2013年09月30日

在特会デモ参加者に暴行容疑で反対グループ男ら逮捕

時事ドットコム:排外デモ参加者に暴行=容疑で反対グループ男ら逮捕−警視庁
より引用
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201309/2013092900061&g=soc

↓   ↓   ↓

 在日韓国・朝鮮人の排斥を主張するデモの参加者に暴行したとして、警視庁公安部は29日までに、暴行や脅迫の疑いでデモに反対するグループメンバーの住所不詳、自称自営業添田充啓(40)、自称介護士木本拓史(42)=川崎市多摩区南生田=の両容疑者を逮捕した。「首に腕を回したが絞めてはいない」などと話し、いずれも容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は、8日正午ごろ、東京都新宿区大久保の路上で、デモ参加者の右派系市民グループの男性(36)らに対し、首を絞めたり、殴るまねをして脅迫したりした疑い。

 新宿・新大久保のコリアンタウンでは「在日特権を許さない市民の会」などが排外的なデモを繰り返し、これに反対するグループとの衝突で双方に逮捕者が出ている。8日のデモには約200人が参加、反対派も約500人が集まっていた。

 公安部によると、添田容疑者は「男組」というグループの幹部で、反対派の「レイシストをしばき隊」などと活動。この日はデモ開始直後に、デモの常連だった男性らに因縁をつけたという。(2013/09/29-12:14)

↑   ↑   ↑
引用終わり


「首に腕を回したが絞めてはいない」

首に腕を回したという行為は、暴行に当たるのだが理解していないのだろうか?

締めたらもちろん殺人未遂だけどね。

在特会(在日特権を許さない市民の会)への暴行だから、犯人は在日が濃厚だが、それだったら通名でなく、本名を報道してほしいものだ。

全ての事件に関して言えることだが、マスコミは、通名報道で日本人の犯行と勘違いさせないでほしいと思う。

しかし、住所不詳の自称自営業というのは笑えばいいのか、呆れればいいのか・・・

自称介護士の暴行容疑というのも酷いね。




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。