2013年11月14日

朝鮮日報コラムでぼやき・・・日本を見る目、世界が馬鹿なのか、それとも?

Chosun Online | 朝鮮日報 【コラム】日本を見る目、世界が馬鹿なのか
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/13/2013111301243.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/13/2013111301243_2.html

↓   ↓   ↓

 韓国は日本の放射能を懸念し、韓国産の魚さえ食べず

 世界は東京の五輪開催を支持

 外部が韓日をどう見ているのか冷静に観察すべき

 韓日関係が悪化して以降、米国ワシントンの当局者、専門家の考えは「韓国が強硬過ぎる」という方向に傾いているという。韓国人にとって、日本の集団的自衛権行使容認は戦犯国家による再武装の企てだ。その戦犯国家と実際に戦争した米国、英国、オーストラリアが日本の集団的自衛権行使を歓迎する立場を取った。オーストラリアは日本の降伏後、戦犯リストに天皇を含めるほど強硬だった国だ。ロシアも日本の集団的自衛権行使を「理解する」との立場を表明した。日本帝国主義による被害を受けた東南アジア各国も日本軍の再登場を喜んでいる。日本の侵略軍との戦争で多くの血が流されたフィリピンの外相もメディアのインタビューで、日本の再武装を「とても歓迎している」と語っている状況だ。今や世界で日本の集団的自衛権に反対している国は韓国と中国しかない印象だ。

 各国は内心、日本が中国をけん制することを望んでいる側面もある。しかし、それに先立ち、日本が国際社会で「信頼できる国」「合理的な国」だという評価を得られなかったとすれば、国際世論の劇的な転換も不可能だったはずだ。国別の好感度を評価する国際調査で、日本は常にトップ圏内に入る。集団的自衛権は国連憲章で保障された権利だが、万一中国が日本より世界の尊敬を受ける国だったならば、日本が国際社会で「武力行使」といった話を容易に切り出すことはできなかったはずだ。

 同じ戦犯国家でありながら、ドイツが誠実なざんげを行ったのは、相手が米国、英国、フランスだったことが大きいと考える。日本がドイツと異なる行動を取るのは、相手が韓国だからだ。日本に関する問題を根本的に解決する方法は、韓国がもっと合理的で信頼できる国、言い換えれば、英国やフランスのような国になるしかない。韓国を軽視する国際社会の見方が変われば、日本を重視してきた目も変わることになる。

 ところで、韓国は今、そういう道を歩んでいるだろうか。1965年6月22日に結ばれた韓日基本条約と同時に、韓日は請求権に関する問題が「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」との点で合意した。「1945年8月15日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする」とも明記された。韓国は当時受け取った3億ドルの経済協力資金で浦項総合製鉄(現ポスコ)の製鉄所、京釜高速道路、発電所を建設し、経済の奇跡の足掛かりを築いた。ところが、韓国の裁判所は最近、日本に再び賠償を命じる判決を下した。韓国と同様の内容で日本と請求権協定を結んだアジア4カ国ではそういうことは起きていない。韓国が日本帝国主義によって受けた被害が他国よりはるかに大きいのは事実だが、国際社会は韓国を状況次第で国際的な約束まで覆す国として捉えているようだ。

 多くの韓国人が放射能を恐れ、日本旅行を避けている。さらには全く無関係の韓国の魚まで食べないというありさまだ。しかし、世界は福島からそう遠くない東京で五輪を開催することを圧倒的支持で決定した。世界が愚かなのか、それともわれわれの度が過ぎているのか。福島を除く日本の大半の地域では放射能が基準値以下だ。韓国の方が高い数値を示すこともある。韓国では公式の調査結果よりもインターネット上での根拠のないうわさが威力を発揮する。国際社会は韓国で子どもたちまで「米国産牛肉を食べると脳に穴が開いて死ぬ」と泣きながらデモ行進する姿を見守った。世界で韓国人を合理的で信頼できると考える人がどれだけいるだろうか。

 1995年に韓国の大統領が独島(日本名・竹島)問題をめぐり「日本の不作法を正してやる」と公言した際、韓国人は留飲を下げた。しかし、香港で世論調査を行ったところ「日本に共感する」との回答が60%に達した。

 韓国は日本帝国主義による最大の被害国だ。しかし、加害犯罪国が被害国より高い評判と信頼を得ている。加害国日本は、被害国である韓国には認められていない核再処理まで行っている。この腹立たしい現実は結局韓国自身のせいと言わざるを得ない。興奮しやすく感情的な気質、理性的な態度が求められるときに非理性的な行動を取ること、他人が何を言おうと、われわれが内輪で万歳を叫べばそれまでという態度、これらを放置していては日本をめぐる問題は克服できない。

 「北も南も韓国人は感情的で衝動的な人々だ。その衝動的で好戦的な人々が事件を起こさないようにしなければならない」

 72年に米国のニクソン大統領(当時)が中国の周恩来首相(当時)に語った言葉だ。韓国戦争(朝鮮戦争)の渦中にあった53年に韓国を訪れたニクソン副大統領(当時)が、李承晩(イ・スンマン)大統領(当時)に停戦方針を説明すると、李大統領は怒って声を張り上げたという。ニクソン大統領はその印象を持ち続けた。外部から韓国を見詰める目には、われわれが隠したいわれわれの姿が映っていることがある。ここまで到達したわれわれに残された最後の関門は合理性、理性、礼儀、冷静さだ。最後の関門だが、最も高いハードルだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


歴史認識が間違っている上に、結論も理解できない・・・ボヤキ記事?

ドイツが誠実なざんげを行っていない。ナチスが悪いと誤っただけなんだが?

