2013年10月22日

韓国が世界から嫌われる理由

ブッチNEWS - 世界中で嫌われている? 韓国の世界の印象
より引用
http://bucchinews.com/society/3793.html

↓   ↓   ↓

 タイと韓国……個人的な人種差別でタイ人を入国拒否

 タイでは2002年頃、なんと「韓国に絶対行ってはいけない」と報道されたことがある。2010年のBBCの調査でも、世界で1番韓国が嫌いな国はタイとなっている。なぜ、これほど韓国に対するイメージが悪いかというと、実は年間万単位のタイ人が入国拒否や強制送還をされていたからだ。

 しかも、その理由は入国審査官による露骨なまでの人種差別。韓国に何度も旅行しているあるカップルが、いつものように韓国の入国審査を受けたところ「俺はタイ人が嫌いなんだ、今日は1人もタイ人は通さない」と入国拒否を言い渡されたとか。

 様々な考え方を持つ人がいるとは思うが、入国審査官のような公務員による個人的な人種差別はあまりないだろう。

 また韓国国内の政治会見においても、度々タイよりも韓国の方が先進国であるという言い回しをしており、タイからしたら怒るのも当然といったところだ。

 メキシコと韓国……「韓国は共存できない国」と報道

 ラテンで寛容的なメキシコの人々が激しく喧嘩をする絵はあまり想像できないが、そこをやってくれるのが韓国である。2001年頃メキシコの有力紙レフォルマ、またあるテレビ局の国民調査で「共存できない国」として報道されたことがある。

 韓国人がメキシコへ入国する場合、査証の取得が義務づけられているのだが、その査証は米国本土での申請が主流で、なおかつ受理にかなりの時間がかかる。そのため無査証でも入れるカナダ経由で航空便に乗ってくる韓国人が跡を絶たず、一部では「韓国人はマフィア」とも報道された。

 なぜ、そんなに嫌われるの?

 韓国が世界から嫌われる一番の理由は、各諸外国への経済支援額がほぼゼロであることである。ほとんどの国家は治安の維持と将来を見据えて、隣国とは仲良くウィンウィンの関係を築いていくものだが、こと韓国に関しては隣国と仲が良くない。元々同胞だった北朝鮮とは休戦中とはいえ戦争終結していないし、他の各国に対しても敵国意識をむき出しで、中国に対してもかつては強気に対応していた。最近は擦り寄りを見せつつも文化面では上から目線が続いている。一方日本に対しては近年経済支援どころか賠償請求や謝罪を求めてばかりである。

 またここ数年でウォンが急激な暴落ぶりを見せており、仮に他国への支援をしたところで、諸外国としても「暴落したウォンをいくら貰っても…」と困るのが本音。

 お互いのメリットを求めて行なう外交。資産的価値が低いのはかなり致命的なデメリットなのかもしれない。

↑   ↑   ↑
引用終わり


タイ人に対する入国審査官による露骨なまでの人種差別は初めて知った。

韓国人は、日本を含めアジア人と黒人を見下す傾向があることは知っていた。

何の根拠もなく、自分たちは白人の次にえらいと思っているときいた。

これでは、世界から孤立するのも当たり前だと言えよう。


メキシコの事例も初めて聞いた。

入国管理官も大変だと思う。


経済支援額がほぼゼロというのも初耳だ。

義援金を値切ったことは知っているが・・・


「スマトラ沖地震義援金」で、韓国政府は一度は500万ドルと発表したが、日本が世界最大規模の5億ドルの支援を決定すると、韓国は日本への対抗意識と見栄で救援金を5000万ドルに値上げすると発表した。

半年後、日本は約束を守り、日本にとっても大金である5億ドルをきっちり全額支払った。

しかし韓国は、わずか295万ドルしか払わず、しかも5000万ドルだった支払い「予定額」も610万ドルに減額して逃げた。(残金を支払ったかは不明)

要は、地震被害者のことなど考えておらず、注目が集まるときに大々的に世界に発表をして、ほとぼりがさめると、こっそりと大幅減額をし発表をしないという姑息で卑怯な行動である。

さらに、東日本大震災でも韓国は卑劣な本性を露わにする。

報道によると、ソウルの市職員が集めた震災募金のうち70%は“独島守護活動”団体に、10%は“戦争性被害者(元従軍慰安婦)”団体に寄付先が変更されたという。

失礼ながら中国でさえ、尖閣問題など言い出さず、災害援助金を出しているのである。

韓国には、理不尽な災害にあったものへ、無条件で援助をするという気持ちが全くないということは、これらのことから知っていた。


中国の経済支援金に関しては、日本が中国にODAとして支援したお金が流用されているので、中国のODAはやめるべきだと思っている。

しかし、韓国は、都合の悪い時には後進国になるが、G20を構成する国の一つでもある。

しかし、現在またまた経済崩壊寸前だから、期待するだけ無理であろう。

そして、韓国を嫌う国が増えている現在では、経済崩壊してしまったら、復興を助けてくれる国も皆無で、日韓併合前の土人の生活に戻る可能性もあると思う。

主要韓国企業の株主は、アメリカ人が多数を占めているので、韓国は経済的にアメリカの植民地状態であるから、アメリカが助けるのが筋であるが、韓国人を信用できないと思い始めている感じがする。

ただ、日本が韓国を助けることは、いくら親韓の政治家が力説しても世論が許さないと思う。




ラベル:韓国 嫌韓
posted by 日本に住んでる日本人 at 03:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 反韓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう韓国との国交を断絶しても良いと思いませんか? 韓国人も韓国政府もタイやベトナム、インドネシアから嫌われています。 韓国人はすぐにウソをつく。アセアン諸国で日本人になりすまして悪いことをする。韓国政府も同じです。 韓国人の日本への入国審査をもっと厳しくしていきましょうよ。
Posted by 保守派 at 2018年01月17日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。