2013年10月31日

自民法務部会 「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案の了承見送り

自民法務部会 民法改正案の了承見送り NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131029/k10015646411000.html

↓   ↓   ↓

自民党の法務部会が開かれ、いわゆる「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案を巡って、家族制度に関する委員会を党内に設けるなどとした案が示されましたが、出席者から異論が出されて、29日も了承されませんでした。

自民党の法務部会は、結婚していない両親の子ども、いわゆる「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にする民法の改正案を先週から審査していますが、「伝統的な家族制度を崩壊させる」などと慎重な意見が相次いでいます。

このため法務部会の大塚部会長は29日の会合で、家族制度を維持する方策を議論するため、党内に「家族を取り戻す特命委員会」を新たに設置するほか、法務省内にも相続制度の問題点を検証するワーキングチームを立ち上げることなどを提案し、改正案の了承に理解を求めました。

これに対し出席者からは評価する声が出た一方、「結婚している夫や妻の権利を保障する方策もなければ納得できない」といった異論が出され、29日も改正案は了承されず、引き続き議論することになりました。

改正案に慎重な西田参議院議員は部会のあと記者団に対し、「最高裁判所の非常識な判断に従って法改正をしてしまうと、婚外子がどんどんできて家族制度が崩壊してしまう。慎重に考えなければならない」と述べました。

↑   ↑   ↑
引用終わり


私は、最高裁の判決には反対で、「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」と同等にするのはおかしいと思う。

何でも自由にすればいいというものではなく、日本の家族制度を崩壊させてしまうと思うからだ。

どうしても「婚外子」に遺産を「嫡出子」と同等に渡したいのであれば遺書を書けばいいだけだと思う。

「婚外子」と「嫡出子」にあるのは差別ではなく区別だと思う。この区別がないと家族制度は抱懐すると思う。

この件については、フランスを見習えと言う話を聞く。

しかし、フランスでは、結婚前に弁護士を介して互いに契約書を交わし財産の分配について、事前に細かく取り決めてから結婚している事実は知られていない。

遺産の件がすでに決まっているのだから、後で問題になることは少ないと思う。








posted by 日本に住んでる日本人 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。