韓国が日本帝国主義によって受けた被害が他国よりはるかに大きいのは事実なわけがない。韓国とは戦争すらしていない。

世界が愚かなのではなく、韓国のの度が過ぎているのですが・・・

韓国は日本帝国主義による最大の被害国ではない。だから侵略も戦争もしてなくて、日本がやったことは国際法に基づく併合だけなんだが・・・

この腹立たしい現実は結局韓国自身のせいと言わざるを得ないというが、腹立たしいのは日本を含めた世界の方だと思うのだが?

最後の関門は合理性、理性、礼儀、冷静さだというが、いやいや最初のとっかかりの間違いでしょう?

そもそも韓国は儒教の国と言っていて、礼儀が最後の関門ってどういうこと?

ぼやいてないで、もっと建設的なことをしろと言いたい。



PR----------





posted by 日本に住んでる日本人 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

韓国 キムチとキムジャン文化のユネスコ人類無形文化遺産登録が確実視 日本の和食の登録については懐疑的な見方も

【韓国BBS】キムチが無形文化遺産に登録、「日本の嫉妬が爆発」 2013/10/25(金) 11:07:44 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1025&f=national_1025_012.shtml

↓   ↓   ↓

 韓国のコミュニティーサイト「ガセンギドットコム」の掲示板に「キムチとキムジャン文化のユネスコ人類無形文化遺産登録が確実視」とのスレッドが立てられたところ、韓国人ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

 韓国の文化財庁は23日、ユネスコ無形文化遺産に登録申請したキムチとキムジャン文化が、ユネスコ無形遺産委員会の傘下にある審査補助機関から「登録勧告」の判定を受けたことを明らかにした。キムジャン文化とは、野菜が不足しがちな冬場に備えて、各家庭や近所の人たちと一緒にキムチを大量に漬け込む朝鮮半島の風習のこと。

 登録勧告は、登録が確実視されている段階で、12月にアゼルバイジャンで開かれる無形遺産委員会で正式に登録される見通しとなった。

 日本のネットユーザーの反応は、「どこに世界的価値が?」、「朝鮮人は秀吉のおかげでキムチが食べられるようになった。日本に感謝を」、「トンスルも登録しろ」などと、揶揄(やゆ)するコメントが多く見られた。

 そんな中、「おめでとう」、「韓国のキムチと焼肉とドラマとスマートフォンだけは認める」、「キムチは世界が誇る最高の文化」と、好意的な声もあった。さらに、「ネトウヨ怒りの萌えアニメの登録の動き」、「ネトウヨ怒りの納豆」などと、ネット右翼を嘲笑(ちょうしょう)するコメントもあった。

 スレ主は「(日本の反応を)全体的に見たとき、60%は嫌韓コメント、25%お祝いや好意的なコメント、15%はネット右翼への嘲笑コメント」と分析した。

 一方、韓国のネットユーザーからは、「キムチは優れた食べ物」、「キムチは最高!」、「キムチの種類の豊富さは、驚くほどだよね」と、今回の登録勧告を喜ぶ声が並んだ。また、「日本は、たこ焼きやお好み焼きを登録すれば」、「日本は嫉妬が爆発だな」との意見もあった。

 なお、今回同じタイミングで、日本の「和食」も登録が勧告されており、日本と韓国の食文化がそろって登録される見通しとなった。これに対して、韓国のネット上では「世界的に有名なキムチと一緒にユネスコに登録されるほど、和食は世界的に知られているのか?」という声も上がっており、日本の和食の登録については、懐疑的な見方をする人も少なくないようだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


綺麗ごとを承知で言うが、日本も韓国も認めるべきは認めて、他国を尊重すべきだと思う。

もっとも、反日と捏造を繰り返す韓国を尊重することは難しいと思うが・・・


キムチの原型が中国にあり、日本から赤唐辛子が入るようになって、現在のキムチができたのは事実であり、ここを韓国には認めてほしい。

そして、キムチだけなら認められなかった可能性が高い思うが、冬の前に近所みんなで協力してキムチを漬ける風習「キムジャン文化」としてまとめて登録されたなら納得である。

過去の経緯はどうあれ、しっかりと文化として残っていると思う。

ただ、今の若い韓国人に継承されて続いていくかは疑問であるが・・・


和食に関しては、韓国のネットユーザーは基本的に貧乏だから知らない、食べたことがない、日本に来たこともないと邪推してしまう。

無形文化財には、フランスの美食や、スペイン・イタリアなどの地中海料理が既に選ばれており、ここから判断すると和食の登録は問題ないと思ってしまう。

なお、和食は世界的に有名です。来日した外国人にも和食は日本文化として好評です。キムチの方が日本のものと勘違いしている外国人の方が多いのでは?

それと、海外では韓国人が日本料理の店を出しているケースがけっこう聞かれるが、たいがいまずいらしいので、修行もしないで日本料理店をだすことは、日本文化を貶める行為にしか思えないのでやめてほしいものだ。

有名で人気がある和食にあやかりたいのは理解できるし、韓国人が和食を提供するのもグローバル化の現代ならありでしょう。ただ、修行もせず、日本文化も理解せず、真似だけして、いい加減な料理でおいしくないのだけは許せないと思う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

2012年K-POPの日本国内著作権使用料が110億ウォン(約9億5700万円)を突破 でもアメリカは5800万ウォン(約500万円)

K-POPニュース001回 著作権使用料から何が見えるか? [K-POP] All About
より引用(少し古い情報です。)
http://allabout.co.jp/gm/gc/414717/
http://allabout.co.jp/gm/gc/414717/2/

↓   ↓   ↓

今回は、K-POPに関するニュースを1つ取り上げたいと思います。

以下のニュースは、韓国の朝鮮日報で(少し前になりますが)2月25日に配信された記事です。

K-POPの日本国内著作権使用料が110億ウォンを突破

韓国音楽著作権協会(以下KOMCA)は「昨年、日本音楽著作権協会(JASRAC)を通じて受け取った 著作権使用料を計算したところ、110億2900万ウォン(約9億5700万円)との集計が出た。 史上初めて100億ウォンを突破した」と24日に発表した。

