2013年09月27日

中国の右翼批判に「呼びたいならどうぞ」 安倍首相、NYで演説、逆批判

中国の右翼批判に「呼びたいならどうぞ」 安倍首相、NYで演説、逆批判 - MSN産経ニュース
より引用
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130926/plc13092608450001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130926/plc13092608450001-n2.htm

↓   ↓   ↓

 【ニューヨーク=水内茂幸】安倍晋三首相は25日午後(日本時間26日未明)、ニューヨークの証券取引所で演説し、「日本に帰ったら投資を喚起するため、大胆な減税を断行する」と表明した。これに先立ち25日昼には保守系シンクタンクのハドソン研究所でも講演した。日本の防衛費の伸びが中国の10分の1以下であることを指摘し、「(それでも)もし私を右翼の軍国主義者と呼びたいのならどうぞ」と中国側を“逆批判”した。

 「今日は日本がもう一度もうかる国になる、『Japan is back』ということをお話しするためにやってきた」

 首相は証券取引所での演説で、オリバー・ストーン監督の映画「ウォール街」を引き合いに、自らの経済政策「アベノミクス」をアピール。2010年の第2作では、1987年の第1作で使われた「日経平均」という言葉が姿を消し、代わりに中国人の投資家が登場したことに触れ、反転攻勢に向けた決意を示した。

 「日本に帰ったらただちに成長戦略の次なる矢を放つ」と規制緩和の手を緩めない方針を明示するともに、「(2020年の夏季東京五輪招致成功で)日本は7年後に向け大いなる高揚感にあり、(投資するなら)今がチャンスだ」と強調。「世界経済回復のためには3語で十分。『Buy my Abenomics!(どうぞアベノミクスにあなたのおカネを)』」と訴えた。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)でも「年内の交渉妥結に向けて日米でリードしていかなければならない」と年内妥結への決意を踏み込んで強調した。

 ハドソン研究所では日本の今年の防衛費の伸び率0.8%に対し、中国は「毎年10%以上の伸びを20年以上続けた」と説明し、中国側が首相を「戦争の道を目指す右翼」と批判していることの矛盾を指摘した。

 そのうえで首相は、「日本は、米国が主たる役割を務める安全保障の枠組みにおいて、鎖の強さを決定づけてしまう弱い輪であってはならない」と訴え、日本が世界の安全保障に積極的に貢献していく方向性を打ち出した。

↑   ↑   ↑
引用終わり


安倍首相は、世界に向けて良い発信をしたと素直に思う。

特に、中国を引き合いに出した軍国主義者のレッテル貼りへの批判は見事な正論だと思う。

ただ、このような発言をしたからには、消費税増税は延期してほしいものだ。

最近は、マスコミが消費税増税決定と報道し、菅官房長官が否定するという変な状況になっている。

デフレ脱却がまだできていないところに消費税増税が来れば、結果として税減収と言うことは、過去橋本内閣で証明済みだ。

消費税増税とセットで、景気刺激策が考えられているようだが、一番確実でめんどくさくないのは消費税増税をしないことだと思う。

デフレから脱却してからなら、一気に10%まで消費税増税を引き上げても、庶民は耐えられると思う。

安倍首相も、足を引っ張る公明党や財務省に洗脳された政治家がうるさくて大変だと思うが、日本経済復活への正しい決断を希望する。




posted by 日本に住んでる日本人 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍首相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。