2013年10月10日

従軍慰安婦問題 「捏造と言われ名誉傷ついた」 吉見教授が法廷闘争

Chosun Online | 朝鮮日報 慰安婦:「捏造と言われ名誉傷ついた」 吉見教授が法廷闘争
より引用
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/08/2013100801207.html

↓   ↓   ↓

 「旧日本軍の従軍慰安婦は、既に国際的に認められている研究結果だ。これを捏造(ねつぞう)だというのは名誉毀損(きそん)だ」(吉見義明教授)。

 7日午後4時、旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐり、良識派の大学教授と歴史的真実を否定する国会議員とが東京地裁の法廷で激しい論争を繰り広げた。東京地裁ではこの日、中央大学の吉見義明教授が日本維新の会の桜内文城衆院議員を名誉毀損で訴えた裁判の第1回口頭弁論が開かれた。

 吉見教授は、第2次世界大戦当時日本軍が慰安婦を強制動員したことを立証する資料を発掘し、慰安婦の存在を認めて謝罪した河野談話(1993年)を引き出した、日本を代表する良識派だ。しかし桜内議員は「慰安婦がいたと主張するのは、日本国民に対する名誉毀損」と強弁した。桜内議員は今年5月の記者会見で、吉見教授の著書について「(内容は)捏造(ねつぞう)であるということが、いろんな証拠によって明らかとされている」と主張した。吉見教授は、桜内議員に発言の撤回を求めたが、受け入れられなかったため、1200万円の損害賠償と謝罪を求める訴えを起こした。

 7日の口頭弁論で桜内議員は「吉見教授は、存在もしていなかった性奴隷についての主張を世界にまき散らし、日本と日本国民の名誉と尊厳を害しており、受け入れられない」という主張を繰り返した。日本の極右勢力は今回の裁判を、慰安婦の存在を否定するチャンスにするため、総力戦を展開する見込みだ。これに対し吉見教授の弁護団は「従軍慰安婦の存在が法廷で認められる、意味ある裁判になるだろう」と語った。吉見教授の弁護団には大林典子弁護士など7人が、桜内議員の弁護団には弁護士6人が参加した。7日の口頭弁論の傍聴人はおよそ100人に達した。

 一方、東京の国立公文書館は、旧日本軍が第2次大戦中にオランダ人女性35人を強制連行し、慰安婦にしたことを立証する「BC級(オランダ裁判関係)バタビア裁判・第106号事件」というタイトルの公文書を公開した。530ページあるこの文書は、第2次大戦当時のインドネシアで将校5人・民間人4人に掛けられた性犯罪の容疑について、戦後に有罪判決を下した裁判記録と、関係者への調査記録などから成っている。この資料は、市民団体の情報公開請求によって公開された。東京新聞は「『軍強制』の詳細開示」と報じた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


朝鮮日報からの引用なので吉見義明教授を良識派としているが、私には売国奴にしか見えない。

歴史的真実というならば、証拠となる資料の提出をしてほしいのだが・・・

「旧日本軍の従軍慰安婦は、既に国際的に認められている研究結果だ。」というが、どこで認められているのか明らかにしてほしいものだ。

さて、「旧日本軍が第2次大戦中にオランダ人女性35人を強制連行」は事実である。

白馬事件と言われるもので、戦後、国際軍事裁判において(将官や兵站責任者の佐官などの高級将校を含む)当該軍人・軍属(請負業者)たちに有罪が宣告されている。

国際裁判で裁かれた日本軍人によるアジア諸国での監禁・強姦事件である。


白馬事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%A6%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6


これをもって、強制連行の証拠としたいのであれば、乱暴で理解できない行為だと思う。

例えるなら日本人の一人が泥棒をしたことで、日本人全員を泥棒扱いすることと同じだからだ。

一部の軍人が、軍律を破って非合法な行為を行い、国際裁判で裁かれたという事実はある。

しかし、これは軍律を破る行為であり、だから裁判で有罪となった。

逆に言えば、有罪になった事件以外は、軍による慰安婦の強制連行はなかったということだ。

軍は、慰安所を管理していたが、運営は民間人、特に朝鮮人の業者がやっていたという証拠は多数発見されている。

慰安婦の証言については、以前に書いたことがあるが、話すたびに違うことを言っており、ほとんど偽証罪に問われるレベルだと感じている。

さて、吉見教授は、分かっていると思うが、裁判では訴えたほうに証明する義務が生じる。

つまり、原告である吉見教授は、捏造でないと証明する義務があり、被告である桜内文城衆院議員に証明義務はない。

桜内議員は、吉見教授の出してきた証拠に対して、反論すればいいだけである。

私には、なぜ吉見教授が裁判に訴えたのかが理解できない。

軍が慰安婦を強制連行したという事実は、インドネシアでの有罪事件以外は見つかっていないと思うのだが?

勝算があるのだろうか?




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。