(以下省略)

さて、この記事からいったい何が見えてくるでしょうか。

1つは、日本で韓国の音楽がテレビやラジオ、またコンサートやイベントなど、何らかのメディアを通じて、これまで以上に流れた(放送された)結果、いわゆる“作品使用料”がこれだけ発生したという現実が見えてきます。

ちなみに、K-POPが大ブームになっていると言われている他のアジア各国における韓国音楽の著作権収入を観てみると、KOMCAの発表によれば、香港が1億3700万ウォン(約1200万円)、台湾が1億3000万ウォン(約1100万円)、シンガポールが1億ウォン(約870万円)、そしてアメリカが5800万ウォン(約500万円)となっていて、日本だけ桁の違う数字になっていることが観て取れるはずです。

勿論、日本が他のアジアの国において、権利、特に著作権について法の整備が進んでいること。そして、著作権に関してどこの国よりも厳密に管理しているからこそ出てきた数字であって、本来なら、他の国でも、もっと大きな数字が出てもおかしくないはずです。

だとしても、あまりに数字に差がありすぎますよね。

それはやはり、結局このK-POPブームと呼ばれているものは、You Tubeを通じて無料で配信されるミュージック・ビデオが、主な視聴形態、つまり楽しみ方であることの証なのです。あれだけ流行ったPSYの「江南スタイル」あっても、アメリカでの著作権収入が約500万円って、どう考えてもおかしいじゃないですか。

日本でのK-POPの聞かれ方

翻って日本ではどうでしょうか。

日本の場合は、放送(テレビやラジオ)で放送される楽曲に関して※は、基本的に、いつ・どの番組で・何時何分・誰の・どの曲が流されたのかを、事細かにJASRACに申請する“義務”があります。

この申請によって、JASRACが使用料を放送局から徴収する訳ですが、韓国楽曲に関しては、2007年末にJASRACとKOMCAが楽曲の相互管理契約を結ぶまで、非常に曖昧な状況でした。つまり、JASRACには、韓国楽曲を管理する義務がなかったため、それまでは、使用者が権利者(もしくはその権利を管理している会社や団体)に対して自己申請をして、使用料を支払うシステムだったのです。

そのため、2003年の「冬ソナ」ブーム以降、ドラマのOST(サントラ)のヒットがきっかけとなって、それまで著作権に対して“ほぼ”関心のなかった韓国の音楽関係者たちが、1つの楽曲に対して、複数の権利を主張し、様々な問題が発生しました。

そもそも韓国では、つい最近まで楽曲を作家から買い取る文化が定着していたため、作詞家・作曲家は、一度買い取られる段階でギャラとしてお金をもらった後は、そもそも“著作権”で収入を得られるという概念は非常に薄かったと言われています。

そのため、「冬のソナタ」のOSTが日本で100万枚近く売れた際に、その売り上げは一体誰に行くのか?という疑問が生まれ、この件がきっかけとなって、作家たちの権利意識が急速に高まっていったことは、容易に想像がつくでしょう。構造的には「およげ!たいやきくん」と一緒ですね。

このような背景があって、「冬ソナ」ブーム以降、自らの楽曲を、買取ではなく、KOMCAや権利を管理する音楽出版社に預ける作家が急増し、著作権の使用料が作家たちの大きな収入源として成長していくことになったわけです。

ドラマにおける楽曲使用料

先に挙げたドラマにおける楽曲使用料の圧倒的な多さです。

韓国ドラマでは、とにかく劇中、様々な音楽が使われます。韓国のオリジナル楽曲もあれば、洋楽も数多く利用されていて、日本の曲もインストを中心に使われることが多いんですね。

当然、日本のテレビで放送される際、ブルーレイやDVDとして発売される際、劇中で使用される音楽に対して、著作権の使用料が支払われます。

嫌韓流の流れがあると言われながらも、現在も日本で月に50本程度の韓流ドラマが、地上波をはじめ、BS、CS、ケーブルテレビなどで放送されています。

単純計算で考えても、1話あたり10曲程度の楽曲が使われるとなると・・・想像できますよね。1か月あたり、相当な楽曲数になります。これらの使用料が実は、莫大な著作権使用料を生み出しているわけです。

ドラマの影響とは

つまり、ここで3つ目(であると同時に結論)になりますが、この著作権使用料の数字から、単純に「日本でK-POPが流行っているから、これだけの数字になった」という見解を出すのは、決して正しくないということ言いたいんです。

寧ろ、この数字は、ドラマによってもたらされたものが大きいと言えます。

実際、昨年10月には、月に56本の韓流ドラマが放映され、2003年以降、過去最高のOA本数を記録しました。こういった数字も、著作権使用料の拡大の後押しとなっています。

2013年度は、社会情勢も相まってOA数が減少するだろうと言われている韓流ドラマですが、それでも自社制作のコストと比較して割安、かつ安定した視聴者層を獲得できる韓流ドラマは、日本の放送局にとって、重要なコンテンツであることは間違いありません。

そして、最近は、アイドルたちのドラマ界への進出が相次いでおり、それに伴って、出演している本人だけでなく、出演陣の所属事務所の先輩・後輩のアイドルや歌手たちが、OSTに参加するケースも増えてきています。

つまりドラマが、映像コンテンツという枠にとどまらず、音楽コンテンツの1つとしても今後は認識され、ドラマを活用した音楽プロモーションという新しい展開に発展していく可能性も出てくるのではないでしょうか。そうすると、ドラマのOA本数の減少は、必ずしも、著作権使用料の減少には結びつかず、寧ろ、ドラマにおける音楽の重要性が高まるにつれて、その額は、さらに増える可能性もあるかも知れませんね。

※JASRACに楽曲管理を依頼している場合に限るため、それ以外の楽曲は、直接管理者もしくは作家とのやり取りになります。

※参考

一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)
http://www.jasrac.or.jp/

韓国音楽著作権協会(KOMCA)
http://www.komca.or.kr/jap/index_jap.jsp

↑   ↑   ↑
引用終わり


単純にK-POPや韓流ドラマは、日本や一部地域では流行したが、他ではだめだったということじゃないの?

