2013年10月02日

反レイシズムの「しばき隊」が解散しC.R.A.Cが始動

反レイシズムの「しばき隊」が解散しC.R.A.Cが始動 - 夕刊アメーバニュース
より引用
http://yukan-news.ameba.jp/20131001-72/

↓   ↓   ↓

 東京・新大久保などで行われている嫌韓デモの「カウンター」として登場した「レイシストをしばき隊」が解散をし、 C.R.A.C(Counter-Racist Action Collective=対レイシスト行動集団)が立ち上がった。

「しばき隊」は今年2月に登場。デモ終了後に、在特会(在日特権を許さない市民の会)関係者等のデモ参加者が「お散歩」と称し、店に向かって「朝鮮人出てこい」「殺すぞ」などと罵る行動をすることが常態化していたが、これを阻止することが目的だった。

 有田芳生著『ヘイトスピーチとたたかう!』では、彼らの目的について“彼らはとても誤解されていて、「あちらが暴力なら、こちらも暴力」というイメージで見られがちです。しかし実は、矢面に立っている在日コリアンの人たちから在特会の敵意を自分たちに向けさせ、新大久保を守ろうという意図をもっています”と説明されている。

 今回新たに立ち上がったC.R.A.Cは「街頭行動、言論、写真、アート、音楽、署名、ロビイング、イベント、学習会その他、必要なあらゆる方法でレイシズムに対抗します」とのこと。これまでの「カウンター」との関係でいえば、以下のようなものだという。

C.R.A.C は、いわゆるしばき隊、プラカ隊、署名隊その他が渾然一体となったものと考えてください。これまでさまざまな形態のカウンター・アクションを呼びかけていた人たちが、そのまま引き続きC.R.A.C のプラットフォーム上で行動を呼びかけます”というわけで、嫌韓デモの「カウンター」として様々な一派がこれまで存在していたものが一体化したプラットフォームがC.R.A.Cということのようだ。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「有田芳生著『ヘイトスピーチとたたかう!』では、彼らの目的について“彼らはとても誤解されていて、「あちらが暴力なら、こちらも暴力」というイメージで見られがちです。」

・・・暴行容疑で逮捕者が出てるのですが、それでも誤解なんでしょうか?

今回の名称変更は、要するに逮捕者が出てイメージが悪くなったので名前を変えるということでしょ?

内情もばれてきて、やばい組織だという認識が広がりだしたので、名前を変えて出直すのでしょ?

在日特権で、通名を何度も変えることができるのと同様で、酷いものですね。

C.R.A.Cなんて英語略名だけを聞くと、権威があるように感じるのがいやらしいね。

在日にだけ特権を与えるのは、他の外国人に対して不平等なことですから、即刻辞めてほしいものです。

東京五輪までに、反社会分子として一掃するような話も聞きますが、どこまで本当なのでしょうね?




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

C.R.A.C (Chosun-Rapist Action Collective)

朝鮮強姦魔の集団行動

Posted by 名無し at 2013年10月02日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。