2013年09月26日

韓国、対日貿易赤字垂れ流し 2000年以降ついに30兆円突破 サムスン危機も

韓国、対日貿易赤字垂れ流し 2000年以降ついに30兆円突破 サムスン危機も - 政治・社会 - ZAKZAK
より引用
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130924/frn1309241811006-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130924/frn1309241811006-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130924/frn1309241811006-n3.htm

↓   ↓   ↓

 日本の貿易赤字がやたらと騒がれているが、その日本との貿易で赤字を垂れ流し続けているのが韓国だ。赤字額は2000年以降の累計でついに30兆円を突破。主力の工業製品も基幹部品や高機能素材は日本頼みの一方、日本に買ってもらえるものは少ないという構造を抱える。日本市場攻略の切り札だったサムスン電子のスマートフォンも「iPhone(アイフォーン)」人気に埋没しつつあるというのが実態だ。

 財務省が19日に発表した日本の8月の貿易統計は9603億円の貿易赤字となった。ただ、赤字の要因は大半が中東からのエネルギー輸入で、対米国では4953億円の黒字、そして韓国も1807億円の黒字を稼ぐ“お得意さま”だ。

 韓国では戦後一貫して対日貿易赤字が続いてきた。2000年以降の日本の貿易統計を見ても、韓国は毎年約1兆〜3兆円規模の対日赤字を計上しており、00〜12年の累積赤字額は約28兆6000億円。今年に入ってもアベノミクスによる円安効果もあり、1〜8月の赤字額は約1兆4000億円となった。00年以降、韓国の対日赤字額は累計で30兆円を突破したことになる。

 なぜ日本との貿易で韓国は慢性的な赤字なのか。端的にいうと、韓国の主力産業である輸出関連の製造業に、日本のハイテク技術が不可欠だからだ。

 「韓国が日本から輸入しているのは鉄鋼板や半導体、プラスチック製品、半導体製造装置などの基幹部品や高機能素材、精密関連の生産設備が上位を占める。こうした品目については韓国は日本から買うしかない」と大手金融機関のエコノミストは指摘する。日本の先進技術をあらゆる手段で取り込もうとしてきた韓国だが、まだまだ技術力の差がある分野も多いという。

 今年8月まで19カ月連続の貿易黒字を計上している韓国だが、その実態は日本から部品や素材を輸入して加工し、完成品を輸出するというビジネスモデルが中心であり、日本への依存度は高い。

 「貿易黒字の多くを中国向け輸出で稼ぎ出しており、中国経済が減速すれば巻き添えを食ってしまう」(準大手証券アナリスト)というもろさも抱えている。

 その半面、韓国から日本への輸出は減少傾向だ。韓国銀行(中央銀行)のデータによると、8月の韓国の輸出額はトータルで前年同月比7・7%増を記録したが、日本向けは13・3%減だった。対日輸出は今年2月から7カ月連続で2ケタ減と大きく落ち込んでいる。「アベノミクスの金融緩和期待で円安が進み、韓国製品の競争力が低下した影響も大きい」(前出のアナリスト)という。

 対日貿易赤字の縮小は韓国の長年の悲願だ。1978年には「輸入多角化」を名目に日本からの輸入だけを制限、事実上の対日輸入措置を実施したこともある。最近では、韓国に工業団地を建設して日本企業を誘致することで赤字を減らす計画に力を入れてきた。

 日本への輸出拡大については苦戦続きだ。日本を除く海外市場では自動車や電気機器が韓国の稼ぎ頭だが、日本市場では「“安かろう悪かろう”のイメージが根強く残るうえ、日本企業とまともに競合するため食い込めなかった」(前出のエコノミスト)。

 難攻不落だった日本の家電市場に食い込んだ数少ない例外がサムスンだ。スマートフォンの「ギャラクシー」は投入当初、国内メーカーのスマホを上回る性能でシェアを獲得。韓国から日本への輸出でも品目別で無線通信機器が石油製品に続く2位に浮上、対日貿易赤字額を昨年まで2年連続で減らす原動力となった。

 ところがこの追い風もやみつつある。その要因は“ドコモ・ショック”だ。これまでギャラクシーを主力機種の一つとしていたNTTドコモが新たに米アップルのiPhone発売を始めた。「ドコモの夏商戦の時点で販売台数がソニーに引き離されるなど陰りが見えていた」(電機担当アナリスト)こともあり、今後、シェアを減らす恐れが出てきた。

 これ以上、日本が買うものが増えなければ、韓国の貿易赤字は減りそうもない。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国製品は、日本の部品を輸入できなければ製品を完成できない。

韓国人は、日本が製造する部品を自国で生産できないからだ。

日本の部品を模倣して製造することはできるのだが、精度がだせないようだ。

作りが簡単な部品なら模倣して自国生産に切り替えれるが、日本の技術者が血のにじむような努力をして培ってきた核心技術は、模倣不可能というわけだ。

また、基本的に製品を作るための工作機械も日本製が多いのが現状だ。

韓国からの輸入といっても、サムスンのアイフォンの販売数が減少したら、後は、格安のホームセンターで販売されている電化製品ぐらいしかないだろう。

食料品の輸入についても、ブームが去ったうえに、衛生面での問題が拡散してきているので、望み薄であろう。

日本からの工場誘致と言っても、電力が安定供給できない韓国では望み薄でしょう。

韓国の日本6県からの海産物輸入禁止措置も、放射能汚染の証拠もない言いががりで、オリンピック招致の妨害行為として認識されたことも、韓国産の輸入品を嫌うことに拍車をかけているように思える。

まあ、ここまで対日の話をしたが、一国だけを相手に貿易収支の問題を論じてもあまり意味はないような気はする。

一国との貿易が赤字でも、他の国で黒字を出せば問題ないはずだ。

しかし、韓国は、対中国で大幅な貿易黒字を計上するも、対米では少し黒字で、後の国とでは大幅な赤字なのである。

つまり、最近減速が顕著な中国経済が落ち込めば、韓国も共倒れするということだ。

韓国経済の危険状態を察知して、外資もどんどん韓国から逃げている。

韓国は、政府、企業、家計すべてが赤字になっていて、有効な経済対策もできない状態に思える。

またIMFのお世話になる日も近い気がする。




【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。