2013年10月08日

北朝鮮が非核化交渉に応じれば米朝不可侵条約締結=米国は北の政権交代望まず―米国務長官

レコードチャイナ:北朝鮮が非核化交渉に応じれば米朝不可侵条約締結=米国は北の政権交代望まず―米国務長官
より引用
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=77544&type=0

↓   ↓   ↓

2013年10月3日、東京都内で開かれた日米外務・防衛閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)に出席したケリー米国務長官は、「北朝鮮が非核化実現を望んで交渉に参加する用意があるなら、米国は北朝鮮との対話に応じるつもりだ。北朝鮮と不可侵条約を締結する用意もできている」と語った。韓国・聯合ニュースの報道を引用して中国新聞社が伝えた。

2プラス2には、日本から岸田文雄外相と小野寺五典防衛相、米国からケリー国務長官とヘーゲル国防長官が出席。冒頭の発言は会談後に開かれた共同記者会見で行われた。ケリー長官は「北朝鮮が非核化の意志を示せば、6カ国協議の参加国も再び北朝鮮との対話を行い、平和的外交関係を築く用意がある」と述べた。また、米国が北朝鮮の政権交代を望んでいる訳ではない点についても強調した。

さらにケリー長官は、「北朝鮮の行動は国際的な慣例や基準に違反しているものの、もし北朝鮮が非核化に対する誠意を表せば米国は対話に応じる用意がある。しかし、米国が一方的に譲歩することはあり得ず、これは北朝鮮の核開発計画の継続を防ぐためのものであるということを北朝鮮は明確に理解する必要がある」と語った。

一方、「中国は米国の重要なパートナーとして北朝鮮の非核化実現のために大きな貢献を行ってきた」として高く評価。6カ国協議の当事国は心を合わせて協力し、北朝鮮に非核化の国際義務を履行するよう促している」と述べた。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国政府が朝鮮半島唯一の政府としているのは日本だけでしたっけ?

北朝鮮が核を手放すかどうかは微妙なところだが、米国との不可侵条約は魅力的であろう。

しかし、もし米国と北朝鮮が不可侵条約を締結したら、韓国の立場はないね。

ある意味、米国は韓国を見捨てたということになると思う。

2016年に全在韓地上軍を撤退させるとラムズフェルド元国防長官が発言している。

そして、朝鮮戦争では、国際連合と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)・中華人民共和国の間で一応の休戦となった。

つまり韓国と北朝鮮は休戦をしておらず、戦争状態ということだ。

在韓米軍が撤退しやすいための不可侵条約か?という見方もある。

しかし、在韓米軍が撤退したら、朝鮮半島は一気にキナ臭くなりそうだ。

戦争になって、膠着して、中国の介入で共和国という流れも考えられるね。

戦争になったら、日本は全力で巻き込まれないようにしたいところだが、どうだろう?

北朝鮮のミサイルが大都市や原発施設に飛んできたら大災害になってしまう。

防衛体制を準備しておかないと危ないね。

というか米国と北朝鮮が不可侵条約を締結し、その後日本が北朝鮮に攻撃されたら日米同盟はどうなるのか確認しておかないといけないね。

日本は日韓基本条約で、韓国政府が朝鮮半島唯一の政府と認めてしまっているからどうすればベストなんだろう?

あとは、日本は韓国へ北朝鮮の分も、経済協力金(韓国では賠償金の扱い)を払っていることがどうなるか。

朝鮮半島が統一されれば在日の意味はなくなるから、少なくとも在日特権はなくせるし、強制送還もありえるね。

全ては北朝鮮の今後の動き次第だね。

【韓国パニック】米国が北朝鮮と不可侵条約の準備! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=bcy5BzFMaIs





posted by 日本に住んでる日本人 at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。