2013年10月30日

韓国長官 韓日関係「問題の本質は誤った歴史認識」

聯合ニュース 韓日関係「問題の本質は誤った歴史認識」=韓国長官
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2013/10/29/0400000000AJP20131029003800882.HTML

↓   ↓   ↓

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は29日、韓国新聞放送編集人協会主催で開かれた韓日メディア幹部セミナーのレセプションで「最近韓日関係に困難があるというのは否めない事実。韓日関係に質的変化を実現するための転換点が必要だ」と述べた。

尹長官は「朴槿恵(パク・クンヘ)政権はスタートする前から韓日関係の安定的発展のために多くの努力を傾けた」とした上で、「しかしこれまでの8カ月を振り返ると私たちの努力を無にする否定的な要素が絶えず出てきて、現在はトンネルの出口の光が見えない」と語った。

韓日関係の改善策として「韓国国民の立場からすると問題の本質は(日本の)誤った歴史認識」と指摘。「現在の状況は絡まった糸のようだが、問題の本質を直視すれば韓日関係の絡まりも解くことができるだろう」と強調した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


・・・二言だけ。

「日本国民の立場からすると問題の本質は(韓国の)誤った歴史認識」

「現在の状況は絡まった糸のようだが、問題の本質を直視すれば日韓関係の絡まりも解くことができるだろう」


以上。







posted by 日本に住んでる日本人 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。