2013年11月08日

百貨店の虚偽表示拡大=三越伊勢丹、そごう西武も

時事ドットコム:百貨店の虚偽表示拡大=三越伊勢丹、そごう西武も
より引用
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201311/2013110600541&g=eco

↓   ↓   ↓

 百貨店業界で食品の虚偽表示問題が相次いで明らかになった。業界トップの三越伊勢丹ホールディングスは6日、三越日本橋本店や伊勢丹新宿本店などのレストランで、ケーキに乗せた中国産のクリを「フランス産」とするなど、表示と異なる食材を提供していたと発表した。そごう・西武と小田急百貨店でも同様の問題が判明した。

 三越伊勢丹で虚偽表示があったのは、三越日本橋、伊勢丹新宿の両店のほか、「三越」が札幌、仙台、高松、「伊勢丹」が府中、浦和、相模原の各店舗と、伊勢丹会館(東京都)にある計14レストラン。該当メニューは52に上り、1996年から今月初めまでの間に約22万食、計3億円以上を販売していた。

 赤松憲常務は記者会見し、「原材料の確認が不十分だった。お客さまに大変なご迷惑を掛け、申し訳ない」と謝罪した。

 そごう・西武は7店舗のレストランや食料品売り場で、表示と違う食材を使用していたと発表。問題が見つかったのは「そごう」の横浜、千葉、川口、徳島、「西武」の筑波、東戸塚、小田原の各店舗で、メニューとは異なる産地の牛肉を使うなどしていた。

 小田急百貨店ではおせち料理やレストランのメニューで虚偽表示が発覚した。新宿店のレストランでは2006年から今年10月までの間、加工肉と表示せずに牛肉のステーキなど1万8000食を販売していた。

 百貨店では、高島屋や大丸松坂屋でも虚偽表示が明らかになっている。各社は利用者に代金を返金し、再発防止を図る方針だが、ブランドが揺らいでいる。(2013/11/06-21:38)

↑   ↑   ↑
引用終わり


「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というジョークを思い浮かべてしまう状況だ。

モラルの低さに呆れてしまう。

ただ謝罪し、頭を下げて済ますつもりなんだろうが、やったことは詐欺だよなぁ・・・・

せっかく景気は上向き、消費が拡大するかというところで、販売側のこの不祥事は酷いね。

お客との信頼関係が崩れてしまったことで、客離れが加速しそうで怖いのだが、そのような危機感はあるのだろうか?

責任をとるということは、痛みを感じることだと思う。

よってトップの辞任が相当だと思うのだが・・・?



PR----------

飲みやすく、続けやすい大人気の酵素!







ラベル:食品表示偽装
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本食品偽装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。