米Foxニュースにて「K−POPアイコンのPSY、韓国経済に寄与」とあるが・・・
http://japanese.joins.com/article/437/177437.html?servcode=700§code=720


PSYはイタリアでは大ブーイングだったようだし、一発屋で終わるようだし・・・


【世界に広がる嫌韓】イタリアでPSYに浴びせられた大ブーイングが良くわかる動画 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=vSW7nhRRZK4




PSYの『江南スタイル』プロモーションビデオは、再生回数が18億回突破目前とのことだが・・・

これは、韓国が国ぐるみで再生回数を増やして売れているように見せかけただけだしね。

怒ったYouTubeは韓国を遮断する措置をとったしね。


ついにYouTubeが韓国遮断! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=vxfRR7CYjgk




K-POPや韓流ドラマは、一部でまだ人気はあるようですが、全盛期は過ぎたと思います。

嫌韓・反韓感情を持つ日本人が増えたことも一因でしょう。

私は、K-POPよりも洋楽の方が好きですし、J-POPも好きです。(新しいのはほとんど聴きませんが)

ドラマはほとんど見ません。読書の方を好みます。

韓流ドラマは、うちの母は歴史ものが好きなようで、よく見ています。

一応、「ドラマとして楽しむのはいいけど、歴史として信じないでね、デタラメだから」と言っておきました。

さて、今年の日本国内著作権使用料はどういう結果になりますかね?


ラベル:K-POP 韓流 psy YouTube
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

韓国工作機械メーカーのファチョン機械はえらいと思う。韓国でこういう企業が育つとは思わなかった。

「ソナタもギャラクシーも韓国製の工作機械で作られている」 | Joongang Ilbo | 中央日報
より引用
http://japanese.joins.com/article/356/177356.html

↓   ↓   ↓

今月16日から4日間、京畿道一山(キョンギド・イルサン)のキンテックス(KINTEX)で開かれた「2013韓国産業大展」には観覧客13万人が訪れた。韓国機械産業振興会は韓国内外から約1800社が参加した今回の展示会を通じ、50億2000万ドル相当の成果をあげたと明らかにした。展示場では韓国工作機械メーカーであるファチョン機械が披露した大型装備が注目を集めた。パソコン数値制御(CNC)旋盤「MEGAII260」だ。長さ約20メートル、重さ110トンにも及ぶ。図体が大きいだけに、価格も12億ウォン(約1億1100万円)に達する。ファチョン機械のチョ・ギュスン社長(68)は「慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)工場から展示場まで機械を移動させるために18人が11日間も苦労した」と紹介した。

MEGAIIは石油掘削孔や風力発電のメーン・シャフト (主動力軸)、船舶のクランクシャフト(エンジン軸)など、原形金属軸を作る超精密機械だ。今まではドイツ・イタリア企業がこの市場を掌握してきた。ファチョンは2010年から固有ブランド「MEGA」を通じて国産化に成功し、約10台の製品群を売り出している。今回はアップグレードした商品を披露したのだ。チョ社長は「精度と設計・製造能力はライバル会社と対等だが、価格は40%ほど安い」とし、「これが米国・ロシアはもちろん、宗主国のドイツからも注文を受けている秘訣」と自慢した。

ファチョン機械は1975年に設立されてから機械製作一筋に歩んできた会社だ。CNC旋盤やミーリングマシン・研削盤・ドリリングマシンなどが主な生産品だ。多少聞き慣れない名前だが、この会社が作った機械を通じて現代自動車「ソナタ」やサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシー」などが生産されている。ファチョンによる金型加工装備「UMシリーズ」は、年間1500台が売れるベストセラーだ。チョ社長は「ファチョンの母胎は52年に創業したファチョン機工」とし、「貯水池閘門(こうもん)の製作から始めて世界一流に上り詰めた韓国機械産業の生きた歴史」と話した。今年の予想売上高は2700億ウォン、このうち輸出の割合が30%だ。

チョ社長は92年に系列会社であるファチョンギア最高経営責任者(CEO)に就任したことを皮切りに、ファチョングループで22年間、専門経営人として活躍している。現場を重視する特有の「活力経営」で、2000年以降、銀行から借金のない経営、労使の紛争のない企業に育てた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「現場を重視する特有の「活力経営」で、2000年以降、銀行から借金のない経営、労使の紛争のない企業に育てた。」

素直にすごいと感心した。

無借金経営で、労使紛争がない企業なんて、日本でもそうそうあるものではないと思う。

韓国でもこういう優秀な機械製作企業が育つんだね。

ただ、その優秀な機械を製作するために、どこの国の機械を使用しているかには触れてないね。

もしかして日本製の機械?


「精度と設計・製造能力はライバル会社と対等だが、価格は40%ほど安い」

ここがこの会社の強みなのだろうが、なぜなのか疑問がある。

技術的に40%のコストダウンは不可能だと思われる。

韓国の電気代が安いことは知っているが、あとは人件費くらいしか削るところはないと思うのだが?

まさか若者を雇用せずに年配者を安い賃金で雇っているのだろうかと邪推してしまうね。


これで、韓国が精密部品も自国で生産できるようになれば、日本からの部品輸入も減少すると思われるが・・・

問題は、韓国の部品製造業者に設備投資する余裕があるかどうかだね。

ソナタもギャラクシーも韓国製の工作機械で作られているというのだから何とかしてるのでしょう。

ただ、残念ながらウォン安の恩恵は終わり、ウォン高になったので、輸出産業は日本企業の逆襲に耐えられるだろうか?


