2013年09月25日

韓国 専門家の9割が韓国経済は深刻、日本型長期不況の可能性大

専門家の9割が韓国経済は深刻、日本型長期不況の可能性大=韓国 2013/09/24(火) 09:43:52 [サーチナ]
より引用
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0924&f=national_0924_004.shtml

↓   ↓   ↓

 韓国の全国経済人連合会は民間の経済専門家42人を対象に、「低成長克服のための政策の方向」についてアンケート調査を実施した結果、回答者の95.2%が韓国経済の低成長が深刻な状況と答えたことを明らかにした。複数の韓国メディアが23日、報じた。

 韓国国内の経済は、2011年第2四半期以降、8四半期連続で前期比0%台の成長を記録したが、今年第2四半期は成長率が前期比1.1%と0%台を超えた。しかし、民間の経済活力減速に伴う低成長持続懸念は相変わらずだと指摘した。

 低成長を克服するために最も必要な政策について、民間の経済専門家は、 69.0%が「企業投資の活性化」を挙げた。このうち、29人の回答者が「企業の規制緩和」を1位に選び、続いて「外国人投資誘致やUターン企業支援」、「税制、金融支援」を選んだ。

 専門家は企業投資の活性化に続き、21.4%が「家計の消費余力の強化」を挙げ、「雇用拡大」、「住宅市場の正常化」、「家計負債の解消」などを行うべきだと主張した。

 さらに、韓国が日本の「失われた20年」に匹敵する長期不況に陥る可能性についても 73.8%が「可能性が高い」と回答し、強い懸念を示した。

 その理由について、45.2%が「消費・投資不振」、41.9%が「低出産・高齢化」などを選び、日本型の長期不況を避けるための政策としては、42.8%が「成長潜在力の拡充」、38.1%が「消費と投資の活性化」を挙げたという。

↑   ↑   ↑
引用終わり


韓国の経済状態が悪いことは、今更専門家が言わなくても分かる。

ただ、なんで日本と比較するんだろうね。

日本型の不況というよりデフレ状態は、貯蓄はあるけどお金を使わないという不況であった。

しかし、韓国の不況はお金は使いたいが借金が多いのでお金を使えないという不況である。


比較しても意味がないし、日本と同じ対策をすることもできない。

そして、政府、企業、家計のすべてが赤字であり、正直IMFのお世話になるしかないと思うのだが・・・

あれだけ反日政策を勧めたのだし、韓国人は、こんな状態で、靖国神社を放火しようとした。

それも、トルエンという、一般では手に入らない爆弾級の化学薬品を使用してだ。

最悪、警備衛視が取り押さえなかったら、靖国神社は火の海に沈んだ可能性が高い。

よって、日本の世論は、また反韓、嫌韓の度合いを深めていく。

援助を求めるには、日本の世論が許さない状態を作ったのは韓国だ。




ラベル:韓国 経済 不況
【関連する記事】
posted by 日本に住んでる日本人 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。