2013年11月05日

韓国朴槿恵大統領 欧州統合見習えとフランス紙にてまた日本批判

時事ドットコム:欧州統合見習え=韓国大統領、フランス紙にまた日本批判
より引用
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013110200260

↓   ↓   ↓

 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は2日、フランス訪問を前にソウルで仏紙フィガロのインタビューに応じ、冷え込む日韓関係に関し「日本が欧州連合(EU)統合を見習い、態度を変えてほしい」と語った。聯合ニュースが報じた。

 朴大統領は「われわれは両国関係を未来志向の関係に発展させたいが、一部の日本の政治家らが歴史に関し、しきりに退行的な発言をするので遺憾だ」と主張。「欧州統合はドイツが過去の過ちに対し建設的態度を見せたため可能だった」と述べ、関係改善に向け日本がまず積極的な姿勢を示すよう求めた。 

 朴大統領はメルケル独首相やヘーゲル米国防長官との会談でも同様の日本批判を展開。日本側は反発を強めそうだ。(2013/11/02-20:37)

↑   ↑   ↑
引用終わり


ドイツに関しては、戦争責任は全てナチスにあるとしたのであるが、これが建設的な意見の正体なのだが?

そもそも国交を正常化するための条約をもって、過去を問わないことは、国際法上の常識だと思う。

日韓基本条約を無視して、過去の歴史を捏造してまで日本が悪いという韓国が異常なのだ。

日本は(必要もないのに)謝罪をしているのに、それを反古にして、関係を悪化させているのは韓国だ。

韓国こそ欧州連合を見習ってほしい思う。


そもそも、欧州連合を見なられという前に、朝鮮半島をまとめてほしいものだ。

韓国は分裂国家という意識が薄すぎると思う。


日本は、日韓基本条約のことをもっと世界に拡散させるべきだと思う。

韓国のしていることが、国際法を無視した行為だと、世界中に喧伝してほしいものだ。








【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。