このファチョン機械に関しては、海外からの引き合いが多いようだし、価格競争力があるから伸びると思う。(若干解せないところもあるが・・・)

ただ、韓国経済は行き詰っており、足を引っ張りかねないのが不安要素だろうね。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

韓国 東京国立博物館の朝鮮王室遺物は盗品と推定、韓国に返すべき

東京国立博物館の朝鮮王室遺物は盗品と推定、韓国に返すべき=韓国 2013/10/02(水) 14:12:39 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1002&f=national_1002_038.shtml

↓   ↓   ↓

 東京国立博物館が1日から企画展「朝鮮時代の美術」を開催しているが、朝鮮時代の高宗が使っていたと思われる鎧(よろい)や兜(かぶと)など王室の遺物が公開されており、これらが盗難品ではないかとして韓国国内で物議を醸している。複数の韓国メディアが報じた。

 東京国立博物館の東洋館は、アジア各地域の美術や歴史が集まっており、朝鮮半島の遺物も多数展示されている。

 韓国メディアによると、博物館側はこれらが朝鮮王室の遺物であることは明示せず、19世紀の朝鮮の品であり 「小倉コレクション」から寄贈されたという案内文をつけて公開しているという。

 また今回の企画展では「小倉コレクション」から1982年に寄贈された124点が展示され、このうち5点が朝鮮王室の遺物として確認されたと指摘。

 日本人の事業家である小倉武之助氏は、日本統治時代に朝鮮から多数の文化財を収集した。死亡した後は、彼の息子が文化財1040点を東京国立博物館に寄贈した。小倉氏は盗掘など不法な方法で収集した人物として知られていると解説。

 韓国メディアは、国際博物館会議(ICOM)の規約では、盗難品などを寄贈されたり、購入したりしないと定めており、東京博物館側が盗難品ではないという証明をしていない場合、所有国である韓国に返す必要があると強調した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


日韓基本条約において、韓国政府が1400点の文化財の返却と引き換えに、文化財の請求権を放棄していることや、日本にある朝鮮半島の文化財が略奪されたものであることが立証できないため、日本政府は韓国政府に返還する義務はない。

さらに盗んだかどうかを証明するのは、一般的に加害者でなく被害者の方だ。

つまり、盗んだと言いがかりをつけてきた韓国に証明する責任がある。

日本には、盗んでいないという証明をする義務もないし、する必要もない。

そもそも、韓国の日本以外の国には何も言わない姿勢は、呆れてしまう。

日本政府は、韓国のアホらしい論理に惑わされずに、毅然とした態度で接してほしいと願う。


posted by 日本に住んでる日本人 at 03:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

韓国 ガソリン作る大腸菌を開発⇒パクリと判明

Chosun Online | 朝鮮日報 ガソリン作る大腸菌を開発=韓国の研究チーム
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/09/30/2013093001190.html

↓   ↓   ↓

 韓国の研究チームが世界で初めてガソリンを作る微生物を開発した。酵母が糖分を分解してビールを作るように、この微生物は雑草や木くずを分解してガソリンを作り出す。今回の研究をさらに発展させれば、非食用の植物資源から自動車燃料やプラスチックといった石油化学製品を作ることができ、エネルギー不足の解消・環境保護に大きく貢献するものと期待される。

 韓国科学技術院(KAIST)生命化学工学科のイ・サンヨプ教授(ディスティングイッシュト・プロフェッサー)とチェ・ヨンジュン博士らの研究チームは「代謝工学を利用し木・雑草などの非食用植物からガソリンが生産できる大腸菌を開発した」と29日、明らかにした。代謝工学とは微生物の遺伝子を変形させたり、存在しない遺伝子を加えたりして作りたい化合物を生産する技術だ。

 ガソリンは本来、石油から作られるものだ。普通、原油をセ氏30−140度に加熱すると気体に変わるので分離可能になる。自動車燃料のディーゼル油は原油を250度以上に加熱して初めて気体になる。双方とも炭素と水素からなる鎖構造を持つ炭化水素化合物だ。

 では、両者は何が違うかというと、鎖構造の長さだ。ガソリンは炭素数が4−12個だが、ディーゼル油は13−17個と長くなっている。大腸菌は糖を分解して16−18個の炭素からなる脂肪酸を合成する。研究チームは大腸菌の遺伝子を変形させ炭素10−12個の脂肪酸を作った。そしてもう一つの変形遺伝子はここから炭素をもう一つ取り、体外に排出させた。その結果、大腸菌から炭素10−11個のガソリンができることになるというもの。2010年に米国の研究者が科学誌「サイエンス」に植物からディーゼル油を作る微生物を開発したと発表したが、炭素鎖がディーゼル油よりも短いガソリンを微生物で作ったのはこれが初めてだ。

 特に、イ教授が作った大腸菌は木くずや雑草といった非食用植物でガソリンを作ることができるという点で意義が大きい。原油価格の上昇に伴ってトウモロコシやサトウキビを微生物で発酵させて作るバイオエタノールが注目されたが、トウモロコシ価格の高騰や農地開発による森林破壊という後遺症が発生した。さらに、バイオエタノールは自動車燃料添加剤としては使えるが、完全にガソリンに取って代わることはできない。

 イ教授の研究チームは今回、大腸菌培養液1リットルでガソリン580ミリグラムを得た。同教授は「米国研究チームのディーゼル油よりは効率が良いが、まだごくわずか。微生物でガソリンが作れると証明したことに意味がある」と話す。チェ博士は「効率を少なくとも数十倍以上に上げなければ実用化は不可能だろう」と言った。

 今回の研究結果は、「サイエンス」と共に世界2大科学誌といわれる「ネイチャー」電子版(30日付)に掲載された。イ教授は論文の責任を負う責任著者(コレスポンディングオーサー)で、チェ博士は第1著者だ。

