitterであげてんの。きもちわるい。真偽はわからんけど

しまむらの接客マニュアルに失敗したら素直に「土下座」と言うシステムがあるとするならばそれはそれで興味深い接客だ。

↑   ↑   ↑
引用終わり

ネットでの情報によると、土下座をさせられた店員2名は既に退職したとのこと。

また、土下座をさせて、写真を撮って、ツイッターに投稿した客のプロフは下記。

福祉職です。趣味は朝鮮語、読書(西村京太郎さん梓林太郎さん木谷恭介さん深谷忠記さん斉藤栄さんが好き)、温泉、ピアノ、お料理、ビーズアクセやちりめん等の小物作り、歌手の原大輔さん大塚博堂さん村下考蔵さん、詩人の藤公之介さん。

在日朝鮮人の可能性が高いとのことです。

最近のネットの怖いところは、本名、住所までさらされてしまうということ。

さすがにブログでそこまでやると、民法の不法行為が適用されるのでやめます。

さて、日本の法律では、土下座の強要は、強要罪にあたります。

この客が、そこまで考えていたとは思えず、ドラマの見すぎかと思われます。

しかし、福祉職の人がする行為とは思えませんね。

残念ながら、しまむら側が弱腰に見えるので、今回の件で訴えるということはしないでしょう。

しまむらも在日企業で、待遇はけっこうひどいとききますから、従業員のために裁判を起こすとは思えないしね。

土下座した店員も、さっさとこんな過去は忘れたいでしょう。

安物といえど、おばちゃんとかは、当然の権利として店員に注文も付けるし、それは店員側も受けるのが当然だとは思う。

しかし、土下座までさせるおばちゃんは、多分いないと思うし、そういう発想すらないと思う。

今回の件で、客への批判は当然だが、しまむらも従業員を守らない態度で批判がでています。

適切な対応をとらない企業に批判が集まるのも当然でしょう。

しかし、庶民の味方としての地位はそう簡単には揺るがないかな。

なお、私自身がふかいだったので、土下座写真はブログに掲載しませんでした。ソース元にあるので、見たい方は、ソースからご覧ください。

※朝鮮系の在日であることが判明。本名、住所、実家から車のナンバーまでネットでさらされる事態に発展
2013/9/26


posted by 日本に住んでる日本人 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

在日コリアン差別、やめよう 新宿、2千人デモ行進・・・韓国人の方が差別してるよね。

在日コリアン差別、やめよう 新宿、2千人デモ行進 - 47NEWS(よんななニュース)
より引用
http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013092201001443.html

↓   ↓   ↓

 在日コリアンを差別し、排斥するヘイトスピーチが繰り返されていることに抗議しようと、市民グループが主催した「差別撤廃 東京大行進」が22日、東京都新宿区であった。参加呼び掛けに応じた約2千人が「差別はやめよう。一緒に生きよう」と声を上げながら、JR新宿駅周辺をデモ行進した。

 参加者は「ヘイトスピーチに反対する」「仲良くしようぜ」などと書いたプラカードを掲げながら歩いた。ブラスバンドの演奏やダンスのパフォーマンスもあり、通行人の目を引いた。

 東京都の男性会社員(28)は「グローバル化が進む中で、日本人が他の民族を受け入れないというのは恥ずかしい」と話した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


動画を見たが、下手なラップを4分間も聞くのは苦行であった。

しかも、2000人なんていないし、警察発表では800人とか・・・?

通行人が、ほとんど全員無関心なので、たんなる自慰行為になっているね。

人種差別撤廃を求める東京大行進9/22 IWJ - YouTube
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=zpbHXsPDakA




日本人は別に韓国人や他の人種を差別していないと思う。

残念ながら言葉が通じないで困ることはあるが、これは違う言語の人を区別しているのであって差別ではないと思う。

ましてや日本で自分たちの国の流儀を平然と行うことは、差別以前に非常識な振る舞いに思える。

また、できることなら言葉の通じるコミュニティにいたいというのは、グローバル化からは遅れた考えかもしれないが、日本にいるなら日本語を話せと思うのは、日本人としては当然の言い分に思える。

それよりも、むしろ韓国人の方が、日本人を含むアジアの人々や黒人を差別していると思うのだが?

実際に、日本での在日の犯罪率は突出しており、危険だと思うのは、別に差別ではないと思うのだが?

在特会は別に韓国人を差別しているのではなく、嫌っているのだと私は思う。

嫌韓や反韓感情は、だんだん韓国人を理解するにつれて、広まってきていると思う。

在日は、在日特権で他の外国人より優遇されており、これは他の外国人への差別ではないかという考えが浮かぶね。

全ての外国人に平等に差別なく接するには、在日特権は廃止にするべきだね。

在特会は、在日特権を許さない市民の会の略だから、在日特権と言う差別がなくなれば解散するか名前を変えるよ。

今度、在特会も、差別をなくそうと訴えながらデモをしたらいかがなものだろうか?


ラベル:在日 韓国人 デモ
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。