2013年09月26日

ニューズウィーク日本版 特集:反日韓国の妄想

特集:反日韓国の妄想 2013年10月 1日号 | 本誌紹介 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
より引用
http://www.newsweekjapan.jp/magazine/110320.php

↓   ↓   ↓

cover1001-thumb-200xauto.jpg

http://www.newsweekjapan.jp/magazine/assets_c/2013/09/cover1001-thumb-200xauto.jpg

特集:反日韓国の妄想
2013年10月 1日号(9/24発売)
Cover Story
韓国の荒唐無稽過ぎる日本バッシングと
水面下で大きな変化を始めた「反日」の行方


日韓関係 過激化する韓国の反日心理
中傷合戦 韓国が戦争犯罪を認めない訳
韓国外交 対日「袋小路」外交の理由
大統領 朴が日本に送る和解のシグナル


↑   ↑   ↑
引用終わり


商業誌であり、内容をネットでも公開していないので、感想だけを記載する。

日韓関係

韓国には、憲法よりも国民感情を優先する見えざる法がある。

世代交代により、ブレーキが利かなくなっている。

韓国が折れるというのは甘い考えであり、韓国世論は異次元へ

これは、日本人記者が書いたもので、韓国の異常性をよく書き出していると思う。

中傷合戦

外国人記者による記事。

韓国の捏造は否定していないのは、知識不足かわざとかは不明。

ただ、韓国は「格下」のベトナムへの行為は気にせず、日本にされたことは許さないというのは、その通りだと思う。

韓国外交

こちらも外国人記者による記事。

対日「袋小路」外交とは、うまい表現だと思う。

日韓を協力させることを模索しているが、韓国人の方に問題があるというのは当然の結論だと思う。(いろいろ分析をしている)

大統領

日韓関係の記事を書いた日本人による記事。

こんな和解のシグナルを理解しろと言うのは困難に思える。

韓国人が反日であり、大統領が日本を向くと売国奴扱いされるのは理解できるが、反日教育も含めて、そこを何とかするのが大統領だと思う。

しかし、韓国の異常性からすると、親日的な外交をされると暗殺される危険があるとは思う。


以上、ざっくりと感想を記載したが、より辛辣な表現を使用しているので、実際に読んだ方が、よいと思う。

「反日韓国の妄想」というタイトル通り、韓国の異常性を浮き彫りにしていると思う。

ただ、記事にはないが、韓国経済は、既にデフォルト寸前である。

そして、今まで、危機があるごとに援助してきた日本は、韓国のおかげで、反韓、嫌韓の度合いが、一番激しくなっていると思う。

よって、今回、韓国を助けることは、いくら売国政治家がすすめようと世論が許さないと思われる。

また、嫌韓、反韓は、日本だけではなく、世界中で起こっている流れでもある。

中国の経済が悪化している状態で、韓国を助けてくれる国は、ほとんどないということを自覚しているだろうか?




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。