2013年10月04日

韓国 東洋グループ(財界順位38位)系列会社5社が法廷管理を申請

"東洋の被害者の節約银に2倍...債券市場凍りつくように" -ハナ - Chosunbiz - プレミアム経済パワー
より引用
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2013/10/02/2013100200506.html

↓   ↓   ↓

ハナ大韓投資証券は東洋グループ系列会社5社が法廷管理を申し込んだことと関連して、銀行をはじめとする金融市場に及ぼす影響は大きくないと見られるが、小売債券市場が大きい打撃を受けることになるだろうと2日分析した。

キム・サンマン研究員は"個人投資家に売られた東洋グループ系列会社債券規模は1兆ウォンを越えていて、投資家は4万〜5万人水準であると推定される"として、"これは2011年貯蓄銀行劣後債投資家(約2万人)より2倍以上多い水準"と伝えた。

キム研究員は引き続き"東洋グループ債券投資家の場合、他グループの小売債券にも投資している需要層である可能性が高い"として、"最近1年間だけでも、熊津(ウンジン)、STXグループ事態がさく烈しただけに、これらが小売債券市場から離脱する確率が高く、これに伴い、小売債券市場は当分活路を見出しにくいだろう"と見通した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


東洋グループ(財界順位38位)系列会社5社が法定管理を申請・・・事実上の東洋グループの破綻なんでしょうね。

今回問題になっているのは、破綻が確実なのに、大量の社債やコマーシャル・ペーパー(CP)を大量に投資家に売りつけたという事実です。

どうも、絶対に安全だというようなことを話して、売りまくっていたようです。

東洋証券では、自殺者もでている模様。

これで、韓国の個人投資は冷え込むことが予想されます。

今後、業績の悪くなかった東洋セメントまで法定管理申請した問題や保障の問題で、韓国は大騒ぎとなるでしょう。

この話は、2013/10/3時点では、日本メディアの報道は(少なくともネットでは)ありません。(どこかあるなら教えてください。発見できません。)

隣国の大事件なのですが・・・これで公共物だから消費税は軽減税率を適用なんて呆れてしまいます。




posted by 日本に住んでる日本人 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国財閥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。