2013年10月12日

韓国銀行、14年のGDP成長率見通し下方修正 3.8%に

韓国銀行、14年のGDP成長率見通し下方修正 3.8%に :日本経済新聞
より引用
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1003K_Q3A011C1FF1000/

↓   ↓   ↓

 【ソウル=加藤宏一】韓国銀行(中央銀行)は10日、2014年の実質国内総生産(GDP)の成長率見通しを3.8%と、従来の4.0%から下方修正した。消費や雇用など内需は底堅く推移するものの、最近の新興国経済の伸び悩みを考慮したという。一方で、13年の成長率見通しは2.8%で据え置いた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


この報道は、対外向けのアピールだと思うが、楽観的過ぎて呆れてしまうので、効果はないと思う。

なんとか外資に戻ってきてほしいのだろうが、何の根拠もない数字には意味がないと思う。

今年のGDPの成長率2.8%の達成も怪しい。

内需は底堅く推移なんて信じられるわけがない。

政府・企業・家計すべてが赤字に進んでいるのだから。

来年は、もっと厳しくなることが予想されるのに、来年のGDPの成長率見通し3.8%は全く根拠がないと思う。




ラベル:韓国 GDP
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。