2013年10月12日

北朝鮮 「韓国は“暗黒社会”だった」脱北者2人が北朝鮮に帰国し記者会見で訴える

「韓国は“暗黒社会”だった」脱北者2人が北朝鮮に帰国=記者会見で訴える―韓国メディア - ライブドアニュース
より引用
http://news.livedoor.com/article/detail/8120489/

↓   ↓   ↓

2013年9月30日、韓国へ脱出後、再び北朝鮮に帰還した元脱北者2人が北朝鮮で記者会見を行い、「韓国社会に適応できずに自殺を選ばざるを得ない脱北者も少なくない。韓国社会は“暗黒の社会”だった」と発言した。韓国・聯合ニュースの報道を引用し、10月1日付で環球時報が伝えた。

10月1日、韓国統一部の関係者はこれを事実と認めた上で、現在までに北朝鮮に戻った脱北者が合わせて12人にのぼり、そのうち2人は再び韓国に戻ったが、残りの10人は北朝鮮に留まっていることを明らかにした。「韓国政府の脱北者政策に遺漏があるため、北朝鮮へ帰国する脱北者が増加しているのでは」との指摘については、「脱北者の側からすれば、韓国政府の脱北者問題に対する取り組みはまだ不十分と言えよう。しかし、一方では脱北者自身が韓国の生活に完全には適応できていないという点もある。政府としては脱北者への対応策を制定し、脱北者の韓国社会への適応がよりスムーズになるようにしたい」と語った。

朝鮮中央通信の報道によれば、2012年11月8日に北朝鮮へ戻った元脱北者の夫婦が人民文化宮で記者会見を行った。会見の席上、女性は記者の質問に対し、「脱北者の子女は韓国の至る所でのけ者にされ、学校では殴られたり差別されたりするため、子供たちは外へ出ようとしない。差別に苦しむあまり絶望して悲観し、自殺する子供もいた。こういった状況を見て、自分たちの子供も同じ目に遭わされるのかと怖かった」と語った。男性は、「金正恩第一書記に忠誠を尽くし、北朝鮮の国家建設のために貢献したい」と話した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


脱北者 - Wikipedia
より一部引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E5%8C%97%E8%80%85

↓   ↓   ↓

韓国での生活

暮らしぶりは厳しいという

脱北者は支援金を政府から受け取るが、5人に1人が支援金を狙う詐欺の被害に遭っている(韓国全体での詐欺に遭う確率は、0.5%)。

定職に就ける者の割合も5人に1人
に過ぎない。

また、脱北者の子供を巡る環境も厳しい。

進学については、子供の多数が退学しており、高校への進学率は10%と非常に低い割合となっている。

学校ではいじめにも遭っている
という。

こうした状況の中で、北朝鮮に戻りたいという脱北者も現れるようになった。

「昨年11月、あるテレビ局が行った世論調査で、脱北者の33%が「北朝鮮が処罰しないなら帰りたい」と答えた。」 より引用。「昨年11月」は、「2006年11月」を指す。

↑   ↑   ↑
引用終わり


脱北者にとっては、北朝鮮での生活も厳しいが、韓国での生活も、慣れないだけでなく、詐欺やいじめの問題もあり苦しいということか?

北朝鮮で飢えるよりもと、決死の思いで脱北したのに、そこは楽園ではなかったという幻滅も大きかったと思う。

厳しい言い方だと思うが、脱北者が求める楽園なんて存在しない。

そして、北朝鮮に住んでいれば、自立心が育つとは思えないし、資本主義社会にもなじめないと思う。

しかし、韓国にとっては、脱北者への支援を手厚くすることで、北朝鮮の非道を批判し崩壊へ導くチャンスなのに、現状では逆効果であり、本気で朝鮮半島を統一する気があるのかと疑いたくなる。

韓国で貧困層となり迫害やいじめを受けるよりも、北朝鮮で飢える方がまだましだということか?

韓国に根強い差別意識は、日本を含むアジア人や黒人だけでなく、同胞である在日や脱北者にも向けられる。

こんなことでは、朝鮮半島が統一されても、内乱が続いて疲弊しそうな気がするね。

韓国は、こういう問題こそ、かつて統一を果たしたドイツの教えを乞うべきだと思うが・・・

参考
韓国・北朝鮮の統一とドイツの経験 | ヒューライツ大阪(財団法人アジア・太平洋人権情報センター)
http://www.hurights.or.jp/archives/newsletter/section2/2000/11/post-27.html




posted by 日本に住んでる日本人 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。