2013年09月27日

韓国 年金増額の公約見直し 朴大統領が国民に謝罪

聯合ニュース 年金増額の公約見直し 朴大統領が国民に謝罪
より引用
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2013/09/26/0900000000AJP20130926000600882.HTML

↓   ↓   ↓

 【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クンへ)大統領は26日午前、昨年の大統領選で目玉公約の一つとして掲げた老齢基礎年金増額の見直しについて、「(基礎年金を)高齢者の全員に支給できない結果となり申し訳ない」と事実上国民に謝罪した。

 来年の予算案を議決するために青瓦台(大統領府)で開かれた閣議で述べた。世界経済の低迷とあいまって税収不足と財政健全性を維持しなければならないため不可欠だったとした。ただ、朴大統領は「決して公約の放棄ではなく、国民との約束である公約を守るべきだとする信念に変わりはない。任期内に公約を守るため最善を尽くす」と強調した。

 政府の基礎年金最終案は、65歳以上の高齢者のうち所得上位30%を除く70%に月10万〜20万ウォン(約1万8000円)を来年7月から所得水準によって支給するもの。現行は65歳以上の高齢者全体のうち、所得と財産が少ない70%に最大で月9万6800ウォンを支給している。2012年には約390万人が基礎年金を受け取った。

 政府案は現行よりは改善したものの、65歳以上の高齢者全員に月20万ウォンを支給するとした朴大統領の公約からは後退したことになる。既に野党側は基礎年金の最終案について「公約の後退」と強く反発している。

↑   ↑   ↑
引用終わり


「決して公約の放棄ではなく、国民との約束である公約を守るべきだとする信念に変わりはない。任期内に公約を守るため最善を尽くす」

政治家の最善を尽くすという言葉は信用できないと思う。

では、最善を尽くしたができませんでしたで済む問題なのか?

せめて、協議の上で、〇〇年には実現するということを言うべきではないのか?

そもそも朴槿恵大統領の公約で実現したものってあるの?

公約と言うと、日本の民主党のマニュフェストを連想させる。

埋蔵金がありませんでしたで、誰も責任をとらなかったような・・・?

まあ、いかに韓国が最善を尽くそうと、経済崩壊する方が先な気がするけどね。


【韓国】 朴槿恵新大統領の政策公約
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_7544683_po_02540202.pdf?contentNo=1

朴槿恵 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B4%E6%A7%BF%E6%81%B5




ラベル:韓国 年金 朴槿恵
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 朴槿恵大統領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。