2013年10月15日

韓国人の75.5%が「集団的自衛権に反対すべき」

聯合ニュース 韓国人の72%「日本は同盟国でないと思う」
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2013/10/14/0400000000AJP20131014001000882.HTML

↓   ↓   ↓

 【ソウル聯合ニュース】韓国の国民の7割以上が、日本を韓国の同盟国ではないと考えているとの世論調査結果が明らかになった。

 韓国国会国防委員会の所属議員が14日、調査会社ユニオンリサーチに依頼した「国防懸案関連の世論調査」の結果を公表した。それによると、「日本は韓国の同盟国か」との質問に、72.2%が「同盟国ではない」と答えた。また、日本の集団的自衛権に対する韓国政府の対応について、75.5%が「日本の軍事力はアジアの平和を壊すため、反対すべき」と答えた。

 年齢別にみると、50代では「同盟国ではない」が77.2%、「集団的自衛権に反対すべき」が80.0%を占めた。一方、20代では「同盟国ではない」が61.8%、「集団的自衛権に反対すべき」が67.0%だった。

 支持政党別では、保守与党セヌリ党の支持者の75.7%、最大与党・民主党の支持者の79.6%が「日本は同盟国ではない」と答えた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「日本は韓国の同盟国か」これは質問自体が間違っていると思う。

おそらく、日本糞は友軍が友軍でないかを聞きたかったと思われるが、日本と韓国は同盟関係でないことは事実だからだ。

日米同盟と米韓同盟は存在するが、日本と韓国の同盟は存在しないのである。


「集団的自衛権に反対すべき」が多数なのは韓国らしいが、世界で唯一日本だけが持っていない国際法で認められた権利の取得に、韓国の意思は関係ない。

反対の立場を表明することは問題ないだろうが、他は内政干渉になる。

「日本の軍事力はアジアの平和を壊すため、反対すべき」という意見が多数のようだが、集団的自衛権を本当に理解しているのか疑問である。

集団的自衛権とは、他の国家が武力攻撃を受けた場合に直接に攻撃を受けていない第三国が協力して共同で防衛を行う国際法上の権利である。

別に軍事力を増強するものではないのだが、何をもって日本の軍事力がアジアの平和を壊すのか明らかにしてほしいものだ。

中国の方がよっぽど危険だと私は思う。




posted by 日本に住んでる日本人 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。