 代謝工学=細胞の遺伝子を操作して特定物質を生産する技術。代謝工学によりプラスチック、繊維、ディーゼル油、ガソリンなどの生産も可能だ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


2011年11月29日に下記の研究結果が発表されている。

スイッチグラス(雑草)を食べて輸送燃料を作る大腸菌(米国)
http://www.nedo.go.jp/content/100455044.pdf

一部引用

↓   ↓   ↓

今回開発された先進的バイオ燃料はガロン等量でガソリンを代替することができて、現行のエンジンやインフラでも利用が可能である。

↑   ↑   ↑

よって、「韓国の研究チームが世界で初めてガソリンを作る微生物を開発した。」は誤報である。

どのような研究をするかは、その研究チームの自由だが、世界初という嘘はだめだね。

既存の研究を試してみることで、新しい発見がある可能性もあるけど、今回の韓国のケースでは全くない。

研究結果がサイエンス誌に掲載されたことは、価値がある研究と認められたということだとは思う。

ただ、世界初だから掲載されたわけではないことを理解してほしいものだ。

なお、ネットの情報では、この概念は日本が発明したらしいね。

ラベル:韓国 パクリ
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

韓国・ソウルで「日韓交流おまつり」・・・アホらしい

「関係悪化の中、韓国・ソウルで「日韓交流おまつり」」 News i - TBSの動画ニュースサイト
より引用
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2014056.html

↓   ↓   ↓

 竹島の領有権や慰安婦問題をめぐり、日本と韓国の関係は冷え込んだままですが、韓国・ソウルでは両国の交流イベントが今年も開かれています。

 15日、韓国・ソウルでは、「日韓交流おまつり」が開催されています。

 この交流イベントは、相互理解を深めようと2005年以降、毎年開かれてきました。しかし、日本と韓国の政府は慰安婦問題や竹島の領有権をめぐり、去年8月以降関係が悪化、両国で新政権が誕生してからもいまだ首脳会談は開催されていません。

 こうした中でも、15日は、日韓の企業130以上が協賛し、韓国の学生700人以上がボランティアとして携わっています。

 また、日本からは、韓国のテレビ番組に出演したことがあるタレントや俳優が参加し、イベントを盛り上げました。

 「日韓関係のいろいろな動きは昨年から大きくありましたけど、実際に韓国に来て、それを肌で感じたとか、嫌な目に遭ったことは逆になくて、友好的な関係が結べればと強く思っています」(藤井美菜さん)

 「僕らの演技や歌には国境はないだろうと思うので、いい芝居をすることだけを考えています」(三浦春馬さん)

 政治的な緊張関係が続く中、こうした地道な文化交流に期待する声は大きく、今月21日、22日には、日本の東京でも同様のイベントが開催される予定です。

↑   ↑   ↑
引用終わり


こんな形だけのイベントをやっても、日本人に一旦芽生えた嫌韓の意識は戻らないと思う。

タレントは、お客様扱いだから待遇がいいだけだと思う。

個人旅行でソウルに行って、それでも嫌な目に合わないと言えるとは思えない。

そもそも日韓関係の悪化は、韓国の日韓基本条約違反につきる。

さらに反日教育や親日罪ときて、日本を敵国と思っている韓国人は、対北朝鮮よりも多いのが現状だ。

日本でもイベントがあるようだが、韓流好きが盛り上がるのだろう。

ただ、韓国の姿勢が変わらない限り、嫌韓、反韓に日本人がなっていく流れは止まらないと思う。


ラベル:韓国 日本
posted by 日本に住んでる日本人 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

「またか…」韓国、新型iPhoneの1次発売国に含まれず

「またか…」韓国、新型iPhoneの1次発売国に含まれず 2013/09/11(水) 14:42:43 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0911&f=national_0911_049.shtml

↓   ↓   ↓

 米アップルが10日(米国時間)に発表したスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズの新機種に世界の注目が集まる中、韓国が今回も1次販売国から外れたことが分かった。韓国メディアは、「また除外」、「今回も一歩遅れて新製品と出会うことになる」などと報じた。

 アップルが発表したのは「iPhone」の新機種「5S」と廉価版「5C」の2機種。「5C」は800万画素のカメラやA6プロセッサーを登載し「5」並みの機能を持つが、本体はプラスチック製で価格を抑えた。

 9月20日から、米国、豪州、カナダ、中国、フランス、ドイツ、日本、シンガポール、英国の9カ国で販売する。中国は今回から1次販売国に含まれた。日本では新たにNTTドコモにも供給される。

 韓国はこれまでと同様、1次出荷国から外れた。韓国メディアによると、インターネット上には「どうせ1次は期待していない」、「韓国はIT強国なのだろうか。いつも1次販売国に入れない」、「なぜいつも除外するんだ」などと不満をあらわにしたという。

 アップルは、12月末までに100カ国以上の国で「5S」と「5C」を販売するとしており、韓国もこの中に含まれるものとみられている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


単純に販売見込みによるものだと思う。

日本はアメリカに次いでるし、中国はかなりの数字が期待される。

韓国にはサムスンもあり、特許侵害の問題も無関係ではないとは思う。

というか、韓国は自国の経済崩壊回避のためにもサムスンを利用すべきでは?


