2013年10月11日

「朝鮮半島は足手まとい」 中国軍幹部が異例の論文

「朝鮮半島は足手まとい」 中国軍幹部が異例の論文 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131010/kor13101016170006-n1.htm

↓   ↓   ↓

 中国共産党系の雑誌がこのほど、「朝鮮半島問題は歴史的に中国の足手まとい」と題した人民解放軍幹部の論文を掲載し、幹部はこの中で「核(実験による)汚染が中国の国土に影響しないよう明確に北朝鮮に指摘しなければならない」と訴えた。

 北朝鮮と関係が深いとされる解放軍幹部が北朝鮮批判とも受け止められる論文を公開するのは異例。論文は「北朝鮮の核保有の決意を見くびってはならない」とも指摘し、核問題解決の困難さにも言及した。

 執筆者は南京軍区の副司令官などを務めた王洪光中将。論文は、朝鮮戦争では代償として、対台湾作戦遂行を米国に阻止される結果を招いたとした。その上で、現在も朝鮮半島問題は「(中国の)戦略的機会に影響を与える可能性は十分にある」と警戒感を示した。(共同)

↑   ↑   ↑
引用終わり


朝鮮戦争が長引いたので台湾に侵攻できなかったという衝撃発言ですね。

そして、北朝鮮を中国軍は制御しきれてないので、足手まとい扱いということか?

中国の瀋陽軍区が、北朝鮮を抑えていると思っていたけど、中国軍も地区ごとで分裂しているのか?

北朝鮮の核問題で中国が困っているとも告白しちゃってますね。

中国の瀋陽軍区が、北朝鮮の核兵器を北京に向けさせるという話もあったなぁ。

北朝鮮の核実験の汚染が中国に及ばないようにとしているところは、北朝鮮に核放棄させることが現状ではできないと認めているようなものですね。

この発言は、朝鮮半島の有事に巻き込まれたくないともとれるね。

中国にとっては、北朝鮮も韓国もいらないと言っているに等しいと思うが?

こうなると、もし北朝鮮が韓国に侵攻したら、中国は台湾へ侵攻する可能性が見える。

そうなると日米同盟が、かなり重要になってくるかな。




ラベル:中国 朝鮮半島
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。