2013年10月12日

韓国政府高官らの息子16人、韓国国籍捨て外国人に…兵役逃れか

韓国政府高官らの息子16人、韓国国籍捨て外国人に…兵役逃れか 2013/10/09(水) 14:34:04 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1009&f=national_1009_040.shtml

↓   ↓   ↓

 韓国の政府高官や公職者15人の息子計16人が、韓国国籍を放棄し、米国やカナダの国籍を取得していることが分かった。韓国では18歳以上の男性に兵役が義務付けられているが、16人は外国籍であることから免除されていた。複数の韓国メディアが報じた。

 同国野党・民主党のアン・ギュベク議員が9日に明らかにした兵務庁からの提出資料によると、8月末の時点で政府高官15人の息子16人が韓国の国籍を捨て、外国の国籍(米国13人、カナダ3人)を取得していたという。

 政府高官には、ユ・ミンボン大統領府国政企画主席、シン・チュンドン国務総理室報道官など、朴政権の重要ポストに就く高官らの名前が含まれていた。韓国科学創意財団、韓国貿易保険公社など政府関連機関に在籍する要職者の名前もあった。

 韓国の国籍を放棄した理由について、高官らは「息子の意見を尊重した」、「息子の教育のために韓国の国籍を放棄した」などと説明しているという。

 アン議員は、韓国国籍の放棄は息子の兵役を避けるためだと指摘し、「高い道徳性と責任感を示すべき高位公職者の姿勢ではない」と批判した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


どう考えても兵役逃れでしょう。

そして、国籍だけとって韓国に住んでいるようだ。

息子の意見を尊重とか言い訳しているが、未成年に対して親の意見の影響力の方が強いでしょう。

教育のためとか言い訳しているが、韓国籍でも留学もできるし、学ぶ機会の制限にはならないでしょう。


この報道は、政府高官への批判とともに、これ以上の韓国国籍を放棄を食い止めたいという狙いがあると思われる。

しかし、韓国人の性向からして、この流れは止まらない気がするね。




ラベル:韓国 国籍 兵役
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国兵役 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。