2013年09月29日

韓国外相 国連で慰安婦問題で日本に努力求める

韓国外相 慰安婦問題で日本に努力求める NHKニュース
より引用
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130928/t10014879771000.html

↓   ↓   ↓

韓国のユン・ビョンセ外相はニューヨークで行われている国連総会で演説し、「戦時中の性的暴力の苦痛は今も続いており、被害者の名誉を回復し痛みを和らげる責任ある対応が必要だ」と述べ、いわゆる従軍慰安婦の問題は法的に解決済みだとする日本にさらなる努力を求めました。

韓国のユン・ビョンセ外相は現地時間の27日午後、日本時間の28日未明、ニューヨークで行われている国連総会で演説し、「戦時中の性的暴力の苦痛は今も続いており、被害者の名誉を回復し痛みを和らげる責任ある対応が必要だ」と述べ、名指しはしなかったもののいわゆる従軍慰安婦問題は法的に解決済みだとする日本にさらなる努力を求めた形です。

この問題でユン外相は前日に行われた岸田外務大臣との会談で「解決に向け努力してほしい」と述べましたが、岸田大臣は法的に解決済みだとする日本の立場を説明したうえで「安倍総理大臣は筆舌に尽くしがたいつらい思いをされた方々に心を痛めている」と述べていました。

韓国の外相が去年に続いて演説で慰安婦問題に触れたのは、日韓関係の改善にはこの問題での進展が必要だとする立場を強調するねらいがあったものとみられます。

一方で、韓国は去年の演説で触れた島根県の竹島についてことしは言及せず、これ以上、日本との関係を悪化させたくないという思惑もうかがえます。

↑   ↑   ↑
引用終わり


何度も書いてきたが、従軍慰安婦問題は捏造である。

慰安婦はいたが、いわゆる売春婦であり、経営は朝鮮人が行い、非道なことをしないように日本軍が管理していた。

帝国主義の時代においては、女性の地位は低く、慰安所を設置することは合法であった。

さらに、日韓基本条約にて、戦時中のことは、政治的にも金銭的にも解決済みである。

慰安婦がかわいそうだというのなら、日本が日韓基本条約締結で、当時の韓国の国家予算の2倍以上の金額を韓国政府に支払っているので、韓国で保証するべき問題である。

だいたい、日本の敗戦後に朝鮮戦争で韓国は、軍が慰安所(韓国軍慰安婦)を設置し、ドラム缶で慰安婦を運ぶなどの非道なことをしている。

ベトナム戦争では、韓国軍が民間の女性を襲い、ライダイハンという混血児を生み出した。その数は3万人とも言われている。

韓国のユン・ビョンセ外相の話通りなら、韓国はベトナムに謝罪し、賠償をしないといけないことになるね。

現在のベトナムは、韓国と貿易で密接な関係であり、未来志向なので、この問題を蒸し返したりしない。

つまり、ベトナム人は韓国人より民意が高い国なんだと思う。

それをいいことに、好き勝手やっているのが韓国だ。




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 従軍慰安婦問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。