2013年10月02日

韓国 日本の原発事故以後、韓国国内の一部の魚類からセシウムの検出増加!

カン・ドンウォン "日原発事故後、国内のいくつかの魚のセシウム検出増加" |聯合ニュース
より引用(韓国語)
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2013/10/01/0325000000AKR20131001067500001.HTML

↓   ↓   ↓

(ソウル=聯合ニュース) =日本原発事故にともなう汚染水で水産物に対する国民の不安が大きくなる中、韓国国内の一部魚類からもセシウム検出量が大きく増えた、という調査結果が出た。

国会未来創造科学放送通信委員会、無所属カン・ドンウォン議員が1日提示した韓国原子力安全技術院の資料は「日本の福島原子力発電所汚染水が国内に直接流入したというには時期尚早だが、事故の時の落塵や降水のせいでセシウムが陸上に降ってきて海に流入した可能性がある」と明らかにした。

'国内原子力利用施設周辺の放射線環境調査報告書'は昨年基準として古里・月城など国内原子力発電所近隣海域で7種の海草類・魚類の放射能濃度を分析したところ、人体に有害な元素である放射線セシウムの濃度が最近5年間に比べて大幅に増加した数値を見せている。

古里隣海域でセシウム濃度は最近5年間38.6〜117mBq範囲だったが昨年には58.3〜2千
870mBqに増えた。1mBqは1千秒当たり1個の放射線が放出されたことを意味する。月城近隣海域でも最近5年間39.6〜97.2mBq範囲であったセシウム濃度が60.9〜7千80mBqに増加した。

カン議員は「幸い現在の検出量は人体に大きな影響を与える数値ではないが、原子力発電所事故の余波が国内にも及ぶ可能性がある点がはっきりした。国内海域全般に対する実態調査が必要だ」と話した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


海流から考えて、日本の原発事故で韓国に被害がでるのは可能性はかなり低いと思うのだが?

そもそも、2年もたってから日本の原発の影響なんて言い出すなんて呑気な国なんですね。

食の安全の問題なら、すぐに公表すべきところを、今頃言い出すのは、日本批判したいだけとしか思えない。

どう考えても韓国の原発の廃水が原因としか思えませんね。

しかも韓国海洋水産部が、国内の海に汚染水の影響がないと発表したばかりだし・・・

聯合ニュース 「国内の海に汚染水の影響ない」=韓国海洋水産部
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2013/09/12/0400000000AJP20130912001900882.HTML


さて、下記のブログの内容が興味深いので参照したい。

ボラからセシウム検出。 韓国原子力機関「福島のせいだ」、SBS「それは違う」|シンシアリーのブログ
より引用
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11625712941.html

↓   ↓   ↓

韓国の原発の取水口と排水口で試料用に取ったボラから、セシウムが検出されました。

どう見ても韓国の原発から漏れた(海に排水された)ものですが、韓国の原子力安全技術院は「福島のせいだ」と公式に発表しました。

しかし、それに対してSBSが「それはおかしい。国内の原発が原因ではないか」とツッコミを入れています。

非常に長いので、まとめます。記事が敬語でできていて、シンシアリーも敬語でまとめましたが、本文のままの「引用」ではありません。

・今年4月に試料用に取れたボラから微量のセシウム134、137が検出されました。

取れたのはゴリ(古里)、新・ゴリ原子力発電所の取水口、排水口周辺です。

・微量で、大して心配する数値ではありません。

・問題は、どこからセシウムが漏れたのかですが、原子力安全院は、「国内の原発ではなく、福島のせいだ」としています。

海流の問題ではありません。海流のせいなら、他の魚種からも検出されたはずです。原子力安全院も海流の影響ではないとしています。

・じゃ、何故、福島のせいだと言えるのか?それは、福島原発事故の際にセシウムが空気中に拡散し、それが気流に乗って韓国に来て、雨に混じって釜山に降り、川に沿って流れ、河口の底に堆積し、ボラが泥の中で餌を食べながらセシウムも食べた、というのが原子力安全院の説明です。

・しかし、あの時に降った雨にセシウムなど有害な物質は「微々たる」ものでした。韓国側の説明もそうでした。それが、安全院の説明通りになって、ボラがそれを食べたとすると、いったいどれだけ食べまくるといいのか?常識的に、納得出来ない説明です。チェルノブイリなどで同じ事例があったのかという質問にも、ちゃんと答えてもらえませんでした。

・実際に、取水口より、排水口(原発が冷却水を排出する場所で、水が温かくて、ボラがよく集まります)で取れたボラのセシウム検出量が特に高いことに注目です。ゴリでも、新ゴリ原子力発電所でもそうです。しかもゴリ2号機は取水口と排水口の間がそう離れているわけでもないのに、排水口で取れたボラだけ、セシウム値が高いです。これについては、「偶然です」というのが、原子力安全院の公式的な答弁でした。

・去年10月の試料からはセシウムが検出されませんでした。今年4月に取った試料から検出されるようになりました。ゴリだけでなく、ウォルソン(越城)からもです。

・意見は分かれていますが、以上を持って、福島のせいだとするのはおかしいと思います。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国の原子力安全院は、偏西風を知らないアホなのだろうか?

中国の公害PM2.5は社会問題になっているが、大陸からの風で日本にも流れつく結果だよね。

逆方向の国に中国のPM2.5の影響が出たという話は聞いたことがないが・・・あるの?

よって、日本の原発事故で拡散された空気中の放射性物質は、韓国には影響を及ぼさないと思うのだが?

どう考えても、韓国内の原発が原因としか思えないね。



posted by 日本に住んでる日本人 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。