2013年10月04日

福知山花火大会事故 逮捕の露店店主容疑否認…「キャップが飛んでいった」 被害者には謝罪

【福知山花火大会事故】逮捕の露店店主容疑否認…「キャップが飛んでいった」 被害者には謝罪 - MSN産経west
より引用
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131002/waf13100216570019-n1.htm

↓   ↓   ↓

 京都府福知山市の花火大会での露店爆発事故で、京都府警に業務上過失致死傷の疑いで逮捕されたベビーカステラの露店の店主でとび職、渡辺良平容疑者(38)=大阪市生野区巽北=が、「ガソリン携行缶を移動させようとしたところ、給油口のキャップが飛んでいきガソリンが噴き出した」と述べ、容疑を否認していることが2日、府警への取材でわかった。

 被害者に対しては「私が使っていた携行缶からガソリンが噴き出し、爆発し3人の方がなくなり、多くの方がけがをされ申し訳なく思っております」と謝罪しているという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


まず、「渡辺」という姓は、在日の通名に多いということを述べておく。

さて、「給油口のキャップが飛んでいきガソリンが噴き出したと述べ、容疑を否認」とのことだが・・・

証言を信じるならば、コンロの近くに置かれたガソリン缶が加熱されて、内圧が高まってガソリン噴き出した可能性が考えられるね。

そして、それが問題視されているから、業務上過失致死傷の疑いで逮捕となったんでしょ。

わざとなら殺人罪だけど、そうでないと警察は見ているから業務上過失致死傷の疑いで逮捕というわけだ。

よって、この渡辺容疑者の証言は、ほとんど業務上過失致死傷を認めているようなものなのだが、馬鹿なのか?




ラベル:福知山 爆発
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。