2013年10月25日

韓国 9カ月ぶりのウォン高ドル安を記録 どう見ても韓銀は為替加入をしてるよね?

9カ月ぶりのウォン高ドル安を記録=韓国 | Joongang Ilbo | 中央日報
より引用
http://japanese.joins.com/article/459/177459.html

↓   ↓   ↓

23日のソウル外国為替市場のウォン・ドル相場は前日より5ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1055.8ウォンで取り引きを終えた。ドルが1050ウォン台まで下がったのは金融危機以降では2011年第3四半期と今年1月中旬以来3度目となる。1月11日に記録した年初来安値の1054.9ウォンと1.1ウォンの差だ。ユジン投資証券のキム・デヒョン研究員は、「輸出中心の製造業の中でも為替ヘッジをしていなかった中小企業の収益性に打撃があるだろう」と話した。

今後1ドル=900ウォン台後半までドル安が進むとの見方も出ている。外換先物のチョン・ギョンパル市場分析チーム長は、「年初来安値が崩壊してから明確な支持線がなく、1ドル=985ウォン水準までドル安が進む可能性がある。輸出業者のドル売りまで加勢することを考えると外為当局の悩みは深まるほかないだろう」と話した。

KOSPIをはじめとするアジアの主要証券市場は中国政府の緊縮への懸念からこの日は下落傾向で引けた。KOSPIは前取引日より20.37ポイント(0.99%)下落の2035.75で取り引きを終えた。中国人民銀行が銀行への流動性供給を減らし短期金利指標の上海銀行間金利が前日より0.7%以上急騰したのが原因だった。上海総合指数と日経指数もこの日それぞれ1.25%と1.95%下落した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


ドル安ウォン高の流れは、止まらないでしょうね。

調べによると下記が韓国輸出産業のそれぞれの業種のデットラインらしいです。(正確さは保証できません。)

家電 1088ウォン

半導体 1085ウォン

情報通信 1074ウォン

鉄鋼・金属 1067ウォン

自動車 1057ウォン

造船 1055ウォン

10月24日の終値は、1ドル=1055.8ウォンですので、造船以外はアウトの状態です。

下記は10月24日の、ドル-ウォンのチャートです。

10月24日 ドル-ウォン

http://i.imgur.com/yhaPqUf.png

取引終了間際に、急変動していますね。

どう考えても、韓銀の為替介入があったと思うのですが、否定しているようです。


必死になって1ドル=1061.5ウォンまでにしたけど、結局市場の流れには逆らえず押し戻されてるね。

本日はまたウォン高に動くと思うけど、どうでるか?

以前に、為替介入をするなとアメリカに怒られてたはずですから、今回のような露骨なことは何度もできないと思うが?

そして、資金的にも介入し続けれるとも思えないが?

10月25日は、週末ですので、さらに激しい動きになる可能性がありますね。


先にも述べましたが、ドル安ウォン高の流れは、止まらないでしょう。

今までウォン安に乗っかって売上を伸ばしてきたが、ウォン高のリスク管理をしてこなかった輸出企業はご臨終の可能性が高いですね。

ウォンの価値が上がるので、石油などの資源を安く輸入することはできますが、景気は落ち込むでしょうね。

※追記2013/10/26 03:00
10月25日の終値は1ドル=1063.0ウォンと粘っております。予想が外れて大きな変動はありませんでした。謹んでお詫び申し上げます。



【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。