2013年10月09日

「韓国経済は回復局面に入った」=政府系研究所報告書 大嘘だよな?

聯合ニュース 「韓国経済は回復局面に入った」=政府系研究所報告書
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20131007001200882

↓   ↓   ↓

 【世宗聯合ニュース】政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は韓国経済が回復局面に入ったと評した。

 KDIは7日までにまとめた「経済動向10月号」で、「韓国経済は一部指標の改善が遅れているものの、徐々に回復局面に入ったと判断できる」と評価した。

 前月は「韓国経済の回復は依然鈍いと判断されるが、これから緩やかに改善することを示唆する指標が次第に増えている」との見通しを示したが、より前向きな表現になった。

 KDIは産業生産が比較的大幅に増加し、今後の景気を予測する先行指数が3月から上昇傾向を維持している点を景気回復と断言する根拠の一つに挙げた。

 前年同月比で小売販売額の伸びが大きくなるなど民間消費が持ち直し、韓国内の機械受注、設備投資指数に一部前向きなシグナルが表れたと分析した。設備投資も昨年下半期から続く低迷が多少改善する可能性がうかがえると説明した。

 だが、製造業の平均稼働率が依然として低く在庫率も高いため、今後の景気回復にマイナスになる可能性を指摘した。建設受注も減少を続け、最近の建設投資増加傾向が維持されるのは難しいと見通した。

 KDIは「国際金融市場は前月より安定的だが、米国の財政関連リスクが浮き彫りになり変動性が再び高まった」と説明した。

 国内金融市場については、米国の量的緩和維持と新興国の安定が追い風となって対外不確実性が緩和されたと評価した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


大嘘記事だとしか思えないのですが?

このところ韓国では暗いニュースが多かった。

韓国政府の税収不足、政府・企業・家計の赤字、赤字国債発行額が急増などである。

そんな中で、急に明るい話題を持ち出されても信じられるわけがない。

これは外資向きの記事であり、なんとか外資に留まってほしい、または戻ってほしいというがための記事ではないかと予想する。




ラベル:韓国経済
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。