ラベル:韓国 iPhone
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

韓国 米兵に文化財盗まれた…「答えろオバマ」署名運動

米兵に文化財盗まれた…「答えろオバマ」署名運動=韓国 2013/08/26(月) 11:05:45 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0826&f=national_0826_015.shtml

↓   ↓   ↓

 韓国の市民団体「文化財を取り戻す運動」は23日、米国のロサンゼルスカウンティ美術館が所蔵する文化財「文定王后御宝」は、朝鮮戦争当時に米軍兵士によって韓国から盗み出されたものだとして、証拠の資料を美術館側に提出したと発表した。複数の韓国メディアが報じた。

 団体は7月11日、美術館側と面談し、1950年台に当時の駐米韓国大使が、47個の御宝が盗まれたと米国務省に申告した記録、米軍による御宝窃盗事件を報じた新聞記事などを提出した。

 その後、美術館は米兵が盗んだことを裏付ける証拠資料を要求。今回、団体は追加資料として、文定王后御宝が1924年に宗廟にあったことを証明する文献、1956年にヤン・ユチャン駐米大使が米国側に紛失したと申告した御宝47個の目録などを提出した。

 文定王后は李氏朝鮮の第11代国王、中宗の王妃。文定王后御宝は、宗廟の第6室に祭られていたとされる。

 団体代表の慧門(ヘムン)僧侶は、「文定王后御宝の横に墨で書かれた『六室大王大妃』の文字は、宗廟が所蔵していたことを示す重要な証拠だ」と主張した。団体は9月18日に、美術館側と2回目の面談を行うという。

 現在、団体は各界の有識者による「100人委員会」を構成し、ホワイトハウスのオンライン請願プログラムを通じて文定王后御宝の返還を求める「答えろオバマ」署名運動を行っている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「朝鮮戦争当時に米軍兵士によって韓国から盗み出されたもの・・・」

「「答えろオバマ」署名運動・・・」

完全に泥棒扱いで、同盟国の大統領を呼び捨てする精神構造が理解できない。

「1950年台に当時の駐米韓国大使が、47個の御宝が盗まれたと米国務省に申告した記録」

「米軍による御宝窃盗事件を報じた新聞記事」

「文定王后御宝が1924年に宗廟にあったことを証明する文献」

どれも米軍が泥棒をしたという証拠にはなりませんね。

可能性として、朝鮮人が盗んで、米軍に売ったという可能性も否定できません。

「1956年にヤン・ユチャン駐米大使が米国側に紛失したと申告した御宝47個の目録」

これに至っては、全く意味不明ですが、泥棒の証拠にはなりませんね。

つまり、証拠もなく泥棒呼ばわりしているわけです。

理性があるならば、泥棒は言及せず、韓国のものという証拠があり返却をお願いしますでいいんじゃね?

なんで同盟国相手にこんなに強気なのか?やはり中国とつるむことに決めたの???


文化財不法輸出入等禁止条約って知ってますか?

文化財の不法な輸入、輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約で1972年に発効されました。

つまり、1950年代の事件には適用されません。

よって、国際法上は、米国に返却義務はないことになる。

だいたい、朝鮮戦争を経て、現存する美術品の存在を喜ぶべきであり、地道な交渉によって返却を求めるものではないの?

もう国民感情が、米軍は泥棒で、オバマは答えろと上から目線で呆れてしまう。

韓国人が、なんでこんなに強気なのかが全く理解できない。


posted by 日本に住んでる日本人 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

【社説】韓国での贈り物、米国では賄賂に

Chosun Online | 朝鮮日報 【社説】韓国での贈り物、米国では賄賂に
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/08/10/2013081000615.html

↓   ↓   ↓

 韓国社会で一般的にやりとりされる贈り物は本当に贈り物なのか。贈り物に見せかけた賄賂をそっと受け取り、賄賂であることを知りながら「これは贈り物だから問題ない」と平然と受け取っているのではないか。

 米第8軍のジョセフ・フィル元司令官が韓国で勤務していた際、ある韓国人から金品を受け取ったことが問題視され、中将から少将に降格されたというニュースが米国で報じられた。このニュースに接し、自らの行動を振り返った政府関係者は一体何人いるだろうか。元国税庁長はある財閥グループの企業から30万ドル(約2900万円)の現金と2000万ウォン(約170万円)の高級時計を受け取り、これを国税庁長就任祝いと解釈したとする発言がつい先日報じられ、一層そのような思いを強くした。

 フィル元司令官は韓国人から金メッキ製のモンブランのペンセットと、2000ドル(約190万円)相当の皮製かばんをプレゼントされ、家族も現金3000ドル(約29万円)を受け取ったが、これらはすでに米国政府により押収されているという。これらの金品がやりとりされたきっかけが赴任祝いだったのか、あるいは送別会でのことだったのかなど、詳細は明らかになっていない。

 元在韓米軍司令官を不名誉な理由で異動させるきっかけとなったこの「韓国式贈り物」が、米国の法律で違法行為となったのは明らかだ。米国の「連邦海外腐敗行為防止法」によると、政府関係者が給与以外の金品を受け取った場合、それがたとえ職務と関連がない場合でも、懲役1年から5年、あるいは罰金などの処罰を受ける。米国政府の倫理規定によると、政府関係者やその家族は1回20ドル(約1900円)以下、年間最大50ドル(約4800円)の範囲でのみ贈り物などを受け取ることが可能とされており、この範囲を上回る場合は届け出が必要だ。フィル元司令官は金品を受け取った事実を届けなかったことが問題になったという。

 さらに驚くべきことは米国の監視体制だ。フィル元司令官は韓国から米国に戻るとすぐに国防省監査室、連邦捜査局(FBI)、陸軍犯罪捜査隊による合同調査チームから事情聴取を受けた。常識的に考えても、フィル元司令官に金品を贈った人物が何らかの見返りを求めていたとは考えられない。それにもかかわらず米国の監視体制は非常に厳しく、例外は一切認められない。

 韓国の習慣が米国で大きな問題となったことを受け、韓国政府は「不正請託禁止法」の制定作業に着手したが「職務と関係のない金品の授受」を処罰するかどうかについて、最初から最後まで何だかんだと議論になったのが実情だ。韓国における倫理意識あるいは感覚がこのまま改善されないようでは、この国がまともになるのはまだはるか遠い先と感じざるを得ない。

