2013年10月14日

靖国神社に放火目的でシンナー用意 「参拝に反発」韓国人男を追送検

靖国神社に放火目的でシンナー用意 「参拝に反発」韓国人男を追送検 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131009/crm13100914290016-n1.htm

↓   ↓   ↓


 靖国神社(東京都千代田区)に放火するためにシンナーやライターなどを用意したとして、警視庁公安部は9日、放火予備容疑で、韓国籍でアルバイトの姜(カン)庸(ヨン)a(ミン)容疑者(23)=建造物侵入容疑で逮捕=を追送検した。

 公安部によると、容疑を認め、「日本の国会議員らの靖国参拝に反発を覚え、神社を燃やせば参拝できなくなると思った」と供述。来日前にインターネットでシンナーの購入場所などを調べ、事件翌日の韓国行きの航空券を持っていたことなどから、公安部は計画的な犯行とみている。

 追送検容疑は9月21〜22日、都内でシンナー4リットルを購入し、ペットボトル2本に移し替えた上で、ペットボトルやライター、点火用の軍手などをリュックサックに詰め込などの放火の用意をし、靖国神社に侵入したとしている。

 姜容疑者は21日に入国した後、靖国神社を下見し、都内のホテルで放火道具を用意。22日夜に神社のトイレ裏に隠れていたところを警備員に見つかり、シンナーを投げかけて軍手などに火をつけようとしたが、ライターが着火せずに取り押さえられたという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


逮捕時点では、所持して撒いた引火性液体は、トルエンと報道されていたが、いつのまにかシンナーに変わっていた。

私も気づかなかったのでアホだが、なぜ変化したのかが分からない。


靖国神社に放火目的?で侵入 容疑の韓国人を逮捕
http://kdgkkxmjfd4.seesaa.net/article/375604113.html

この時点ではトルエンと見られると報道 2013.9.23

靖国神社に放火未遂、逮捕の韓国男「日本の歴史歪曲に腹立った」
http://kdgkkxmjfd4.seesaa.net/article/375781911.html

この時点からは、シンナーと報道 2013.9.24


ただ、シンナーだと危険性がトルエンよりは落ちるが、来日した外国人がシンナー4リットルなんて購入できるのだろうか?

来日前にインターネットでシンナーの購入場所などを調べたという報道だが、外国人でも購入できる店なんて検索できるの?


次に罪状であるが、放火予備容疑ということだ。


放火罪 ⇒ 死刑又は無期若しくは五年以上の懲役

放火未遂罪 ⇒ 5年以上の懲役。情状によって減刑あり。

放火予備罪 ⇒ 2年以下の懲役。情状によりその刑の免除あり。


法律に詳しいわけではないが、調べてみたところ、建物などに実際に火をつけて燃やしたら放火罪。建物などに着火しようと、ライターやマッチに火をつけた時点で放火未遂罪。まだ火をつけていなかったら放火予備罪となるようだ。(間違ってたらご指摘ください。)

よって、今回は、引火性の液体は撒いたが、ライターが着火せずに取り押さえられたので、放火予備罪が適用されたと考えられる。

放火予備罪は、情状により免除があるので、この犯人にも適用される可能性がある。

しかし、私の常識では、たとえ韓国政府が減刑を訴えたとしても、靖国神社に放火しようとした行為に情状の余地はない。

この事件は、引火性の液体が当初のトルエンからシンナーへと、より危険が少ないものに変わっていたり、入国したばかりの韓国人が、引火性の液体を購入できたとすることなど、ちょっと変である。

なんとなくだが、韓国に対して警察もマスコミも配慮をしているような気がしてならない。

ただ、ここで甘い判断をすると、どうせ大した罪にもならないと判断して、韓国人が靖国神社の放火に再チャレンジをしそうで怖い。

今後の動きを見守ろうと思うが、靖国神社の警備は増やして、不審者には職質をした方が良い気がする。




ラベル:靖国神社 韓国人
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 靖国神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。