2013年10月31日

天安門の車両炎上事件報道 中国当局の弾圧に対する無差別テロは正義が悪か?

天安門の車両炎上事件 日本の報道に複雑な思い=中国版ツイッター 2013/10/30(水) 17:24:48 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1030&f=national_1030_057.shtml

↓   ↓   ↓

 28日に天安門広場で起こった車両炎上事件に関して、中国版ツイッター・新浪微博に、日本での報道への感想が書き込まれた。

 日本メディアのほとんどは、今回の事件の背景を、中国で広がる貧富の格差、少数民族への抑圧などの問題とからめて伝えている。

 テレビ朝日の報道ステーションを見たという竹羊羊(アカウント名)さんは「中国メディアの嘘ばかりの報道も嫌いだけど」と前置きして、「まるで中国という国家が悪の限りを尽くしていて、そこでは人が安心して暮らせないように見えた」と感想をコメント。

 報道された番組の数場面を写真で紹介し、「一方、1秒たりとも、テロリストが罪のない人を犠牲にしたことは非難しない。今の日本メディアは、本当に中国に恨み骨髄なの? 心が痛い」とつぶやいた。

 これに対し、他のユーザーから「番組は暴動の原因分析がテーマだから(仕方のない部分はある)」、「行き過ぎは是正されるよ」など、冷静な励ましのコメントがつき、竹羊羊さんは「テレビ朝日は好きだし、普段は番組を楽しんでいるよ。でも今回は少しやり過ぎだと思った。視聴率を取りたかったのかも」と、普段から見ているというだけに、複雑な思いを返した。

 新浪微博では、他にも何人かのユーザーが、この事件の日本での報道され方を話題にしており、事件の背景として中国の抱える問題ばかりがクローズアップされ、無関係の一般市民を巻き込んだ“テロ活動”であることが軽んじられているとする、書き込みが寄せられている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


中国当局のウイグル自治区やチベットへの弾圧というか虐殺は酷いものだと思う。

しかし、無差別テロが許されるかというと、私は許されない行為だと思う。

ただ、無差別テロとは、被害者や傍観者の主張であって、テロリストにも主張はあると思う。

体制に従って、それなりに幸せに生活している者たちは、テロリストにとっては中国当局と同じ側と判断しても不思議はない。

私はテロ行為自体は否定しない。

弾圧された者たちが、自分たちの権利を守るために戦うことは、当然の権利だと思う。

しかし、今回の中国に場合においては、偉い人だけをターゲットにするのは難易度が高い。

今回のテロ行為の目的が、ウイグル自治区での中国当局の弾圧を世界に訴えるということなら、何も偉い人を狙う必要はない。

一般人を巻き込んで目的を達成した形である。(テロリストにとっては中国当局の弾圧に抗議をしない一般人も対象となる)


中国当局の弾圧に対する無差別テロは正義が悪か?

この問題は、おそらく結論は出ないであろう。正義とか悪で割り切れる問題じゃない気がする。

ただ、中国当局による弾圧行為により多数の死者が出ており、テロが起こりやすい環境であり、住人は警戒しなくてはならなかったと思う。

観光客も、その危険性を認識していなくてはいけなかったと思う。









posted by 日本に住んでる日本人 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。