2013年10月26日

韓国 ストレステストの結果発表日は11月1日、IMFおかわりの条件は財閥解体?

政府、IMFと年次協議...来月1日の結果発表 - Chosunbiz - プレミアム経済パワー
より引用(韓国語)
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2013/10/18/2013101803619.html

↓   ↓   ↓

政府は、国際通貨基金(IMF)と21日から来月1日までに年次協議を実施する。

20日、企画財政部によると、イザベル・マテオとIMFあ、タイ副など7人で構成されるIMF韓国協議団は、2週間にわたって年次協議を行い、マクロ経済・財政・金融などの経済政策全般について定期協議を行う。

IMF協議団は、財政部?産業省?雇用部?福祉部・金融上?韓?金融監督院のほかの主要公企業と民間企業を訪問する計画だ。

記載部は22日の会合を持つ予定だ。今年の年次協議では、先進国の量的緩和縮小、潜在成長率の低下など、国内外のリスク要因の評価が行われる見通しだ。

また、財政の健全性、金融・資本市場の動向、経済構造改革など中長期の課題などについての協議も行われる。

IMF協議団は来月1日、ソウルでの活動の結果について記者説明会を行う予定だ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国は、前回破綻の時に『財閥系は全て解体しろ』とIMFに言われたのだが、ランキング下位のどうでもいい財閥を半分潰してお茶を濁した。

よって、今回はIMFのおかわりがあるにせよ、財閥全解体が前回IMFが支援した際の条件だったことを考えると、財閥が全解体されてからでないとでいないと思われる。

11月1日の結果を待ちましょう。




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。