2013年10月21日

領空侵犯した無人機が警告無視なら撃墜も 対処方針、首相が了承、中国を牽制

無人機が警告無視なら撃墜も 対処方針、首相が了承 - 47NEWS(よんななニュース)
より引用
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102001001919.html

↓   ↓   ↓

 政府は、領空侵犯した無人機が退去要請などの警告に従わない場合には有人機と同様に撃墜を含めた強制措置を取る方針を固めた。政府関係者への20日の取材によると、安倍晋三首相は今月11日に小野寺五典防衛相から対処方針の報告を受け、了承した。

 9月に中国軍の無人機が日本の防空識別圏に入り、沖縄県・尖閣諸島付近に飛来したことを受けた対応。防衛省・自衛隊を中心に今後の対策を協議した結果、中国が開発中の無人機は高性能のカメラやレーダーを搭載していると分析し、有人機と同じように警告を識別できると判断した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


国籍を名乗らない無人機が領空侵犯してきたら、普通の国なら排除する権利がある。

その権利の行使を、最高司令官である安倍首相が認めたということ。

領空侵犯してきた国籍不明の無人機に対して3回警告をだし、無視されたら撃墜しても、国際的ルールに基づく行為であり、どこからも文句を言われる筋合いはない。

例え中国機だと予想はしていても、国籍を名乗らなければ、立派な国籍不明機である。

この発言で、中国側は、日米と戦争する覚悟をしないと無人機で領空侵犯できなくなった。

アメリカの立場は、尖閣問題は日中両国間で解決するようにというもの。

ただ、日本の立場としては、尖閣諸島に領土問題は存在せず、証拠も提示している。

アメリカは尖閣問題なら介入してこないだろうが、日米安保となると別次元の話になり介入してくる。

中国はアメリカに敵国扱いされると、大量に購入しているアメリカ国債が紙屑になる。

この安倍首相の発言で、追い詰められたのは中国の方だと思う。




posted by 日本に住んでる日本人 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 尖閣諸島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。