2013年10月08日

F1日本GP、すでにドライバーの入国ラッシュ

F1日本GP、すでにドライバーの入国ラッシュ | トップニュース|F1 車 映画|2013Live速報
より引用
http://www.topnews.jp/2013/10/07/news/f1/teams/ferrari/97355.html

↓   ↓   ↓

今年はF1韓国GP、そして日本GPという順番で2週連続開催になったが、多くのドライバーや関係者が韓国GP決勝の当日に韓国を旅立ち、日本に入国した。

6日(日)の夕方に決勝が終わったばかりだが、アロンソは7日(月)に日付が変わったころツイッターを更新し、すでに日本へ到着していることを報告。「シーズンの中でも最高なグランプリだ!」とつぶやいていた。

また、F1ジャーナリストのアダム・クーパーによると、ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)、キミ・ライコネン(ロータス)、マーク・ウェバー(レッドブル)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)らが、夜のうちに日本へ向かい、このうち1人がプライベートジェットを使っているという。

インターネット上では、航空機の便名や出発地、到着地、機種、現在位置などを調べられるサイトを駆使しながら誰が最も早く日本へ到着するのか話題になっており、プライベートジェットを使ったとみられるハミルトンがトップだったのではないかとみられている。

また、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーが、チームウエアのまま空港にいる写真がインターネット上に投稿されており、この写真にはベッテルとライコネンとみられる人物も写っている。

↑   ↑   ↑
引用終わり


よっぽど韓国の設備が悪かったんでしょう。

レース後は、ドライバーもスタッフもすごく疲れていたと思うのだが、それでも韓国脱出を優先するのだからね。

しかも、F1ドライバーらしく競争のするような韓国からの脱出劇である。

昨年は、日本GP⇒韓国GPの順だったが、テスト走行直前まで日本に滞在するドライバーが多かった。

今年は、韓国GP⇒日本GPのように逆の順番になったら、ドライバーを含めスタッフも速攻で韓国から脱出してしまった。

不祥事も起こしたし、まず来年の韓国GPは取り消しだと思われる。

しかし、今回の状況を見ると、2018年の平昌冬季オリンピックまで、同じことが起こりそうで怖いね。


【韓国No1】記録だらけのF1韓国グランプリ! - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=xyG63XBWy_8





ラベル:日本 F1 韓国
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。