2013年10月24日

対馬の海自周辺、韓国系が土地買収 首相が規制検討

対馬の海自周辺、韓国系が土地買収 首相が規制検討 - 西日本新聞
より引用
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/47830

↓   ↓   ↓

 長崎県・対馬にある海上自衛隊施設の周囲の土地が韓国系企業に買収されていることが22日、衆院予算委員会で明らかになった。安倍晋三首相は、外国人や外国資本による防衛施設周辺や離島の土地取引について「わが国の安全保障にかかわる重要な問題。しっかり検討したい」と述べ、何らかの規制が必要との考えを示した。

 防衛省によると、施設は対馬市美津島町の海自対馬防備隊で、近海を航行する船舶の監視などに当たっている。日本維新の会の中田宏氏が、海に面した同防備隊の後背地3カ所を「韓国系のホテルなどが買収している」と指摘し、政府見解をただした。

 小野寺五典防衛相は、このうち何も建っていない1カ所について「土地所有者は韓国・蔚山の会社で、(経営者も)日本人ではない」と説明。残り2カ所には宿泊施設があり、土地所有者は対馬市内に登記された企業だったと答えた。

 また、現行制度では防衛関係施設の周囲の土地を外国資本が買収しても「法務省から連絡がくる状態ではなく、定期的に登記簿を取り、警戒するしかない」と述べた。

 =2013/10/23付 西日本新聞朝刊=

↑   ↑   ↑
引用終わり


早急に規制のための法整備が必要だと思う。

野蛮な韓国みたいに事後法はできないので、防衛上大事な土地は国が買い戻すしかないと思う。

まずは、防衛上守るべき土地を明確にし、外国人や外資系の企業の購入を規制することが必要だ。

日本企業で日本人社長が外国人社長に変更とか、帰化人で反日思想の持ち主とか裏技も多々考えられるので、万全の法整備をしてほしいと思う。

防衛とは別だが、北海道や富士山近辺の土地も外国人(こちらは中国系かな)が買い漁っている現状も問題だと思う。

だが、長いデフレで土地を手放さなくてはならなかった人を、外国人に土地を売ったと責めるのは酷な話だと思う。

私の知っている限りでは、中国人の一番の狙いは飲料水にあるようだ。(中国国内の水資源汚染が酷いため)

あとは、合法的な日本の乗っ取りを画策しているのだろう。

コリアンタウンとなった新大久保やほかの地区、または地方の町村も問題だと思う。

破防法の適応をしたら国際問題になるので、それに準じた法整備が必要な気がする。

例えば、在住外国人が一定の割合になった地域を指定して、監視下に置くことぐらいは必要かもしれない。




posted by 日本に住んでる日本人 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本土地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。