2013年10月24日

中国の外資たたき、サムスンが標的に

中国の外資たたき、サムスンが標的に - ライブドアニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/8182618/

↓   ↓   ↓

 中国の官営メディアで最近、「サムスン電子たたき」が目立っている。

 中国国営中央テレビ(CCTV)は21日夜、「サムスン電子は内蔵マルチメディアカード問題を避けられない」と題した番組で、30分間にわたりサムスン電子の携帯電話端末の問題点を報じた。番組は購入から9カ月もたたないサムスンのスマートフォン「ギャラクシーS」が突然作動しなくなる症状が1日に数十回繰り返されたという消費者の主張を一方的に流した。番組はその原因が内蔵マルチメディアカードの欠陥にあると指摘した。

 番組はさらに、携帯電話の修理業者や別の消費者のインタビューで、「ギャラクシーSとギャラクシーノートの価格が労働者の月収に相当する4000?5000元(約6万4000?8万1000円)もするのに、トラブルが多い」とも伝えた。

 CCTVは今月初めにも、サムスンの携帯電話の液晶交換費用が「高過ぎる」との内容の報道を15分間にわたり流した。国営新華社通信系のニュースサイト「新華網」も中国国内のインターネットサイトを引用し、「ギャラクシーS4」のバッテリー爆発事故があったと伝え、サムスンの携帯電話端末の信頼性に疑問を投げ掛けた。

 CCTVなど官営メディアは最近、中国市場で好調な外資系企業を集中的に攻撃している。CCTVは20日、中国のスターバックスではコーヒーの価格が欧米より高く、「暴利を得ている」と批判。CCTVは今年3月の「消費者の日」には、アップルのスマートフォンについて、中国国内のアフターサービスが他国に比べ劣っているという報道を一日中流した。当時中国の官営メディアはCCTVの報道をきっかけに「アップルたたき」に同調し、同社は結局、謝罪声明の発表に追い込まれた。

 今年に入り、中国政府は粉ミルク、自動車、製薬関連の外資系企業を対象に価格談合の疑いで徹底した調査を行っている。これも中国市場でシェアが高い外資系企業への圧力と言える。この過程でメディアは外資に批判的な世論を形成し、政府を側面から支援した。一連の動きは最終的に中国企業に有利な環境をつくり出す効果があったとみられる。

 現在サムスン電子は、中国のスマートフォン市場でシェア19%で首位を守っている。サムスン電子は今回の問題について、「技術的な部分を含む事実関係を確認した上で、必要な措置を取る」と説明した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


さすがに韓国は中国には弱腰だね。日本のNTTドコモがクレームしても無視するのにね。

でも、ある意味、韓国にとってこれは死活問題だから仕方がないともいえる。

たしかスマートフォンの販売台数の三分の一は中国だった気がする。

つまり中国で売れなくなったらサムスンはご臨終となる可能性は高い。

サムスンSDI社長がスマホ爆発の原因を中国製バッテリーと発言したことも問題になっていると思う。

サムスンのスマホの販売台数が落ちれば、中国製の安価なスマホの販売台数が伸びる可能性がある。

アップルに対しては、アフターサービスにしか文句を言えないが、サムスンは製品に突っ込みどころが多いので、中国も叩きがいがあるだろう。




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サムスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。