↑   ↑   ↑
引用終わり

私は、何回か記事に書いているが、韓国に何かを期待するのが間違っているとしか言いようがないと思う。

自分たちの「常識」が、国際的には「非常識」であることを理解していないというより、理解できない民族なのではないかと思う。

韓国に関わるとは、不幸になるからやめたほうが良いのではとさえ思ってしまう。

民度が低いと言われて、火病で激怒しまくる国民性だ。

己を振り返ってみるという行為ができるようなら、反日であるはずがないと思ってしまう。


ラベル:賄賂 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

外国人による韓国女性セクハラ動画は演技−ワシントンポスト

朝鮮日報/NEWSIS: 2013.07.27 07:33 (韓国語) エキサイト翻訳
より引用
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fnews.chosun.com%2Fsite%2Fdata%2Fhtml_dir%2F2013%2F07%2F27%2F2013072700318.html&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_chr=

↓   ↓   ↓

2013072700294_0.jpg

http://image.chosun.com/sitedata/image/201307/27/2013072700294_0.jpg


最近西洋男性2人がソウルのあるナイトクラブで酒に酔った韓国女性をセクハラする姿を現わした動画がユーチューブに上がってきて問題になった中でこの動画は実際の状況でなく演出されたことであり動画の中の人物が金を受け取って演技をしたものとワシントン ポストが25日報道した。

78秒分量のこの動画は先月8日韓国のさあゲイドットコムに初めて掲示されたし韓国はもちろん西側国家でも大きい公憤を呼んだ。

去る15日が動画による韓国人の怒りが韓国に居住する西側人に対する反感をそそのかすと憂慮されると報道したワシントン ポストは25日動画に登場する西洋男性が匿名を前提に"動画の中の場面は90ドル(約10万ウォン)を受けることにして延期したことであり単純に面白味のためにとったことであるだけ"と明らかにしたと伝えた。

ワシントン ポストはこの動画を製作した韓国人男性がこの場面を他の角度で撮影した二つのバージョンを見せたとしてこれはが動画が初めから意図的に作られたことを後押しすると話した。 この動画は米国式発音を駆使する限り西洋男性が酒に酔ったある韓国女性の鼻の穴を指でほじくった後その指を女性の口に入れて"鼻くそも食べろ。 顔が醜かったら(他の人のように)整形手術でもすべきだ"とからかってばかにする姿をまた他の男性がそばでくすくす笑って携帯電話で撮影する姿を現わしている。

二女性は自身をどうか困らせるなと頼んでかろうじて西洋男性たちの手から脱出する。

しかしこの動画が演出されたことを立証する客観的な証拠はこれらの主張と二つの他のバージョンを除けば一つもない。 この西洋男性たちが実際に金を受け取ったという契約書や領収書のようなものは探せない。

↑   ↑   ↑
引用終わり


客観的な証拠はこれらの主張と二つの他のバージョンを除けば一つもないと記載しているが、その二つの他のバージョンの存在こそが致命的だと思うのだが・・・

撮影者も韓国人男性ということだが、自国の女性のピンチに何を悠長に撮影しているんだか・・・と思ってしまう。

いや、西欧人に注意するのが怖くて何もできなかったというなら分かるんだが、この韓国人男性は撮影しているわけでしょ。

しかも二つの他のバージョンがあるということは複数人で撮影していたわけでしょ?

これは、ヤラセと思わない方がおかしいんじゃない???





ラベル:韓国 ヤラセ
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

技能五輪 韓国優勝・・・でも韓国製の部品って信用できる?

技能五輪 韓国優勝 日本は惜敗4位(ハザードラボ) - エキサイトニュース
より引用
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130708/Hazardlab_1981.html

↓   ↓   ↓

 ドイツ・ライプチヒで開かれていた若者の職業技能を競う「第42回技能五輪国際大会」は、金メダル獲得数で韓国が1位、日本は惜しくも4位の成績となった。

 技能五輪は、職業訓練の振興や技能水準の向上を図るとともに、青年技能労働者(満22歳以下)の国際交流と親善を目的に開かれるもので、自動車板金から石工、ビューティーセラピー、洋菓子製造と幅広い職種で、その技能が競われる。

 今回は今月2日から7日の日程でドイツで開かれたが、競技種目は46職種、新しく「プラスティック金型」が加わった。

 日本は40種目45人の選手団で臨み、「情報ネットワーク施工」、「自動車板金」、「電工」、「ITネットワークシステム管理」、「プラスティック金型」の5職種で金メダルを獲得したが、優勝候補最有力と目されていた「印刷」などでメダルに手が届かず、獲得メダル数では金メダル5個、銀メダル4個、銅メダル3個、敢闘賞18個で、金メダル獲得数の国・地域別順位は4位に甘んじた。

 優勝した韓国は金メダル12個獲得、4大会連続の総合優勝で、韓国紙「中央日報」は、「やはり技術大国の韓国。4連覇も達成し、技術大国の地位を改めて確認した」などと報じている。

 ちなみに韓国は技能五輪のための訓練施設などもあり、スポーツの五輪と同じように国を挙げて技能五輪に力を入れている。

 金メダル獲得数の国・地域別順位(4位まで)は以下のとおり。

1位 韓国  12個

2位 スイス 9個

3位 台湾  6個

4位 日本/オーストリア 5個

↑   ↑   ↑
引用終わり


さて、記事にも記載がありましたが、韓国は、「技能五輪のための訓練施設などもあり、スポーツの五輪と同じように国を挙げて技能五輪に力を入れている」国なんです。

この人たちが部品工場で働いていると思いますか?

答えはNOでしょう。

要は、技能五輪で勝つために、日夜頑張っているだけで、実際の製造にはノータッチなわけです。

あほらいいと感じてしまいます。

詳しくはこの本に載ってますので、よろしければどうぞ。

↓   ↓







ラベル:技能五輪 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。