2013年11月03日

スマートフォン市場でサムスンが急落「日本市場で地殻変動」

スマートフォン市場でサムスンが急落「日本市場で地殻変動」=韓国 2013/11/01(金) 13:07:03 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1101&f=national_1101_015.shtml

↓   ↓   ↓

 香港の市場調査会社のカウンターポイント・リサーチは1日、9月に日本のスマートフォン市場調査を行った結果、米アップル社が市場全体の34%を占め、サムスン電子のスマートフォンはわずか6%台であったことを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 韓国メディアは、「サムスン電子が日本市場攻略で赤信号」、「日本市場で地殻変動」などの見出しで伝えた。

 米アップル社の日本市場シェアは7−8月は14%台にとどまったが、iPhone 5sとiPhone 5cのリリースがあったことに加え、NTTドコモと提携したことがサポートが追い風となった。これにより、7−8月にシェア14%程度で日本市場の第3位を記録した米アップル社は、9月には20%ポイントも急上昇し、一気に第1位になったと説明。

 さらに、NTTドコモがiPhoneを販売することに対して、危機感を感じたソフトバンクやKDDIなど競合他社が「iPhoneの補助金」を大幅に増やしており、これも米アップル社のシェア急上昇につながったと解説した。

 一方、サムスン電子は、6月に2桁の10%に届いたシェアが8月の7.2%に続き、9月は6.3%に落ちた。新製品のギャラクシーノート3を早く出したものの、その効果は得られなかった。

 日本は米国と中国、インドに次いで世界第4位の規模のスマートフォン市場であるため、サムスン電子の日本市場での不振が注目されている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


NTTドコモがiPhoneを採用したことがこの結果を招いたね。

日本人なら誰でも予想できるたのではないかい?

おそらく、新規でサムスンのスマホを購入するのは在日くらいのものだと思う。

ソフトバンクは、社長が帰化人なのだから(元韓国人)、サムスンの応援でもしたらどうなのか?








【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サムスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。